MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果て」 感想!

もうやだあああああああああああ

 
 
 
感想
泣きたい……

人のことは分かりませんが、僕がアニメを見て泣く時って、悲しい時、悔しい時、嬉しい時、だいたいこの3つに集約されるんです。
全部クラナドで言うと、悲しい時は渚がアレな回。
悔しい時は、早苗さんが風子を見られなくなる回。
嬉しい時は、風子の想いがみんなに届いた時。

反面、辛い時というのはあまり泣かなかったりします。歯を食いしばるだけというか。まぁ悔しいと辛いはけっこう意味が重なるところが多い語だと思うけど、なんとなく、フィーリングでね。

今回は辛くてどうにかなりそうでした。
「辛い」という感情でここまで泣きそうになったのは初めてかもしれません。

リトルバスターズがとてもいい空間で、他のアニメの追随を許さないほどワイワイ騒いでいるのが楽しい、というのは僕のブログでも何回も書いていること。
それが、こんなにも激しく壊れてしまう。
みんなバラバラ。
親友だと思っていたのが、今や敵。

もう駄目すぎる……。
ホームラン勝負のシーンはもうやだ。いちいち視聴者の感情を煽るのが上手すぎるんだよ! なんだよあの謙吾の叫び! 本当になんだったんだあの茶番は!
恭介がなにを考えて、なにを求めて一連の行動をしているのかが分からない以上素直に恭介を怒れないんだけど、あれは酷すぎる。謙吾がブチ切れるのもやむなし。

ただ……
やっぱり、だれがどの程度の情報を持っているのかが分からないんですよね。視聴者の側から見たら謙吾だって怪しい。
道は一つ、恭介と戦う道しかない――
まるで理樹をその道に誘導しているみたいじゃないか。
まだ真人の方が分かりやすい。

加えてあの逃避行。
あんな逃避行、成功するわけなんてないというか、どこを終着点として成功となるのかが分からない以上は失敗が確定しているんだけど、それでもラストがあれですからね……。警察が出てくると緊張感が凄まじい。
理樹と鈴にはほんの少し、わずかばかりの抵抗すら許されない。欲しい幸せを求めても手に入らない。

1期の時に校門を越えた時、つってもED映像のことなんですけど、その時はみんなで抜け出して恭介を拾い、朝日を見たんですよね。
なのに今回は2人。
その2人だって離れ離れ。
生きるということは失うこと……、そんな一元的な見方はおかしいのに、理樹に「それは違う」と否定の言葉をかけてやれない、それほどまでに残酷な状況が胸に痛いです。

次回のサブタイは「5月13日」、恭介が就活から帰って来た日ですよね?
あの日の真実ということなのか、あの日からループし直しちゃうのか、分かりませんが、今はとにかく目に飛び込んでくる映像をただひたすら受け入れるのみ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-5 Comments
神酒原(みきはら) ">スピネルさん"
ネタバレコメントでしたので、注意文にある通り、削除させてもらいました。
ネタバレに気をつけるのはどの作品においても言えますが、リトバスはその要素がかなり強いものと思われます。注意して欲しいです。
2013.11.11 09:03 | URL | #- [edit]
シカろー ""
ネタバレコメントですかー。ふむ・・・

ネタバレには2種類あると思うのです。
1つ目は悪意のあるネタバレ。
某掲示板とかじゃ日常茶飯事ですね。不特定多数を絶望させる悪魔の所業。
2つ目は悪意のないネタバレ。
より深く作品を知ってもらおうと無意識にネタバレしちゃうんですよね。
ブログに書き込まれるネタバレは圧倒的にこちらのタイプが多いですー。
実に厄介なのです。書き込んだ本人は楽しみを奪っていることに気付いてないから。

俺はアニメ感想では極力ネタバレしていないと自負していますが、もしかしたら気付いてないだけでどこかの誰かはネタバレだと感じているかもしれない。難しいです。

件のコメントはもう消えているので(閲覧者を巻き込まないための迅速な対応、見事です)どんな内容だったのかは分かりませんが、リトバスはネタバレを見たら全てが台無しになるほど脆い作品ではないと思っていますし、どうか気を落とさないでください。

