MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wake Up, Girls!

Wake Up, Girls! #01「静かなる始動」 感想!

始まりました、期待作!

 
 
 
第一印象
事前情報はキービジュアルをちょこちょこ見る程度しかしなかったんだけど、その時から、「もしかしてこれはキャラの判別が難しいか……?」ということを思っていて、本当にそうでした。
ただ、本気で難しいかと言うとそうでもなくて、時間かければ分かりそうなんだけど第1話時点では難しい……みたいな。やはり公式サイトと睨めっこしながら記事を書くことになりそうです。

というわけで。
これはなかなか面白い……!

サブタイに「静かなる」ってついている通りかなり大人しい第1話だったけど、まだキャラクターのことがよく分からないことを除けば、すごく丁寧に作られてて雰囲気にはかなり馴染めました。

すでにグループは結成されている状態で、しかし社長の夜逃げにより存続はどうなるか……という状況なのですね。
いろいろと仕事を取ってくるコネはあった、という説明が矛盾するような気もするんだけど、そこは結成秘話の劇場版を見てね、と。

その7人の中に1人だけ元人気アイドルが混じっていますよというのが今作の特徴となるんですね。
これは面白いと思う!
1人だけ抜きん出ているというシチュエーションはかなり好きです。ジャンルはかなり異なるけど、『鋼殻のレギオス』とか。今は過去のしがらみなくみんな仲よくやれているようですけど、真夢っていうのか、彼女が元人気アイドルゆえのメンバー内の問題……なんてのも今後あるかもしれませんね。ドキドキしてきたー!

アイドルたち
ヤマカンが満を持して作るアイドルアニメ、ということで『アイマス』や『ラブライブ』等と比較されることが多いと思うんだけど、松田さんがちょっとアイマスのプロデューサーと似てますね。
やる気は十分だけど仕事の出来はあまりよくなさそうな感じが特に。
アイドルたちとはそれなりに上手くやれているようです。

メンバーの中で特に印象に残ったのは、やはり真夢かなぁ。やはり主人公的なポジションになるのでしょうか。
かつてはお茶の間を賑わせたアイドルのようですが、今は失脚しているようです。そう、なんか「失脚」という言葉がよく似合いそうな雰囲気でした。I-1も解散したわけじゃなくて活動は続いているのね。なんらかの問題が起きて脱退せざるを得なかった……と。掲示板の書き込みには「一家心中」という穏やかじゃない言葉もありました。

実際、お母さんとは上手くやれていない様子。あれ、お父さんは……?とも思ってしまいます。
おばあちゃんの言った通り、アイドル活動は確かに好きだから今もWUGをやっているんでしょうけど、複雑な思いがあるようです。
この子の掘り下げは楽しみだな。一見強い子のように見えるけど、脆すぎる弱さを内容しているような感じがします。

他の子で気になったのは……ダブルツインテール?w
下の方で結んでる方、実波はお年寄り方に好かれているところが某キャラと被らないこともないけど、無邪気な感じで可愛いですな。
上の方で結んでる方、未夕はこちらも元気があって実波に被らないこともないけど、いじられキャラらしい。でも、今公式サイト見てるけど、何気に最年長で身長も2番目に高いようです。そういや初登場シーンは身長高い気がしたなぁ。

あとは、今回が全体的に「静かなる」だったので、おいおいですかね。
やはり公式サイトと睨めっこしながらになりそうだけど、本編での各キャラの掘り下げがよいものになればかなりはまり込めそうな気がしています。

アイドル活動
OPのダンスシーンいい!
って思ってたら、まさかのFullがあったw クリスマスライブ、まさか全部見られるとは思っていなかったので嬉しい誤算でした。

そしてダンスが素晴らしい素晴らしい!

僕はラブライブのダンス振りつけを、CGがどうとかは別の問題として、あまり評価してないんですね。可愛いことには可愛いんだけど面白い振りつけじゃない。この辺はかなり個人の感性によるものだと思うから、あくまで僕がそう思っているというだけなんですけど。

その点、WUGのダンスは素晴らしかった!
作画がよいというのももちろん、振りつけの1つひとつにちゃんとテーマがあるし、立ち位置移動などのコンビネーションのアイディアも抜群でした。

なにより、パンツが見えるのがいい!
……いや、嫌らしい意味ではなくw

昨今のアニメの反重力鉄壁スカートを非難するわけじゃないけど、本来スカートが舞い上がるべきところでちゃんと舞い上がるというのが映像的に気持ちいいのです。
アニメはリアルの中にも虚構を織り交ぜて演出できる媒体、しかしこういうリアルの追求は見ていて楽しいですね。

