MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」 感想!

おかしいのは世界の方。

 
 
 
感想
本当に世界がおかしすぎて混乱してしまいました。

なんだろう、恭介や真人たちが意図的に世界をどうこうしてるとか、どうこうなってる世界を利用してるとか、そういうことではないのかな。少なくとも今回の真人は完全に振り回されているように見えました。
まるで世界の方が、昔のリトルバスターズを再現しようとしてるみたいに……。

でも描きたいことは伝わった、ように思います。
真人はとにかく世界の秘密とやらを知っていて、その残酷さを知っている。だから理樹たちをあえて突き放した……のでしょうたぶん。
そのあと世界がおかしくなって、なりふり構わず殴るようになってしまいましたが。

どういう意思が働いたのかは分からないけど、とにかく理樹と真人が本気でぶつかる必要があったのでしょうな。
理樹はかつての恭介と同じように真人に打ち勝つ必要があると考えた。
素手ではどう考えても最強の真人相手に、真正面からの喧嘩はハードルが高すぎる。理樹は機転を利かせ、そこを見事に乗り越えてみせましたな。

決して自分から荒事はしなさそうな理樹が真人を拳でのした。
理樹の「本気」が伝わった、ということでしょう。
だから真人も、理樹について行くと決めた……。この過酷な世界を今の理樹なら乗り越えてくれる、そう感じたのかな。

