MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤのA

ダイヤのA 第7話「ふたつのバッテリー」 感想!

発見の連続。

 
 
 
感想
神酒原は原作をほぼ読んでます。ネタバレはもちろんしません。

王道青春スポコン……ということで、この『ダイヤのA』は主人公・沢村の成長物語が大きなフローとなっているわけですが、成長って、まずは「気づき」が大事ですよね。
気づかないことにはなにも吸収することはできません。

そんな、成長の第一段階である「発見」が、この作品はたくさんあるなぁと感じています。

最初の発見として僕が挙げたいのは第1話と2話。
第1話で、沢村は東先輩(ちなみにこの人は当時の3年、今はプロ)に啖呵を切り、「たった1人で野球はできねぇんだ!」と言っています。
しかし第2話では勝負に対してムキになり、御幸に「1人で野球をやるつもりか?」と言われてしまいました。大きいことは言っても、沢村本人が野球を理解していなかったんですね。

そして前回。
ポジティブさが買われてマウンドに立った沢村、2・3年生相手になかなかのピッチングを見せましたが、すべてど真ん中狙いの真っ向勝負。
思い切りがよくていい……そういう評価はあったでしょう。でもそれは裏を返せば、キャッチャーと少しも足並みをそろえていないということ。

「俺たちキャッチャーはただの的か?」

このセリフ好きです。
そう、根本的な話になるんだけど、もしキャッチャーがただの的なんだとしたら、このポジションいりませんよね。後ろにネットを立てればいい。
御幸に言われたことをまたクリスに言われてしまった沢村。まるで成長していない……いえいえ、1回ハッとしたくらいでそうぽんぽんと成長できる人間はいません。まだまだ未熟すぎる沢村ですが、これも裏を返せばそういうことを言ってくれるキャッチャーが2人もいるということ。これは野球留学を肯定している名門校ならではと言えそうです。

……まぁ、クリス先輩も超厳しいですけどw
指導が厳しいのはいいとしても性格が厳しい。彼の言ってることは実にもっともで、反論の余地はないんだけど、あれは精神へし折られても仕方あらへんで。そこでサッとタイヤのAになれる沢村だからいいけど。

さて、今回のサブタイは「ふたつのバッテリー」
もう一組のバッテリーも印象的でした。
まずなにが印象的って、第1話で沢村の女房役候補としてドドーンと現れたくせに、御幸さんは先に降谷とバッテリーを組んでしまったということw

このライバルはいいですな。最初からでかい武器を持っており、すぐに一軍で使ってもらえる……、なんかもう今の時点で沢村には追いつけないような貫録が降谷からは感じられます。フィールディングができない、という弱点があるのも、逆にリアル感が出て余計にでかい。

こいつはけっこうなひねくれ者のようだけど、感情の面ではかなり素直なところがあるようで、初めて御幸に受けてもらった時の表情は印象的でした。
中学時代は球があまりに速すぎてだれにも受けてもらえず、ミットの音を聞くのも久しぶり。
ものすごく気持ちよかったんだろうなぁ、というのがよく伝わってきました。
次回は試合のようだから、早速公式戦デビューかな。改めて考えてみても異例すぎる早さですねw

今回はバッテリーの他にも、頼れるレギュラー陣の紹介だったり、片岡監督の事情だったり。

ここ5年ほど甲子園から遠ざかっている……というのは、由々しき事態なんでしょうな。掛け声にも「王者青道」が入ってるし、なんか今は「全国レベル」って胸張って言えない感じ。頑張って「西東京強豪」でしょうか。
しかしあの学校関係者はウザいですな。こうやって見に来てちょこちょこ圧力をかけるのは組織人としてはいいんだけど、「責任を取る覚悟はできています」と本人が言ったあとに「首がかかってること分かってるのかねぇ」って、お前話聞いてねぇだろっていう。

忘れていけないのは日常シーン!
野球アニメですから、こういうのは貴重になってくるのかな。『おおきく振りかぶって』はそれなりに多かった印象だけども。
若菜からのメールにてんやわんやの沢村ルームが面白すぎて爆笑です。2通目のメールのタイミングが絶妙w

そうそう、今回は下請けにグロス出しせず、元請会社が作ってました!
だからか分からないけど作画がとてもいい調子。作画のリソースが見込めそうな回とお話が盛り上がる回をどうにか合わせて欲しいところなんだけど、その辺の調整はやっぱり難しいんだろうか。

あと、絵作りがなかなか面白かったです。今回、正面から選手を移すカットが非常に多かったですね。
降谷が投げるカット、
小湊兄が取ったボールを倉持が投げて結城がキャッチする2カット、
沢村が投げるカット。
なかなか特徴的なアクションになってたんじゃないかなと。

絵コンテは笹木信作、存じ上げない方なので調べてみたら、とんでもないキャリアをお持ちの方だったw
まどマギ第10話や劇場版など、最近はシャフトのコンテマンとして有名、しかもジブリ出身のアニメーターだと。なるほど面白いわけだw

整理
野球アニメ、しかも舞台が名門校ということで登場人物が単純に多いので、毎回整理しておこうと思います。
自分用だけど原作未読の方の参考にもなれば。
今後のネタバレはありません。
※ウィキペディアのページはキャラの名前を見に行くだけでもネタバレを踏む(他作品よりもネタバレの危険が高い)ので注意!

導入編が終わって新章に入ったからか、今回は改めて登場人物紹介がなされた感じですね。
というわけでちょっと気色を変え、相関図にまとめてみます。

※のちほど更新

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。