MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド 第13話「蒼き魔女の迷宮篇I」 対話感想!

面白いぞこれ……w

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。新しい腕時計が欲しいなぁとずっと思っていて、ふと時計ショップを覗いていたら雷を打たれたみたいに「これだっ!」ってモデルに出会ったんだけど、お値段56,700円。高ぇよ……。欲しいなぁ……。



神酒原 「あれ……ALTIMAは……?」
  酒原 「なんだよ藪からスティックに」
神酒原 「ねぇALTIMAは?」
  酒原 「知らねぇようるさいな」
神酒原 「後期OPはALTIMAじゃないの? 超楽しみにしてたのに! ともすれば本編
      以上に!」
  酒原 「最後なにポロッと漏らしてんの」
神酒原 「しまった! もちろん本編こそ僕の最大の生きがいですヨ」
  酒原 「OP映像が完成してねぇんだろ。もう少しくらい待てよ。お前の大好きな『禁書
      目録』だって後期OPは公開が遅かっただろ」
神酒原 「それもそうだね。焦らしプレイだと思えば」
  酒原 「そのポジティブさもどうだろう」
神酒原 「それより蒼き魔女篇面白い!」
  酒原 「お。お前がストブラに対してそこまで言うなんて珍しいな」
神酒原 「なに言ってんの? 僕はストブラが面白くなかったことなんて一度もないよ」
  酒原 「…………」
神酒原 「今までストーリーに不満があったりしたのは事実です……」
  酒原 「正直でよろしい」
神酒原 「でもいいだろ? 今回はとても面白かった、この話をしたいんだから」
  酒原 「ああ。楽しく作品を語ろうぜ」
神酒原 「というわけで幼馴染みちゃんだよ!」
  酒原 「何度も言ってるけどちゃんと名前で言え」
神酒原 「優麻ちゃん! 僕は前回の総集編の時、「まーた敗北ヒロインが増える」って
      言ったんだけどね。あ、批判してるわけじゃないよ、そう言って面白がってた
      だけだ」
  酒原 「いちいち釈明しなくていい」
神酒原 「だけど僕の期待を超えてきた! いやぁこの子はいいよ! 敗北は間違いない
      だろうけど」
  酒原 「お前もう少し本音に栓しろよ」
神酒原 「正直は美徳だよ」
  酒原 「さいで。……サバサバした性格、男勝りなショートヘア、おまけに僕っ子、
      お前の好きそうな要素がたっぷり詰まったヒロインだな」
神酒原 「その通り! この子が最初から登場してくれていたらと思わずにはいられない
      よ」
  酒原 「これは雪菜を超えたか」
神酒原 「それはさすがにない」
  酒原 「あっそう……」
神酒原 「そういうのもよかったけど、なんと言っても入れ替わりだよ入れ替わり!
      これが面白い!」
  酒原 「入れ替わりなんてありふれたネタだろ。お前前に言ってたじゃんか、
      オリジナリティのない萌えシチュは駄目だって」
神酒原 「これはオリジナリティあるよ」
  酒原 「ほう。その根拠は?」
神酒原 「入れ替わり自体は確かにありふれている。でもね、状況設定が上手いんだよ。
      すでにドアを抜けると違う場所に出てしまうという不思議現象が起きている
      わけだけど、それについては謎ばかりの状態だ。そこで起こる入れ替わり、
      恐らく優麻の意図的なものだろうね。でもどういった仕組みで入れ替わっている
      のか、この入れ替わりにどういった意味があるのか、というのがまだ分から
      ない。これは素晴らしいよ」
  酒原 「ふむ……」
神酒原 「一番なにがすごいかって、この入れ替わり、謎ばかりだけど「優麻の方になに
      かしら具体的な意図がある」ということは確実に分かってるってところだ。世に
      ある入れ替わりシチュエーションって、入れ替わりが先にあって、そこから
      「どうするどうなる?」だろ? 今回は逆なんだ。「どうする」というのが
      決まっている。決まっているけど、それが分からない。謎解きの要素が入って
      いるわけだね」
  酒原 「なるほどな。魔女、っていう曖昧なキーワードも上手く機能している感じだな」
神酒原 「だね。……そしてさらに、僕が感動したのは、優麻の魔女っ娘衣装!」
  酒原 「あれ? いきなり俗っぽくなったぞ」
神酒原 「気にするな! この衣装が気に入ってしまった。魔女っ娘、ってよりは少し
      小悪魔系のドレスって感じがしたけど、首のあれ、名前なんていうんだろう?