それに、アンスコを履いていない、恐らく各学校の制服をそのまま使っている、というところが低予算地元アイドルっぽくてイイ。なぜかメタルバンドのライブに参加しているところも「まだ始動したばかり」という感じでいいですね。彼女たちがどの程度の成功を収めていくのかは分からないけど、少なくとも、まだ垢抜けていないこの雰囲気は今しか楽しめないでしょう。よく目に焼きつけておきたいものです。

しかしダンス上手いなw
いや、下手くそより絶対いいんだけど、踊りのレベルは低予算地元アイドルどころじゃなかったですね。デビューまでが長くて、その間ちゃんとしっかり練習していたんだなぁ……なんて想像してみます。

そのライブを見ていたというプロデューサーから声がかかり、本格的に再始動か!?という話になりましたが、ヤーさん風の彼が持ってきたのは純白ビキニ。
アイドルなら脱げ、と。
あのライブを見て、彼女たちに足りないのは色気だ!と思った上での戦略的判断なのか、それとも水着を着せて売り出せばどうにか金になるだろうという安直な考えなのか……、なんだか後者っぽいのはさすがに見た目から判断しすぎですかね。遅刻もしてるしw

なんにせよ、いきなり波乱の予感。
これからどんどん面白くなっていくと思うので、とても楽しみです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-12 Comments
M.H. "鉄壁スカート"
個人的にはパンツ(らしきもの)は無駄に視線を吸引されてしまうのと、家族見ると気まずい感じがして、無い方が都合が良いので、必要最小限の規制が良いです。(よるある光線は必要がない場所も隠すのでやりすぎ。)
揃わない制服は確かに低予算っぽくて良いです。
見せパン(見せることを意識・意図したパンツ)かどうか、記号化が進んだアニメで見ただけで判別するのは困難ですが、普通パンツだとしても当人たちは変に恥ずかしがらないに思います。その昔SPEEDのヒロコさんが、へそ出し衣装について「ステージ衣装なので全然恥ずかしくない」と答えたのを思い出しました。
アイドル業界には疎いのですが、パンツ出しはOKなものでしょうか?ちょっと刺激が強過ぎるような気がするのですが。

最後のスポンサーは要注意ですね。方向性が折り合わないようなら断る勇気が必要です。そもそもアイドルとして支援する気があるかどうか。
アダルトビデオクラスの仕事をしてしまうとアイドル失格扱い(近年発覚して除名処分になった件があったような)ですから。個人的には1年くらいで時効にしてあげて良いと思うのですが。


2014.01.16 22:37 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
ブログを回ってても思ったけど、やはりパンツというのは目を引いてしまうものなんですよね。
スカートの動きがリアルだったのが嬉しかったのかなんなのか、僕は「パンツきたー!」とか「パンツ見せるのかよ……」とか、そういう感想は抱きませんでした。逆にパンチラ全開の『夜桜四重奏』では素直に喜んでいたりもして、なんだか僕自身、自分の中のパンツ観がよく分かりません。
WUGの彼女らのパンツ見せは、どうやら劇場版を見たら理由が分かるようですね。そうでなくても僕は「パンツ見せとけばオタクは喜ぶだろう」というパンチラではないと感じたのですが、そうは見ない向きの方が多いよう?
……って、なんでパンツでここまで真面目に語らねばならないのかw
光線は使い方次第ですねー。規制もやむなしってのは理解できるし、BDでは解禁したいってのも理解できるのだけど、それならユーモアを利かせるなどして欲しいところ。

僕もアイドル業界は疎いんだけど、パンツじゃなくてアンダースコート見せならよかったりするんじゃね?と勝手に偏見を持っております。野郎からすれば大して変わらないんだけど。

>そもそもアイドルとして支援する気があるかどうか。
やはり危険と見た方がいいですよね。
雰囲気がそれっぽいってのもあるんだけど、やはり注目したいのは約束の時間に遅刻してきたということ。これはたぶん「こいつは信用ならない」という記号だと思うので。
2014.01.17 00:04 | URL | #- [edit]
M.H. "スカートの中"
脱線が過ぎるかもしれないので、打ち切り・削除などご判断はお任せします。

