MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リトルバスターズ!~Refrain~

リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」 感想!

まだ終わらない。

 
 
 
感想
てっきり第12話で終演だと思っていたから、「あ、続いた!」って少し思ってしまったw
次まであるのですね。現実世界に帰ったあとはエピローグ、だと思っていたんだけど、どちらかというと最終エピソードというわけですか。

というわけで、あるかな?ないかな?と気になっていた事故シーンの回想。
ありました。
回想が始まった時点で、これは事故につながるシーンだ……というのが分かっていたわけですけど、それでもなかなか凄惨な光景でした。

と言っても、映像的には、少し悪く言ってしまうと「普通」
唐突感があるわけでもなし、特別すごい事故(フィクションの描写として、ね)というわけでもなし。
変な言い方をしてしまうと、「『Another』の方が100倍怖い」みたいな?

ただ、このストーリーで事故シーンを描くとなると、よほど死んでいく生徒の描写を細かくやったりしない限りはそれほど激しい映像にはできないでしょう。
そこで僕に響いたのは謙悟の叫んだ「真人!」でした。

真人と謙悟が理樹と鈴を助けた、ってのは前回語られたことなんだけど、あの大惨事の中2人が動いたというのは素直に「おお」と思ったし、轟音にかき消されて叫びが小さくしか聞こえないのがとても臨場感がありました。
この叫びがあるのとないのでは全然違う。
言い換えると、交通事故の映像は、今までのリトバスの雰囲気と少し浮いてる。
謙悟の叫びは、まさにリトバスらしい。

まぁなんだ。
つらつら言葉を並べてみてもやっぱり映像もかなり激しいわけで、とにかく心臓はガッツリ掴まされましたとさ。

……って、事故のシーンばかり無駄に話してしまったw
今回大事なのは鈴ですかね。

理樹は一度は恭介に言われた通り鈴を連れ出しましたが、わずかな可能性に賭けて恭介たちも助けようとバスに近づきます。
しかし、ナルコレプシーの影響か、凄惨なバスの中を見てしまったせいか、絶望してしまいました。

……おい、お前今までなにをしてきたんだよ! なに膝を折ってんだよ! と思ってしまったのが正直なところ。
たぶん、恭介の言った通りなんだな。理樹は弱い。でもこの弱さって、考えてみれば、特に不思議はないものでした。自分があの光景を見たのだと思ってみると分かります。ありゃあ無理だ。

理樹はここから立ち上がれる、もしくは恭介たちを救える(どちらの展開になるかは分かりませんが)力をちゃんと持っているはず。でも、その力を発揮できない状態なんじゃないですかね。

そこで鈴。
そういえば今まで、鈴だけ一人称のシーンがないのでした。ここで来るわけですね。

特に交流の深かった小毬ちゃんが最後に残り、鈴に「お願いごとひとつ」託していったのが非常にいいですね。
強くなったのはなにも理樹だけではなくて、鈴もそうなのでした。
よく考えてみると、一度は兄の件で心折れてたけど、リトバスメンバーの中で一番強そうなのって小毬ちゃんです。「ようし!」の魔法がとにかく強い。老人ホームに行くシーンなどではその言葉のパワーにガチで驚いていました。マジでできるような気がしてくるんですよね、この言葉。

これを受け継いだ鈴が立ち上がれないはずはない。
そこで鈴がみんなで笑える日々を勝ち取るために動き出す……ところで終了。くっそー最後だしさすがにいいところで切るなぁ。

ラストのサブタイは「リトルバスターズ」
超楽しみです。長い長い物語の終わり、しっかり見届けたい。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
匿名希望 ""
あの事故の回想はアニオリです
基本的にこのアニメ版を高く評価してますが、理樹たちとクラスが違う葉留佳が、恭介のように隠れもせずに普通に混じってることにはツッコミを入れずにいられませんw
それとも葉留佳と仲のいい来ヶ谷(現実世界でも、ある出来事をきっかけに姉御と慕っていました)が、口八丁でみんなを説得したのか・・・
でも、先生とかはどうしたんだろう? さすがに教師まで説得できたとは・・・いや、姉御ならやりかねないかw

にしても、せっかく理樹くんや姉御と同じバスに乗れたのに葉留佳はつまらなそうな顔をしてますねー・・・
クドが元気がないのは故郷の事が気になってるからで説明できますけど・・・
これは現実世界では新メンバー5人とは、そこまでの絆がなかった、虚構世界で苦楽を共にしたり試練を乗り越えていく内に育まれた絆なのだと強調したいアニメスタッフの意図があるのかもしれませんね。  姉御もつまんなそうな顔で本を読んでますし。
2013.12.24 09:37 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">匿名希望さん"
虚構世界は現実世界とは違うわけですから、現実世界では葉留佳は同じクラスなんだけど虚構では違うクラスになった、という解釈でいいんじゃないですかね。バス事故も分校のものってなってたし。
回想部分がアニオリで、関係者が全員死ぬのだということを描写するのなら、バス1つに同乗させてしまう方がいいわけですし。

