MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン

鬼物語 第19話「しのぶタイム 其ノ三」 対話感想!

キャラ付けって難しいんだな、って思った。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):1人で感想書けない神酒原のためにアシスタントを務める。神酒原との関係は不明、でも同居しているせいでホモだと思われているらしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。他人に話しかけるのに抵抗がない人、ある人、これには程度があると思うんだけど、僕の妹はなぜか「飲食店の店員とは話しづらい」という超限定的な程度を持ってる謎人物。人見知りは別にいいんだけどなぜ飲食店限定なのか。



  酒原 「難しい、ってことは批判モードか」
神酒原 「有り体に言ってしまえばそう」
  酒原 「お前前回もボロクソ言ってたよな」
神酒原 「ボロクソってほどでもないだろ。でもまぁあれだよね、前回が面白くないと感じた
      から今回もその低い勢いを受け継いで少し評価が低くなったのは否めない」
  酒原 「でもお前それ、アニプレッションの初期の記事で「その見方はよくない」って
      自分でゆってたじゃん」
神酒原 「確かにそうだ、いろいろ考え直そう」
  酒原 「よろしい」
神酒原 「でも。なんかさ、無駄話がアイデンティティみたいなのが物語シリーズなわけ
      だけど」
  酒原 「まぁそうだな」
神酒原 「1期の化の時はさ、会話パートがほとんど削られてて残念!みたいな意見も多く
      見かけたんだよね。ただ僕は原作を読んでないから、十分楽しめたんだけど」
  酒原 「大ヒットしたってことは多くがそうだったんだろ」
神酒原 「うん。で、今回はすごく珍しく、無駄話が多かった」
  酒原 「多かった……っちゃあ多かったが、俺はいつも通りの量にも感じたぞ」
神酒原 「ふむ……? もしかしてあれかな、今回はストーリーやってる最中に寄り道
      気味に無駄話してるから本当に「無駄だ」って感じちゃったのかもしれない」
  酒原 「あー……」
神酒原 「あとは、冒頭で言ったキャラ付けのことなんだけど、ほら、カゲヌイさんに連絡
      する・しない、的なやつでけっこうな尺を使ったじゃん。この問答が物語にどう
      影響するのか、ってずっと思いながら僕は見てたんだけど」
  酒原 「ああ」
神酒原 「結局ガエンさんのところに直通しちゃったじゃんか。カゲヌイさんに関する部分
      ってあんなにいらなかったんじゃないかって」
  酒原 「カゲヌイさんを通じないと連絡できないはずなんだけど直通しちゃったよ、って
      のを描きたかったんだろ」
神酒原 「分かってる、だから「あんなに」って言ったんだ。生活リズムの話とかもしてた
      じゃん? 要はあのシーン、カゲヌイさんについてキャラを掘り下げたんだ」
  酒原 「ほう……、で?」
神酒原 「いらないだろ、っていう」
  酒原 「なんでいらないんだ」
神酒原 「興味が湧かないからだ。単純に、ヒロイン勢ではない。キャラクターとして
      ユーザーをアトラクト、つまり魅了するポジションの人じゃないのだから、
      それほど掘り下げる意味がない」
  酒原 「それを言ったらこの作品、敵キャラとかことごとく無駄話するじゃんか。貝木も
      そうだし」
神酒原 「それは敵だからだよ。敵のことは「知って得になる」。今回のカゲヌイさんは
      どうだ? 知って得になるのか」
  酒原 「そう言われるとならないな」
神酒原 「だろ? だからその辺に尺が使われたのがどうにも僕には退屈だったんだ。
      反面、ハチクジにセクハラしまくるシーンとかは実に楽しかった」
  酒原 「ヒロインだからか」
神酒原 「そう、ヒロインだから。掘り下げるべき、無駄話をするべきキャラというのは
      存在するんだよ。ただ流れに任せてそこにいるキャラにフォーカスを絞ってる
      んじゃいけない」
  酒原 「珍しく批判の流れが強いなお前」
神酒原 「うっ……。まぁでもこれは前回も言ったことだけど、メディアの違いだろうね」
  酒原 「ほう?」
神酒原 「小説だと文章力で魅せることができる。同じシーンでも原作だともっと面白かった
      だろうよ」
  酒原 「アニメも映像表現頑張ってただろ」
神酒原 「素晴らしかったよ。でもカゲヌイさんいないじゃんか」
  酒原 「そういうことね……」
神酒原 「ともかく、なんでも知ってるお姉さんに辿り着いてしまった。この人、猫物語で
      出てきた時はちっともいい印象を抱かなかったんだけど、能力だけは確かな
      ようだ。なにを秘めてるのかもさっぱりだけど。でもここでストーリーが
      大きく動いてくれそうだよね」
  酒原 「無理やり軌道修正したな」
神酒原 「いいじゃんか楽しむ方向になるんなら! ……忍を置いて来てしまった、という
      のもいいよね。ここはむしろ忍が画面にいないからこそ、言い知れない緊張感が
      伝わってくる。今回が全体的に面白くなかったわけではないんだ。むしろ
      全体的には面白かった」
  酒原 「じゃあわざわざ批判すんなって」
神酒原 「でも言っておきたかったんだ。ちょっとキャラクター論みたいになっててカッコ
      よかったんじゃない?」
  酒原 「テメェで言うと魅力半減だけどな」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
エネバー ""
うーん、売れるの確実だから手抜きしてる気がします。
 まず声優の個人的な事情なのかもしれないけど鬼物語にはOPないみたいだし・・・なんか残念
OPがそれほど重要かと問われれば、確かに僕はNOと答えるでしょうが
物語シリーズのOPというのはそれぞれの話を区切るというか、何か特別な役割もあったように思います。物語シリーズの伝統が途切れてしまったように感じるんですよね。もちろんこれは僕個人の思いですが・・
 もうひとつこれは原作にも言えますが、どう考えても傾物語のヒロインは八九寺ではなく忍で、鬼物語のヒロインは忍ではなく八九寺だろ、ということです。題名と内容がマッチしてないんです。
 最後に傷物語の延期です。これをあえてやらない理由が分かりません。正直物語シリーズで一番重要な話だと思うんです。これやるのとやらないとでは結構印象が変わってくるとおもいます。やっぱりまどかのほうがシャフトにとっては重要なんでしょうか?
 
