MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サムライフラメンコ

サムライフラメンコ 第16話「さすらいのヒーロー」 対話感想!

後藤さんかっこよすぎ惚れた……

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。たぶんゲロには耐性がある方。もらいゲロはしたことないし、自分がゲロするとなぜかスッキリする。みんながどれほどかは分からないけど、とにかく弱くなくてよかった。



神酒原 「前回ね、思ってたんだよ」
  酒原 「うん」
神酒原 「手抜きOP。本当は前回も言及して「マダー?」しようと思ってたんだ
      けど、フラメンジャー編が終わってから真OPに入れ替わるのかなぁって
      思ったんだ。だからなにも言わなかった」
  酒原 「なるほど」
神酒原 「静止画OPだった……」
  酒原 「いいじゃねぇかお前の待ち望んだ真OPだぞ」
神酒原 「熱い系の曲を起用したOP映像があれだけ静止画って見たことないぞ……」
  酒原 「作画やばいんだなぁ」
神酒原 「もうずっとやばいけどな。いや本編の作画はもう諦めてるけど、だから
      こそ真OPにはちょっと期待してたんだよ。僕の期待は無残に散った」
  酒原 「文句ばっか言ってねぇで感想書けよ」
神酒原 「いやぁ面白いっすねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!」
  酒原 「それはよかった」
神酒原 「なにこれ。原点回帰って言うの? フラメンジャーにまでなっていろいろ
      やったけど最後は原点のサムライフラメンコに帰ってくる、うーん感動した」
  酒原 「最後じゃないけどな」
神酒原 「茶々入れんじゃねぇよ! やっぱりね、初期のサムメンコって素晴らし
      かったんだよね」
  酒原 「初期以外は面白くない、と」
神酒原 「んなこと言ってねぇだろ! マサヨシが演じてきたヒーローたちの中では
      やっぱり無名時代のサムライフラメンコが一番ってことだよ。世の中の
      小さな悪を見逃さず、少しでも不便を減らしていく……。本当にかっこ
      よかったんだあれは。マサヨシは強くなりすぎたね」
  酒原 「力を奪われた今こそ、初期のサムメンコをってか」
神酒原 「何度も言うけど感動したよ。ホームレスのおじいさんマジGJ。今回
      おじいさんは目がほとんど見えないようだったけど、きっと目が見えて
      いてもマサヨシを通報したりはしなかっただろうね」
  酒原 「そう思えるな。そして後藤さんだ」
神酒原 「遅ぇよ。……かっけぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ惚れるぅぅぅぅぅぅぅぅ!!」
  酒原 「後藤さんはずっと待っていたんだよな、マサヨシが頼ってきてくれるのを」
神酒原 「だよなぁ……。石原さんもそうだけど、マサヨシのことを一番心配して
      いるのは当然後藤さんだ。大ピンチのマサヨシを助けられないのが平気な
      わけがない。くぅ、男の友情だなぁ……痺れるなぁ……」
  酒原 「そして次回はとんでもないサブタイが来たぞ」
神酒原 「次は女の友情!」
  酒原 「……くっ、妨害失敗……」
神酒原 「なんかこっちは友情を軽く超越しちゃってるんだけど、ゲロまみれでも
      愛し合える2人の絆をたたえるべき? ついに瑞希までレズ仲間になった
      ことを喜ぶべき?」
  酒原 「なんで選択肢が両方ともそっちなんだよ」
神酒原 「『輪廻のラグランジェ』でも似たような展開があったよね」
  酒原 「あったなそういえば」
神酒原 「あっちはなんか本当に友情を深めあうためって感じだったけど、ミネ
      ミラはガチ感があるよね」
  酒原 「ガチ百合と言えば『桜Trick』大先生がいるわけだが」
神酒原 「『桜Trick』御大にもお世話になってるけど、正直ミネミラには叶わない」
  酒原 「マジかよ。あれほど突き抜けてるんだぞ」
神酒原 「『桜Trick』はゲロチューをしないだろう」
  酒原 「あ、なるほど……」
神酒原 「あっちは綺麗なものを綺麗なまま見せてるに過ぎないんだよね。それが
      いいんだけどね。ミネミラは汚い感情も汚い汚物もすべてさらけ出して、
      それでもつながり合える究極の愛。ゲロだけじゃないよ? マリちゃんが
      最低すぎる劣等感を萌ちゃんにぶつけたからこそ、彼女たちは壁を乗り
      越えられたんだ。やはりキングトーチャーはいい仕事をしていた」
  酒原 「なんだか真面目な話になってきたけどお前さん性癖を余すところなく
      露呈してるからな」
神酒原 「かまへんかまへん」
  酒原 「お前のメンタルも怖いよ……」
神酒原 「ところで後期ED主題歌『フライト23時』の発売日が遠すぎて辛い」
  酒原 「お前それ前回も言ってたぞ」
神酒原 「何度でも言いたい辛さなのさ」
  酒原 「さいですか」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3462-162a33af
サムライフラメンコ 第16話「さすらいのヒーロー」 感想
世界征服~謀略のフラメンジャー~ あらすじ 政府の謀略により、“フロム・ビヨンド”テロ事件の犯人とされた“フラメンジャー”。さらに政府は『非認可正義 (せいぎ)行動規制法』を国会に提出。歴代ヒーロー達をも次々と拘束してしまう。そんな中、“ミスター・ジャスティス”の手を借り一人逃亡をつづけていた正義が向かった先とは……。また、己の心の傷から目を背けていたまりにも、対峙の時が訪れる。...
サムライフラメンコ 第16話「さすらいのヒーロー」
サムライフラメンコの第16話を見ました。 第16話 さすらいのヒーロー キング・トーチャーのトラウマの傷から目を背けていたまりは萌を逆恨みしているだけだと瑞希と殴り合いになり、キング・トーチャーの基地跡を訪れていた。 「まりさん、私二度とまりさんの前に現れません。だから最後に話を聞いてください。私、あの時本当に格好つけたわけじゃないんです。勇気があったのでもありません。...
サムライフラメンコ フジ(2/06)#16
第16話 さすらいのヒーロー 公式サイトから政府の謀略により、“フロム・ビヨンド”テロ事件の犯人とされた“フラメンジャー”。さらに政府は『非認可正義行動規制法』を国会に提出。歴代ヒーロー達をも次々と拘束してしまう。そんな中、“ミスター・ジャスティス”の手を借り一人逃亡をつづけていた正義が向かった先とは……。また、己の心の傷から目を背けていたまりにも、対峙の時が訪れる。 内乱罪で指名手配されて...
問われるその真価―【アニメ サムライフラメンコ #16】
サムライフラメンコ 2(完全生産限定版) [Blu-ray](2014/01/22)増田俊樹、杉田智和 他商品詳細を見る アニメ サムライフラメンコ 第16話 さすらいのヒーロー 作画良好 脚本、らしさ全開 これこそが我らがサムライフラメンコだ^^
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。