このシーンって恭介が「巻き込む」前ですよね?
虚構世界開始時点で葉留佳がどういう立ち位置だったかは覚えてないですけど(そもそも描写がなかったかも?)、ヒロインズがみんな元気ないのは特に違和感ありませんでした。
2013.12.24 12:43 | URL | #- [edit]
匿名希望 ""
>虚構世界開始時点で葉留佳がどういう立ち位置だったかは覚えてないですけど

いや、葉留佳は現実世界でも、理樹たちではなく彼女の姉と同じクラスなんですよ。 それも彼女のトラウマの一部ですし(すぐに姉と比較される。また本家の手下の子供も監視役として同じクラスにいる)
あの虚構世界は恭介を中心にみんなの心や記憶で作られてますから、その辺の設定は現実世界と同じです。
それに葉留佳は事故前の時点で理樹に惚れてます。 一期でのベンチの話は現実世界であったことですから。 
それに虚構世界が始まった時点で理樹にお騒がせトラブルメーカーと認識されてましたから、あの性格は事故前からのはずです。 理樹と鈴は記憶がリセットされていますから。
多分、本来は葉留佳も恭介と同じく理樹たちのクラスのバスにこっそり忍び込んだ設定だったと思うんですが、それだと恭介が目立たないのでアニメでは変更になったのかもしれませんね。

ちなみに原作ではクドも、事故前から理樹に惚れてました(アニメでは曖昧ですけど)
ただ一期で描かれた彼女の故郷での事故は現実世界でもあったはずなので、それで元気がないのは納得できます。

西園や小毬ちゃんは、事故前は理樹たちと親しくなかったと思います(原作でも説明はされてません) 
小毬ちゃんが最初から仲が良かったら、鈴の人見知りは事故前に治ってたでしょうし、西園は本来は他人を避けるタイプでしたしね。
姉御もこの時点では、リトバスに興味を抱いていただけで、親しくはなってなかった可能性もありますし、このあたりの面々が疎遠なのは違和感がないんですけどね。
2013.12.24 19:58 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">匿名希望さん"
んー、根本的に、この辺の整合性がどうなっているかというのはあまり興味がなかったりします。
SFやミステリーではないのですから。

>多分、本来は葉留佳も恭介と同じく理樹たちのクラスのバスにこっそり忍び込んだ設定だったと思うんですが、それだと恭介が目立たないのでアニメでは変更になったのかもしれませんね。
むしろこれは無駄な設定だと言えませんか?
あの短いシーンを描写するのにそういう背景を用意する方が無駄なように思います。このシーンは「恭介が紛れ込んでいた」「真人と謙悟が理樹と鈴を助けた」ということさえ分かればいいわけで、こっそり忍び込んだ設定はちっとも伝わりません。

葉留佳が現実世界でも違うクラスだということはなるほど納得しましたけど、このシーンは恐らく、そういう整合性を無視して「葉留佳含むサブヒロインズはまだこの時交流があまりなかった」ことを示したのでは。
葉留佳とはそれなりの仲だったそうですけど、それでも虚構世界での交流を通してこそ仲間としての絆をはぐくんだわけで、「虚構世界が始まる前」の記号的描写として考えるとより納得できます。このあと鈴視点でヒロインズとの交流が振り返られますので、対比としてきちんと機能しているかと。