 蛇足なことですが、キャラコメ聞いたことありますか?
2013.11.10 14:15 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">エネバーさん"
境界の彼方の記事でコメントくれてる方ですよね?
なんか、分かりやすく名乗ってくれると助かります。IPアドレス同じだから分かったけども。

>うーん、売れるの確実だから手抜きしてる気がします。
手抜き、の定義から少しずれているような気もしますが……

>OPがそれほど重要かと問われれば、確かに僕はNOと答えるでしょうが
この場合、僕はYESですね。
鬼物語にだけOPがついていないのは僕も遺憾です。坂本真綾の事情らしいことはどこかでチラッと見たけど、そんなの知ったことありませんね。仕事なんだからやれよと。平野綾から変わった意味ねぇだろうと。

>題名と内容がマッチしてないんです。
これは手抜きではないですよね?
まぁそういう批判だとして話を進めます。

このミスマッチは特に問題にはならないと、僕は思います。
第一に、なにもご丁寧に題名と内容をリンクさせる必要はありません。非常に多くの場合はそうなっているというだけで、別に騙したっていい。しかも今回の場合は逆になっているだけで各ヒロインの出番に差が出てるということもないですし。
また、一見逆に見えますが、「阿良々木さんが助けるヒロインがタイトルになってる」という考え方をすると、逆にはなっていません。傾では異世界のマヨイを、鬼ではなにやら忍を救いそうじゃないですか。

>最後に傷物語の延期です。
傷物語を担当している尾石達也は、ものすっごく仕事が遅いのだそうです。内部事情などよくは知りませんが、彼が仕事を予定通りに進めないために会社全体としてもスケジュールを組めず、企業としての利益を得るために他のディレクターが担当している作品が先に作られ、傷がどんどん後回しになる……という状況が発生しているのだと思われます。
いつだったか、「何年後になるか分からない」なんてコメントも出てました。
シャフトが作品の納期を遅らせがちだというのは、化物語のウェブ公開時にユーザーにもハッキリ分かってしまいましたからね。
そういえば化物語のシリーズディレクターも尾石達也でした。

