MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咲-Saki- 全国編

咲-Saki- 全国編 第5局「神鬼」 感想!

清澄は強いが。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。そういや巫女さんをまともに見た記憶がない。いや、見てるはずなんだけど、初詣くらいにしか行かないと混んでてまず巫女さん見てる余裕なんてないよね。



神酒原 「姫松はやはり大してなにもできず、タコスは最後にまくられた」
  酒原 「いきなりなに言ってんの」
神酒原 「事実を並べたまでだよ!」
  酒原 「性根腐ってんなまずは各校の健闘を称えろよ」
神酒原 「タコスがまくられるって言ったのお前じゃん」
  酒原 「そうでした」
神酒原 「まぁ多少ピンチにならないと主人公校としての見せ場がなくなるからね、
      先輩を立てるためにタコスは必要な犠牲だったんだよ。この調子で準決や決勝も
      よろしく」
  酒原 「お前本当に酷いやつだなタコス無双もさせてやれよ」
神酒原 「たぶん一回戦では無双してたんじゃね? 部長が中堅で相手校飛ばしたけど、
      それまでにある程度削っていただろうし」
  酒原 「もうタコス終わりか」
神酒原 「彼女はムードメーカーとして重要な役割がある」
  酒原 「酷いなお前ほんと」
神酒原 「それよりこの「多少ピンチに」だよね。清澄は一回戦を副将に渡さずに終わら
      せてしまうほど強いけど、そういう「圧倒的強さ」を描くのも楽しいけど、
      やっぱある程度のピンチがないとメリハリがない。タコスは確かに負けたけど
      最後だけだし、ほぼ原点」
  酒原 「なにが言いたい」
神酒原 「部長と和、どっちがやられるのかなと」
  酒原 「お前負ける可能性ばっか論じてて悲しくならないの?」
神酒原 「――だって清澄が強すぎるんだもん! 決勝戦まで行かないと負けるビジョン
      が見えないんだもん! 主人公補正関係なく!」
  酒原 「そうか。じゃあそろそろ「そんなオカルトありえません」が通用しなくなり
      そうなのどっちの方で」
神酒原 「略してSAOか」
  酒原 「馬鹿野郎それは作品が違う。SOAだ」
神酒原 「うわぁしまった! SAO2期楽しみだよね」
  酒原 「そうだな」
神酒原 「原作読まずに待ってた甲斐あったぜ」
  酒原 「そうか」
神酒原 「でも2回戦も清澄大して苦戦せず通過って可能性もなくないか?」
  酒原 「お前が負ける可能性を言い出したんだろう……」
神酒原 「まぁそうなんだけど。一番怖いのは宮守かね」
  酒原 「永水じゃねぇの?」
神酒原 「なんか永水は中堅まで結局なにもできず、副将大将でプラス点にはするけど
      清澄の爆発力に抑えられちゃう感じがする」
  酒原 「次鋒戦もあまり振るわなかったもんな」
神酒原 「まこの1人勝ちだったね! エイスリンの場の支配を抜け出すための打ち手
      だから安手ばっかで大したリードじゃないけど」
  酒原 「仕方ねぇじゃん」
神酒原 「仕方ないよね。しかし不思議だよね、『咲』の世界のゴミ手で上がった時の
      実はゴミじゃない感」
  酒原 「1,000点切ると逆にテンション上がるよな」
神酒原 「ほんとほんと。でも一番テンション上がるのはやはり数え役満」
  酒原 「全国編入ってから出したのは姫松の愛宕姉だけか」
神酒原 「中堅戦は姫松警戒かもね」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-3 Comments
 "管理人のみ閲覧できます"
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014.02.03 13:06 | | # [edit]
KTY "タイトルなし"
>やっぱある程度のピンチがないとメリハリがない。

同意です。
せっかく前評判の良かった姫様はもっと暴れてタコスをボコボコにして欲しかったところ
不調っぽくてこのシーンは実に残念(最後のアガリはカッコ良かったけれど)
苦境を覆してこそ主人公
そういう意味では、圧倒的な強さを持つ清澄よりも
皆「それなりに強い」程度の阿知賀のほうが、主人公としては描きやすかったのかも?

あと、最後のアガリの時もタコスとシロの待ち牌をかなり手牌で使ってましたね
>姫様
2014.02.04 00:38 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
姫様は結局なんだったのか、分かりませんでしたね。寝たら強くなるってのは分かったんだけど、彼女を先鋒に置いている意味だとか、後続の4人と麻雀リレー的にどういう関係があるのかとか……

