MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」 感想!

平和な回だったなぁ。

 
 
 
長い!
……今やってる九校戦を「長い!」と感じてしまっているのは、たぶん、楽しみ方を間違ってるんだろうなぁと思っています。

原作ファンからすると、アニメ版はけっこう内容を削っているようなんだけど(ラノベ原作アニメなんで言われなくても分かりますけどね)、それでも僕は「もっと削れよ」とか思ってしまったりね。
だって、なんちゃらっていう今回の敵組織、全然絡んで来ないじゃないですか。
一応、ちょっかいは出してきてるし、今回もなんとなぁく出てきたけど、今のところは本当に「競技」をこそ描いている感じ。

でも、九校戦編ではこの競技内容だって大きな見どころと位置付けていて、だからこそここまで丁寧に描写しているんでしょう。
だからまぁ、作り手のやりたいことをくみ取って作品を楽しむためには、九校戦それ自体を楽しまないといけないんだけど、「長い!」って感じてしまってね。

前回は「雫ちゃんがやる気を出す」っていう燃えポイントがあったから楽しめたけど、今回はまたまた消化試合のみ。
雫ちゃんの魔法も、登場した前回が面白かっただけで今回はほとんど焼き増しにすぎず。まぁ、インデックス登録が云々のくだりは面白かったですけどね。

「一高のすごさを見せつけていくぜ!」っていうコンセプトなのは分かるんです。
でもなぁ。圧倒的な強さを、競技の結果だけで描写するっていうのは、なんか違うんだよなぁ。
最初から最後までゲームをしっかり描写するか、完全にナレーションベースにしてしまうか。今の塩梅は中途半端すぎる感じがします。

別の部分が面白いから、作品は楽しめてますけどね。
競技部分がちょっとなぁ。この辺、競技数とか内容とか、原作無視してアニメ独自のものにしたら……大量の人が怒るんだろうなぁ。僕はガンガンオリジナル入れて欲しいんだけどな。

感想
ファッションショー!
そういうのいいと思います!
花音が超私服で出場しているのが、可愛かったけど「それいいんだ?」と思ってて、なるほど、服装自由なんですね。これは楽しい。

今回は平和な回だったので、僕の雫ちゃんは実力通りにスピードシューティングを優勝!
予選で使っていた魔法を、なんらかの形で応用はしているんでしょうけど、基本的にはそのまま流用でしたね。あれやられたら相手選手はひとたまりもないなぁ。

そして、アイスピラーズ・ブレイク。
ここでも雫ちゃんは強い!……っていうのは、このシーンに関しては完全に消化試合と化していて見どころがゼロだったんだけど、振袖が可愛かったので許した!

いいですね、振袖。
洋服というのは基本的に、背が高い人の方が似合うんですよね。だって「洋」ですからね。身長の低い日本人用ではないんですもの。
だったら日本人用の服、和服を着てしまえばいいのです。

和服に身長は関係ありません。
むしろ変に背が高いと、和服の優雅さを打ち消してしまうことにも。
そして和服で一番大事なのは、その人の見た目ではなく、立ち振る舞い。……『ちはやふる』を思い出しますよ。千早は美人でなに着ても似合うけど、こと和服に関しては、奏の立ち振る舞いには敵わないのでした。

……まぁ、魔法バンバン使う競技において立ち振る舞いもなにもないですけどねw
まぁ結局なにが言いたいのかというと、振袖姿が超キュートだったということ。雫ちゃんはやはり可愛いわ。最近エリカの出番があまりないから浮気してしまいそうだぜ。

んで、アイスピラーズ・ブレイクは、どうやら雫ちゃんと深雪の一騎打ちがある様子!
インフェルノ強すぎワロエナイ……。
この流れだと、主要の試合はしっかりやりそうなので、これもあるんでしょうね。僕は当然雫ちゃんを応援するんだけど、うーん……うーん……w

その他については、ついにクリムゾンさんが動き出した感じだけど、僕としては森崎くんが動き出したのがちょっと嬉しかったり!

……でもいろいろ間違った嫉妬しちゃってるー!
ブルームとウィードまだ言ってるー!
お前の敵はそっちやない! そっちは仲間や! お前らが勝手に女子に譲っただけやー!

