MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストライク・ザ・ブラッド

ストライク・ザ・ブラッド 第22話「錬金術師の帰還篇III」 対話感想!

あれ? 終わった……

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):誤植から生まれた謎の男性……でも女性という噂もあって、真実は闇に包まれているらしい。神酒原が1人では感想を書けないと根を上げた時に召喚される。でも給料に不満らしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。妹が扁桃炎とやらにかかって、40℃超えの熱を出した。ビビった。いやぁ、珍しい病気な上に40℃超えって本当に焦るよね。まぁちゃんと落ち着いたけどね。



  酒原 「なんか微妙な反応だな」
神酒原 「うん、微妙な反応をしてしまった」
  酒原 「今回微妙だったのか?」
神酒原 「前回は超面白かったよ!」
  酒原 「…………」
神酒原 「いやだって……微妙だったし……」
  酒原 「最初からそう言えよ」
神酒原 「なんか、前回絶賛したのに今回微妙って言うのはなんかなーと」
  酒原 「そんなこと気にしてたらちゃんとした感想なんて書けねぇだろ」
神酒原 「だね! よし文句言うぞー!」
  酒原 「そうやる気になられても……」
神酒原 「まぁ少し謙虚気味になるよ。……というわけで3話で終わったんだけど、
      なんか、結局最後は力と力の激突で終わったなぁと」
  酒原 「ふむ。でも新しい眷獣を呼び出して、それでワイズマンを倒したんだろ?」
神酒原 「あの眷獣だからこそワイズマンを倒せた、っていうのはもちろんあったん
      だろうけど、なんでそうなってるのかちっとも理解できなかった。時間を
      戻したら錬金術師倒せるの?」
  酒原 「時間戻したら錬金術師に限らずみんな倒せそうだな」
神酒原 「レグルス・アウルムでぶち抜いて倒しても同じ結果に見えただろうよ。
      双頭竜の時は、「相手が高次元の存在」→「こっちは次元を切り裂く」って
      いう分かりやすい力関係があったから面白かった」
  酒原 「お前レグルス・アウルム好きだな」
神酒原 「これしか覚えてませんから。雪菜vsコウもつまんなかったよ。セッカロウ
      持ち出したらそりゃ勝てる。なんで古城さんはセッカロウ持って来たんだ
      ろう……」
  酒原 「そりゃまぁ、雪菜の武器だからな」
神酒原 「じゃあなんで預けたん? それは監視の任を一時的に解いたからだけど、
      結局古城と雪菜はそろい踏みしちゃうじゃん。研修旅行も満足に楽しめて
      なかったし、こういうシチュエーションを用意した理由が分からない。
      なんか、前回面白かった部分がすべて放り投げられた感じがするんだ」
  酒原 「うん……」
神酒原 「お約束って大事だよ? 同じ決め台詞を使うのも効果的だと思うんだ。でも
      いい加減ワンパターンすぎる。敵との丁々発止もさ、これは『ストブラ』で
      面白かったことがないんだけど、今回も古城が一方的に怒りをぶつけるだけ
      でワイズマンさん聞いてないじゃん。なんで作り手は古城に独り相撲をさせる
      の? こんなん見てどうストーリーを楽しめってんだ」
  酒原 「それならさっさと討てよ、と」
神酒原 「その通りだよまったく。……あ、でもコウについてはよかったよ。結局は
      黒幕にいいように操られていたホムンクルスだったんだけど、それが分か
      ってもコウはワイズマンについて戦うしかなかった。それしかすることが
      ない……その苦悩は伝わってきたね。雪菜のセリフもよかったし、それ聞いて
      表情を和らげて逝ったコウからはどこか寂しさを感じたよ。もっと早く
      気づいていればね……」
  酒原 「よかったのそれだけ?」
神酒原 「まさか! 細かいところは相変わらず楽しいよ。小さくなってしまった
      ニーナとか、真っ先に吸血させた雪菜とか」
  酒原 「お前待望の雪菜の吸血シーンだったな」
神酒原 「でもちょっと残念クオリティだったよ。吸われてる最中に首の角度もとに
      戻るし、吸われ終わった直後になぜかシャツとリボンがバッチリ戻ってるしで
      余韻がない。キッスとかは「うおおおお」って興奮できたのになぜこんな
      もったいない出来になったのか。絵コンテにKONAYUKI。あっ……」
  酒原 「OPの人か」
神酒原 「KONAYUKIさんは駄目だね。ところで、僕が今回一番戸惑ったのは凪沙だ」
  酒原 「凪沙?」
神酒原 「古城の眷獣が宿ってるみたいな話が以前あったし、今回凍結魔法使ったのも
      そいつなんだろうけど、古城と雪菜が完全スルーしてるのはなんか意味がある
      の?」
  酒原 「あれだろ。原作では「あれはなんだったんだろう……?」的な感じで曖昧に
      ボカしてるんだろう」
神酒原 「きっとそうなんだろうけどなぜアニメでは完全スルーなんだろうか。僕は
      あいつが気になってしょうがないんだけど、次回も出るっぽいからとにかく
      待てと?」
  酒原 「そういうこったな」
神酒原 「錬金術師篇、面白いのは真ん中だけだったなー。最後のエピソードは期待。
      暁の王国ってことは……古城さんハーレム計画?」
  酒原 「まさかのTo LOVEるか」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
KTY "タイトルなし"
今回カット多すぎぃ! 詰め込みすぎってレベルじゃねーぞ!
浅葱が暁家に送り届けられて深森ちゃんに誤解されるシーンや
雪菜が凪沙に憑依していたものについて考える描写や
ナイフ雪菜VS天塚一戦目はどこ行った!