> WUGの彼女らのパンツ見せは、どうやら劇場版を見たら理由が分かるようですね。

情報ありがとうございます。すぐ見る予定はないので気長に待ちます。

> パンチラ全開の『夜桜四重奏』

夜桜は当番制(一人が1回か2回程度)で、そればかりにならないように制限しているのかと思っていました。
ほぼ毎回(または毎回か?)見せてる時点で「全開」ということでしょうか。ちなみに脱線ですが、メインヒロインのヒメさん(町長)の当番は回らなかったようで、意外に思いました。(別に見たかったわけではありません。)

前回投稿を補足すると、私の要求は、スカートの中の下着(らしきもの)を見せられると気が散るので規制して欲しい、と業界で受け入れられることは決してなさそうなことです。私が知る限り規制(エロ面)が掛かるのは裸であって、下着に掛かった例を知りません。ただ検証した訳ではないので、裸に見せかけて実は下着・水着を着ていた例はあるかもしれません。
私の場合、着替えなどで丸出しの時はそれほど気が散らないので規制しなくても構いません。しても構いませんが。
スカートの中が下着でないとはっきり認識できた例はレールガンの御坂さんくらいです。それ以外だと、例え水着と明言されていても見た目では区別できず、気が散る傾向にあります。

現状の規制について改善して欲しいのは、規制の範囲が広すぎて何をしているのか判らないことが往々にしてあることです。私が知る限り名目上の物に規制が掛かった唯一の例、「俺妹」2期、御厨氏痛車の
絵では、絵全体を隠したために何が起こっているのか判らない状態になりました。後で感想ブログをみると裸体幼女のアニメ絵だったそうです。隠すのを必要最低限に留めれば、何の規制か想像がつく訳で、折角の作品を壊し過ぎた感があります。
2014.01.18 16:56 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
あれ、『夜桜四重奏』は1回や2回でしたっけ……?
なんかもっとばんばん見せてたような気がするんですけど。
ヒメは見せてましたよ。別にパンツにばかり注目してるわけじゃないから正確な数は分かりませんけども、よく覚えている限りだと、第1話で金魚ぶっ飛ばした時、イバラミチ編で龍槍使った時に、わりとバッチリ。

>前回投稿を補足すると、
なるほど。
でも僕の印象だと、下着に規制がかかるアニメもわりとあったような……。
今パッと思い出せるものだと、『To LOVEる』は下着にかかってたと思います。
丸出しが気にならないとなると、視線を誘導されるのが気になるということですかね。その辺は人それぞれかぁ。

>スカートの中が下着でないとはっきり認識できた例はレールガンの御坂さんくらいです。
あとはなんだ、『みなみけ』で下にブルマ履いてたことがあった気がします。まぁブルマもパンツとさほど形は変わりませんけども。

>規制の範囲が広すぎて何をしているのか判らないことが往々にしてあることです。
あー、これは分かります。
そういえば『俺妹』はそうでしたね。もう少し限定的に隠せるだろう、ってのは確かによく見ます。
僕の印象だと、2~4年前くらいに多かったような気がします。最近は減ったイメージ。
あとはまぁ、お風呂の湯気ですかね。
隠すくらいなら隠さないでいい程度に最初から描けばいいのに……と思わないこともないけど、そこは制作会社と放送局の上手い妥協点がないんでしょうな。
2014.01.18 22:12 | URL | #- [edit]
M.H. "スカートの中"
ググったら私の間違いのようなので、前の書き込みの以下の段落は取り下げます。失礼しました。
> 夜桜は当番制(一人が1回か2回程度)で、そればかりにならないように....(以下略)

1話だけのカウントですが17回とは。
http://ddnavi.com/serial/167002/

> 今パッと思い出せるものだと、『To LOVEる』は下着にかかってたと思います。

情報ありがとうございます。皆無ではないのですね。
『To LOVEる』は見ていないので想像ですが、気が散る場面を規制しているならば歓迎です。
規制が掛かったアニメを何十と見ました。(逆に言うとその程度の数しか見ていないので、少ない経験を基に何か主張するのはおこがましいと言えるかもしれません。が当面続けます。)8割以上がエロ関係、残りは残虐系と見たくないものをぼかすものです。後者はモザイクがほとんど(ズヴィズダー2話もそう)に対し、前者は謎光線が多いです。不文律でしょうか。

