MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブライブ!2期

ラブライブ!2期 #7「なんとかしなきゃ!」 対話感想!

世代交代。

 
 
 
登場人物
酒原(さけはら):なんらかの手違いで誕生した神酒原の亜種。このブログのアシスタントを務める。突っ込み担当だがたまにボケる。最近、やっとお酒を飲めるようになったらしい。
神酒原(みきはら):このブログの書き手。最近どーも疲れが溜まりやすくていけない。たまにはリフレッシュしたいなぁ。温泉旅行とかいいよね! でもそんな予算はないのであった。



神酒原 「一番ダイエットするべきなのって」
  酒原 「やめろ」
神酒原 「え?」
  酒原 「やめて差し上げろ……」
神酒原 「なんだよもう」
  酒原 「そこは言ってやらないのが紳士だぞ」
神酒原 「そんな」
  酒原 「というわけでダイエット回だ」
神酒原 「…………」
  酒原 「なんだよ」
神酒原 「……まぁいいけどさ。相変わらずなんというかあれだね。お話作りに苦労してる
      よね」
  酒原 「いきなりなんだお前」
神酒原 「いや、面白かったよ? ただ、ラブライブ関係の話じゃない方が圧倒的に多い
      からさ」
  酒原 「それはもう第1話からの宿命だろ、言ってやんなよわざわざ」
神酒原 「改めて言いたくなったんだ」
  酒原 「そうか。じゃあもう言ったな、面白かったならいいところを言え」
神酒原 「穂乃果と花陽ちゃんの無言の攻防がクッソ面白かった」
  酒原 「ああ、あの露骨な飯屋の前の」
神酒原 「前回の入れ替わりもそうだったけど、『ラブライブ!』ってなんかこの辺のアホ
      みたいな掛け合いが面白いよね」
  酒原 「もうちょい面白そうに語れよ、「!」とか使って」
神酒原 「無言の攻防クッソ面白かった! 腹抱えて笑った!」
  酒原 「いいね」
神酒原 「でも花陽ちゃんには強い意志を持って欲しかった」
  酒原 「あらそう」
神酒原 「でもお米の煩悩に負けてこその花陽ちゃんだとも思った」
  酒原 「どっちだよ」
神酒原 「でも一緒に寄り道してもホノカチャン差し置いて1人ダイエット完了してるあたり
      はさすがホノカチャンとは違った」
  酒原 「忙しいなお前」
神酒原 「普段からお米を愛していると違うね、お米は腹持ちいいからダイエット中のエネ
      ルギー源として最適なんだよね」
  酒原 「「!」忘れてるぞ」
神酒原 「いいだろもう! 好きに語らせろよ!」
  酒原 「ムキになるな、悪かった」
神酒原 「まったくもう。……しかし今回の「どうにかしなきゃ!」はむしろ生徒会の仕事の
      方だったとはね」
  酒原 「わりとガチの大ピンチだったな」
神酒原 「ただまぁ、予算会議前に承認が出るわけないってのは演劇部の彼女もちゃんと
      把握しておくべきだったと思う。普通に考えたらおかしいもんよ」
  酒原 「でも生徒会の落ち度だろ?」
神酒原 「そうだけどね。こういう時って、第三者を置かないと喧嘩両成敗に持って行け
      ないよね」
  酒原 「?」
神酒原 「生徒会顧問ってなんのためにいるんだろうね」
  酒原 「なんだよ批判か……」
神酒原 「ハッ!? そんなつもりはなかった! つい……」
  酒原 「つい批判すんなよ」
神酒原 「でも続き聞いてよ。第三者を置かないと難しい状況で、強気の態度で「今年
      予算ないから80%で我慢してね!」と押し通した穂乃果はすごいって褒めたい
      んだ」
  酒原 「ほほう。確かに、いつものヘラヘラした様子とは違ったよな」
神酒原 「演劇部単体を説得するのではなく、問題を「学校側から下りる予算が少ない」
      というところまであえて引き上げて、別に演劇部にとっては全体の予算額なんて
      関係のない話なのに大きな問題を持ち出すことによって目くらましにして、「私
      たちも頑張りました」というところを見せつつ「80%確保」という、本当は失敗の
      結果をそれなりにいい数字に思わせて、場の他の部長たちを納得させて、その
      空気の中で演劇部もついでに認めざるを得ない状況に追い込むという、素晴
      らしい対応だった」
  酒原 「それ褒めてるの……?」
神酒原 「なんだよ。組織のリーダーとしては最高の仕事だったろ」
  酒原 「いやそうだけど……もっとこうさ、ミスを挽回するガッツを見せたとかさ、そういう
      見方できないの?」
神酒原 「穂乃果ちゃんをリーダーに、さらには生徒会長にしたのは正解だったね!」
  酒原 「駄目だこいつ、早くなんとかしないと……」
神酒原 「といわけで世代交代が完了した感じ。これは素直に感動した」
  酒原 「落差激しいなオイ」
神酒原 「次回もキャラ掘り下げ回かー」
  酒原 「なんだよ、今のところ面白いんだからいいだろ」
神酒原 「凛ちゃん回が外れだったからまだちょっと怖いんだ」
  酒原 「そういやお前はそうだったな……」
神酒原 「あとアライズをもっと見たい」
  酒原 「さいですか」

