MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド 第15話「蒼き魔女の迷宮篇III」 対話感想!

面白かった! 次も面白そう。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。まともな仮装はしたことがない。一度だけでも本気でなにかやってみたいと思ってるんだけど……一度やろうと思った時に思い知ったけど、仮装って金かかるんだよね。



神酒原 「吸血なかった……」
  酒原 「予想通りの反応だけどやはり落ち込んでしまったか」
神酒原 「だって……ただないだけじゃなくて……血を吸う云々の話までしたのに吸わな
      かったんだよ……?」
  酒原 「ガチで落ち込んでんじゃねぇよ。チャプターは切り替わるがピンチは続くよう
      だから近いうちあるだろ」
神酒原 「だよね。しかし、面白かったけどわりとあっさり解決したなぁと思ってたら、
      Cパートには驚いたよ。原作では上下巻構成だったりするのかな」
  酒原 「かもな」
神酒原 「ところで今回はアクションについて語りたい」
  酒原 「だいたいいつもそうだと思うが」
神酒原 「いいじゃん。今回改めて思ったのは、バトルシーンに関して、本当に
      『ストブラ』は雪菜に関してばっかり面白い」
  酒原 「気になる言い方だが、まずは面白かった部分について」
神酒原 「セッカロウはあらゆる魔術を無効化する……んだっけ? このシンプルな
      設定のおかげで雪菜のバトルはとにかく分かりやすい。唯一効かなかった天使
      相手も理由づけがちゃんと納得できたし」
  酒原 「おまけに、設定頼りにならずに雪菜はアクションで魅せるからな」
神酒原 「そう! 今回もそうだった。「ここから先は俺の喧嘩だ!」「いいえ先輩、
      私たちの喧嘩です!」をアレンジした「私たちの勝ちです!」に乗せて、古城が
      投げたセッカロウを雪菜が飛び蹴りで押し込む……という夫婦芸が超かっこ
      いい!「どちらも難易度は大差ありませんから」の超絶痺れるセリフの説得力も
      すごかったし、相変わらず雪菜が絡むバトルシーンは楽しくて仕方ないよ。
      今回は古城の「優麻の行動を先読みできる」活躍もバッチリ決まってたしね」
  酒原 「なるほど。雪菜に関してはきちんとアクションで魅せる、これは徹底されて
      そうだな」
神酒原 「ああ。だから今回のお話はシンプルすぎるくらいにシンプルだったんだけど、
      面白いと思えた。最後のバトルシーンが素晴らしかったのは本当に大きい。
      オン・ディ・アザー・ハーン?」
  酒原 「一方で、って意味な。煌坂とラ・フォリアのことか」
神酒原 「よく分かったね酒原!」
  酒原 「分かるわ。さてどんな風にケチつけてくれんの?」
神酒原 「批判的考察だよ! クリティカルシンキングだよ!」
  酒原 「それでいいから早くしろ」
神酒原 「酷いなぁ。……ともかくバトル作品って、「なぜAはBより強いのか」「なぜ
      AはBに勝てたのか」これを描写することが大事だってのが、僕の持論だ。その
      場での説得力さえあれば、カタルシスはいくらでも生まれる」
  酒原 「お前がよく言っていることだな」
神酒原 「ああ、何度も言っている。その点、雪菜はいいんだよね。セッカロウの分かり
      やすい設定もそうだけど、それを活かした話運び、そして「ちゃんと強く見える」
      アクション。これが揃っているから素晴らしいんだ」
  酒原 「古城の眷獣はその辺の強さがよく分からない、って言ってたな。ディメン
      ション・イーターは別として」
神酒原 「そうそう。で、今回の煌坂とラ・フォリアなんだけど、一言で言うと、あの
      触手が植物だった意味はなんなの?っていう」
  酒原 「動物でもよかったんじゃねぇのって言いたいのか?」
神酒原 「別にどっちでもいいんだ。ただ、「属性が分かってしまえば打つ手はいくら
      でも」ってのは分かるんだけど、実際に打った手がさ、2人とも以前やったものと
      同じじゃん」
  酒原 「そういえば……」
神酒原 「疑似聖剣とかさ、セッカロウみたいに具体的でシンプルな設定があったかどうか
      ちょっと覚えてないんだけど、人間とかにも効いてたよね? 煌坂の弓矢だって
      そうだろ。この2人が「植物」であるあの触手に対して、いったいどんな手を
      打ったのか、ちっとも分からないんだ。詠唱も前使ったやつと同じに思えた。
      僕がなにか見逃しているんなら僕が悪いんだけど」
  酒原 「きっとお前が見逃してるんだ」
神酒原 「ひ、酷い! ……例えばこういう状況だと、『ハリー・ポッター』なんかが
      上手いよ」
  酒原 「お前『東京レイヴンズ』の感想でもハリポタ出してたな」
神酒原 「いいだろ好きなんだから。……恐らく多くの人が覚えていると思うんだけど、
      第1作『賢者の石』にて、うねうね植物のところを脱出するシーンがあった
      だろ?」
  酒原 「ロンだけ暴れて絡まれまくったやつか」
神酒原 「ああ。そこでロンを助けるため、ハーマイオニーは知識を総動員して「この
      植物は光に弱い」と推理した。そして光に弱いから強い光を出す魔法を使った。
      ロンは助かった。……見ろ、こんなに分かりやすいことはない!」
  酒原 「確かに、説得力はあるな」
神酒原 「ちなみにここ、原作ではフツーに火を放ってた」
  酒原 「植物だから火……それはさすがに安直すぎるな……」
神酒原 「だから映画版では少しひねったんだろう。今回の『ストブラ』もね、植物
      だって分かったんなら、植物だからこそ撃退できる「文脈」が欲しいんだ。
      専門的に言うと「コンテクスト」なんだけど、例えば「火に弱い」でもいいさ、
      ちゃんと強弱関係が分かる仕留め方であれば、説得力が生まれる」
  酒原 「今回はそうではなかったと」
神酒原 「まったくそうでなかった。これじゃあ煌坂とラ・フォリアが可哀相だよ。ただ
      でさえ古城と別行動になって都合のいい百合ップルにされそうな勢いなの
      に……」
  酒原 「お前さりげなく酷い言いぐさだな」
神酒原 「だが煌坂はもっと酷い……ラ・フォリアはOPですでに夏音ちゃんと百合ップル
      になっているのだ……煌坂は百合ップルにすらなれない……」
  酒原 「もっと前向きに語れよ」
神酒原 「焦らされた分雪菜の吸血が楽しみだぜぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
  酒原 「お前はそればっかりだな」



