MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<物語>シリーズ セカンドシーズン

恋物語 第22話「ひたぎエンド 其ノ二」 対話感想!

緊迫した中のすっとぼけた空気が楽しい。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):1人で感想書けない神酒原のためにアシスタントを務める。神酒原との関係は不明、でも同居しているせいでホモだと思われているらしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。僕は物欲があまりない子だったんだけど、大人になってからだんだんといろんなものが欲しくなっている。これはなぜだろうと考えているけど答えが出ない。なぜだろう……。



神酒原 「前回ガハラさんが飛行機で沖縄へ直行した件、ちょっと不思議だったんだ」
  酒原 「ほう」
神酒原 「だってガハラさん、家は貝木のせいで貧乏だし、まだ働いてないしでお金ない
      でしょ? その状態で、とりあえず10万はあると言ったんだ」
  酒原 「うん」
神酒原 「どうかき集めたかは分からないけど、この10万が本当にギリギリだというのは、
      駆け引きではなく本気なのだと分かる。でも飛行機を使った。不思議だよね」
  酒原 「まぁな」
神酒原 「そうしたら帰りの飛行機代がなかった。いやぁ僕は吹き出してしまったよ! 
      それだけガハラさんは必死だということだけど、この不思議がストンと落ちた
      瞬間でもあった。ガチで手持ちがなくなってしまったんだね」
  酒原 「ブラックユーモアというやつだな」
神酒原 「でも、それでも飛行機って高いと思うんだけどな」
  酒原 「LCCを使ったんだろ」
神酒原 「なるほど。年始によく席が空いてたもんだ」
  酒原 「まさかの10万円で引き受ける発言にガハラさんが戸惑ってたのも面白かったな」
神酒原 「ああ。今回は、というか前回から、こういう視聴者を食うようなすっとぼけた
      ジョークが非常に面白い。貝木を語り手に据えたというのも大きいんだろうね。
      緊迫した状況だということもちゃんと伝わってくるんだけど、その上で
      いちいち面白いから困った。これは新感覚と言ってもいい」
  酒原 「そこまで言うか」
神酒原 「言うよ。たぶん、後半で急展開に入った時、今までのギャグが嘘のようにお話に
      のめり込めるようになると思う。今やってるのはそういう仕掛けだよ。これ
      までのキャラの積み重ね、特に貝木に依存した面白さなんだけど、これは
      書こうと思って書けるものじゃない」
  酒原 「べた褒めだな。鬼物語の時とは大違いだ」
神酒原 「同じ人間が書いても面白かったりつまらなかったりするもんだ。今回は超
      面白い。それだけでいいじゃないか」
  酒原 「なんかちょっと悟った風だな」
神酒原 「羽川のことがいちいち気になってしょうがない貝木が面白かった」
  酒原 「これは羽川さん登場フラグかね」
神酒原 「セカンドシーズンになってから物語のキャスト選出が独特だけど、今回はだれと
      だれが出てくるのか、これも楽しみだよね。同期組、つまり忍野やカゲヌイ
      さんなんかも出てきそうな感じするけど」
  酒原 「貝木はなんか、結果的にとんでもない出費をしそうだよな」
神酒原 「それもありそう。そして貝木は撫子に接触したぞ」
  酒原 「撫子さん明るすぎてびっくりだ」
神酒原 「それにいちいち付き合ってあげる貝木さんがなんだか可哀想だったよ。まぁ
      これも仕事、最終的に撫子を騙すためなんだけど」
  酒原 「撫子の家やガハラさんとの電話で貝木が掴んだ情報は分かったが、撫子と直接
      会って掴んだ情報は次回に持ち越しになったな」
神酒原 「これは楽しみ。貝木がどんな風に動いてくれるのか、これはすっごく興味を
      引くよ。たぶんまだ情報収集が続くんだろうけど」
  酒原 「そういやさっきのキャストの話に戻るけど、阿良々木くんはこのまま出ないん
      だろうか」
神酒原 「出なさそうな気はするけどね。でも……」
  酒原 「でも?」
神酒原 「「だって今夜は私と、……いえ」」
  酒原 「Oh...」
神酒原 「阿良々木くんは爆発してればいいよ」
  酒原 「うむ、まったくだ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3366-ec95b206
恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳 22話 感想
恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳 22話
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第22話 「恋物語 第恋話 ひたぎエンド 其ノ貳」 感想
狂い咲いた花が、美しいとは限らない―
物語シリーズセカンドシーズン 第22話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」感想
今回からひたぎ…ではなく貝木の撫子との戦いがスタート。貝木は撫子を説得できるんでしょうか…?今回は貝木物語と言ってもいいほど、貝木がずっと喋りっぱなしで驚きました。三木さん凄すぎる…。