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
ダニエル "タイトルなし"
個人的に予算会議が納得できなかったんですよね。ことりのミスのほうは頭を下げるしかないのはわかるけど、生徒会が勝手に決めた予算案を承認するのはちょっと…まああそこにいた部活動生が承認したんだから文句を言ってもしょうがないというのも分かるんですけどね。どこのブログもここのシーンは二年生組(特に穂乃果)を褒めてばっかでもやもやします。
2014.05.24 22:38 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ダニエルさん"
今回は記事書くの遅れたんで、他のブログ見てないですけど、僕のスタンスはなんというか、「べた褒め」ってわけではないですよ。

他のブログがどんな褒め方をしているのかは分からないけど、無条件に「穂乃果グッジョブ!」って言っているのなら、まぁそれはそれでその人の感想ですが、変な感じはします。

本来ならば、こちらのミスで迷惑をかけてしまった演劇部の予算をどうにか優遇できるようにしつつ、もちろん予算案は事前に作成して、そこから頭を下げつつ下げつつ全部活動の希望のすり合わせを行っていくべき場面ですよね。
だけど本当にそれをするなら、今年部活動のために下りてる予算が少ないのは本当ですし、生徒会の方に手痛いミスがあった以上は各部活動はなかなか引いてくれないはずで、会議は困難を極め、正直言って1回や2回じゃ終わらないでしょう。

そうなると、各部活動のためにもならないわけで、かなり強引にぶっ通した今回の作戦はそれなりに理に叶っていると思いました。実際、希望の80%以上を確保できていたらやりくりして普通にどうにかできるレベルですし、あとから思い返して文句が出ることもないでしょう。
人道にもとった、全員の気持ちをしっかり考えた作戦ではないので、満点とは言えないでしょうけどね。
2014.05.25 00:52 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3626-731262d6
過ぎゆく秋を惜しみながらも【アニメ ラブライブ!(2期) #7】
ラブライブ! 2nd Season 1 (特装限定版) [Blu-ray](2014/06/20)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る アニメ ラブライブ!(2期) 第7話 なんとかしなきゃ! 巡る季節 変わりゆく人―
ラブライブ!2期 第7話 「なんとかしなきゃ!」
妹ちゃんだけでなく、ママンまで穏やかじゃなかったので、何事かと思いましたが… ホノカチャンフトッチャッタでした^^;^^; 見た感じはいつもどおりなんですが、笑って済ませられるレベルでなかったウエイト増。 リーダーがこれでは示しがつかぬ、海未ちゃんのスパルタダイエット作戦決行です。 のんきに巨大おにぎり食べてたかよちんもダイエットする羽目に^^; ブロガーさんたちの記事読んでたら、...
ラブライブ!2 第8話「私の望み」
ユメノトビラ『うちにとって、この9人は奇跡だったから』 原作:矢立肇 原案:公野櫻子 監督:京極尚彦 シリーズ構成:花田十輝 アニメーション制作:サンライズ 高坂穂乃果:新田恵海   絢瀬絵里:南條愛乃   南ことり:内田彩 園田海未:三森すずこ   星空凛:飯田里穂   西木野真姫:Pile 東條希:楠田亜衣奈   小泉花陽:久保ユリカ   矢澤にこ:徳井青空
ラブライブ! 第2期 第8話 「私の望み」 感想
【速報】μ’s、アライズの前で勝利宣言! 今回の主役は希かな? ラブライブ! 2nd Season 2 (特装限定版) [Blu-ray](2014/07/25)新田恵海、南條愛乃 他商品詳細を見る
ラブライブ! 2nd Season 第8話 私の望み
いよいよ、ラブライブ最終予選目前。 意気込みを聞かれ、穂乃果は優勝宣言。 歌える曲は1曲だけと、曲決めとなり、新曲という案も出る中、希が提案するのはラブ ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。