MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

境界の彼方

境界の彼方 #4「橙」 感想!

アニメ感想ブロガー泣かせな作品かもしれない。

 
 
 
感想
アニプレッションの盟友の1人が、「アニメは1話から最終話まで通して見ることを前提で作られている」「一方ドラマは、どの話数から見てもある程度は楽しめるように作られている」と言っていたのを思い出しました。
確かにドラマって、最近はほとんど見なくなったけど、家族が見てる横でたまに見てもなんとなく話が分かるんですよね。アニメで途中から見たことってほとんどないですが、たぶんワケワカメになるんじゃないかな。

この『境界の彼方』、恐らくこの性質が特に強いアニメなんだろうな、と今回思いました。

恐らく、というのは、まだ確信がないから。確信できるとしたら最終話でしょう。
もう少し具体的に言うと、「時間差で視聴者に意味が通じる」という感じ? ある事柄が登場して、その時点では意味不明なんだけど、少ししてからその意味が分かるようになる、みたいな。

そうは言っても、伊波桜の正体はどう考えても第3話のうちに明かしておくべき(ブロガーが軒並み公式サイトとかEDクレジットで正体を調べててちょっと笑ったw)で、「ああっそうだったのかー!」というカタルシスを生む作劇は、必ずしも上手くできているとは限らないんだけど。

少なくとも、「今」の時点で分からないからって、「このアニメはこの点が分からない! 不親切!」と騒ぎ立てるのは早すぎるのだろうと思います。どのアニメもそうなんだけど、繰り返すと、このアニメは特にこの性質が強い。
まだ分からないことが、1話先、2話先で分かるかもしれない。
1話ごとに感想を書いているアニメ感想ブロガーにとってはなかなか鬼門なアニメなんじゃないですかね。

例えば、僕は前回の感想記事でこんなことを書きました。

「散々練習台にしておいて逃げるのか」という点について秋人が突っ込んでたのにはちょっと笑った。まさに前回の疑問点だったからねw 結局未来はなんも答えなかったけどね。
未来は自分のことをわりとマジで忌むべき存在だと思っているので、相手の方から近づいて来られるのは「理解できない」んでしょう。怖いとか拒絶反応とかじゃなくて、理解できない。

そう考えると、秋人を練習台にしていた理由もなんとなく分かります。どうせ忌み嫌われ逃げられるのだから、自分が近づく分には構わない……、そういう心理なんでしょう。もちろん深層心理です。どうせ逃げられるのなら、それまでの間練習台にさせてもらおう。その結果嫌われても構わない。

結局は一方的な見方で、秋人のことをちっとも考えていないわけですね。「自分は忌むべき存在」という大前提があるから他の考え方ができない。自分のことを認めてくれる存在のことを考慮できない。
秋人の最後のセリフ、「分かってないのはどっちだ!」はこのことを言っているのでしょう。


第2話時点ではよく分からなかったことも、こんな風に考えることができる。
未来が秋人を最初にぶっ刺した件については今回もまた言及があり、そして未来は黙りこくっているので、↑の内容を考えるにはまだ少し足りませんが、いずれは回答がなされることでしょう。
僕を含めてアニメ感想ブロガーの多くは「妖夢や人を殺せないのになぜ秋人を刺せたの?」と批判していましたが、もしかしたらあとで土下座する時が来るかもしれない。

この第4話内でも面白いことがありました。

「僕に仲間がいるというのは間違っている」と秋人は言いました。
ちっとも理由を言わずに「分からず屋!」と続けてますから、「いやいやちゃんと言えよ!」っていう突っ込みをもらうことになるので決して上手い作劇とは言えませんが、虚ろな影を倒したあと、未来はこのセリフの意味を知ることになります。

瀕死の秋人のもとに到着したのは、博臣を始めとする異界士たち。
秋人は半妖だから、人間部分が瀕死になると妖怪部分が暴走する……。
博臣たちはこれを止めに、いや、殺しに来たのでした。

