MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイキュー!!

ハイキュー!! 第12話「ネコとカラスの再会」 感想!

簡易版

 
 
 
簡易感想
日向が影山のトス技術に頼っているうちは成長がないし、いずれこれに対応してくる敵が出てきた時につまずいちゃうよなぁ……
というのは、わりと最初の頃から思っていたことなんですけど、ついに来ましたねぇ。

しかも恐ろしいのが、高いポテンシャルを持った1人に打ち破られるのではなく、ほとんどモブに近いような選手に追いつかれてしまっている、ということ。
ネコマが、守備を中心に総合力で戦うチームだということもあったんでしょうけど、これは「頑張ればだれでも日向に追いつける」ということになりますね。

けっこう衝撃の展開で、これはどう打破するのかなと楽しみにしていたのですが、まずは日向の凶悪的な笑みにゾクゾクさせられたw
第1話からそうだったけど、日向ってときどき怖い顔するんですよね。
この表情の力がこの作品の見どころの1つなんだけど、この怖い顔した時の日向のやる気は底なし。ものすごく頼もしい気持ちにさせられました。

そして、「目を開けてボールを見て打つ」という対策をすぐさま立てた!
この対応の早さ、物語のメリハリのタイミングが本当に『ハイキュー!!』は素晴らしい。「うわー日向捕まっちゃったかぁ……」って思っている時間が短い。

そして最後、なんと手首を右にひねってスパイクを打つ、というとんでもないことをしてのけるのでした。
……恐ろしすぎるw あんなんやったら肘がイカれるわw
でも、それをやってのける日向のポテンシャルですよね。下手くそ下手くそって言われてるけど、上手くなる伸び白が圧倒的に大きいんだよなぁ。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3679-b3a1abe2
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。