物語シリーズ セカンドシーズン 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」
貝木と撫子の初顔合わせ。 物騒な神となった撫子相手にも動じず、自分のペースな貝木が冷静ですね(笑) 元が撫子といえ、神を騙すことが出来るのか? ひたぎの依頼を受けることにした貝木は、暦たちの住む町を訪ね、 今回騙す相手である、今や北白蛇神社の神となった女子中学生・千石撫子のことを調べ始める。  
物語シリーズセカンドシーズン #22 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」
ガハラさんのお願いというより別の利益で動き出した貝木泥舟、 「物語シリーズセカンドシーズン」の第22話。 神騙しの依頼を受けた貝木。 飛行機の中で情報を整理し、まずは神社・・・ではなく、 撫子の同級生の親と名乗って千石家を訪ねる。 言葉巧みにかつての撫子の部屋に入りアルバムを拝見。 人形のように笑う写真、撫子が居なくなって証拠探しよりも撫子の 希望をそのまま鵜呑みに...
物語シリーズ セカンドシーズン 第22話 感想
 物語シリーズ セカンドシーズン  第22話 ひたぎエンド 其ノ貳 感想      次のページへ
『<物語>シリーズ セカンドシーズン』#22「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」
「俺は嘘をついたことがない。 何せ俺はお前の信者第一号だからな」 引き受けよう、戦場ヶ原。 神原の存在が仕事を引き受けるきっかけになったとは知らないひたぎは、 急に貝木がその気になったことを訝しむ。 しかしここで悩んでも仕方ないのでお願いすることになったが、 3人が殺されるまであと74日。 貝木はいかにして神様を騙すのだろうか。
〈物語〉シリーズ セカンドシーズン 恋物語 第恋話「ひたぎエンド 其ノ貳」 感想
羽川翼……一体何者なんだ? あらすじ ひたぎの依頼を受けることにした貝木は、暦たちの住む町を訪ね、今回騙す相手である、今や北白蛇神社の神となった女子中学生・千石撫子のことを調べ始める。 金を受け取ったのはあくまで詐欺師としてのケジメなんだろうな。 金なしでも何だかんだ理由を付けて受けそう。 当事者だけど撫子に殺される理由が分からないガハラさん。 まあ、あの辺はガハラ...
物語シリーズ セカンドシーズン 第22話「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」
化物語音楽全集 Songs&Soundtracks(2011/12/21)TVサントラ、supercell 他商品詳細を見る  「恋物語」が放映されています。原作では騙されてしまいました。箱絵からして、戦場ヶ原ひたぎの視点で物語が進行していくと期待していました。頁をめくれば、オッサンが主役でした。貝木泥舟いう悪役ポジションが語りまくって、面白いものがあります。中学生を騙すような嫌なヤツです...
恋物語 2話 NADEKO神KAWAII!
恋物語2話の感想です。 いやー、よかったですねー! 神(GOD)☆撫子な!! NADEKOだYO♪ 北白蛇神社の蛇神様となった撫子。 こんな事言っても本人は喜ばない だろうし、 見てくれで扇動される愚民 だという誹りは受けるでしょう。 いや、甘んじて受けさせていただきます。 いきますよ… ...
物語シリーズ セカンドシーズン #22 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ弐」
神さまはじめました  どうも、管理人です。アマガミ一挙放送見てたら、軽く口から砂吐きそうに…。何だよこの気持ちw 貝木:「羽川翼……一体何者なんだ?」  今回の話は、貝木と撫子のファーストコンタクトを描いた話。貝木の交渉術、もとい情報収集能力はさすが詐欺師ってところですかね。  色々言い訳を作りつつも、貝木はガハラさんからの依頼を受けることに。10万で請け負って...
物語シリーズセカンドシーズン 第22話「ひたぎエンド 其ノ貳」
傾物語 第一巻/まよいキョンシー(上)(完全生産限定版) [Blu-ray]『お前の信者第1号だからな』 原作:西尾維新 キャラクター原案:VOFAN 製作会社:シャフト 監督:新房昭之 阿良々木暦:神谷浩史    羽川 翼:堀江由衣   戦場ヶ原 ひたぎ:斎藤千和 忍野 忍:坂本真綾   八九寺 真宵:加藤英美里   神原 駿河:沢城みゆき 千石 撫子:花澤香菜   ...
<物語>シリーズ セカンドシーズン 第22話恋物語「ひたぎエンド 其ノ貳」レビュー・感想
暦おにいちゃんはね、撫子が上半身裸になってブルマを穿いたらすっごく喜んでくれたよ♪何をやってるのだ、あの男は・・・戦場ヶ原ひたぎの依頼を受けて北白蛇神社へと向かう貝木 ...
物語シリーズ セカンドシーズン 第22話 「恋物語 ひたぎエンド 其ノ貳」 感想 
貝木は今回の件について仕事を引き受けた。 神原が絡んでいるとはガハラさんも暦も知る余地ないですね~ 流石のガハラさんもかなり動揺。 いや、もとはガハラさんが頼み込んだことじゃないですか~ そんなことより聞いてほしい! 今回の貝木の変装。半沢直樹を意識している? 信用金庫を背景にしてあのスタイルを見てそう思ったw \倍返しだ!/(大嘘) 鬼物語 第一巻/しのぶタイム...
<物語>シリーズ セカンドシーズン:22話感想
<物語>シリーズ セカンドシーズンの感想です。 貝木と撫子の初顔合わせ。
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。