ちなみになんであの眷獣なのかっていうと
レグルスでビーム防いで、物理攻撃はアルナスルミニウム(双角獣)とナトラシネレウス(霧の蟹)で防いでいた。
しかし、ワイズマンの再生力・増殖力を倒しきることはできない。(ワイズマンは巨大になりすぎていたため、次元ごと食いつくすって手法を使うと余波で船ごと消し飛ぶ)

そして、このまま膠着状態が続けば、ワイズマンはどんどん海水からの貴金属を取り込み、更にパワーアップしていく。
そこで、肉体の時間を逆行させることで傷を癒やす眷獣”サダルメリク・アルバス”を召喚し、ワイズマンの肉体を逆行させた。
破壊しているわけではないため、ワイズマンの再生は意味をなさず
増殖どころかワイズマンの肉体はどんどん元の金属に戻され、全ては母なる海に還った

という倒し方なわけです。
2014.03.15 11:45 | URL | #vLcZe4Ok [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
>雪菜が凪沙に憑依していたものについて考える描写や
やっぱりあったんかーい!
いやね、カットはいいんですよ。アニメの尺に合わせようっていうんだから、原作のいいシーンすべてを描写できるわけなんてない。僕は基本的に原作とアニメを別物と考えてますし。
ただ、カットするとわけ分からなくなるシーンまでカットするのは……。

