MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第10話「そして俺は繰り返す」 感想!

簡易版

 
 
 
感想
今までのすべての流れにおける、恭介視点のお話でした。

これは見入る……。
こういう感想がまず浮かびました。
面白い、と言ってもいいんだけど、面白いというよりは見入る。少しの情報も取りこぼさんと目と耳を集中させられてしまう、そんな感じでした。

いくつかを除いて、これで隠されていた秘密はだいたい明かされたことになるんですかね。
恭介の真意、活動、そして強くなっていく理樹……、明らかになっていくとこんなにも面白いものなんだなと。特に最後の方、恭介が理樹の強さに感心するシーンはとても好きです。今まで恭介がやってきたことは無駄ではなかった、そして、その想定以上に理樹が強くなっていた。本当にいい仲間ですね。

恭介たちがいなくなる、というのは、どういうことだろう。
これは次回ちゃんと分かることなんだろうけど、病気や事故のせいで生命活動が絶たれてしまうという意味なのか、消えていった来ヶ谷さんたちのようにファンタジー的な消失が待っているということなのか。
前者なら、いや、後者だとしても、なぜ恭介はその「予定」を知っているのか。
ループが自然現象ではなく恭介の意思によるものだった(来ヶ谷さんの時も来ヶ谷さんの意思だったんでしょう)とすれば、まだまだでっかい秘密が残っていそうな感じがしますね。

恭介の口から、理樹が集めたヒロインズはみんな世界の秘密を知っている風なことが言われましたが、たぶん、世界の秘密を知っているか否かというのは、来たる過酷な現実にて消えるかどうかというのとつながっているんじゃないですかね?
消されてしまう人間にだけ、真実が教えられているという。
だから、理樹と鈴だけが残ることになっている。
みたいな。
小毬ちゃん以外の子たちが先に消えてしまったのは、ループのしすぎ?で世界の地盤がゆるくなり、シャナじゃないけど「存在する力」みたいなものが枯渇してきたから……?

なんてことを考えてみましたが、とにかく次回ですね。リトバスはあれこれ考えずに大人しく待つがよし。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3376-21881208
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。