MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」 感想!

感動……!

 
 
 
感想
これはやばい……っ!

泣かされてしまいました。
アニメ見てて泣かされた時って、僕の場合、その時感じたことをとにかくダーッと書き連ねたくなるか放心してなにを書けばいいのか分からなくなるかのどちらかなのだけど、今回は後者のようです。なかなか感想が思いつきません。

とにかく泣かされたとしか。
具体的なことは分からないまでも、理樹と鈴を置いて3人が消えてしまうことはもう分かり切っていたのに、いや、分かり切っていたからこそ、すごく突き動かされてしまう。
真人の時は「彼らしいなぁ」という思いの方が強く、まだ泣きませんでした。真人は幻覚を見ていた時以外、ずっと一貫した姿勢で強かったですからね。でも、真人が理樹との想いを確認し合うシーンは微笑ましくて素晴らしかったです。理樹くんがヒロインって言われる訳が分かった気がします。

謙悟で涙こらえきれず。
恭介が「甘ちゃんだ」と評していましたが、確かに、謙悟は見た目に反して揺れまくっていましたね。真人と逆な感じ。
だからこそ、取り乱してしまう姿が胸を打つ。でも恭介に叱咤されて、今までの自分は幸せだったと前向きに認める姿は素晴らしかったです。
理樹と鈴は自分が守るとばかりに考えていた謙悟だけど、結局、救われたのは彼自身もでしたね。

そして恭介。
振り返った時の男泣きがやばい……!
そうですよね。そりゃあ悔しいですよね。僕は今の今まで、このシーンの直前まで、鈴を強くすることに失敗して引きこもりになってしまったこともあるというのに、恭介のことを「強い人間」とばかり思っていました。
確かに恭介は強い人間なんだろうけど、強いからこそこの世界も作れたんだろうけど、それは側面にすぎず、彼だって悲しみや悔しさを抱く普通の人間なのですよね。

今こそ理樹と鈴を置いて行かなければならないことに、悔しくないはずがない。
理樹が強くなり、今後2人がしっかり生きていけると自信を持てたとしても、恭介自身が一緒にいたいはず。
願ってもいいなら、バスの事故なんて起きず、このあともずっとみんなで楽しく過ごせる未来を思い描きたいはず。

でもそうはならないから。
自分は逝かないといけないから……。
強く願うことで生まれたこの猶予の世界を、今こそ卒業しないといけない。
恭介の涙は本当に胸を打ちます。理樹には今後、本当に強く、たくましく生きていって欲しいですね。

そうそう、このリトルバスターズはAngel Beats!のプロトタイプになっている……みたいに言われているんでしたっけ?
なるほどそんな感じはしました。世界のシステムや意義は違うんだけど、死んだあとに生の猶予が与えられた世界であること、基本的には有限であること、最後には消えないといけないことが同じですね。
どちらも素敵だなぁ。ところで、Angel Beats!のゲームが出たら是非プレイしたいんだけど、マジで全6巻でリリースしていくんだろうか……。

次回はきっと、理樹と鈴が元の世界に戻るところから始まるのでしょう。
つまり、恭介や真人、謙悟、来ヶ谷さんたちが死んだ世界……。
どういうお話になるのか、理樹や鈴がなにを感じるのか、ちっとも予想ができないんだけど、最高に楽しみですね。すっごく前向きな気分になれるハッピーエンドになるといいな。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
tara ""
視聴が後手後手に回ってまして、コメントもなかなかできず申し訳ありません;(レビューは追い掛けさせて頂いてます^^;)
このコメントも1週遅れでタイミング逸してしまってますが、TB報告も兼ねて久々に…

10話と11話を続けて視聴したのですが、これは放心しますよね。
一気に諸々の要素が繋がりましたが、納得や感動よりも衝撃が大きいという…
気持ちがまだ追いついてません;

『Angel Beats!』はまだ観れてませんが、死後の世界の話らしいという情報は耳に入ってる(これ自体はネタバレじゃないですよね?)のでリトバスのストーリーとの共通性の話は理解できます。
プロトタイプの話を事前に聞き知っていたら変な先入観が入ってしまっていたかもなので、知らなくて幸いでした(^^;)
2013.12.23 18:19 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
こんばんは!
視聴が後手後手に回ること、ありますよね。僕もなんだかんだ、今期のアニメ感想はとてもいい調子で書いてますが、感想を書いていない作品はなかなか見れておらず。

>納得や感動よりも衝撃が大きいという…
確かに、そんな感じですね。
その気持ちすごく分かります。話がこんな風に衝撃的だとそうなりますよね。放心しちゃって、どうしよう……みたいな。いい意味でアニメ(テレビのエンターテインメント)を見ている気分じゃなくなるというか。