確かにこれは、仲間というのとは違う。
第2話で博臣が言っていた「協定」というのがなかなか的を射ている表現で、なにもしない間は手を出さないけど、もし暴走するようなら遠慮なく殺しますよ、と。
秋人にも博臣たちにも葛藤はない。すでに両者納得済みの、仲間とは言い難い距離を置いた関係。

しかも未来は、妖夢化した秋人が人間に見えなかったのでしょうね。
自分のことを忌み嫌うべき存在、人間らしい人間だとは思っていなかったせいか、妖夢秋人と自分を重ね合わせていました。
栗山さんと同じ。
いやむしろ、栗山一族の能力は制御できる分、秋人の方が酷いでしょう。普段は特に問題ないようだけども。

未来は一族最後の1人ということもあって、そして唯を殺してしまったことによって孤独感が強かったのでしょうね。
でも、似たような境遇の人がいる。
これはいい安心材料になったでしょう。食事シーンは実によかった。
秋人がイケメンすぎますね。わざと未来がしたのと同じ質問をして、似たような答えを返させる。策士だわぁ。

……ただまぁ、全体的にやっぱり分かりづらいw
一応ちゃんと考えられて、あとからみんな分かるように作られているのでしょうけど、これは根気よく付き合っていく必要があるなぁ。
目下一番気になっているのは秋人がどうやって現場まで駆け付けたのか。はぐらかしたということは答えがあるということで、前回のレンジでチンと関係があるのでしょうか。

博臣とのある種ドライな関係が明らかになったのは実によかった。博臣との、というよりはこの街にいる異界士たちとの、と言った方が近いかもですが、この件においては彩華さんと二ノ宮先生はモブ扱いでいいでしょう。クローズアップされるべきは秋人と博臣。

ただ、今回美月があまり活躍しなかったのがちょっと残念w
姉ちゃんと兄ちゃんが異界士として優秀なので、美月が戦った時にどれくらい強いのかがすごく気になってます。未来があたふたしてた妖夢をあっさり退治する場面があったので、妖夢を狩って生計を立てる異界士としてはそれなりなのだろうと分かるのですけどね。独自のネットワーク?も持ってるようだし。

アバンでは名瀬兄妹の面白おかしい一幕が見られましたね。あんなに嫌ってても必要なら「お願い、お兄ちゃん」なんて言っちゃう。それで博臣も許しちゃう。やべぇこの兄妹いいわぁ。
でも、ここでも少しドライさが見えましたね。秋人との協定を結んでいるのは、直接は博臣なのでしょう。美月はただの監視役。兄妹とはいえ、異界士としては1人の商売仲間、筋を通すところは通す……、このドライさは少しだけ心地よかったです。きれいごとだけでは進まない、という作品の姿勢が見えた気がします。
姉ちゃんとはさらにドライっぽいですけどね。絡みがまったく出てこない上に、なんか姉ちゃん人の稼ぎを横取りしやがったぞw

美月は、次回はたくさん出るー?
今回のエピソードでは出番があまりなかった分、次は期待したいね。さっそくヒロイン決戦もあるみたいw

スタッフのお話
もしかして今回、作画監督は植野千世子じゃね?
と思いながら見ていたのですが、本当にそうでした。いやぁびっくり。
と言っても、作画を見て判断したとかじゃなくて、ここまでのアクション回だったらもしかして?という推測ですけどね。クラナドアフターのゆきねぇ編で岡崎の骨格が変わるほどの喧嘩回がありましたが、この時の作監が植野千世子でした。妖夢秋人の迫力は凄まじかったし、この人マジで京アニ内でアクション担当なのだろうか。

植野千世子作監で、最初のエピソードの最終話、絵コンテ・演出には三好一郎……だと面白かったんですが、さすがに演出のクセがまったく違いました。
今回は武本康弘。
第2話も武本康弘でした。なるほど、アクションの質がよく似てます。特に未来が連続で斬りかかるところなんかほぼ同じアイディア。