      あれとワンピースの組み合わせが最高にマッチしている。胸元を強調する
      合わせ方なんだけど、ワンピースが地味目のデザインなのと、チューブトップ?
      が伸びてるから露骨には強調してない。背中が大きく開いているのもショート
      ヘアとよく合っているよね」
  酒原 「お前は元気だなぁ」
神酒原 「ありがとう!」
  酒原 「…………。優麻が全体的に素晴らしかったのはよーく分かったが、お前も
      贔屓の雪菜は今回いいところなしだったな」
神酒原 「ッハン、これだからトーシロは……」
  酒原 「…………(ピキッ」
神酒原 「いだいいだいいだい! ごめん調子乗った!」
  酒原 「よろしい」
神酒原 「……でも、雪菜がいいところなしってのはとんだ節穴だぞ。古城が覗きを自首
      したシーンを見てみろ。もちろん怒ってみせる雪菜だが、事情はちゃんと鑑み、
      最後は許す心の広さを見せてくれた!」
  酒原 「アスタロッテと叶瀬も許してくれただろ」
神酒原 「質が違うね。彼女たちは「すぐに」許した。これもこれで可愛いけど、別の魅力
      だ。雪菜の場合は一度怒った、ここが違う。不可抗力とはいえ覗き、ちゃんと釘を
      刺しておかないといけないからね。しかしここでちゃんと許し、きっちり真面目
      な話に移る。世の萌えアニメを見てみろ! こういう場合、主人公は主張を
      ちっとも聞いてもらえずに理不尽に痛い目を見るだけで終わってしまう!」
  酒原 「お前の好きな『禁書目録』もな」
神酒原 「うっ……、その通りだ! 一度はしっかり怒り、ちゃんと許す。雪菜はこれを
      意図的にやっているよね。確かに2人は付き合ってないが、旦那を上手くコント
      ロールする技術だと言っていい。言い換えれば、ちゃんと旦那のことを理解し
      包み込んでくれる優しさとも言える。お風呂を覗かれるというお色気の担当や
      キスは取られたが、それらがチンケな演出に見えてくるくらい、今回の雪菜は
      魅力的だったよ」
  酒原 「お前の雪菜愛には恐れ入るよ……」
神酒原 「そしてこのエピソードでも最後は雪菜が勝つ。僕は期待しているよ」
  酒原 「楽しそうなのはなによりだ」
神酒原 「そして次回こそALTIMA!」
  酒原 「お前雪菜とALTIMAどっちが大事なの」
神酒原 「なにぃ……!? えーと、えーっと……!」
  酒原 「悩むなよ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
M.H. "OPED"
NHK以外では珍しく2クール目でもOP変わらないかと思っていました。単に切り替わりが遅れているだけなのですね。
情報ありがとうございます。
2014.01.16 22:48 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
ひとつ前の実写特番にて、ちゃんと曲も紹介されておりました。
最近では珍しくなりましたよね、2クールぶっ続けというのは。いいことですけど、「毎クール作らなきゃ」っていう強迫観念がアニメ会社にかかってないか、ちょっといらぬ心配をしてしまうところです。作品の質や雰囲気とマッチしていれば変えなくてもいいと僕は思っているので。
2014.01.17 00:13 | URL | #- [edit]
M.H. "OPED"
その特番見たのに頭に残っていませんでした。
クールごとに変えなくても良いのには賛成です。特に最初の曲を気に入った場合は、折角なじんできた所で変わるのはちょっと残念です。
製作会社か音楽会社の都合で変えるとあれば仕方ありませんが。
2014.01.17 07:03 | URL | #XMatgrFs [edit]
神酒原(みきはら) ">M.H.さん"
残ってませんでしたかw

いろんなバラエティのOP・EDを見られるのは嬉しいですけど、1つのものを2クール以上見続けると愛着が出てきていいですよね。
近年はEDにおいて、1クールに2つ以上、下手すると毎回違うものを持ってくるアニメも出てきましたけど。
2014.01.17 09:29 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3414-ec9675ab
ストライク・ザ・ブラッド TokyoMX(1/10)#13
第13話 蒼き魔女の迷宮編I ラフォリア王女を飛行機に誘導する紗矢華。アルディギアへの帰国を2度も延期していた。しかも絃神島での波朧院フェスタ開催を知って 三度延期しそうなので気が気でない様子。しかし空間が歪んでいて、飛行機が見当たらなかった。 波朧院フェスタに参加する人で島は混んでいた。モノレール内で痴漢を発見する姫柊。古城が取り押さえようとするが混んだ車内では辿り着かない。駅に到着して逃...