これからも感想楽しみにしています!
2013.11.12 03:29 | URL | #8mgXAEbA [edit]
神酒原(みきはら) ">シカろーさん"
今回削除させてもらったコメントも2つ目の方です。
僕がこのブログで食らったネタバレも、1つは少し悪意のある感じでしたが、それ除けばすべて2つ目ですね。だから今まではもう少しマイルドな対応を取っていたのですが、さすがにもっと対策が必要だと思い、コメント投稿フォームの近くに注意文を書かせてもらいました。無意識にネタバレしてしまった方にはやはり酷だとは思うものの、注意文に同意してもらったと解釈し、警告なしに削除しています。

>もしかしたら気付いてないだけでどこかの誰かはネタバレだと感じているかもしれない。
僕もそうですね。加害者になってしまう危険性にビクビクしながら記事を書いております。ただ、こういう危機感さえ持っていれば、なにも考えずに「俺はネタバレしないもんね~」と余裕ぶっているよりは遥かにマシでしょうね。

>リトバスはネタバレを見たら全てが台無しになるほど脆い作品ではないと思っていますし
これはネタバレの度合いにもよるかなw
リトバスに限らず、例えば人が死ぬような展開がある作品の場合、キャラの生き死にのネタバレを見るとすべてが台無しになったレベルのショックを受けると思います。まぁ人にもよりますけど、僕はそうです。
今回もらったネタバレはそれほど重大なものではないので、まだ平気です。お気遣いありがとうございます!
2013.11.12 08:22 | URL | #- [edit]
 "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013.11.27 19:35 | | # [edit]
神酒原(みきはら) ">匿名希望さん"
注意文では管理者にだけ表示コメントへは返信しないとしていますが、特別に返信します。

補完していただけるのはありがたいのですが、少し、お節介のレベルになっています。気を悪くしないで下さい。
物語シリーズの時のように本編の理解の助けになるものならありがたいのですが、今回いただいたものは、前者は「原作ゲームをやってこそ面白い」部分であり、人に教えられて「なるほど!」となるものではありません。なにもかも補完すればいいというわけではないです。僕はこれを、ネタバレの亜種と考えています。
後者は、見ていれば分かることです。そういう描写がされています。原作を知っているからと言って、知らない人になんでも教えようとするのは、場合によっては上から目線だと捉えられかねません。原作ファンが思っている以上にアニメ組が理解していることはけっこうありますから、そこの見極めは重要になるでしょう。