> あとはなんだ、『みなみけ』で下にブルマ履いてたことがあった気がします。まぁブルマもパンツとさほど形は変わりませんけども。

「みなみけ」は一通り見た(TV未放送は除く)のにどうだったかな、だったのですがググったらそんな話もあったと思い出しました。
みなみけ下着回まとめ:
http://346zakki.blog59.fc2.com/blog-entry-298.html
アニメでは無印みなみけ2話。
その他、感想ブログのリンクは省略。
ご指摘通り密着型のブルマでは見た目で判別しにくく、非密着型の短パンでようやく区別が付きます。
なお前回書き込みのこの部分では省略していますが、基本的に「私が見た範囲では」または「私の記憶では」を補完してください。毎回書くのはうっとうしいので。
ということで、制服でスカートを強制されることに納得していない・自衛しているキャラクターが他にもいるかもしれません。

> 隠すくらいなら隠さないでいい程度に最初から描けばいいのに……と

そうですね。芸術作品として見た場合、規制が掛かるのは作品が不完全だと考えます。
ただ放送後のBD/DVD販売が主要な費用回収手段で、規制解除を特典の柱にするビジネスモデルを採用するのは仕方ないのかもしれません。
先程の疑問に戻って販売DVDでは、謎光線は消去、お風呂の湯気は薄く、モザイクはそのまま、のような慣習があるのでしょうか?
2014.01.19 16:27 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
>1話だけのカウントですが17回とは。
あ、そんなにあったかw
改めて驚きの回数ですね。こんなもの競うものではないけど、回数だけなら全アニメでもトップクラスかも。

>(ズヴィズダー2話もそう)
見たばかりなのにそのシーンを思い出せない……!
エロ関係でモザイクを入れると逆にエロい感じが出てしまう、ということがあるんじゃないですかね。規制を入れるということはようはエロくなくしたいわけで、そうなるとモザイクより光線などの方がいいのかもしれません。「ちょww光規制ww」っていうネタ感もありますしね。少し前ですけど『君が主で執事が俺で』は光線を使ってかなり遊んでおり、とても面白い印象を受けました。
逆にエロさを残したい、むしろ強調したい場合はエロにもモザイクを使う気がしますね。今期だと、というかパッと思いつくのこれしかないですけど、『生徒会役員共』とか。

>ご指摘通り密着型のブルマでは見た目で判別しにくく、非密着型の短パンでようやく区別が付きます。
あ、すっかり書くの忘れたんですけど、『みなみけ』の場合は「スカートめくられるのが嫌ならブルマ履いてればいいじゃない!」的な感じで明確にネタにしていたので、むしろ視線をお尻に誘導する意図がありました。「区別がつく」例としては不適切だったかも。

>基本的に「私が見た範囲では」または「私の記憶では」を補完してください。
大丈夫です、そのように捉えてますよ。

>規制解除を特典の柱にするビジネスモデルを採用するのは仕方ないのかもしれません。
その通りだと思います。見てくれる人はみんな等しくお客様……というわけにはいかなくて、ちゃんと金を落としてくれるユーザーにより多くの楽しみを提供するシステムになるのは当然のことでしょう。
僕が購入したことのあるパッケージはどれも放送時に規制がかかったものではないので、主観的にはどうだか分かりませんけども、たまに見かけた時に修正箇所集みたいなのを見ると規制解禁はわりとされているようです。

余談ですが、恐らくこれと似たようなビジネス戦略として、『CLANNAD』シリーズは放送時には完成した映像をあえてサイドカットして4:3で放送し、DVDでは16:9に戻す……という手法を取っていました。
2期は購入したのですが、放送時より遥かに映像が綺麗に見えて、「これは買ってよかった」と思った記憶があります。放送形態がアナログから地デジへ移行していく過渡期だったからこそできた戦略ですね。
2014.01.19 19:22 | URL | #- [edit]
M.H. "下着規制"
> 私が知る限り規制(エロ面)が掛かるのは裸であって、下着に掛かった例を知りません。

と書いているそばから例外を見ました。「最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが」3話。規制の理由は想像するしかありませんが、下着が濡れた場面で、透けるためかもしれません。その場合は裸に準じた規制となります。
あと、謎光線(黒帯、白帯)ではなく、ハート型物体で隠しています。実写でも見かける、象さんマークなどで隠すパターンです。


> >(ズヴィズダー2話もそう)
> 見たばかりなのにそのシーンを思い出せない……!

