MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 第10話「決戦!敵の基地」 対話感想!

簡易版

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):1人で感想書けない神酒原のためにアシスタントを務める。神酒原との関係は不明、でも同居しているせいでホモだと思われているらしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。



神酒原 「面白かったー!」
  酒原 「最初から叫ぶか」
神酒原 「そして続きも楽しみー!」
  酒原 「大満足のようでなにより」
神酒原 「ああ、大満足さ! 前回とてつもない展開に一気に引き込まれたんだけど、その
      勢いのまま、最後までとても見入ってしまった。素晴らしい。サムメンコ
      面白い!」
  酒原 「久しぶりの大当たりオリジナルアニメになりそうだな」
神酒原 「それはまだ分からない」
  酒原 「なんでだよ……」
神酒原 「だって2クールじゃん? 最後まで見ないと評価は下せないよ」
  酒原 「まぁそうだけどさ」
神酒原 「でも、恐らくここで前半戦は終了ということでいいんだろうけど、前半戦は文句
      ナシの最高の出来だ」
  酒原 「怪人出てきた回は混乱しすぎてボロクソ言ってたろ」
神酒原 「あれはまさに混乱してたんだよ。でも、続きを見れば必要な展開だったんだと
      分かる。もし今後人にオススメすることがあれば「とりあえず10話までは一気に
      見ろ」と言うことになるだろうね」
  酒原 「なるほどな。今回、マサヨシ正体明かしちゃったな」
神酒原 「たぶんどうなろうと今回で明かすつもりだったんだろうよ。子どもに「最後の戦い
      さ」って言ってたから」
  酒原 「なるほどな。たぶん「どうなろうと」というのは、たとえ死んだとしても、も
      含まれるんだろうな」
神酒原 「恐らくマサヨシにはその覚悟があったね。正体明かそうと思ったのは、キング
      トーチャーが拉致・拷問を働いたせいで、さらに先へ進まなければならない……
      と思ったからかな」
  酒原 「でも次回サブタイは「フロム・ビヨンド」だぞ。ビヨンドって後ろって意味だろ」
神酒原 「むぅ。そこは次回分かるさ」
  酒原 「ミネミラについては?」
神酒原 「マリちゃんに抱きついた時の萌ちゃんの表情がやばかった……」
  酒原 「マリがあわよくば身代りになってくれればと思っていた、それに萌ちゃんは
      気づいていた、か……」
神酒原 「ガチレズは強かったな。これはマリちゃんにとって相当な衝撃になったはず
      だけど、正体を明かそうと思った理由、これは次回語られるのかな」
  酒原 「ともかく新展開が楽しみだな」
神酒原 「ああ。ところで最後に作画の話をするんだけど」
  酒原 「なんだよ2回連続で作画に文句かよ」
神酒原 「いや違うよ。マリちゃんのボロボロ具合だけやたら作画よかったのはなぜなんだ
      ろうって」
  酒原 「ボロボロ具合って作画難しいからその関連カットは上手い人が描いたんだろ。
      もしくは監督かだれかがそういう趣味あってボロボロに力入れさせたとか」
神酒原 「後者で!」
  酒原 「おいこら」
神酒原 「不謹慎かもだけどボロボロ具合ってちょっと興奮するじゃん。薄い本が厚くなる
      方向に」
  酒原 「もう駄目だこいつ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3386-f1f8e9fb
サムライフラメンコ フジ(12/12)#10
第10話 決戦!敵の基地 公式サイトからフラメンコダイヤを救うため、敵のアジトへ向かう“サムライフラメンコ”。ダイヤはフラメンコサファイヤとともに捕らわれ拷問を受けていた。サファイヤを守ろうと抵抗をつづけるダイヤに、“キング・トーチャー”は容赦のない真実を突きつける。そしてついに相対する“サムライフラメンコ”と“キング・トー チャー”。悪の軍団の真の目的が明かされる――! マリに今野から届い...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。