ここのコメント欄でシカろーさんがおっしゃっているように、善意がありがた迷惑になってしまう可能性を、特にネットでは気をつけるべきでしょう。面と向かって話す時と比べ、文章のみのやり取りは、書いた人の意図しないニュアンスまで伝わってしまう可能性が高いですから。
2013.11.27 23:49 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3341-bcd98ddf
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話 「逃亡の果てに」
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話 「逃亡の果てに」
リトバス Rf 第6話「逃亡の果てに」
 今週のまとめ:  そこで「Hanabi」かああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!  いやー...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話 「逃亡の果てに」 感想
謙吾が格好良かったですね。 恭介も真人も辛そうでしたし、来週からの謎解きパートで彼らの想いが どんなものなのか知るのが楽しみです。 鈴は併設校へと行ってしまった。 理樹は、全ては恭介が描いた筋書き通りなのではないかと疑いを持ち、 初めて恭介に対して不信感を抱く。 リトルバスターズがバラバラになってしまうという思いに駆られ、 謙吾に相談する理樹。 彼もまた自分と同じ気持ちだ...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜第6話「逃亡の果てに」レビュー・感想
憧れ続けてきた背中が今は遠く見える・・・すべては恭介が仕組んだこと。疑心暗鬼に囚われる理樹、二人の想いが交錯するとき、リトルバスターズは崩壊の時を迎える・・・?過去に ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」
鈴のために恭介と戦うと決めた理樹。 雨の中の野球対決! その結末は…? リトルバスターズの仲間たちが争うという哀しい展開。 試練の時ですね…。 鈴は併設校へと行ってしまった。 理樹は、全ては恭介が描いた筋書き通りなのではないかと疑いを持ち、初めて恭介に対して不信感を抱く。 リトルバスターズがバラバラになってしまうという思いに駆られ、謙吾に相談する理樹。 彼もまた自分...
リトルバスターズ! Refrain 6話 『逃亡の果てに』
リトバスRefrain第6話、前半最大の山場である2対2の野球対決を迎えました。
終局、そして…【アニメ リトルバスターズ! Refrain #6】
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る アニメ リトルバスターズ!Refrain 第6話 逃亡の果てに 悲しさと悔しさと、そして…
リトルバスターズ!~Refrain~ 第06話 感想
 リトルバスターズ!~Refrain~  第06話 『逃亡の果てに』 感想  次のページへ
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話 『棗恭介のコールドゲームと鈴と混浴!』感想
『逃亡の果てに』「鈴が行ってしまう、併設校へ」すべては棗 恭介(なつめ きょうすけ)の計画です。野球を始めたのも、ミッションを与えたのも、仲間を集めたのも鈴を独り立ちさせるために。
リトルバスターズ!~Refrain~ 6話 感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 6話 「逃亡の果てに」 感想 今回で鈴ルートが一区切りということで、 中盤の山場であったはずなのですが・・・
空き家なのに電気が!? リトルバスターズ!Refrain 第6話「逃亡の果てに」感想
「僕が許せないのは恭介が解散させる為に野球のチームを、『リトルバスターズ』を作ったことだよ」 鈴が併設校へ行く当日。 理樹は心細そうにする鈴の姿に不安を覚えながらも、言葉をかける事が出来ずに送り出す。 残された理樹は仲間達との絆の証であった筈のリトルバスターズが鈴の成長という目的を果たし、必要性を失ってゆく状況を前に恭介への不信と憤りを募らせてゆく。 そんな中、併...
リトルバスターズ!~Refrain~:6話感想
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 リトルバスターズの崩壊。
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第6話 「逃亡の果てに」 感想
昨日の友は今日の仇―
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」
君とのなくしもの / 涙色の翼『生きることとは、失うことなんだって』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけいこ  能美クドリャフカ:若林直美...
アニメ感想 13/11/09(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #6
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第6話『逃亡の果てに』今回は・・・鈴が併設校に行ってしまいました。やっぱり、全然馴染めないようです。鈴からのメールがなんか痛々しいです。恭 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」
チンタラした試合してたっぽい某野球チームと、たかだか練習試合で生中継延長しやがったTBSのおかげで、MBSではアニシャワの時間が大幅に遅れ、『ストライク・ザ・ブラッド』にいたっては放送中止・・・ ふざけんなボケがァー! ヽ(`Д´)ノ 先週みたいに日本シリーズ第6戦で楽天が日本一に王手をかけててマー君先発という事情なら大幅延長も理解できるが、今回みたいに重要度の低い練習試合で誰が注目するかっ...
リトルバスターズ!Refrain 第6話 「逃亡の果てに」あらすじ感想
今回で鈴ルートがひとまず終了。強引に事を進めようとする恭介に抵抗することを決めた理樹ですが…?原作名シーンのコールドゲームがきてテンション高くなりました…!今回はほとんど男キャラのターン!なので、女性にも是非観て欲しいです!決闘シー...
リトルバスターズ!~Refrain~ 6話「逃亡の果てに」
恭介との勝負―。 リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る
リトルバスターズ!〜Refrain〜 #06 「逃亡の果てに」
なつめさん@がんばれない  どうも、管理人です。今日また病院行ってきたのですが、施術がめっちゃ痛くて半泣き。思い出しただけでちょっと体がちょっと強ばるのでこれ以上詳しい話はしませんが、まじパネエっす! 恭介:「……ゲームセットだ」  今回の話は、リトルバスターズの瓦解とその他諸々の崩壊を描いた話。全部ノーカットでやるとなったら、間違いなく管理人の胃が穴だらけになることを...
アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」
コールドゲームだ・・・
リトルバスターズ!~Refrain~第6話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/10/095942 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ!Refrain 6話  ∵
リトルバスターズ!Refrainの6話を観ました… いやぁ、良かったですねぇ。。 イケメン謙吾な。 これまでの事は全て恭介が仕組んだ事? 「課題」とは鈴を独り立ちさせる為のプログラムだった? 真人も何かを知っている様子で話が聞けないので、 初期メンバー最後の一人、謙吾に相談する事にした理樹。 リトルバスターズを「友...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」
併設校へと旅立つ鈴。しかし、誰も話しかけてくることさえない、暗く沈みきった雰囲気に鈴の心は壊れそうになってしまう。 土曜になり、鈴は特別に寮に帰ってくることができたが、弱りきった鈴を併設校に返したくない理樹は、恭介に勝負を挑む。 理樹&謙吾、恭介&真人による、鈴を賭けた野球勝負。その勝負の行方は…。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 第6話「逃亡の果てに」感想 もうがんばれない
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。