>皆「それなりに強い」程度の阿知賀のほうが、主人公としては描きやすかったのかも?
それはあるかも。準決でしたけど、白糸台と千里山が一緒の卓にいる試合は緊張感がありましたね。
ただこれはまだ二回戦なので、ストーリーとしてはまだまだ盛り上げるところではない、のかも。いや、まだ中堅以降が残ってますけど。
決勝に行くと白糸台と阿知賀がいるので、間違いなくバッチバチの戦いになるでしょうね。
2014.02.04 17:42 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3458-439e76b3
咲-Saki-全国編 第5話「神鬼」
先鋒戦の終盤、再び眠る神代小蒔!? 眠ることで神が降りて、タコスを直撃してトップに踊りでる 次鋒戦、タコスの仇を討つと出て来たマコ。 相手には全員の手配を読めるエイスリンが… 次々と登場する能力者w 普通の人には勝てそうにない試合です(^^;  
咲-Saki- 全国編 第5話「神鬼」
小蒔ちゃん、オーラスでタコスを直撃! なるほど、その時々で最も望む展開に持っていける能力ですか。 状況に応じて、守ってる神様が力を貸してくれる感じかな。 のどっちが絶対認めたくないタイプだなあ^^; 姫松の漫ちゃんは強い人と当たると力を発揮するタイプだったのね。 でも不発の時もしばしば。 罰ゲームが見えてたので、やっぱり爆発できずに終わっちゃいました。 彼女が爆発すると、洋...
咲-Saki- 全国編 第5話 「神鬼」
神が降りる神代小蒔 そんなオカルトありえません!神憑きのこのキャラとは是非のどっちに対戦してほしいw 能力については神が憑いているというだけでよく分からなかったけどどんな力だったんだろう。先週を見ると回避能力はありそうだけど、ピンズを集める能力とかなのかな?
咲-Saki- 全国編 第5話 『神鬼』 まこ大活躍!でも短い。
優希やっちまった。オーラスでトップならダマというのがセオリーです。リーチを掛けるとその後誰かが追っかけてきた時降りられなくなる。負けている方は大抵デカイ手作って一発逆転を狙っている。増して優希は先行逃げ切り型の選手。点数稼いでおくには越したことありませんが、これは失敗でしたね。 まあリーチ直後に神代が寝てしまう=覚醒という間の悪さもありましたが、吸い込まれるように放銃。これまで稼いだ分をほぼ...
咲-Saki-全国編 テレ東(2/02)#05
第5話 神鬼 15か月前の姫松高校。末原をメンバーにと相談する赤阪監督代行。メンバーに上重を推薦する、爆発力は凄いから。ねえ、爆発、まだ?昨日も今日も不発の上重。 1回戦最終局、清澄の優希はトップを維持していた。聴牌して立直。それを先に感じて眠る神代小蒔。目を開くと別人だった。鹿児島の山中に住む六女仙を従える霧島の鬼。巫女さんが怖い雰囲気だじぇ。2万4千点の3倍満を放銃する優希。 1位 11...
咲-Saki- 全国編 第5話 「神鬼」 感想
神出鬼没―
咲 -Saki- 全国編 第5局「神鬼」
咲 -Saki- 全国編 第5局「神鬼」です。 はい、はい、今週もやってきました
咲-Saki- 全国編 第5局「神鬼」 感想
※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。 姫松の控え室。 不調な漫ちゃんに末原先輩はやきもき。 「このままやとまた罰ゲームやで…」 「末原先輩は上重さんにキビしいですね」 「愛のムチやな」 「アハハ」 キマシタワー 提供のゆらゆらしてるエイちゃん可愛い。 姫松の回想。 自分のレギュラー入りを蹴って漫ちゃんを推薦する末原先輩。 原作でも思ったけ...
アニメ感想 咲-Saki-全国編 第5話「神鬼」
相性最悪、哀れなるエイスリン
咲-saki-全国編 第5話「神鬼」
「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]『まこはそう簡単には負けないのよね』 原作 : 小林 立 監督 : 小野 学 シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦 キャラクターデザイン&総作画監督 : 佐々木 政勝 アニメーション制作 : Studio五組 宮永咲:植田佳奈  原村和:小清水亜美  片岡優希:釘宮理恵 染谷まこ:白...
咲-Saki- 全国編 第5話 「神鬼」
やめたげてよぉ!! 今回程、アニメ化呪ったことはないぞぉ!! スゲェ胃がキリキリしたわ!! 阿知賀編の千里山押しよりも酷いと思うぞ コレ! 今回ほど真打のありがたみを感じたこともまた無かったわ!!
何という自由人!!/となりの関くん5話他2014/2/3感想
<記事内アンカー> となりの関くん 5時限目 「消しゴムはんこ」 咲-Saki- 全国編 第5局 「神鬼」 バディ・コンプレックス 第5話「傷跡」  先週末は漫画感想が5作分書けたので、積みコミックもいくらか減ったかな、と確認してみる→まだ30作近くある事実に卒倒  これから増える分を考慮しなくても、同じペースで書き進めても1ヶ月以上かかるじゃないか……
咲 -Saki- 全国編 #05 「神鬼」
次鋒戦はメガネvs.金髪。「咲-Saki-全国編」の第五局。 提供画面がまるで少女Aのように・・・w 名門の大阪姫松高校、すてきな笑顔だけどちょっと腹黒そうな代理監督。 その監督に爆発力を期待して「上重 漫(うえしげすず)」密かに推薦する 「末原 恭子(すえはらきょうこ)」。 試合は先行逃げ切りを目論むタコスだったが徐々に怪しい雲行き。 そして最後にリーチをか...
咲-Saki-全国編 第5話 「神鬼」 感想
やっぱり、だめだったよ… 姫松の子はギャンブル的な意味で出場させられたようですね。 って、麻雀はギャンブルだったかw そういう意味でも彼女を採用したのかな。 それでも彼女にとっては良い経験にはなりますね。 「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray](2014/03/19)植田佳奈、小清水亜美 他商品詳細を見る
咲-Saki- 全国編 第5局 神鬼
咲-Saki- 全国編 第5話。 2回戦先鋒戦決着と次鋒戦。 以下感想
咲-Saki-全国編 第5話「神鬼」
咲-Saki- (12) (ヤングガンガンコミックス)(2013/12/25)小林 立商品詳細を見る  末原恭子は上重漫を推薦してました。そのことを本人へ言わないように、監督代行に頼んだという。クールそうなキャラをして、ツンデレ属性を感じますね。漫は爆発できるようですが、先鋒戦では不発でした。恭子が油性ペンを忘れたふりをしたのに、監督代行は鬼ですか。次鋒戦では、真瀬由子が挑みます。エイスリ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。