気になったのは、静止画演出ですね。
未来が妖夢秋人に抱きついて止めたところ、静止画による演出がなされました。記憶が正しければ京アニでは初めてのこと。
と言っても、武本康弘はOP映像だとすでにこの静止画演出を使ってたりして(『ふもっふ』OPなど)、正しくは「本編で使ったのは初」となりますかね。実際、こういう虚構の要素が強い演出はOP・ED向けで、本編で使うのは異質だと言えます。
でもさすがベテラン、上手く決まってたな。

これからも新しい手法をどんどん取り入れて欲しいです。

ちなみに今のところ、演出陣は全員がベテラン勢なのですが、新人はどれくらい登板してくるのだろうか。
『Free!』が新人ばかりだったので、もしかしたら対比構造になるのかな、とちょっとその辺も注目してみたいと思ってます。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
名前を入れてください ""
感想をいつものように読ませていただきました。監督もインタビューかなんかで話を重ねるうちに納得できる場面が来るって言ってましたし、これから解明される謎もいろいろあるんだと思います。でも伏線をばらまきすぎているうえに、その答えも驚く程のものではない、もしくは納得できないというのが難点ですかね。勢いでごまかすこともできてません。いまいちな印象だけど、京アニだし最後まで見よう、が私の正直な感想です。
今アニメを控えているんですが、思いのほかアニメを禁視するのは簡単なんだな、と思いました。ホント1話を見なかったらもうすっかり興味がなくなって気づいたら境界だけしかみてませんでした。途中チラ見しても?ですからね。ある意味つらい毎日です。でもアニメを禁視して自分からアニメを引くと何にも残らないことに気づいて何か違うものにも手を出してみようと思えるようになったのは良いことな気がしますが。
2013.10.24 19:14 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名前を入れてくださいさん"
第1話の記事でもコメントをくれた方ですよね?
コメントありがとうございます。もし今後もコメントを下さるのなら、ハンドルネームを入れてもらえると助かります。一目で「あ、あの方だ」と分かるのは僕にとってとても嬉しいことですので。

>でも伏線をばらまきすぎているうえに、その答えも驚く程のものではない、もしくは納得できないというのが難点ですかね。
具体的にはどの要素が、ですかね?
それを書いてもらえると、いいお話ができると思うので嬉しいです。
僕は今のところ、一部においては同意かな。栗山一族の血の能力が嫌われている理由について今回説明されましたが、文で書いたら「ああ、確かにそれは異界士仲間には嫌われるだろうな」と思うんだけど、第3話の時点でなんとなく想像できてた範疇を超えていないので「もったいぶったわりには……」という感想です。
でも秋人についてはきちんと衝撃でしたよ。これはまさに京アニだからだと思いますが、妖夢秋人の暴走が大迫力で「止めきれない」描写が真に迫っていたから、場面にすごくのめり込めました。未来の血が秋人の暴走を止めるのにも有効、ってのも、今までの戦闘描写なので説得力がありますし、勢いはちゃんとあると思います。誤魔化しているんではなく、ちゃんと勢いで引っ張っているという意味で。あくまで僕の感想ですが。

>今アニメを控えているんですが、思いのほかアニメを禁視するのは簡単なんだな、と思いました。
受験かなにかですかね?
僕はアニメを見始めてから「アニメを見ない時期」というのがなかったので、あまり想像できません。すごいなぁ。僕はたぶん難しいかもしれない。

