MENU
咲-Saki- 全国編

咲-Saki- 全国編 第9局「出撃」 対話感想!

副将戦面白かった!

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。鬼門という言葉を初めて知ったのは『ぬ~べ~』でだった。この言葉はなぜか好き。元の意味は鬼がやってくる方角、転じて「よくないことが起こる場所」、もしくは「不得意なもの」。うーん言葉って面白い。



  酒原 「お前の予想は外れた」
神酒原 「いきなりご挨拶だな……。別に予想を当てるゲームじゃないんだから」
  酒原 「そうだけど、俺はお前をからかいたいの」
神酒原 「酷い!」
  酒原 「お前の副将戦終了予想は1位姫松、2位清澄、3位宮守に4位永水だったな。
      3位と4位が入れ替わった」
神酒原 「宮守・塞ちゃんの逃げ負けってところかねー」
  酒原 「逃げ負けってなんだ」
神酒原 「あ、ごめん、逃げの姿勢を取ったからかえって順位が落ちたって意味」
  酒原 「でもそれなら、もっと攻めの姿勢で行くと逆に振り込んでたりしたんじゃ
      ないか?」
神酒原 「それもそうだ。あ、だから姉帯さんは励ましたんだね。お世辞ではなく本当の
      ことだったんだ」
  酒原 「塞が途中まで塞いでいたから和もプラスに留まれたのかもしれないし」
神酒原 「確かに塞ちゃんはいい働きをしていた。だってこれ、後半戦からは疲労が
      溜まってたけど、あと1回くらいはできそうな感じだった。つまりやろうと
      思えば薄墨ちゃんを完封することもできたわけで、薄墨ちゃんは宮守に
      「和了がらされてもらった」ようなもの。永水やはりいいところナシ」
  酒原 「一応、愛宕姉さんに続いて役満和了がったんだから少しくらい褒めてやれよ」
神酒原 「シズノの場の支配によって白水先輩の姿が見えなくなって不安になるけど
      自力で和了に辿り着いた新道寺の鶴田姫子を見ているからなぁ」
  酒原 「永水の大将頑張れ……! 神酒原に土下座させてやれ……!」
神酒原 「愛宕妹はちゃんと点を守って偉い! 活躍的には一番地味だったけど、功績的
      には抜群の1位だ。千里山といい、大阪は強いなぁ」
  酒原 「和はきっちりプラスか。でも最後まで永水警戒はしなかったな」
神酒原 「役満の親っかぶりくらいまぁいいかって感じだったね。麻雀やってりゃこんな
      こともある、くらいにしか思ってなさそう。プラスだからそれでいいんだろう
      けど」
  酒原 「結局、塞の思惑通りに振り込まなかったあたりは確かな実力があったって
      ことか」
神酒原 「というわけで大将戦! けっこうすぐに始まったね。展開も速くて少し驚いた
      よ」
  酒原 「ここでお前の勝ち抜け予想を見返してみよう」
神酒原 「ぐっ……またその話題か……!」
  酒原 「ごめんよ、もうからかわないから素直に予想を楽しもうぜ。……1位通過
      清澄、2位通過宮守って書いてるな。この予想は今も変わらず?」
神酒原 「変わらずだね」
  酒原 「副将戦終了では宮守4位に落ちたが」
神酒原 「点数はちゃんと出なかったけど、今回の追っかけ一発の連続で2位か3位には
      なってるだろ」
  酒原 「点数申告は全部出てたぞ。計算してみたらどうだ」
神酒原 「麻雀の知識ないけどやってみた。途中1回だけだれが振り込んだのか分から
      ない局があったけど、よくて3位だったヨ」
  酒原 「今回の最後のロンでどれだけ稼げてるか、か……」
神酒原 「しかしあれだね。大将戦は今のところ姫松と宮守がバチバチ花火散らしてる