また間違えてしまったかとドキッとしましたが、見直したらモザイク掛かっていました。眼帯お姉さんが作った料理の見た目がひどいのを表現しています。
モザイクは、ある種の逃げだとは思いますが、何かをはっきり映すよりも酷さを表現しやすいと考えます。

> エロ関係でモザイクを入れると逆にエロい感じが出てしまう、ということがあるんじゃないですかね。

光線よりもモザイクの方がエロい感じになるのは同意します。
2014.01.23 06:59 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
>その場合は裸に準じた規制となります。
補足的な感じで、たぶん、あの器具の形状上、女性器が見えてしまう状態なんじゃないでしょうか。
上からパンツを履いている時は規制してなかったような……あーでもそこは記憶が曖昧。

>眼帯お姉さんが作った料理の見た目がひどいのを表現しています。
あー、思い出しました。グロと言うから人間とか怪物関係のシーンかと思ってました。
確かにモザイクは酷さを強調する手法として定番ですが、これは余談だけど、「料理が壊滅的に酷い」シーンってアニメではお色気と並ぶ勢いでごまんとありすぎて、モザイク程度だと逆にオリジナリティ不足だと僕は感じてしまったり。少し前になるけど、『CLANNAD』の早苗さんのパンとかオリジナリティあっていいです。
2014.01.25 12:27 | URL | #- [edit]
M.H. "規制など"
> 補足的な感じで、たぶん、あの器具の形状上、女性器が見えてしまう状態なんじゃないでしょうか。

仮に貞操帯もどきと呼びますが、ひも状なので見えるかきわどいか、ですね。

> 上からパンツを履いている時は規制してなかったような……あーでもそこは記憶が曖昧。

下着は貞操帯もどきの下に履くものだと思っています。下着を履いていてもばれるようですし。
例の濡れた場面以外で、下着と貞操帯もどきを両方履いていてそれが見える場面は記憶にないので、規制対象かどうか現時点では判りません。

> グロと言うから人間とか怪物関係のシーンかと思ってました。

私の書き方が悪くて誤解を招いてしまい失礼しました。
括弧書きを追加して再書き込みします。

(1)8割以上がエロ関係、残りは(2)残虐系と(3)見たくないものをぼかすものです。後者((2)と(3))はモザイクがほとんど(ズヴィズダー2話もそう(3))に対し、前者(1)は謎光線が多いです。

(2)残虐系と、(3)見たくないものをぼかす、は別項目のつもりだったのですが、元の書き込みでは読み取れなくて当然でした。

最近別パターンを見かけたので分類追加です。
(4)映像そのものは自主規制対象外だが視聴者に情報を隠すもの。
のうりん2話で、元アイドルが幼なじみ女子に何かをささやく口元にモザイクが掛かっています。
「モザイクなど掛けなくても何しゃっべてるか判る訳ないだろ」と思いました。一種のギャグなのでしょう。

> モザイク程度だと逆にオリジナリティ不足だと僕は感じてしまったり。

有用なので古くから使用されていて斬新性に欠けるというのはありそうです。
個人的には斬新でなくても構いません。
2014.01.26 08:38 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
そうそう、名前はTSTでした。こういうワードは感想記事書いてると調べるので覚えるんですけどそうでないとなかなか覚えないなぁ。

>下着は貞操帯もどきの下に履くものだと思っています。
これも記憶が曖昧な状態で話して申し訳ないんだけど、上に履いてませんか?
TSTは取れないので、その下に履くのはほぼ不可能かと。ゴムみたいに伸縮性があれば間から通して……とかできそうですけど。
あと、TSTはベルト?部分がけっこう上の方にあるようです。パンツを履いても見えそう。

>括弧書きを追加して再書き込みします。
うお、わざわざありがとうございます。とても分かりやすくなったw

>のうりん2話で、元アイドルが幼なじみ女子に何かをささやく口元にモザイクが掛かっています。
へぇ、なるほど。そのパターンは見たことがないです。

あと、(5)を追加で。
丁度今思い出したんだけど、他作品の著作権を守る場合にもモザイクが使われますね。
今パッと思いついたのはなぜか『ハルヒ』なんだけど、「射手座の日」(パソコン研究会とゲーム対決)でガンダムをモザイクにしてました。たぶんそれなりに見られるパターンかと。同様の場合でどちらかというと多いのはピー音でしょうけどね。
2014.01.26 14:21 | URL | #- [edit]
M.H. "TST"
また間違えてしまいました。済みません。訂正します。
見直した所、「妹ちょ」3話ではっきり映っています。ウェストのベルト部分から股間に向かう鎖2本の下部はパンツに隠されています。この場面では貞操帯もどきの上に下着を履いています。
1時間に3分、ベルト部分以外を外せるようなので、その間に下着の着脱は可能かと思います。
ちなみにその場面パンツはばっちり映していたので、この作品、パンツ自体は規制しないようです。

