MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜桜四重奏-ハナノウタ-

夜桜四重奏-ハナノウタ- 第13話「ハナノウタ。」 感想!

まぁこの辺に落ち着くか。

 
 
 
感想
面白かった!
けど、なんか最後のハナノウタ編は妙にとっ散らかっちゃった印象があるなぁ。

円神との勝負を描きたいのか、りらのことを描きたいのか。
りらは円神と手を結んでいたわけだから、この2人を完全に分けて描くことはできないんでしょうけど……
パラレル進行というわけでもなかったし、もう少しりらの方に焦点を当てた方が姉妹の物語として面白いものになったんじゃないか、なんて思いました。

結局円神との決着はつかないわけですしね。
どんなところなのか分からないとされていたあの世がどうやら地獄らしい……ということが分かっただけでも前進と言えるかもしれませんが、最終回ということを考えたらさすがに盛り上がりに欠けたように思います。イバラミチ編の方が緊迫感も「戦っている」感もありましたね。

円神との決着はあわよくば2期で、ということになるのかな。
とても面白かったし、この決着は是非とも見届けたいのでやって欲しいところです。
そういや第1期では決着ついてたはずなんだけど、どんな風についたのかちっとも覚えていないという。さすがにあれだけ前だとなぁ。

秋名のチューニングの副作用を自分では中和できなくて落ち込むヒメが可愛い!
前回だったかな、ヒメって言うほどヘコんでなくね?なんて記事で書いたのですが、よく考えたら意外とヘコんでいるかもね。だいたいが秋名関連のような気がするけど。

結局その秋名に元気づけられて、ヒメを心配しているコトハたちの前に現れた時はすっかり元気なのでした。
チョロイン、という言葉が今期は流行った?ようなんだけど、ヒメもある意味チョロインですかね。でも裏を返せば、慰めてあげればちゃんと元気よく復活してくれる、見ていて楽しいキャラだと言えます。

りらに箒で連れ去られるところは笑ったw
副題通り、最後はりらで締めるのね。全体的に見るとあまり「りらのことを描いた」感じがしないのはやはり残念だけど、こうやって仲間が増えるのはいいですな。パンチラ要員が増えたよー!

パンチラ要員と言えば、今回アオの出番が……というかアオちゃん最近パンチラしてないような……

総評
いいパンチラアニメでした。まぁほとんどパンモロでしたけど。
シリアスなシーンにまでコンスタントに見せていましたねぇ。ここまでしれっとやってしまうアニメは初めてなんじゃないでしょうか。いいと思います!

最終回で大復活かと思いきやそうでもなかったんだけど、作画も素晴らしかったですね。
ムラはあったけどアクションにかける熱意はすごいものがありました。
作画もそうだけど、動きのアイディア! これが素晴らしかったです。このキャラなら、この得物を持ったなら、このシーンならば、どんな動きをすればよく映えるか……これがよく考えられていた印象です。
特にヒメの棒術アクションが好きだったなぁ。六尺棒ってすっげぇ実践向きの武器だと思うんですけど、これを使っているアニメキャラってあんまりいないんですよね。やっぱり剣などの刃物や銃が映えるんだよなぁ。

お話は……
結局、この作品が一番やりたいのって日常なんだと思います。落とす送り返すのシリアス展開じゃなくて。
単純に日常描写に当てる尺が長かったですし、町のみんなが参加してくるようなイベントを多く用意しているのもそういう努力の一環でしょう。今回の最後の祭りとか、七郷スタンプラリーとか。
バトルやシリアス展開よりもこっちを大事にしていたんじゃないかな。だから後半になって、教頭やらヒメのクラスメイトやらと新しいキャラクターも続々登場して賑やかな雰囲気を盛り上げたわけで。

これはとてもよかったと思いますね。
魅力的なキャラクター、個性的なキャラクター、という文言は使い古されすぎた遺物のようなものですが、夜桜四重奏はまさに個性的なキャラクターと言えるんじゃないでしょうか。
個々のキャラクターたちもそうだし、そのキャラクターたちの立ち位置、人間関係、やりたいことややるべきこと……そういうものがきちんと練られていて、安定して楽しめました。

繰り返すけど、第2期があるなら見たいですね。
りらも加わって、もっともっと楽しげな雰囲気が作れると思うのです。
円神の問題は残っていますから、もちろんそちらも解決しないといけないですけど。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3404-625480b6
夜桜四重奏 -ハナノウタ- 第13話(終) 『ハナノウタ』 円神の世界征服は本気なのか冗談なのか。
比泉の力ってそんなに凄いの。本家の秋名は「送る力」分家の円神は「堕とす力」。両者が合わされば世界をたやすく支配できる。流石に誇大妄想だと思うんですが、緑子のおっぱいもみ放題ってのは魅力的かも。 更に円神は秋名や視聴者最大の関心事である「あの世」の一端を披露。なんかデカイ手が出てきた。あの世に行くとみんな巨人になるのか。一方であの世に送った連中とおぼしき人影がちらついている。結局何がどうなって...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。