MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル

ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル Case 9「シークレット・パズル Secret Puzzle」 感想!

動き出すの早いね。

 
 
 
いろいろと謎
けっこう謎だらけのストーリーですよね。
大きな謎を解き明かすのが内容である以上はそうなんだけど、僕が目下気になっているのは母ちゃんがなんで生きているのか。

最初から不思議でした。だってこの世界の魔禁法では、魔術師の懲罰は猶予ゼロの即執行ですから。それなのに母ちゃん生きてますもんね。終身刑とかなら分かるけど、死刑囚ということだし。

それが、今回のアバンで6年前の裁判が描かれたので「お、ついに判明か?」とワクワクしたんだけど、それまでに見てきた死刑判決みたいに即執行になってて、余計謎が深まっただけでした。
例えば、今暗躍している集団が自分たちの計画のために必要だからセシルの母ちゃんを生かしている……とかなら分かるんだけど、法律従事者がみんな当然のことのように受け入れているのでその線もなく。
まさかの投げっ放し設定ってことはないはず、と期待しているんだけど、今残っている謎のうちこれだけが「解明されなくてもストーリーが進みそう」な感じがしています。杞憂ならいいんですけどね。

さて、やはり一度死んでいたらしいセシル。
俄然ワクワクしてきましたよ! 謎の陰謀と密接に絡み合うセシルの過去、よくある作りですがいい感じに興味を刺激されています。セシルのキャラが魅力的に描けているのが大きいのかな。謎もいい感じに面白いですし。

だれを信じるべきか
蜂蜜さんやキリじいと交流し、夏菜と仲よくなったのも、今回のためですな。

バタ法のみんなは仲間。
セシルだってそんなことは分かっているでしょう。むしろ分かっているから、彼らのことを近しい人間だと思っているからこそ、自分の問題からは遠ざけたいという心理が働いたんでしょうね。

1人では限界がある……というのは、キリじいの件ですでに学んだこと。
そこでセシルは協力を求めることにするんですけど、それは静夢でした。
これはバタ法メンバーよりも静夢を信頼した、ということではなく、少し離れた人間だからこそ静夢を巻き込もうと思えたのですね。少し悪い言い方をすると、巻き込んで迷惑をかけることになってもこちらの心がそんなには痛まない人間を選んだわけです。

そういう心理が働いたのは理解できるんだけど、それで信頼する人間を間違えてはいけないわけで。
いや、セシルの視点から見ると静夢って刑事だし、魔禁法十条の申請を出してくれたしで疑う方が難しいんですけどね。
でもセシルには静夢が「自分から少し離れた人間」だということを自覚していなかったよう。少し離れているということは、こちらから相手の全貌なんて見えないということ。

そこで、本当に信頼するべきはだれか。
それはバタ法のメンバーなんですな。仲間だからこそセシルは無意識に遠ざけてしまったようだけど、遠ざけられる方は寂しいことこの上ないわけで。
セシルのことを見にきたアゲハさんと夏菜の気持ちがよく分かります。

バタ法メンバーは確かに個々のスキルも高いんだし、セシルはちゃんと頼るべきなんですよね。
アゲハさんに言われて、セシルは頼っていいんだときっと分かったことでしょう。次回予告でソリ姉たちに囲まれての笑顔のカットはいい絵ですね。

……ただ、状況が動き出す方が少し早かったようで。
静夢は葛藤の中、セシルを狙うことに決めたようですね。彼の葛藤がどんな帰結を迎えるのかも気になります。あっさり魔術を使ったのは、本気であることを示すためでしょう。

危機一髪で助けてくれたのは、なんとシャークナイトさん!
前回のヤバすぎるもよよんを目撃しているのもそうだけど、以前バタ法に来た時にもよよんのことが気になっていたり、そもそもセシルを引き抜こうとしている理由がまだ不明だったりで彼らのことも気になりますな。味方なのは間違いなさそうだけど。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3512-6ac5077e
ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル TokyoMX(3/09)#09
第9話 シークレット・パズル 遊びに行った小田家に爆弾魔が侵入した。小田警部が発砲した銃弾がセシルを襲った。証拠隠滅と母親とセシルを爆弾で始末しようとした。それを防ぐ意味で魔法を使った母親が謝って小田警部を 死なせてしまった。しかし、小田警部の行動の真意を示す証拠もなく、母親は 死刑と判決されてしまった。 楓の死に際の言葉、セシルの潜在魔力を引き出させる。6年前の事件を調べようと考えるセシル...
ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル Case IX「シークレット・パズル Secret Puzzle」 感想
東京に戻ったセシルは、母、芽美の6年前の事件を再検証し始める。楓の言葉から、母の事件とカナダの襲撃事件に何か関係があることを知る。事件は誰かによって仕組まれたのではないか?そんな思いで、昔の事件を蒸し返しはじめるセシルに当時の関係者達は不快感を見せる。 脚本:伊藤美智子 絵コンテ:大川原保武 演出:野亦則行 作画監督:岩佐とも子 総作画監督:外丸達也 6年前の事件の概要...
ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル 第9話「シークレット・パズル」
セシルと母の事件の謎にいよいよ迫る展開。 迫る陰謀の中、セシルは真相を解明できるか? 6年前の事件について調べ始めるセシル。 しかし一人での捜査は限界で、静夢に協力を頼めることになるが… 静夢は組織からセシルを回収されるように命じられる。  
その闇に足を踏み入れて―【アニメ ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-#9】
ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [DVD](2014/04/02)田辺留依、真堂圭 他商品詳細を見る アニメ ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル- 第9話 シークレット・パズル 鬼が出るか蛇が出るか― 記憶の闇に阻まれた過去 その底にあるのは 果たして…
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。