スピードシューティング2位、いいじゃないですか。
ドヤ顔で現状分析している十文字よりはよく貢献できてるわけだろ?
なんか森崎くん頑張れ! とりあえず頑張れ! なんで僕毎回森崎くんのことに言及してるのか自分でもよく分かってないけど、森崎くん応援してるよ!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-14 Comments
m "タイトルなし"
十文字先輩は渡辺先輩の事故の裏で無難にアイスピラーズブレイクの本戦男子の方で優勝してるんですよね^^;;ほとんどみんなが事故の方ばかり気にしててスルーされちゃってるんです。
2014.06.29 03:57 | URL | #J8TxtOA. [edit]
通りすがり ""
劣等生はアニメで今やってるような原作初期は、
ネットから掘り出されたものほとんどそのままで、言い回しとか多少修正されてるとはいえ、
結構冗長なんですよね。

どうしてもテレビアニメだと週一回24分程度で進めることになるから、
メディアの違いで余計に長く感じるのでしょうね。
2014.06.29 06:04 | URL | #SFo5/nok [edit]
神酒原(みきはら) ">mさん"
うわ、説明なしだっただけかよw
つまり活躍できてないのは半蔵くんとか桐原とかあの辺か……
森崎くんも2位に入ったというのに……
2014.06.29 07:39 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">通りすがりさん"
前に同じような話が出ましたが、えっとですね、そうじゃないんです。
原作が冗長だった。そうかもしれない。でもそれをどうにかこうにかアレンジしてアニメではテンポよく気持ちよく展開させることもできたんじゃないの?ということを、僕は言いたいわけです。
原作通りにしないと原作ファンが怒るとか、上からの許可が下りないとか、特に『魔法科高校』は原作人気が高いから下手にオリジナル要素を入れられないんだろうってのは分かるんですけど、別に原作読んでない僕にとってはどうでもいい話でね。

原作ファンが「原作の時点で冗長」と認めるくらいだから、アニメの作り手もその弱点は把握できていたはずですよね?
競技内容を大胆に変更することで、十分解決できた問題のはずなんですよ。
クレー射撃をする必要性も、氷柱を壊す必要性もないわけでしょ。アニメの尺でも盛り上げやすい競技を作ればよかったし、さらに言ってしまえば大会規模を小さくすれば個々の見せ場がもっとしっかりしたはず。

メディアの違いってのは、なんだか免罪符っぽく使われている感じもしますけど、「メディアの違いがあるんだからユーザーはそれ理解して文句言うな!」ってことじゃなくて、「メディアの違いがあるから作り手はそれを乗り越えて作品作りをしないといけない」ということのはずです。『生徒会の一存』のせいで前者の意味合いが強くなった感じはしますけど、『生徒会の一存』は後者をちゃんとやってますからね。
2014.06.29 07:50 | URL | #- [edit]
ハシッテホシーノ "タイトルなし"
個人的には、和服と言えばうなじです

ハットリ君も裏で活躍してたり
負けた直後の桐原と達也の会話は割と面白いです
性格が良く分かる描写だけに、カットされて残念
何気に一番仲が良い先輩後輩になってますからねw

作者自信は、「アニメではアクション重視にお願いした」と言ってましたね
その結果がどうなっているかは各々で感じる所だと思いますが
個人的に場面の転換の時にぶつ切り感があります
2014.06.29 14:58 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ハシッテホシーノさん"
>個人的には、和服と言えばうなじです
……!!
ナカマ! ナッカーマ!!!

>何気に一番仲が良い先輩後輩になってますからねw
どの辺まで仲よくなったのか、アニメではよく分からないですけど、病院で達也がからかったり、桐原がテスターに進み出たりと、仲いい感じはしますね。
自分があっさり取り押さえられて、突撃の際に圧倒的な実力を見て、桐原が達也を好きになってるような感じがします。

>作者自信は、「アニメではアクション重視にお願いした」と言ってましたね
それでいい、とは思うんですけどね。九校戦編は今のところ、それで「アクション重視」ではなく「アクションしかない」状態になっている感じがします。

>個人的に場面の転換の時にぶつ切り感があります
ありますねー。
競技シーンの前にはテロップが出るくらいだから、時間経過があった時も「○○日 朝」とかテロップ出せばいいのに、って思ってみたり。
2014.06.29 23:27 | URL | #- [edit]
hayami "タイトルなし"
どっかで見かけたんですがアニメは原作を単になぞってるだけ、みたいな感じなんですよねぇ・・・懇切丁寧に説明して九校戦までで二クール使うか、いっそほぼ説明はなしでガンガンいくかすればまた違ったかもしれないんですが