>何か違うものにも手を出してみようと思えるようになったのは良いことな気がしますが。
アニメ視聴も精神活動的に有意義なことですが、他にやりたいことができたなら、そちらに精を出すのもいいことかと。
2013.10.24 19:47 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3320-2c2735fd
境界の彼方 #4「橙」
境界の彼方の第4話を見ました。 #4 橙 妖夢と戦っていた博臣にもとに秋人を心配する美月から携帯に連絡が入る。 『秋人がどこにいるか分かる?』 「いや、アッキーに何か話したのか?」 『少し』 「俺に黙ってか?じゃあ、タダってわけにはいかないな」 『分かったわよ。お願い、お兄ちゃん』 「了解」 その頃、未来は桜の戦いに駆けつけた秋人のお蔭で難を逃れるが、虚...
境界の彼方 第4話
「橙」 私は普通の人間に見えますか? 僕にはメガネの美少女にしか見えないけど…
境界の彼方 第4話「橙」
桜の乱入で危機に陥った未来を助けた秋人。 虚ろな影の造り出した悪夢の空間で、桜から逃げようと走る。 そして、現れた虚ろな影と未来が戦うが…。 未来と秋人が抱えるて問題が分かる第4話。 虚ろな影との戦い、暴走した秋人との戦い…とバトル描写に力が入ってました!  
境界の彼方第4話『橙』の感想レビュー
アッキーの設定、予想以上に重かったでござるな( ゚д゚ )クワッ!!な、半妖パワー炸裂回でした。 実力派な博臣達が3人がかりでも敵わないとか、流石にパワーバランスどうなってるのという感じでしたが、単純に倒しきれないというよりは何らかの思惑があって封印&監視という状況...
境界の彼方 4話「橙」感想
境界の彼方 4話「橙」
境界の彼方 第4話『復讐者・伊波 桜と妖夢の意識!!』感想
メガネ美少女は世界の宝。役立たずの盾かと思われた主人公が、ようやく立ち上がります。
境界の彼方 第4話
橙 苦しんでいるのは自分ひとりではなく‥‥ 秋人の苦しみだけではなく、博臣の背中の傷からも気付いたようですね。 自分だけが特別、ではないという気付きは、今後の未来の、他人との関わりに大きな変化をもたらすのでしょう。 物語としては立て続けに戦闘が続いて、まさにクライマックスって感じでしたね。 桜はあっさり退場。 止めを刺そうと思えば出来たのに退いたのは、ただ単純に恨みだけではないから、かも...
境界の彼方 第04話 感想
 境界の彼方  第04話 『橙』 感想  次のページへ
境界の彼方 第4話
未来(CV:種田梨沙)と桜(CV:豊田萌絵)の戦いに割って入った秋人(CV:KENN)。 秋人は、彼女が何者なのかを問いますが、未来は・・・ 唯と違って異界士の能力はなかったはずの桜の力は一体・・・ 未来のタイツを捨てて、桜の目を誤魔化そうとしたようですが・・・ 秋人と未来が入り込んだのは、「虚ろな影」が見せている幻影の世界? 未来を襲って来る唯の幻影・・・ ...
『境界の彼方』#4「橙」
「私は普通の人に見えますか?」 僕は… 伊波唯の仇をとろうと、虚ろな影に一人立ち向かおうとする未来だったが、 そんな彼女の前に、唯の妹・伊波桜が立ちはだかる! 未来を殺そうとしていたのか…秋人が間に入って阻止してくれたが、 桜は執拗に追ってくる。
境界の彼方 第4話 「橙」
VS虚ろな影 なかなか大きな戦闘演出を付けてきた。やはり当初思っていた以上にこういう面に力を入れる作品らしい。前々期の可愛い系作品にしてはあざとさを抑えた印象もあるたまこに前期のFree!に今期のこれと今年の京アニは新しい分野へのチャレンジがテーマという感じがする。
境界の彼方 第4話「橙」 感想
ずっこける桜ちゃん可愛い。 批判的な感想が多いので注意。 あらすじ 未来と桜の戦いに駆けつけた秋人。 未来の危機的状況を助け、二人は桜から逃れようと必死になって走る。 やっとのことで難を逃れるが、虚ろな影が秋人の身体に取り憑いてしまうのだった……。 脚本:花田十輝 絵コンテ・演出:武本康弘 作画監督:植野千世子 泉(被害総額がデカすぎて意趣返しにすり...
境界の彼方 第4話「橙」
