MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏-ハナノウタ-

夜桜四重奏-ハナノウタ- 第7話「イバラミチ3」 感想!

いい前半戦だった!

 
 
 
感想
全体的に、「イバラミチ」は前座だったのだろうね。
本戦が始まる前の準備体操。これでお膳立ては整いましたよ、と、そんな感じがします。

いっやぁ最高に面白かった!

森野がまずよかったです。悪役にすらなり切れない小さい人間、という印象を今まで抱いていましたが、まぁ彼自身は確かに小さい人間なのでしょう、でも彼は彼なりの正義に従った上での行動でした。

人はだれかに守られて、人を守ることを覚える……。
いいですねこの教え。ヒメが回想せずとも、前回ヒメが恭助に同じことを言ってましたので、前町長の教えなのだとすぐに分かりました。まぁ、「師匠」っていう言葉が出てきた時点で分かってはいましたけどw

コヒメちゃんはまだ9歳、人を守るすべを知らない。だからそれまで自分が守ってやらないといけないんだ。
うーん、これぞ世代から世代へ受け継がれる愛! 人間社会の理想としたいですな。
森野はこの信念に従おうとするあまり、円神の甘言にそそのかされてしまったのでしょう。そこは是非、たくさん反省していただきたいところだけど、彼の心意気だけは評価したいです。

実はコヒメちゃんは町長戦に出られない、というアホすぎるオチがついたのも実にいい。まずいことをしてしまったけど自らの正義を行った森野への、作り手からのプレゼントといったところでしょうか。

でも特筆すべきは円神との対決中!
まぁまだ第7話、どうせこの円神は存在だけ見せびらかしたあとにさっさと消えるんだろ? とか思っていたので、前回の延長戦くらいの感覚で見ていました。
龍槍を使ったヒメの無双は超かっこよかったですからね。

しかし、秋名が刺されてからの流れの熱さといったら!
サトリの力で攻撃が読めるはずの円神へ叩きこまれる攻撃の数々。改めて思い知らされます。こいつら、1人ひとりがとんでもないスペックを持っているんですよね。

普段は非戦闘員みたいにしてるけどブチ切れると文字通り鬼の強さの桃華。
「圧」の一言がとにかく圧倒的なコトハ。
そして逆鱗のヒメ。
怒りによってタガが外れ、本気で殺さんとする勢いのヒメたちはかなり痺れました。
冷静に、捕虜にするべきだとする獅堂さんもいいですね。

結局円神は変わり身で逃げおおせてしまったわけですが、そのおかげで少しだけ分からなくなってしまいました。
ヒメたちの攻撃は円神に届いていたのか、それとも幻を見せられていたのか。
たぶん前者だとは思うんだけど。
でも、これくらい謎を残しておいた方が強すぎず弱すぎず、ラスボスとしては魅力的かなと思います。クライマックスが楽しみだ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3353-2481def3
夜桜四重奏~ハナノウタ~ #07
『イバラミチ 3』
夜桜四重奏 -ハナノウタ- TokyoMX(11/17)#07
第7話 イバラミチ3 龍槍・逆撫を手にした姫。これで形成逆転と思ったら、まだ私の知らない事象が あるとは、この町は面白い。最後のカードを切ることにしよう。人質の小姫を見せる篠塚。誰も小姫の事を考えていなかったことに驚く。 陶芸店主四谷は森野町長に師匠の事を思い出せと叫ぶ。これが最後と大トカゲを堕とす老人。倒すことに非ず、ヒメと恭助の連携で煙幕を張る。その隙に秋名が小姫を抱いた老人を捕まえる。...
夜桜四重奏 ~ハナノウタ~ 第7話「イバラミチ 3」
コヒメを取り戻そうとヒメたちは反撃を開始するが…。 トカゲを堕との能力を持つ老人は、コヒメをトカゲの食わせると脅迫。 森野もその非道さに老人から寝返えり、コヒメを救出する。 アオにも心を読めない老人の正体は…!? ついに円神が、ヒメたちに前に正体を現します。 円神が桜新町を憎む理由が明かされる…   
夜桜四重奏-ハナノウタ-(アニメ感想/♯7)
森野さんGJ☆ っていうか、ヒメよりずっと良い町長だと思うよ。 上に立つ人が自分勝手すぎると困る事あるしね(って、森野さんも悪い所ありますが…/今回の件はヒメとおあいこ)。 ヒメはいつも上から目線でイヤなのー(こっちからも嫌いで結構だ)。 「戦う女子高生(無遅刻無欠席)」は可愛いかったけどね。 勿論「友人A」もw
夜桜四重奏 -ハナノウタ- 第7話 『イバラミチ 3』 ようやっと円神とご対面...長かったな。
前作ではわりと早く接触したと思ってた。それだけに中々秋名達の前に現れない円神にやきもき。しかも円神の外の人であるアオの兄・七海ギンは「旅に出ている」という話だったと聞いてビックリした。秋名以外、ギンが円神に乗っ取られた事実を知らなかったようで。 更に秋名も知らない事実があった。かつて志願して妖怪の世界にチューニングされたという円神の祖先・比泉円陽。実は無理やり送られた、しかも本人だけじゃなく...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。