神酒原 「普段はこんなことしないんだけど、あるブログさんが原作者さんの補完
      ツイート?を紹介しているのをたまたま見たので、追記だ」
  酒原 「珍しいな。見てしまったのか」
神酒原 「見てしまったんだ。まぁわざわざ追記したのは、結局僕の考えは変わらなか
      ったからなんだけど」
  酒原 「なんだそりゃ」
神酒原 「原作者によると、紗矢華は呪詛のエキスパートなので、敵の魔術の
      属性が分かれば「解呪」ができるのですね。紗矢華の弓は雪菜の槍と
      違って、無差別に魔力を無効化したりはできませんが、範囲攻撃が可能
      です。効果範囲は、鳴り鏑矢の「音」が届く距離まで。
らしい」
  酒原 「理由説明されたな。ようは属性が分かったのでその属性に対する解呪を
      行った、ということだ」
神酒原 「納得できない」
  酒原 「なぜ」
神酒原 「そんなことは百も承知だからだよ。補完されるまでもなく本編を見りゃ分かる」
  酒原 「そうなのか」
神酒原 「そうだよ。解呪したからこそ本来の森の姿になってしまったのであって。僕は
      「どんな解呪をしたのか」が知りたいんだ。……いや、この際「解呪したん
      です」という文脈だけでもいい。ただこの「解呪したんです」をコンテクスト
      として活かすには、煌坂がどういったレベルや種類のエキスパートで、具体的に
      なにができるのかというバックグランドがしっかりしていないといけない。
      エキスパートというのは最強って意味じゃない、専門家という意味だ。裏を
      返せば、専門以外はできないってことなんだよ。本編の描写じゃあ「煌坂は相手
      の正体さえ分かれば相手がなんであろうと勝てる」ことになってしまう」
  酒原 「インターネットのどこを探してもあの触手戦にここまで熱くなれるのはお前
      だけだろうよ」
神酒原 「それは皮肉かい?」
  酒原 「よく分かったな」
神酒原 「酷い! ……最後に、僕はこの作品をとても前向きに楽しんでいるのだという
      ことを付け加えておくよ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
KTY "タイトルなし"
>原作では上下巻構成だったりするのかな

正解、ちょうど4巻の終わりがアレ


ちなみにちょろいさんの弓矢は
あの矢の音が、人間には詠唱できない呪文となるって奴だったりするのでナラクヴェーラに対して使った瘴気によるジャミングと今回の解呪について
ちょろいさんの口上が同じでも問題はない……はず
2014.01.25 22:27 | URL | #vLcZe4Ok [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
なるほど、やはりここで巻が分かれますか。

>ちょろいさんの口上が同じでも問題はない……はず
えーとつまり、あの弓矢を発動させるための詠唱は1つだけどそこから武器の力も借りて臨機応変に効果を変えられる……ということになるの?
なんにせよ、詠唱が同じってこと自体は別に構わないのです。問題は「植物だと断定した」、つまり状況を限定したのに前別の状況で使った時と攻撃方法になんの違いも見られないことで。
2014.01.25 22:58 | URL | #- [edit]
KTY "タイトルなし"
ぶっちゃけ原作でもそこまで細かく書いてないからなあ

