MENU
ダイヤのA

ダイヤのA 第36話「エース登場」 感想!

エンドカードめっちゃ吹いたwww

 
 
 
なぜか薬師を応援したくなる
いやぁ困った。
なぜか知らないが、今回見てると妙に薬師を応援したくなってきた……w

こういうスポーツ作品を見ていると、特にチーム戦であれば相手チームのことも応援したくなるのが大抵の場合なんだけど、なんというかなぁ、今回のバントは本当によかったなぁ。

轟監督は自分からバントの指示は出さない。
……戦術としてはどうかと思うけど、チマチマした攻撃にロマンがないってのは理解できるw 観戦する時は、2アウトの状態から1塁ランナーが出るのが好きでね。2アウトだと送りバントできないから、どうしても前のめりの攻撃をしないといけなくて、だからこそ面白いプレーもいっぱい飛び出す。
送りバントは、よほど失敗しない限りは同じ結果しか出ないのでつまんないです。あ、でも沢村の送りバントは好きw

というわけで型破りの攻撃型チームが出来上がったわけだけど、轟監督は戦術面は捨てても、戦略面は捨ててないんですよね。
つまり、使わないからって練習をしないわけではなく、バント練習はしっかりさせていたのでした。
打順を毎試合ゴロゴロ変えるのも、相手を試合前に翻弄する意図があるから、戦略面での作戦ですね。雷市を1番にして打席を1回でも多く、ってのは戦術的判断だけども。

そして、送りバントを「許さない」わけではなく、グラウンドで本人がどうしても送りバントをしたくなったらやっても可、という指示。
「行けたら行け」なんて指示が、WBCで話題になったこともありましたが、この薬師の場合の「自分で考える」ってのは本当に大事で、勝つためにランナーを雷市に確実に残す選択をした9番の彼は、間違いなくこの試合で成長したのでした。

「あいつらと一緒にグラウンドを走り回りてぇ~!」っていう監督のセリフは、本当に心からのもので、なんかすっげぇジーンときたw
野球しかなくて、社会人野球を辞めると仕事もしなくなって妻にも逃げられるというとんでもないダメ人間だけど(薬師高校はよくこんな人雇ったなw)、野球に関してだけは本当に本気で大好き。
この作品って、野球大好きな人ばっか登場しているわけだけど、作中一番野球が好きなのはこの監督なんじゃないかと思えてきます。

そして、雷市大活躍の舞台は整った!
とでも言いたげなこの雰囲気がヤバいw
というわけで、観客席と同じく、雷市の一発を期待している自分がいるのでした。

真のエース・真田
よく切れるシュートに、カットボール。
これだけでもほとんど見ないような球種の持ち主だというのに、徹底的なインコース攻めというとんでもないピッチャーでしたね!
しかもストレートも140km/hは出ているという。うーん速い……w

いきなりこれだけのピッチャーが現れたわけだから、現時点の青道は手も足も出せていませんね。
しかし、攻撃的継投が成功したこちらと違って、あちらは引きずり出された形。いったんは勢いを止められるのは、ある意味当たり前だと言えます。

これから十分攻略のための時間がある、という御幸のポジティブシンキングは実にいいですね。
シュートもカットボールも見た。あとはどうスイングするか。

次の回からは、我らがキャプテンも控えていますからね!
春っちの出番も期待!
まぁそう簡単に攻略できたらそれはそれで面白くないけど、どんな風に突破口を開いていくのか、楽しみです。

……そしてエンドカードには盛大に笑わせてもらったw
そういえばグラサン、職業監督ではなく教員監督なのでした。普段は教鞭を取っているのですねぇ。現代文ってことはすべての学年・クラスが受ける授業なので、野球部の中でも片岡監督の授業を受けているのがけっこういるのでは。
高校時代、僕も部活の顧問が教科担当だったことがありましたが、まさに片岡監督みたいな人だったので、まぁ気まずかったなw

素晴らしき"歌詞"の世界
短い文章の中に様々な世界を表現できる"詩"は、最も深い文学。音楽を聞く時は歌詞の世界にどっぷり浸かる神酒原が、お気に入りのリリックスを紹介していくコーナーです。

No.50 ハナノイロ/nano.RIPE
作詞: きみコ
タイアップ: TVアニメ『花咲くいろは』前期OPテーマ
(大サビ)
----------------------------------------
閉じてゆく ずっと隠してた傷が 夜の隅で静かに
つながってく いつかはぐれたすべてが 朝の光を受けて
開いてゆく 小さく閉じた心が 夜の隅で静かに
色づいてく もっと深く優しく 朝の光を受けて
近づいてく 何度となく夜を超え 昨日より空の方へ
たまに枯れながら そしてまた光に目を細め 深く呼吸をして
涙の雨が頬を叩く度に美しく

----------------------------------------

大胆な倒置法の連続が素晴らしい、神酒原の中では指折りのお気に入りの歌詞です。花の習性と人の心をリンクさせた歌詞の展開も本当に見事。「そしてまた光に目を細め 深く呼吸をして」は、よしやるぞ!という活力をくれます。

バックナンバー

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3665-12d935e8
該当の記事は見つかりませんでした。