> (5)他作品の著作権を守る場合

(5)の追加もありがとうござます。

放送者として規制が必須なのは(1)(2)(5)(の一部)で、必須でない規制が実写バラエティ含めて横行している印象はあります。

> (4)映像そのものは自主規制対象外だが視聴者に情報を隠すもの。

アニメでは1例しか記憶にありませんが、実写ではよく見ます。クイズ番組、全員回答問題の最後の人以外の正解時の口元。バラエティの前宣伝でキーとなる情報(ゲストなど)を隠すことで視聴意欲をそそるもの。

「生徒会役員共」の性的玩具(大人のおもちゃ)のモザイクは(3)に該当と思います。作品内実体としてはパンチラすらないはずですが、妄想では(1)に該当するモザイクがあったような気がします。

2014.01.26 18:32 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
間違えてしまうのはしょうがないです。なにもそこまで覚えている必要なんてないですからね。

>1時間に3分、ベルト部分以外を外せるようなので、その間に下着の着脱は可能かと思います。
なるほど、その通りですね。となると下に下着を着けていた方が感触的には安心なのでは……って、なんか話がどんどんおかしな方向にw

>アニメでは1例しか記憶にありませんが、実写ではよく見ます。
確かに。
でも2年ほど前に見たんですけど、いやたぶん何度も言われてることなんだと思うんですけど、ここからCMに渡る構成は批判の声が大きいようですね。近年の視聴率低迷の一因となってそうなんだけども。

『生徒会役員共』は(1)では?って一瞬思ったけど、モザイク入れることによるコメディ効果を最初から期待しているので確かに(3)です。
2014.01.26 21:47 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3413-c812523f
【2014年冬アニメ第11弾】『Wake Up Girls!』1話感想(劇場版の『初ライブ後』からテレビアニメ版1話はスタートですが、回想のライブシーンは改めて見ても最高でした!)
      感想 :  劇場版の『初ライブ後』 からテレビアニメ版1話はスタートですが、 回想のライブシーン は改めて見ても最高でした!   そしてアイドル作品は 『山本寛監督』の良さが生かせる題材 だと思いました   劇場版 を先に見といて良かったと思える1話でした   &nb...
Wake Up Girls! 第1話「静かなる始動」
劇場版が同時公開という本作。 すでにアイドルものアニメ作品が多く出てしまっている中、このジャンルでの新境地を開けるか。 ということで、期待を込めて視聴した第1話。 現実世界には一番近い感じがしたけど、”おっ!”と目を引くものがほとんどない…^^; 何もなかったのでおぱんちゅに走りました…と見られても仕方ない感じでしたね。 メイン7人のキャラと中の人の名前が、漢字は違えどみんな同...
Wake Up, Girls! 第1話「静かなる始動」
山本寛監督の最新作。 7人の少女達「Wake Up, Girls!」がアイドル戦国時代を生き抜く物語? 先行してデビュー編が劇場公開されたり、いろいろ仕掛けてくるのも興味深い。 アイドルものの作品も多いですから、他とどう差別化を計るかですね。 廃業寸前の弱小プロダクション、グリーンリーヴズ・エンタテインメント。 デビューした「Wake Up, Girls!」だったが、丹...
Wake Up, Girls! テレ東(1/10)#01新
第01話 静かなる始動 国民的アイドルグループI-1クラブ。そのセンターを務めたこともある島田真夢。彼女が仙台を拠点に活動する芸能事務所、グリーンリーヴズ・エンターテインメントからアイドルユニット Wake Up、Girlsのメンバーとして再デビューする。と言ってもタレント0の状態から集めた素人集団。 2013年12月24日に仙台学生メタルバンド祭に 飛び入り参加しただけだった。芸能事務所の...
Wake up,Girls!  第1話「静かなる始動」
7 girls war[CDのみ][イベント優先申込券付]『雲の上はいつも晴れ』 原案・監督:山本寛 脚本:待田堂子 音楽:神前暁 MONACA アニメーション制作Ordet×タツノコプロ 島田真夢:吉岡茉祐  林田藍里:永野愛理  片山実波:田中美海 七瀬佳乃:青山吉能  久海菜々美:山下七海  菊間夏夜:奥野香耶 岡本未夕:高木美佑  松田耕平:浅沼晋太郎
Wake Up, Girls! 第1話 「静かなる始動」 感想
夢に向かって進め、少女たち。『Wake Up, Girls!』の第1話の感想です。
Wake Up, Girls! 01話 「静かなる始動」 感想
ヤマカン先生の新作 仙台を舞台にしたアイドル物語!?
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。