あと、ノーヘッドのみなさんはツマなんで忘れていただければいいかと←
九校戦の見どころは(自主規制)なんで
とりあえず次週、やっと話が動きます
2014.07.01 01:16 | URL | #- [edit]
シルバー ""
雫、ほのか、深雪と達也組を始め女子は順調に結果を出していますね。

ほのかのウェットスーツ姿、実にけしからんですね!
まぁそれはさておき、ほのかの目眩ましのシーンは卑怯なんじゃと言う意見がたくさんあったのですが僕はいい作戦だと思いました。水面への干渉による妨害は認められていますし、スタート直後なので安全面もちゃんと考慮していたんじゃないかと。
名前の通り得意な光波振動魔法を使ったいい"工夫"ですね。

原作とアニメは別物とよくおっしゃっていて僕も同感なのですが、「このシーンをアニメで観たい!」ってシーンがカットされてると(°□°;)ってなっちゃいますね。尺の都合上仕方のない事だと分かってはいるんですけどね。
2014.07.01 14:01 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">hayamiさん"
>どっかで見かけたんですがアニメは原作を単になぞってるだけ
ふむ……
まぁ、僕は読んでないのでこの点に関してはなにも言いませんが……
どういった映像化をしたのか、よりも、その結果面白いのかどうか、が大事だと思います。
一応便宜上、僕も原作の話出してますけど、「今の試合描写はどこか物足りない」これが言いたいことであり、原作読んでないのでそれ以上はないです。

>懇切丁寧に説明して九校戦までで二クール使うか、いっそほぼ説明はなしでガンガンいくかすればまた違ったかもしれないんですが
それ僕が言ったことw

>ノーヘッドのみなさんはツマなんで
ツマってなんだ……?
忘れるかどうかは僕が決めますよー。
2014.07.01 22:02 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">シルバーさん"
>ほのかの目眩ましのシーンは卑怯なんじゃと言う意見がたくさんあったのですが
あるようですね。
いや、卑怯だとはまったく思いませんでしたよ。認められている行為をやったわけですから。
まぁ、「ルールの範囲内だから」と言って本当になんでもやっていいわけではないですけど、スタート直後の妨害なんてむしろ戦術としてはド定番すぎて、対戦相手のだれ1人として防御手段を用意していなかったのが不思議なくらいでした。
グラサンつけてる時点で「なんか光るなコイツ」って推理できそうですし。
そして、相手のだれもこの程度の妨害を切り抜けられないから試合シーンが面白くならない、と……。

>「このシーンをアニメで観たい!」ってシーンがカットされてると(°□°;)ってなっちゃいますね。
それは分からなくもないw
……と、言いたいところなんだけど、僕はこれすらあんまりないのだった……。
自分でもなんか不思議なんですけどね。「それはそれでいいや」って思っちゃうのです。「このシーンをアニメで見たい!」ってシーンがちゃんと映像化されることもあるので、そっちで満足しているのかもしれないです。
2014.07.01 22:14 | URL | #- [edit]
hayami ""
あれです
刺身にくっついてる大根です〉ツマ

自分は雫対深雪は結構期待してます
原作だとカラー絵として描かれてて二人ともカッコよかったですし
結末は分かってるとはいえその過程がどう描からるかwktkですわ
2014.07.02 08:31 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">hayamiさん"
あれツマって言うのかw
でもそれって、ノーヘッドドラゴンあまり関わってこないよ~ってことですよね? 先の展開の示唆はちょっと控えてもらえれば……(グレーゾーンです)