      けど、そんなの関係なしとばかりに咲さんは普通に和了がってるね!」
  酒原 「2回、リンシャンでツモったな」
神酒原 「大明槓の責任払いっていうと思い出すものがあるよね」
  酒原 「ああ、長野決勝での衣相手のラスト……」
神酒原 「というわけで大将戦も面白い! 姫松・末原は予想通り戦犯になってしまい
      そうだね」
  酒原 「予想通りって……ああ、勝ち抜け予想に入れてないもんな」
神酒原 「すでに1万点以上の失点です。それでもまだ1位だけど、最後のロンでどれ
      だけまくられてるか」
  酒原 「ちなみにお前、勝ち抜け予想は清澄と宮守だけど3位4位はどうなのよ」
神酒原 「……んー、3位姫松で4位永水かな?」
  酒原 「永水の大将本当に頑張れっ……!」
神酒原 「ところで、裸単騎っていうと思い出すものがあるよね」
  酒原 「ああ、新道寺のすばらか。彼女はかっこよかったな」
神酒原 「裸単騎で役がつくっていうなら、中国ルールならあの試合ももっとどうにか
      なったのかな」
  酒原 「そう簡単なもんじゃねぇだろ」
神酒原 「そうか。ところで、全国編初リンシャンには興奮したんだけど、火力がない
      上に2回目は安手だ」
  酒原 「だからなんだよ」
神酒原 「「カン! カン! もういっこカン!」が見たいです!」
  酒原 「数え役満!」
神酒原 「数え役満!」
  酒原 「2回戦で出るかね?」
神酒原 「期待してるぜ」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3513-547521b4
咲-Saki- 全国編 9話「出撃」感想
咲-Saki- 全国編 9話「出撃」
咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」 感想
「部長の言ってた小四喜。なかなかの偶然ですね。」 なお偶然で済ますか(´・ω・`) (S)そんな(O)オカルト(A)ありえません。 ロリっ娘、能力便りだけなせいで使えなくなると弱くないですか?(ぉ 公式サイト http://www.saki-anime.com/ http://www.tv-tokyo.co.jp/anime/saki3/
咲-Saki- 全国編 第9話「出撃」
臼沢さん体力の限界、最小限のリスクに抑える作戦に方向転換。 のどっちがはっちゃんに振り込んでくれれば文句なし、ツモでも大きく点数を削れる。 結果、はっちゃんは執念の小四喜をツモアガリ。 臼沢さんが塞がなかったら、確実に4回スーシーホーあがってたか。 しかし128000モノにしても、はっちゃん他の局で結構高い点数取られてたし、トップになれたかは微妙なところ。 臼沢さんの能力の痛い...
咲-Saki-全国編 第9話「出撃」
副将戦決着へ。 初美の能力を抑えていた塞だが、清澄との点差を考え封鎖を解く。 直撃を受ける和だが… いよいよ大将戦まで進行。 主人公、咲さんの嶺上開花が炸裂ですねw すごく久々に見た気がします(笑)  
咲-Saki- 全国編 第9局 出撃
咲-Saki- 全国編 第9話。 2回戦副将戦決着と大将戦開始。 以下感想
咲-Saki-全国編 テレ東(3/09)#09
第9話 出撃 臼澤は3位、2位も狙えるだけに初美を塞ぐのを 辞めるのも良いかと考える。東一局2本場、永水の初美は東、北をポン。親が警戒しないなら振り込む可能性も高いと考える。振り込んでしまえと塞がない。しかし流局、小四喜で聴牌していた初美。それも偶然ですと異常と思わない和。 臼澤は頑張れ私と和了。未だノーホーラの永水。姫松の絹恵が好調に和了して南入。最後の北家も能力を発動しない宮守の臼澤。和...
咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」
「さあ・・・振り込め清澄!」 宮守副将の陰謀のイメージ絵ののどっちw 試合の方は思ったよりも押されたまま終わってしまったのどっちだけど総じて見れば安定感あるうち回しで若干のプラスでやはり相手に関わらず力を発揮して長期戦になれば確実に点数を積んでいくというところがのどっちのデジタル打ちの真髄か。
咲-Saki- 全国編 第9話 『出撃』 オカルトじゃなくて偶然です。
中々の偶然ですね。三回目の薄墨北家では自身の負担と清澄の振り込みに賭けて能力をセーブした塞。でも薄墨が上がれない。必ず上がれるほど強力な能力じゃないんですね。そして小四喜テンパイを見ても和は「偶然」で済ましちゃう。ああ何かこのまま終わっちゃいそう。 と思ったらラス北家でそれは来た。今回の薄墨、東はポンして北は自分で持ってた。必ず他家から鳴かなきゃいけない訳じゃないんですね。つまりこれまでより...
咲 -Saki- 全国編 第9話 「出撃」
さぁさぁさぁさぁさぁ!!! 祭りの始まりだ!! この2回戦で最も盛り上がり血の気が引く 大将戦がついにやってきましたよ! 特定の名前を書きたいけど書けない  そんな歯がゆいアニメ派視聴者に対しての いらん配慮をしている私w でも1期を見ている人なら大体はわかるっしょw 裏鬼門や背向の演出を見てアレの演出がどうなるか楽しみで仕方がないw なんか上の文章を逆...
咲-Saki- 全国編 第9話 「出撃」 感想
真打登場―
咲-saki- 全国編 第9話
「出撃」 いってらっしゃい
アニメ感想 咲-Saki-全国編 第9話「出撃」
大将出撃
咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」
咲 -Saki- 全国編 第9局「出撃」です。 先週はインフルエンザで休んでいて
咲-Saki- 全国編 第9局「出撃」 感想
波乱の大将戦開幕。 ※原作のネタバレありなのでアニメ組の方は要注意。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 姫松:127300 ...
咲-saki-全国編 第9話「出撃」
「咲-Saki- 全国編」 一 (初回特典:新規描き下ろしコミック付き) [Blu-ray]『とおらばリーチ♪』 原作 : 小林 立 監督 : 小野 学 シリーズ構成・脚本 : 浦畑達彦 キャラクターデザイン&総作画監督 : 佐々木 政勝 アニメーション制作 : Studio五組 宮永咲:植田佳奈  原村和:小清水亜美  片岡優希:釘宮理恵 染谷まこ:白石涼子  竹井久...
咲 -Saki- 全国編 #09 「出撃」
いよいよ大将戦に突入、「咲-Saki-全国編」の第九局。 マイペースな和の打ち筋が必死で初美を押さえようとする二人に大きなストレスとなる。 和に責任は無いけど、これは確かに疎まれてもしょうがないですね。w 結果、最後には初美に役満を与える結果となり和は親かぶりで大きな失点。 しかし周りが驚くほどに動揺も無く淡々と点棒を出す和。 宮守女子の塞が和がったところで全体としては点数...
咲-Saki-全国編 第9話 「出撃」 感想
初美ちゃん、能力解放~ 和さんのオッパイを責めるんですね! 応援しておりますよw 「咲-Saki- 全国編」 二 [Blu-ray](2014/04/16)植田佳奈、小清水亜美 他商品詳細を見る
咲-Saki-全国編 第9話「出撃」
咲-Saki-(11) (ヤングガンガンコミックス)(2013/04/25)小林 立商品詳細を見る  副将戦も後半を迎えました。臼沢塞は封印能力を自重しました。原村和はオカルトを信じずに、プレイを続行しています。薄墨初美に振りこんでしまい、大きく点数を奪われかねません。それを狙っているようです。能力表現もビッグスケールになっていましたね。麻雀卓を囲んで、静かに打っているだけですが。薄墨初美...
咲ーsakiー全国編:9話感想
咲ーsakiー全国編の感想です。 副将戦終了、そしてついに大将戦へ…。
咲-Saki-全国編 第9話「出撃」感想!
咲-Saki-全国編 第9局『出撃』
咲-Saki-全国編 第9話 出撃
和に初美の役満直撃となれば2位との差が縮まると、塞ぐ事を止める事を決める塞。 後半戦の南場、最後の初美の北家で、ついに役満・小四喜が、オカル ...
該当の記事は見つかりませんでした。