『Angel Beats!』の死後の世界設定はちっともネタバレじゃないですよ。PVに堂々と紹介文が乗るレベルのものです。
でもAB!も今回のリトバスみたいに、最後の最後に判明する衝撃的事実……みたいなものがあるので、視聴するなら今後もネタバレには気をつけた方がいいですね。
2013.12.24 00:37 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3383-5cb8b218
リトルバスターズ!~Refrain~:11話感想
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 別れの時。
アニメ感想 13/11/14(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #11
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第11話『世界の終わり』今回は・・・ついにこの楽しい世界が終わりを向かえました。てか、今回の話感動的過ぎるだろ。真人も謙吾も恭介もいい奴過ぎ ...
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
会者定離―
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 感想
 リトルバスターズ!~Refrain~  第11話 『世界の終わり』 感想  次のページへ
リトルバスターズ!Refrain 第11話 「世界の終わり」あらすじ感想
今回はリトバス、そして男キャラの集大成な1話!いよいよ恭介達と別れることになった理樹。その時恭介達は…?リトバスで一番の名シーン&お別れ回ということでゲームをプレイした時からこの日を超待っていました!ゲームの感動を見事に再現した、素晴らしい1...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」感想 強く生きる。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
緑川さんの熱演が素晴らしかったですね! 流石は声優、声のプロ! 真人と謙吾との別れのシーンも素晴らしかったです。 恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、 喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返って...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜第11話「世界の終わり」レビュー・感想
もう後戻りはできないんだ止まっていた時間が動き出す・・・!再び流れる時間、それと共に消えていく仲間達。それでも前に進まなければならない理樹と鈴。涙と共に見送られる彼ら ...
リトルバスターズ Refrain TokyoMX(12/14)#11
第11話 世界の終わり 公式サイトから恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返っていた。そしてついに恭介から理樹へ、この世界の秘密が語られる。――終わりの時が、もうすぐそこまで来ていた...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」
永遠の一学期の終わり…。 明かされた世界の秘密。 最後までやり抜いた恭介は本当にカッコイイ兄貴でしたね。   恭介を仲間に入れ、元通りのリトルバスターズを取り戻した理樹は、喜びでいっぱいだった。 早速、仲間たちみんなで野球をしようと張り切っている。 周囲はなぜか奇妙に静かで、はしゃぐ理樹を恭介は切なく見つめていた。 野球をしながら、恭介は仲間たちとの思い出を振り返ってい...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話 「世界の終わり」 感想
夢が終わり、そして終わりが始まる ついにリトルバスターズを再び作り上げた理樹。 そして刻一刻と終わりの時がやってくる。 お別れの時が。 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
リトルバスターズ! Refrain 11話 『世界の終わり』
リトバスRefrain第11話、世界の終わり、別れの時を迎えました。 あまり長くは書けないので今回は最低限に絞りましたけど、他に書きたい事は最終話後の総評でまとめて書くようにしたいと思います。
リトバス Rf 第11話「世界の終わり」
 今週のまとめ:  とーっととー走ーぃーってー、ゆけー。  …というOPの歌詞が、そして、真っ白な背景の中に一人残る恭介の姿が、ようやくここで全てお目見えしましたね。泣きながら駆けていく理樹、消えていく世界、そういったモチーフも、そのものズバリでは無いながらも、ようやく皆さんの胸に落ちる形で描かれたのではないでしょうか。さあ、ここからが「過酷な現実の始まり」です。...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第11話「世界の終わり」
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]『そんなの俺の方が嫌に決まってんだろう!』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三...
リトルバスターズ!Refrain 第11話「世界の終わり」感想
部屋に閉じこもり続けていた恭介を連れ出すことに成功した理樹はリトルバスターズのメンバー全員で野球に興じる事にする。 誰も居なくなり静寂に包まれる世界で楽しい時間を過ごす五人。 だが、そんな世界に刻一刻と終わりの時が近づいていた・・・。 間もなくこの世界が終わる事を知る恭介はこの世界で一緒に過ごしてきた仲間達との思い出を振り返りる。 真人や謙吾もまた、残された僅かな時間...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 #11 「世界の終わり」
戦いの終わり、現実の再起動(リブート)  どうも、管理人です。さっき何かネタにしようと思ってたことがあったのに、サブタイ考えてるうちにすっかり頭の中から吹っ飛んでて笑えない…。こんなことなら、先に書いておくんだったw 謙吾:「リトルバスターズは……不滅だ」  今回の話は、旧リトルバスターズの面々と理樹との別れを描いた話。某まとめブログにも記事にされてますが、グリリバこと...
リトルバスターズ!Refrain 11話 想いが作り上げた世界
リトルバスターズ!Refrain11話を見ました。 いやー、よかったですねー。 はるちんフラッシュな!! 終わりの時が、ついに来た…。 理樹の手を取り時間を進める事を決意した恭介。 リトルバスターズ初期メンバー5人で野球をしながら、 恭介は思い浮かべます。 共に時を過ごした少女達を 。 明るく元気に打球をさばく、三枝葉留佳。 で...
リトルバスターズ!~Refrain~第11話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2013/12/21/191201 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
アニメ感想 『リトルバスターズ!~Refrain~』第10&11話「そして俺は繰り返す」「世界の終わり」
録り溜めておいて良かった… 観るのを休日にして良かった… 第10話を観て、そのまま一気に第11話も観ました。 観終わった今もまだ呆然としています… 書きたいことは山ほどあるのに頭の中で整理できてない状態ですが、何か書かないと今日一日taraは使い物にならなくなりそう(^^;) 感想の体を成してない文章になりますが、思いつくままにつぶやいておくことにします。 (第11話...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。