遅れている以上は言い訳なんてできませんけど、手抜きの結果だというのは少々違うかなと思い、いろいろ書かせてもらいました。
キャラコメは聞いたことないです。
2013.11.10 18:11 | URL | #- [edit]
エネバー ""
>遅れている以上は言い訳なんてできませんけど、手抜きの結果だというのは少々違う
まあその通りなんですが、それだけこの作品への期待が大きいんでしょうね。

>分かりやすく名乗ってくれると助かります
意外と名前が思いつかないんです。

>鬼ではなにやら忍を救いそうじゃないですか。
僕は八九寺も結構気に入ってるんです・・・としか言えない

物語シリーズのキャラコメはオススメです。ホントにずっと無駄話してるんですけど、ヴァルハラコンビの会話とか本編にはない組み合わせが盛りだくさんで楽しいですよ。(真宵×神原というイミフなのもあったりしますが・・・)答える順番バラバラですみません
2013.11.10 20:18 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">エネバーさん"
>それだけこの作品への期待が大きいんでしょうね。
期待が大きいからこそ企画としても最初から大きなものを打ち出した、とも考えられますね。シリーズでこれだけ映像化できるというのもすごいですし。

>意外と名前が思いつかないんです。
えっと、すみません、名乗って欲しいというのは、「境界の彼方でお邪魔した~」とかそんな感じです。あのコメントとあのコメントが同じ人か、というのが一目で分かるのがブロガーにとっては一番助かります。固定ハンネをつけてくれるのが一番ですが、あとからつける場合ならそれなりの言及を、ということですね。うっかりIPアドレス見るの忘れたら別人だとしか思いませんから。