同じ範囲攻撃でも使った呪矢が違う(瘴気によってナラクヴェーラの動きを阻害した前回、根を経由して森全てを解呪し、森を燃やし尽くした今回)んだけど、具体的にどんな呪矢があるのかってのが全部説明されてるわけじゃないから
疑問心を満足させることはできないかも
2014.01.26 17:36 | URL | #vLcZe4Ok [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
きっとそうだろとなかば思っておりました。こういうところをそこまで徹底する作品ではない、というのは分かっているので。また、ここまで勝った負けたの因果関係に固執する人はそうそういないと思うので、特に評価を下げるわけではないですよ。なぜか雪菜に関してはとてもよくできてるから楽しめてますし。

固執ついでにもう少し深く突っ込むと、具体的にどんな呪矢だったのかというのは最たる問題ではないのです。煌坂が呪詛のエキスパートである、という説明が成り立つなら「そういう呪矢があるのだろう」と納得できますから。
ただこれが成り立っていないわけです。煌坂はどういった程度の専門家で、なにができてなにができないのか。僕の中にこれが分かりやすく説明されていた記憶がないのです。ただまぁ「浅葱に話していいものかどうか悩んでいる」シーンを忘れていたように僕の記憶からポロッと落ちている可能性もあるので、記事では一応僕が見逃している可能性にも言及しておきました。
2014.01.26 21:35 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3440-fa771013
ストライク・ザ・ブラッド 第15話 「蒼き魔女の迷宮篇III」
蒼き魔女の迷宮篇の最終回。 那月ちゃんの意外すぎる真実も分かります。 ずっとロリなのにも理由があったんですね(笑) 監獄結界に捕らわれた母を助けるために作られた優麻。 優麻に体を奪われた古城は、それを阻止しようとするが…  
真打コンビと触手プレイw【アニメ ストライク・ザ・ブラッド#15】
ストライク・ザ・ブラッド第1巻(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/01/29)細谷佳正、種田梨沙 他商品詳細を見る アニメ ストライク・ザ・ブラッド 第15話 蒼き魔女の迷宮篇Ⅲ 薄い本向けですね、わかります(笑
ストライク・ザ・ブラッド TokyoMX(1/24)#15
第15話 蒼き魔女の迷宮篇 III 公式サイトから優麻の目的は第四真祖の持つ魔力を使い、監獄結界から母を解き放つことだった。優麻の目論見どおり、絃神島付近の海上に出現する監獄結界。救援に訪れたラ・フォリアたちに後を任せ、古城と雪菜は優麻を追い監獄結界へ急ぐ。そこで見たのは失踪していた那月の姿だった。那月の正体を明かす優麻。優麻の守護者たる青騎士ル・ブルーを交え、旧友同士の激闘が始まる。決着な...
ストライク・ザ・ブラッド 第15話 感想
 ストライク・ザ・ブラッド  第15話 『蒼き魔女の迷宮篇Ⅲ』 感想  次のページへ
ストライク・ザ・ブラッド ♯15「蒼き魔女の迷宮篇Ⅲ」
評価 ★★★ ストライク・ザ・ブラッド ED(初回限定盤)井口裕香 ¥1,606
ストライク・ザ・ブラッド 第15話
ストライク・ザ・ブラッド 第15話 『蒼き魔女の迷宮篇III』 ≪あらすじ≫ 人格が入れ替わったお互いと対峙することになった古城と優麻。 古城の肉体に宿る第四真祖としての大規模な魔力と、眷獣の力によっていよいよ不可視の「監獄結界」が姿を見せる。追撃をする図書館の魔女たちを、駆けつけた紗矢華とラ・フォリアに任せて古城と雪菜は「監獄結界」の奥へと進む。 そこにいたのは、彼ら...
ストライク・ザ・ブラッド 第15話 「蒼き魔女の迷宮篇Ⅲ」
「彼女を殺せば 監獄結界の囚人たちは解放される  まだ会った事の無いお母様も――」 監獄結界から母親を解放する為に作られた優麻 そして南宮先生の正体が明らかに…!   【第15話 あらすじ】 優麻の目的は第四真祖の持つ魔力を使い、監獄結界から母を解き放つことだった。優麻の目論見どおり、絃神島付近の海上に出現する監獄結界。救援に訪れたラ・フォリアたちに後を任せ、古城と雪菜は優麻...
アニメ感想 14/01/24(金) ストライク・ザ・ブラッド #15、ゴールデンタイム #15
ストライク・ザ・ブラッド 第15話『蒼き魔女の迷宮篇III』優麻と古城の身体も元に戻って、優麻も自由になって万事解決かと思ったら・・・まさかの展開でした。これで蒼き魔女の迷 ...
ストライク・ザ・ブラッド 第15話「蒼き魔女の迷宮篇 3」
ラ・フォリアの 「困りましたね、紗矢華」「これでは、わたくしが世継ぎを作れません」 が削られたらどうしてやろうかと思いましたが、さすがにそこは外しませんね(笑)。 紗矢華が女体化した古城を見て驚くシーン、なにもガニ股にしなくてもと気の毒になりましたが、それよりも非常事態にもかかわらず古城本人と本妻・愛人を前にして彼と子作り宣言するラ・フォリアの図太さとは対照的に、紗矢華が意外にもメンタル脆い...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。