>自分は雫対深雪は結構期待してます
恐らくガチのぶつかり合いというか、一方的なゲームにはならないでしょうから、僕も期待しています。
初めて描かれる(だろう)まともな対戦が一高同士ってのは、なんかちょっとアレだけど……w
2014.07.02 22:44 | URL | #- [edit]
hayami ""
あー、すいません
グレーでしたわ確かに
関わらないというか、今回見たら分かったと思いますが小物感が……「刺身」には届かないといいますか、別のとこが刺身というか
2014.07.03 06:16 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">hayamiさん"
こらこら、どんどん墓穴を掘ってるぞw
小物感はもちろん感じましたけどね。でも小物にだって描き方っていうものがあるのです。
2014.07.03 22:53 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3678-4e072089
魔法科高校の劣等生 第13話 「九校戦編Ⅵ」 感想
群蟻附羶―
魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VI」
魔法科高校の劣等生の第13話を見ました。 第13話 九校戦編VI 達也の調整したCADを駆使したことでスピードシューティングでは雫以外の第一高校の選手も三位までを独占する。 「すごいじゃない、達也くん!これは快挙よ!一位、二位、三位を独占するなんて」 「優勝したのも、準優勝したのも、三位に入ったのも全部選手で俺ではありませんが」 雫の魔法に関しては大学から魔法大全へ...
魔法科高校の劣等生 第13話 感想
 魔法科高校の劣等生  第13話 『九校戦編Ⅵ』 感想  マフィア「早急に手を打つ」(明日打つとは言っていない)  達也「妹の競技に手を出したら、わかってるな?」  次のページへ
魔法科高校の劣等生 13話
魔法科高校の劣等生 九校戦編VI お兄様が活躍しすぎww 他の男子もっとがんばらないと
まったり観戦3【アニメ 魔法科高校の劣等生 #13】
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/07/23)不明商品詳細を見る アニメ 魔法科高校の劣等生 第13話 九校戦編Ⅵ まだまだ続くよ、九校戦
『魔法科高校の劣等生』#13「九校戦編VI」
「いいなぁ。私も司波君に担当してもらえば優勝できたかも」 女子の新人戦が始まった。 雫が圧勝する姿を見せたと思ったら、 なんと第一高校はスピードシューティングにおいて1位から3位を独占! それもこれも達也のおかげだとみなが認めるところだったが…
魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編Ⅵ」 感想
達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への記録が打診される。かつてない快挙に真由美たちは快哉するが、開発者の達也は迷わず辞退。雫を登録するよう勧める。一方、三高のエース・一条は、相棒の吉祥寺とともに、一高に多大な戦果をもたらしている謎のエンジニアに警戒を強め…...
魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 VI」キャプ付感想
まるでファッションショーだな いえ、完全にファッションショーです(笑) 決勝は好きな服で出ていいようなので、巫女服や着物など好き放題w バトルボードは水着でしないのですか?(^^;   達也が調整を担当した一年生女子選手が、スピードシューティングで一位から三位までを独占した。 その中の一人、雫が使用した魔法は新種魔法と認められ、魔法の百科事典“インデックス”への 記録が...
魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」
魔法科高校の劣等生 Episode13「九校戦編VI」です。 『魔法科高校の劣等
魔法科高校の劣等生13話の感想「北山雫ちゃんの振袖キタ―(゚∀゚)―!!」
魔法科高校の劣等生13話「九校戦編VI」の感想です。 北山雫ちゃんの大活躍からの幕開け!対人戦でもパーフェクトとか話が違うw 達也君がエンジニアなら、七草真由美会長よりも強いのでは!?
魔法科高校の劣等生 #13 「九校戦編 VI」
ほのかのボン・キュ・ボンに雫は着物で対抗、でも大トリ深雪は巫女姿。w タッちゃん争奪戦の 「魔法科高校の劣等生」の第13話。 達也の調整したCADを駆使して競技を圧勝で終える雫。 スピードシューティングでは雫以外の選手も三位までを独占し達也の エンジニアとしての功績は大きく評価され真由美も上機嫌。 しかも雫の魔法は大学から魔法大全への登録要請まであったという。 が、自分が実用...
魔法科高校の劣等生 第13話 九校戦編VI
魔法科高校の劣等生 第13話。 九校戦新人の部、深雪たち1年生女子の大活躍。 以下感想
魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編 6」
ブラジル大苦戦の余波を喰らって関西圏では次週までお流れになってしまった第13話、待ってられないので衛星放送での視聴にしましたが・・・これはまた想像以上に酷い内容でしたね(苦笑)。脚本から絵コンテから演出から作画から、これまでで一番出来が悪いですね。アニメスタッフは極一部を除いてもう投げてるんじゃないの?と思わせるほど手抜きが過ぎます。 ここは原作でも達也がエンジニアと戦術家の腕を存分にふるう...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。