アニメ感想 14/01/10(金) ストライク・ザ・ブラッド #13、ゴールデンタイム #13
ストライク・ザ・ブラッド 第13話『蒼き魔女の迷宮篇I』2クール目が始まりました!なにやらハロウィンのようです。あんな漢字書くんだとか思ってたら、ハロウィンをパクった祭りな ...
ストライク・ザ・ブラッド 第13話 感想
 ストライク・ザ・ブラッド  第13話 『蒼き魔女の迷宮篇I』 感想  次のページへ
ストライク・ザ・ブラッド 第13話
ストライク・ザ・ブラッド 第13話 『蒼き魔女の迷宮篇I』 ≪あらすじ≫ 叶瀬夏音とラ・フォリアを巻き込んだ疑似天使の事件もひと段落したころ、絃神島ではハロウィンを模した年に一度のお祭り・波朧院フェスタが開催される季節を迎えていた。 外部からの人の出入りの許可が出やすいこの時期は、絃神島も人で溢れる季節。通学の電車にすら苦労するほどの中で、古城は「休暇明けは普通に授業をするか...
ストライク・ザ・ブラッド 第13話 蒼き魔女の迷宮篇Ⅰ
久しぶりのストブラはやっぱり萌えるわw 今回はなつきちゃんのお話のようですね。空隙の魔女とかいう強そうな二つ名だけどOPでレ○プ目になっちゃってる理由がやっと分かる。それにしても、セーラー服似合ってたわ~w
ストライク・ザ・ブラッド 第13話 「蒼き魔女の迷宮篇Ⅰ」
新シリーズ、蒼き魔女の迷宮篇の突入。 また古城のハーレム要員が追加になるのでしょうか?(^^; 絃神島で催される波龍院フェスタ。 それを見に、古城と沙の幼馴染の仙都木優麻がやって来るが… その裏で、空間が変動する騒ぎが起き、那月も姿を消す。 島に現れた一級犯罪魔導師の仕業なのか?  
ストライク・ザ・ブラッド #13 蒼き魔女の迷宮篇I
ストブラ 第13話。 ハロウィンに盛り上がる絃神島に魔女たちが襲来。 以下感想
ストライク・ザ・ブラッド 第13話「蒼き魔女の迷宮篇 1」
雪菜と凪沙のクラスの担任教諭、笹崎岬。“仙姑(せんこ)”の異名を持つ武闘の達人でもあるのですが、原作の挿絵で今まで描かれたことがなくて、ビジュアルは実は今話が初お披露目だったりしたのですが、まさかこんな大胆な服装だとは思いませんでした(笑)。会話を見て想像できるとおり、那月とは学生時代からの腐れ縁らしいのですが、それにしても那月の制服姿は全然違和感なくて、よく似合ってますねぇ〜www さて、...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。