>僕は八九寺も結構気に入ってるんです・・・としか言えない
まぁ作品の本質的な話はそのエピソードが終わってみないことには語れませんけどね。

>物語シリーズのキャラコメはオススメです。
素晴らしいそうですね。発売当時から話題に上っていたのを見ていました。
ただまぁ、時間的に無理そうです。テレビシリーズをまとめて見る時間を取るのは難しいですし、取れても物語シリーズのDVDを優先的にレンタルするかはその時にならないとどうにも。あと、物語シリーズのキャラコメはレンタル版にもついているのかどうか。
2013.11.10 23:11 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3342-a8ce7629
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 第19話
しのぶタイム其ノ參 『しばらく帰れない しんぱいすれな』 そういえば、「つばさタイガー」と同じ時間帯なのですね。 焼けだされて学習塾跡に泊まっていた羽川を戦場ヶ原が保護して、このメールの時点では戦場ヶ原の家。 羽川が学習塾跡に行ったのは暦達が脱出した後で、その時点で、学習塾跡にはもうクラヤミはいなかったのですね。 ペアリングの切れた忍の安否は‥? 「つばさタイガー」でブラック羽川が忍と出会...
物語シリーズ セカンドシーズン 第19話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ參」
忍から400年前の話を聞いた暦。その場に余接が合流し、真宵も眠りから目を覚ます。 学習塾跡の廃墟で話していた4人だったが、その場に再び『くらやみ』が出現! 余接の力でその場を逃げ出すが、離脱の際に暦の影にいた忍が取り残されてしまう…。 臥煙伊豆湖も登場し、猫物語(白)と話が連携して来ました。 同じ時系列で暦が何をしていたかがこの物語ってことですねw  
鬼物語 しのぶタイム 其ノ參 感想
鬼物語 しのぶタイム 其ノ參
物語シリーズ セカンドシーズン 第19話 感想
 物語シリーズ セカンドシーズン  第19話 しのぶタイム 其ノ參 感想      次のページへ
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第19話 「鬼物語 第忍話 しのぶタイム 其ノ參」 感想
油断大敵―
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第19話鬼物語「しのぶタイム 其ノ參」レビュー・感想
なんだ、ここはひょっとして桃源郷か?少女と幼女と童女に囲まれてウハウハ状態な暦しかし『クラヤミ』の正体も対策もわからないまま時は過ぎ、そして・・・お互いに怪異としての ...
物語シリーズセカンドシーズン 第20話「しのぶタイム 其ノ参」
猫物語(白) 第二巻/つばさタイガー(下)(完全生産限定版) [Blu-ray]『物語は続いているのだ』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜   ...
『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#19「鬼物語しのぶタイム 其ノ參」
「初めまして。 私は臥煙伊豆湖。何でも知ってるお姉さんだ」 忍が400年前、『くらやみ』と遭遇した時の話をしてくれたけれど、 結局、その正体はつかめず… そこに見計らったように外で立ち聞きしていた余接が現れ、話に加わろうとしたけれど、 後期高齢者呼びと、さっきのキスを忘れていないのか忍がお怒りモードで;
物語シリーズ セカンドシーズン #19「鬼物語 しのぶタイム 其ノ參」
Choose me Darlin!  どうも、管理人です。試験とイベント参加という、ここ最近ではトップクラスにどん詰まりの予定を組んで臨み、とりあえず乗り切りました。転売防止対策はあれくらいやったほうがいいですわ、本当冗談抜きで。 忍:「この三人の中で誰が一番好きなのじゃ?」  今回の話は、くらやみからの再襲撃を描いた話。前回の話がろくに絵が動いていなくて、些か不満を感...
物語シリーズセカンドシーズン #19 「鬼物語 しのぶタイム 其ノ参」
修羅場!ww 「物語シリーズセカンドシーズン」の第19話。 忍の昔話が終わったけど結局のところ「くらやみ」の正体は分からず。 ただ実は隠れて話を聞いていた余接は「怪異ではない」と告げ 正体を知るために「何でも知っている」臥煙 伊豆湖に会うことを勧める。 と言う話はさておきロリッ子衆に囲まれていい気になっていた暦は なぜか誰を選ぶかと迫られて修羅場に。w ちょうど真宵が...
物語シリーズセカンドシーズン 第19話 「鬼物語 しのぶタイム 其ノ參」感想
前回で忍の過去話も終わり、今回はまた現在の話に戻ります。くらやみの謎に迫ろうとする暦。くらやみの正体とは一体…?今回はヒロインの対決や、暦のあれな部分がいつも以上に見れて面白かったです!
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第19話 『鬼物語しのぶタイム 其ノ貳』 降って湧いた幼女パラダイスに阿良々木大興奮?
しかし修羅場でもある。このアニメにに登場するヒロインは基本阿良々木の事をボロクソ言ってます。でも複数揃うとヒロイン同士でいがみ合いを始め、どっちが好きなの?と張り合う傾向がある気がする。正直そんな質問されても困るだろう。何を言っても角が立つんだから。 忍と八九寺と斧乃木で誰が好みなのか。そりゃ八九寺だろうけど言える訳ありません。まあ八九寺が目覚めた直後の行動で丸わかりですがね。 儂がそんなに...
物語シリーズ セカンドシーズン 第19話「鬼物語 しのぶタイム 其ノ參」 感想
くらやみの話が終わり、敵の正体を理解できただろうか? 全く分かりませんw そしてなぜか外で立ち聞きしていた余接。 暦お兄ちゃんにキスしたことで機能がマヒしたのかなw(←マテ) 囮物語 第一巻/なでこメドゥーサ(上)(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/02/26)神谷浩史、斎藤千和 他商品詳細を見る
鬼物語 3話 ロリの桃源郷(修羅場)
鬼物語3話を見たよー。 いやー、よかったですね。 ロリの桃源郷な!! 1つの部屋に1人の男と 3人の 少女 と 幼女 と 童女 がいる空間。 これを桃源郷といわずに何と言うのでしょう。。 …あ、 修羅場 とも言いますね。 「月火フェニックス」での因縁もあるのか、 どうもピリピリしているのが忍と斧ノ木ちゃんの関係性。 ...
物語シリーズセカンドシーズン 第19話 しのぶタイム其ノ參
暗闇の正体は、最終的に分からず終い。 全盛期のキスショットでも打つ手なしだったようですが、暦や忍だけの問題ではないので、そう言ってもいられず。 街の住人全てが失踪し ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。