その上で整合性を合わせるなら、葉留佳を違うバスに乗せれば済むんでしょうけど、1つにまとめた方がやりやすいというスタッフの判断なのでしょう。まとまって乗っている方が「その後のリトルバスターズ」って感じもしますし。
2013.12.24 22:37 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3392-8a155884
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話 感想
 リトルバスターズ!~Refrain~  第12話 『お願いごとひとつ』 感想  次のページへ
リトルバスターズ!Refrain 第12話 「お願いごとひとつ」あらすじ感想
いよいよ恭介達と別れ、理樹・鈴は過酷な現実に立ち向かっていくことに。二人は現実で行動を起こすことができるのでしょうか…?今回は鈴と小毬の会話に注目です。
アニメ感想 13/11/21(土) リトルバスターズ!〜Refrain〜 #12
リトルバスターズ!〜Refrain〜 第12話『お願いごとひとつ』今回は・・・ついに現実世界に帰って来ました。てか、こうやって動画でバスの事故映像を見ると、かなり大きな事故ですね ...
リトルバスターズ! ~Refrain~ 第12話 「お願いごとひとつ」 感想
もう泣かない―
リトルバスターズ!~Refrain~:12話感想
リトルバスターズ!~Refrain~の感想です。 現実世界でできることは…?
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」感想
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」感想   前を向き、星を見上げる。
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話 「お願いごとひとつ」 感想
鈴と小毬とのやり取りが良かったですね。 各ヒロインからの遺言(?)の演出も。 最終回である来週でどうなるのか気になりますよ。 「世界の秘密」を知った理樹は、鈴の手を引いてひたすら走った。 もう後戻りはできない。 仲間たちのことを思うと、理樹の心は張り裂けそうだった。 ……気が付くと、二人の前には絶望の光景が広がっていた。 理樹は痛む身体を引きずって立ち上がろうとする。 何...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」
過酷な現実の世界に戻った理樹と鈴。 そこにはもう仲間はいない。 二人の本当の試練が始まります! 「世界の秘密」を知った理樹は、鈴の手を引いてひたすら走った。 もう後戻りはできない。 仲間たちのことを思うと、理樹の心は張り裂けそうだった。 ……気が付くと、二人の前には絶望の光景が広がっていた。 理樹は痛む身体を引きずって立ち上がろうとする。 何とかしなければと思って...
リトルバスターズ!~Refrain~第12話感想お願いごとひとつ
鈴をつれ理樹 修学旅行で遭難(泣) 強い決意 鈴と生きたいくんだ 鈴と結婚するんだあ(!?)
リトルバスターズ! 〜Refrain〜第12話「お願いごとひとつ」レビュー・感想
行かなきゃ、失くしたものを見つけに!過酷な現実に放り出された理樹と鈴。目の前の絶望に光を失いかける二人、しかし・・・!もう一度笑うんだ、小毬ちゃんの願い事、きっとかな ...
リトルバスターズ Refrain TokyoMX(12/21)#12
第12話 お願いごとひとつ 公式サイトから「世界の秘密」を知った理樹は、鈴の手を引いてひたすら走った。もう後戻りはできない。仲間たちのことを思うと、理樹の心は張り裂けそうだった。……気が付くと、二人の前には絶望の光景が広がっていた。理樹は痛む身体を引きずって立ち上がろうとする。何とかしなければと思っても、どうすることもできない。もう全ては遅いのだろうか……? 極限状態の中で、鈴の脳裏に浮かぶ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」
リトルバスターズ! ~Refrain~1(初回生産限定版) [Blu-ray]『みんなを助けるんだ!』 キャラクター原案:樋上いたる、Na-Ga 監督:山川吉樹 シリーズ構成・脚本:島田満 制作:J.C.STAFF 直枝理樹:堀江由衣  棗鈴:たみやすともえ  棗恭介:緑川光 井ノ原 真人:神奈延年  宮沢謙吾:織田優成  神北小毬:やなせなつみ 三枝葉留佳:すずきけ...
アニメ感想 リトルバスターズ!~Refrain~ 第12話「お願いごとひとつ」
もう一度皆と一緒に笑うために
リトルバスターズ!Refrain 第12話「お願いごとひとつ」感想
「ここは・・・どこだ?」 「戻ってきたんだ、現実の世界に」 崩壊する『世界』を脱出し、現実世界へと戻った理樹はなぎ倒された木々の中で目を覚ます。 そこで修学旅行のバスが事故を起こした記憶を取り戻し、広がる惨状を目の当たりにした理樹は絶望に打ちひしがれながらも鈴の手をとり、痛む体を必死に引きずりながら爆発の危険があるバスから離れようとする。 「まだ終...
リトルバスターズ! 〜Refrain〜 #12 「お願いごとひとつ」
星に願いを、君には笑顔を  どうも、管理人です。朝方まで起きてて、今日はほぼ一日引きこもってる状況なので、少し頭使わないとバランスとれねえ! クド:「和みまくりです!」  今回の話は、鈴の決意を描いた話。こまりいいいいいいいいいいいん!  世界が崩壊し、元の世界に帰ってきた理樹と鈴。バスの車外に投げ出されボロボロにはなっていますが、真人と謙吾が身を挺して守ったた...
リトルバスターズ!〜Refrain〜 #12「お願いごとひとつ」感想
止まっていた時間が動き出す理樹は一度はみんなを助けようとするもバスの中の悲惨な状況を見て絶望するこれまで忘れていたリトルバスターズの面々を思い出す鈴もう見てられない・・・現実であれば問答無用で何ま無いままお別れなんですけどこの作品ではその点は救われている・・・のかな小毬さん、最近は見掛けないなーと思ったら最後の最後でイイトコ取りしよって、泣かせやがる死んだみんなの事はこれ以上は引きずらずに前...
リトバス Rf 第12話「願いごとひとつ」
 今週のまとめ:  ぺんぎんさあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ...
リトルバスターズ!~Refrain~ 12話「お願いごとひとつ」
小毬ちゃんの願い・・・
リトルバスターズ!Refrain 12話 お願いごとひとつ
リトルバスターズ!Refrain12話の感想です。 いや〜、よかったですね〜! 姉御にお膝抱っこな鈴ちゃんな!! 「お姉さんの言う事が聞けないのかな〜」 な〜んて言われて半強制的に抱きつかれる鈴。 姉御は可愛い物が大好きなので 男の子でも女の子でもバッチOKなんですね!! 「いやじゃ、ぼけー」 といいつつ結局大人しくなっちゃ...
リトルバスターズ!~Refrain~第12話
感想はこちら→http://nizigen-world-observatory.hatenablog.jp/entry/2014/01/08/205136 ―あらすじ― 幼い頃、絶望の淵にいた直枝理樹は4人の少年少女と出会った。 あれから数年、理樹はリトルバスターズのメンバーとして騒がしくも楽しい日々を過ごしている。 こんな時間がずっと続けばいい。それだけを願っていた。 ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。