MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤのA

ダイヤのA 第37話「バースト!」 感想!

薬師は強いなぁ。

 
 
 
感想
……1打席終わる前にAパートが終わるというw
今回はやたらとスローペースでしたね。タメ張りまくったりスピーディにしたりと、テンポにメリハリつけてるけど、今回はスローすぎたかなとも思ったり。

というわけで。
雷市の2番目の打席は任せてもらえた沢村でしたが、まさかの山なりホームランを打たれ、戦意喪失の上降板させられてしまいました。

大事なのは、打たれたことじゃなくて打たれたあと。
もちろん沢村だって、頭では分かっているのでしょうが……
うーん、さすがに無理だったか。打ち取ったような高いフライがフェンスを飛び越えちゃうって、考えないですもんね。

完全敗北。
雷市の圧倒的なバッティングセンスの前に、沢村も敵わなかったのでした。

これは青道、雷市をどうこうってよりは、最悪雷市は歩かせる覚悟で勝負を決めに行く必要があるでしょうね。
そのための、沢村続投だったんですけど。
流れを見事に向こうへやってしまったなぁ。

そんな中、増子がスーパープレイ!
サードライナーの上、飛び出したランナーをアウトに取る!

いやぁ、ここはスローモーションがよく効いていて決まってましたねぇ。
ライナー取った時点で、「これはランナーも取れる!」って思えるんだけど、あえてスローでなかなか結果を見せない演出。青道が薬師の勢いを一旦は断ち切った、素晴らしいプレイでした。

沢村の方は、打たれまくった上に降ろされて、かなり失意を感じてしまい。
しょうがないのかもしれません。気持ちでボールをねじ込むことのできる沢村、反対に相手から受けるダメージがダイレクトにプレイに影響してしまうわけで。

そこで、監督やクリス先輩がかける言葉がよかったですね。
沢村はよく役割を果たした。すべて完璧にできる選手なんていないし、相手だって死にもの狂いでぶつかって来ている以上、どんなに優秀だろうと潰されてしまうことはあるんですよね。真中や市大三高みたいに。
確かにピンチは招いてしまったけど、腑抜けたプレイをした結果ではない。そこのところ、片岡監督はよく見てくれるのでした。

これがバチバチの真剣勝負。
思えば、雷市は沢村に見事に打ち取られた時も、ただただ興奮するだけなのでした。
沢村に必要なのは、こういう図太さなのかもしれませんね。十分図太いはずなんだけど、いらんところで繊細な子ですからね。

まだどうにか、青道のリード。負けてるわけじゃないのだから、焦る必要はないのです。
このリードをどう維持するか、あるいは広げていくか、流れをひっくり返す姿を期待したいですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-2 Comments
七森学園4番剛田 "タイトルなし"
ご感想拝見しました

雷市のホームラン、相当なインパクトでしたが
沢村の一番の失敗はやはり次の打者まで引きずったことでしょうね
倉持らの言うように雷市が規格外であり結果は仕方ない、まだ点差はある
重要なのは次の投球に引きずらないこと

しかしそれを沢村自身頭で分かってることが裏目に出たように思います
バックのフォローが何を意味するかを分かってたようですし
まだ点差がある、自分の投球ができればとも意識していました
意識すればするほどその通りにできないという誰にでも起こる現象ですね

よく聞くとこの試合スタンドの声はヤジよりも沢村への賞賛が多いんですよね
それだけ沢村の投球は内容だけなら完璧だった
「ナイスピッチ」の声援の中ベンチに下がる沢村の姿を見るのは切なかったです
次回予告で言ったマウンドを降りた沢村のできることに注目したいです
2014.06.30 20:04 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">七森学園4番剛田さん"
>倉持らの言うように雷市が規格外であり結果は仕方ない、まだ点差はある
勝てない相手だっているわけですからね~。
その、個人対個人では勝てない相手にもチームでなら勝てるのが野球の面白いところで、自分がチームの中でどんな役割を果たせるのかというのが重要になってくるわけですが……

>意識すればするほどその通りにできないという誰にでも起こる現象ですね
これですね~。
自分でマインドコントロールをして、上手くアジャストしていく能力があればいいですけど、沢村にそれがあるわけないですからねw
この時点で自分がどうあるべきなのか、をむしろ分かっていなかった方が、まだ投球は「暴れ球」の範囲内だったように思いますが、終わってからそんなこと言っても仕方ないか。
打たれたあとも変わらぬピッチングをするメンタル、うーん、言うは易しって感じですね。

>よく聞くとこの試合スタンドの声はヤジよりも沢村への賞賛が多いんですよね
へぇ、これは気づかなかった! 野次は確かになかったですね。
内角高めのボール球をスタンドまで持ってかれたら、もう「どうせいっちゅうねん」って感じですからね。

>「ナイスピッチ」の声援の中ベンチに下がる沢村の姿を見るのは切なかったです
別に致命的なミスをしたわけではないのに下げられる沢村、確かに切なかった。精一杯戦ったからこそ、春っちは優しいし、監督たちも声をかけてくれるんですよね……。
俺にもっと力があれば、って、とても悔しいんだろうな。
次回も楽しみですね。
2014.06.30 22:01 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3682-db7629c6
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。