ナイフ戦もやはりあったのですね。これは見たかったなぁ。

>ちなみになんであの眷獣なのかっていうと
なるほどです。
でも、なんとなーく、そんな感じなんだろうなってのは分かってました。
僕が言いたいのはあの眷獣でどんな演出をしたかったのか。理由をくどくど説明しているだけでは、結局見ている側には「やっつけた」っていう事実しか残らないので、他の倒し方とカタルシスが変わりません。
不死身系の敵はすでにナラクヴェーラがいますし。
まぁとんでもない急ぎ足だった、っていうのも原因なんでしょうけどね。
2014.03.15 16:14 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3523-109988c0
ストライク・ザ・ブラッド TokyoMX(3/14)#22
第22話 錬金術師の帰還篇III 夏音の乗る船を狙う天塚汞。既に劣化が始まる液体金属の体。 修道院で液体金属を回収するニーナ。浅葱の肉体程度は回収できたらしい。5年前に夏音を修道院で襲ったのも天塚汞だったらしい。復活の供物として霊能力者が必要、夏音と雪菜が狙い。二人の下に那月が現われ、天塚汞の行先は分かっている。古城を送るためにラフォリアが飛行船を提供した。 しかしもっと早い巡航ミサイルを準...
ストライク・ザ・ブラッド 第22話「錬金術師の帰還篇III」 感想
第六章完結 あらすじ ワイズマン復活をもくろむ天塚は、ついに雪菜たちの乗るフェリーの襲撃を開始する。「私がいなければみんなは大丈夫……」そう言って1人天塚と対峙する夏音の口からは、5年前の修道院襲撃事件の悲しき真実が語られる。 そして那月から天塚の居場所を聞き、急ぎフェリーへと駆けつける古城とニーナ。しかし古城たちにも天塚の攻撃が容赦なく襲いかかり――。 脚本:吉野弘幸 ...
ストライク・ザ・ブラッド 第22話 「錬金術師の帰還篇III」
錬金術師の帰還篇、最終回。3話構成で短かったですね。 ニーナさんの体が再生…! って何でそんな胸を盛るんですか?(笑) 天塚汞が夏音たちの乗る船を襲撃! ラ・フォリアに借りた新型機(巡航ミサイル)で駆け付ける古城だが…。  
ストライク・ザ・ブラッド 第22話 「錬金術師の帰還篇Ⅲ」
「仕方ありません…先輩は、本当にいやらしい人ですから♪」 嬉々としていやらしい発言をする雪菜w あんな事があった直後でもこんなに爽やかに仕方ありませんと言い放つ雪菜のこっち方面の成長っぷりも凄まじいw
ストライク・ザ・ブラッド 第22話 「錬金術師の帰還篇Ⅲ」
「ワイズマンは貴方の願いを叶えたりしない  何故なら貴方が人間だった事は無いのだから」 天塚はワイズマンによって作られたホムンクルス――! そして、完全なる存在として復活を果たそうとするワイズマンと対峙する古城さん!   【第22話 あらすじ】 ワイズマン復活をもくろむ天塚は、ついに雪菜たちの乗るフェリーの襲撃を開始する。「私がいなければみんなは大丈夫……」そう言って1人天塚...
ストライク・ザ・ブラッド 第22話
ストライク・ザ・ブラッド 第22話 『錬金術師の帰還篇III』 ≪あらすじ≫ ワイズマンブラッドを狙う天塚汞(あまつか・こう)はすでに液体金属によって疑似的な不老不死を実現しており、古城の攻撃でもわずかに液体が残っていれば復活してしまう。 古城は浅葱を救ってくれたニーナ・アデラードに協力し、この天塚を止めることを決める。 一方、宿泊研修で狙われている夏音と共に島外に出た...
本妻への帰還篇【アニメ ストライク・ザ・ブラッド#22】
ストライク・ザ・ブラッド第2巻(初回生産限定版) [Blu-ray](2014/02/26)細谷佳正、種田梨沙 他商品詳細を見る アニメ ストライク・ザ・ブラッド 第22話 錬金術師の帰還篇Ⅲ 還りゆく―
アニメ感想 14/03/14(金) ストライク・ザ・ブラッド #22、ゴールデンタイム #22
ストライク・ザ・ブラッド 第22話『錬金術師の帰還篇III』今回は・・・武器を持たない雪菜の所に敵が現れてピンチです。しかも、船の上だから逃げ場も無いし。古城が雪菜の所に駆 ...
ストライク・ザ・ブラッド 第22話 感想
 ストライク・ザ・ブラッド  第22話 『錬金術師の帰還篇Ⅲ』 感想  次のページへ
ストライク・ザ・ブラッド 第22話「錬金術師の帰還篇 3」
う〜ん、前回・前々回もそうでしたけど、今話はクライマックスを含めてでしたから、余計にセカセカした進め方のようでした。テンポは悪くなかったからストレスはありませんでしたけど、‘十二番目(ドゥデカトス)’が出現して暴走しはじめたところを笹崎が説得して止めるくだり(時系列も少し変更された上に十二番目の出現も海面を凍らせるだけになってましたし)とか、ユスティナが忍者もどき装束じゃなくなってて古城がラ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。