「私は 普通の人間に見えますか?」 虚ろな影と戦う未来を狙う桜! 助けに入った秋人は虚ろな影に憑りつかれる事に…    【第4話 あらすじ】 未来と桜の戦いに駆けつけた秋人。未来の危機的状況を助け、二人は桜から逃れようと必死になって走る。やっとのことで難を逃れるが、虚ろな影が秋人の身体に取り憑いてしまうのだった……。 虚ろな影を倒しに向かった未来の前に現れたのは唯の妹の桜...
境界の彼方 #04 「橙」
人間と異形の境界  どうも、管理人です。最近朝起きられない系のサイクルになっていて、軽くやばいね(汗)。こうなったら、リアルタイム視聴をいくつか諦めてでも早く寝るようにするべきなのかもしれない。 未来:「私は普通の人間に… 見えますか?」  今回の話は、虚ろな影との直接対決+αを描いた話。何か前回の感想書くときにも少し触れましたが、すでに原作をぶっちぎってしまっているよ...
境界の彼方 第4話「橙」
桜とはなんだったのか!!!!!!!! うつろな影の体内にある伊月家に姉・唯の幻を見てからすっかりと出番がなくなったわけだけど。どうして、途中で未来を襲ったのか、うつろな影にいる場所に待ち伏せしていたのか、途中から空気になって存在自体が行方不明になっているんだけどこれw 結局、桜はどこへいったの? 未来の呪われた血の力と双璧を成すかのように秋人の妖夢の部分も危険すぎる。なんか二...
こんなに恥ずかしいとは思わなかった!/のうコメ3話他2013/10/24感想
<記事内アンカー> 境界の彼方 #4「橙」 俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している 第3話「①がーるず&ぱんちらー②男物でもパンツが見たい?」  今朝方、まどマギ初日9時のチケット予約終了。ど真ん中の席はさすがに埋まってました。0時最速公開がなかったらもっと隅っこの席しかなかったかも……
境界の彼方 4話 異端者同士のシンパシー
境界の彼方、4話を見たよ! いやー、よかったですね!! テンション上がって 変身が解けちゃった愛ちゃんな!! もふっ!もふもふ!! きゃわわー!! なに、この小さくて可愛い生物は!? 愛ちゃんの正体は猫だった!? いや、尻尾が二股だから猫又でしょうか?? 彩華が置いて行ったボールに反応する姿もキュートでした!...
妖夢化してもメガネスト 境界の彼方 第4話「橙」感想
桜に襲われた事で予期せずに虚ろな影の作り出した世界に入り込んでしまった未来。 そこへ未来を心配する秋人が駆けつけ、襲いかかる桜から未来をつれて逃げる。 虚ろな影の作り出した迷宮をさまよう中、未来が殺したはずの『伊波 唯』に化けた虚ろな影に襲われ未来は罪悪感からか動揺し窮地に陥るが秋人の声で我に帰った未来は辛くもその血で虚ろな影を倒す事に成功する。 「私は・・...
境界の彼方 第4話「橙」
境界の彼方 (1) [Blu-ray]『普通の人間に見えますか?』 原作:鳥居なごむ 監督:石立太一 シリーズ構成:花田十輝 キャラデザ:門脇未来 アニメーション制作:京都アニメーション 神原秋人:KENN   栗山未来:種田梨沙   名瀬美月:茅原実里 名瀬博臣:鈴木達央   新堂彩華:進藤尚美   二ノ宮雫:渡辺明乃
境界の彼方 第4話「橙」あらすじ感想
今回は原作1巻のクライマックスで、最終回ばりに力の入ったバトル回。キャラの本来の立ち位置が見えてくる1話でした。未来かと思いきゃ、秋人が…!後半の境界バトルは必見です。  あと今回は把握できない部分が結構あり、間違っている部分があると...
境界の彼方 第4話 「橙」 感想
普通の人間でありたい―
境界の彼方 第4話 「橙」 感想
秋人がどうやってあそこまでたどり着いたのか? と前回疑問に思っていましたが、冒頭でそのことについて少しだけ触れたw まあ、そんなことはどうでもいいのです。 可愛いメガネっ娘の為なんですから(キリッ 境界の彼方 (1) [Blu-ray](2014/01/08)種田梨沙、KENN 他商品詳細を見る
境界の彼方 第4話「橙」
 化けたアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!  第3話時点で、説明不足が多いと言うか、ちょっと微妙に不足気味に感じ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。