MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤのA

ダイヤのA 第9話「悔しさ、胸に刻んで」 感想!

沢村ちゃんが可愛い!

 
 
 
感想!
沢村って馬鹿だけど真っ直ぐでいい子なんですよね。それは今までの描写でもよく分かっていることなんだけど、今回改めてそうなんだと思いました。

クリス先輩に懐いてしまった沢村が可愛いw
彼の事情を知らないうちは素直に突っかかっていた沢村ですが、事情を知ってからはやはり素直に彼のことを認め、一気に尊敬するまでに。怪我をしても野球の道を諦めない姿勢に胸を打たれたのでしょうな。

あれだけつきまとわれたら確かにうざいだろうけど、沢村の気持ちはど真ん中ストレートに伝わってきて見ている側は気持ちがいいものです。沢村からうざさを抜いたら問答無用で可愛い後輩になるんじゃないでしょうかね。

クリス先輩は自分のペースを貫いているように見えるけど、それでも沢村の勢いに押されて次々と指導のレベルを上げているのが分かってこちらも面白い。
休むことを教えたり。
投球練習に付き合ってあげたり。
あえて厳しい現実にぶつけてみたり。

投球練習が1球で終わったのは笑ったw あれだけアップして1球は可哀想すぎませんかねw
でもクリスの言葉はいちいち至言で響くなぁ。「バッターは松井」なんて、確かに卑怯だけど、沢村は情報を知らなさすぎる、いや、知ろうとしなさすぎることが見事に露見しました。
増子のホームランを忘れたのかってのもそうだけど、「休むことも大事だ」って言ってるのに最後過度なランニングしてたり、沢村ちゃんはなかなか覚えないなぁw そこが見ていてちょっともどかしくもあるんだけど、今後の成長が楽しみでもあります。

沢村には沢村の持ち味が確かにあるんだけど、クリスはあえて教えませんでしたね。
マジで自分の持ち味を知らない沢村はちょっとどうかと思うんだけど、分からないからこそみんなに聞いて回るというのはいい心がけですな。周りに頼ることを覚えた証拠と言えます。
春っちの「後ろを守ってて楽しい」は、かなり抽象的だけどいいアドバイスに思えますね。ようは七色のムービングボールで詰まらせて打ち取る、ということなんだけど……

なぜか、コントロールを磨くという結論にw
コントロールピッチャーと言えばサイドスローの川上さんがいるんだけど、沢村は彼のこと覚えてないんじゃないかというか、クリス先輩も川上の名前は出さなかったな……頑張れ川上……

とまぁ沢村は盛大な勘違いをしてしまったわけですが、これは恐らくクリス先輩がわざと誘導したものですよね。
言ってしまうと、「しょせん練習試合」。ここで手痛い敗北を知っておいて欲しい、そういう親心ですかね。

まぁ結局は持ち味を教えてくれないんだけど、それは次回に持ち越し。
うーん今回も面白い!
同じ一年ながら一軍に行って栄光の階段を上っているように見える降谷も、沢村と同様にマウンドを降ろされてしまったというのもいいですね。降谷も怪物なのは球速と球威だけ、パスボールもするしまだまだなのでした。

どうでもいいけど今回春乃出てこなかったな。なんかちょっと寂しい。

整理
野球アニメ、しかも舞台が名門校ということで登場人物が単純に多いので、毎回整理しておこうと思います。
自分用だけど原作未読の方の参考にもなれば。
今後のネタバレはありません。
※ウィキペディアのページはキャラの名前を見に行くだけでもネタバレを踏む(他作品よりもネタバレの危険が高い)ので注意!

まだまだ本格的な試合は来ませんね。今回は今までまとめていなかったキャラをまとめてみます。

※クリックで大きい画像
青道高校選手情報 第9話ver

過去の整理
※クリックで大きい画像
第6話ver.
青道高校選手情報 第6話ver 一年生チーム青道高校選手情報 第6話ver 二、三年生チーム

第4話ver.
青道高校選手情報 第4話ver 一年生青道高校選手情報 第4話ver 一軍青道高校選手情報 第4話ver その他市大三高選手情報 第4話ver

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3367-71fd06b5
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。