次は謙吾だぜ!って感じの引きで終わったけど、やはり次は謙吾を仲間にする展開なんだろうか。
リフレインの前は理樹の味方についてくれたこともあって、なんか「謙吾は味方」っていうイメージがあるんだけど、今回見せた表情は険しかったですな。
理樹の野球案にも反対してたし、次回もどうなるのやら、ちっとも想像がつきません。
でも楽しみにしたい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3360-3074a668
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」
理樹 VS 真人。 暴れる真人が凶暴すぎます(^^;  理樹と一緒に行動するうちに、鈴の明るさが戻ってくのがいいですね!   リトルバスターズをもう一度作り直すため、理樹はまず真人を仲間にしようとする。 だが、真人はその誘いを断り、「いまから最強を証明しはじめる」という謎の言葉を残して理樹を突き放す。 すると真人は近寄った者をだれかれ構わず殴り飛ばし、手を付けられない状態...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第08話 感想
 リトルバスターズ!~Refrain~  第08話 『最強の証明』 感想  次のページへ
リトルバスターズ Refrain TokyoMX(11/23)#08
第8話 最強の証明 公式サイトからリトルバスターズをもう一度作り直すため、理樹はまず真人を仲間にしようとする。だが、真人はその誘いを断り、「いまから最強を証明しはじめる」という謎の言葉を残して理樹を突き放す。すると真人は近寄った者をだれかれ構わず殴り飛ばし、手を付けられない状態に……。「まるで昔の真人に戻ったみたいだ」と鈴は幼い頃を思い返す。理樹と鈴は協力してトラップを仕掛け、何とかして真人...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 第8話「最強の証明」レビュー・感想
真人、今日から俺とお前は友達だこれからは楽しい事がたくさん待ってるぜだから今は休んどけ、な?幼い頃強い絆で結ばれた仲間達、それをもう一度作り直そうと鈴と一緒にリトルバ ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」感想   リトバスの科学部は有能。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話 「最強の証明」 感想
これはいい真人回でしたね。 一人だった世界から友達がいる世界へ。 握りしめた拳を解けれるようになれてよかったですね。 リトルバスターズをもう一度作り直すため、理樹はまず真人を 仲間にしようとする。 だが、真人はその誘いを断り、「いまから最強を証明しはじめる」 という謎の言葉を残して理樹を突き放す。 すると真人は近寄った者をだれかれ構わず殴り飛ばし、 手を付けられない状態に...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話『トラップの直枝理樹VS井ノ原真人の筋肉!!』感想
最強の証明。ずっとベッタリしていてリキとラブラブだと思われた真人。しかし荒ぶる筋肉は獲物を求めていました。はたして三角関係に戻れるのでしょうか
リトバス Rf 第8話「最強の証明」
 今週のまとめ:  まずは「まとめ」に代えて、私の嫁さんの感想を。  「……よくわからない」  やっぱそうなるかーwww  そうですよね、一回見ただけだと「よくわからない」方が多いんじゃないかと、そんな気はしておりました。私も、ゲームプレイ時にはアタマをひねりひねり、苦労して飲み込んでいったような記憶がおぼろげに残っておりますよ。直感的にストンとは落ちにくいんですよね...
リトルバスターズ!~Refrain~:8話感想
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 真人の試練。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話 「最強の証明」 感想
俺が最強だ! ついに真人のターンが来ましたね♪ 恭介と同じようにリトルバスターズを1から作り始めようとする理樹。 恭介は最初に鈴を連れ出し次は真人を・・・・・ 真人を誘いに行きも理樹は拒絶されてしまいます。 恭介は街の悪ガキだった真人を倒し、友情の契約を結んだと。 つまり理樹も恭介と同じ様に作るのなら、真人を倒さなければならないですね(^^; ―あらすじ― ...
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第8話 「最強の証明」 感想
そのままの君が好き―
ムヒョッス、攻略ルート突入 リトルバスターズ!Refrain 第8話「最強の証明」感想
理樹は自らの力でもう一度『リトルバスターズ』を作るため、かつての恭介がした事を真似て仲間を集めようとまず真人に声をかける。 しかし、これまで理樹に対して温厚に接してきた真人は別人のような態度で頑なに誘いを断り、理樹を冷たく突き放す。 そんな矢先、真人は校内で相次いで暴力沙汰を起こし、教師達も手がつけられない程の暴走をはじめてしまう。 真人の変貌に戸惑...
アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」
愛すべき最強のバカ
リトルバスターズ!Refrain 第8話 「最強の証明」あらすじ感想
今回はまさかの真人回&男キャラのターン!真人を再び仲間にするために動き出す理樹・鈴。理樹は真人を説得することができるのでしょうか…?リトルバスターズという作品の魅力がつまった1話でした。今回は特に恭介と真人のやりとりに注目です。友情って素晴ら...
アニメ感想 13/11/23(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #8
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第8話『最強の証明』今回は・・・真人の話でした。そう言えば、ゲームでこんなシーンあったなぁとか思い出しつつ見ていました。なんか銅像が動いて ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 8話「最強の証明」
真人を止めるために—。 リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る
リトルバスターズ!〜Refrain〜 #08 「最強の証明」
強者である意味  どうも、管理人です。驚くくらいにモチベーションが上がらない中で書類をでっち上げて、郵送とかしてるあいだに何か一日が終わってしまった感。そろそろ本気だそう、何度目知らんけど。 真人:「……俺が最強だからだ」  今回の話は、新生リトルバスターズ結成に向けた第一歩、真人を口説き落とすためのあゆみを描いたもの。原作やった時も思いましたが、あのシーンはやっぱ印象...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」
恭介の足跡を辿ることで真実に近付けると考えた理樹は、恭介がリトルバスターズを作った時と同じように、まずは真人を仲間に誘う。 しかし真人は理樹の誘いを拒否、そして自身が最強であることを証明すると言い、男子生徒を手当たり次第に殴り倒し始めてしまう。 理樹と鈴は真人の暴走を止めるために様々な罠を仕掛けるが、真人は驚異的な腕力で強引に罠を突破していく。 万策尽きた理樹は、真人に真っ向勝負を...
リトルバスターズ!~Refrain~第8話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/11/24/094910 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第8話「最強の証明」
鈴と2人でこれから新たにリトルバスターズを結成することに決めた理樹。鈴の記憶を頼りに最初に真人にアプローチを試みるも拒絶されただけでなく、彼は「俺が最強だぁー!」と叫んで急に凶暴化。どうやら恭介と友達になる前の子どもの頃の真人は手の付けられない暴れん坊でボッチだったらしく、鈴から当時の経緯を聞いた理樹は自身のフィジカルの無さを彼女と歩調を合わせながら知恵で補いつつ、できるだけ同じような道を辿...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。