MENU
一週間フレンズ。

一週間フレンズ。 #12(最終回)「友達になってください。」 感想!

面白かった、大満足!

 
 
 
感想
最終回だからって特に大きな事件があるわけではなく、一言でまとめるなら、「原点回帰」な最終回でした。

……というわけで藤宮さんからも「友達になってください」言ったああああああああああ!

なんかね、「よっしゃああああああ!」ってなったw
こりゃあ、あれだね。直接描写はなかったけど、また記憶が少しずつ消えないようになっているね。
じゃないと長谷くんが近づいてきた時点で立ち上がったりできないもん。

着実に進んでいる。
夏休み明けに一度記憶が全リセットされたけど、日記は普通に残っていたから、すべてが消えたわけではなかった。
それまでの積み重ねが、確実に財産となって、最後のシーンにつながってるんですよね。

思い出は大切。
でも、思い出を作り続けることこそが大切。
……っていう、物語の結論も好きだなぁ。確かにそうだよね。思い出って後生大事に抱えておくもんじゃなくて、現在進行形で作っていくからこそ価値があるんだよね。
「あの頃はよかったなぁ」と思い返すのもいいけど。
少なくとも高校生の間は、「今が本当に楽しい!」を、積み重ねて行って欲しいところ。

……とまぁ、今回はさすがにかなり落ち込んでしまっていた長谷くんなんだけど、最後に一番大事なことを思い出せて、本当によかった。

藤宮さんの記憶が消えないように、思わぬアクシデントを起こさないように……、っていうのも、一応藤宮さんのためにはなってるんですよね。
まさか九条のようなケースはないとしても、いつなにが起こるか分からないのが藤宮さんの記憶障害。素っ気なかった間の長谷くんは、これに配慮していたと言えば一応そうなる。

ではここで、長谷くんが最初に藤宮さんに話しかけた理由を思い返してみましょう。
「顔」

なんということでしょう!
なにこの煩悩!
ただの男子やん! 全然主人公っぽくないやーん!

……というわけで、長谷くんは自分が藤宮さんの友達になりたくて、自分が藤宮さんの笑顔を見たくて、そしてその上で、藤宮さんにもっと笑顔でいて欲しいのでした。

いやぁ素敵だ。
そしていずれは……なんていう想像もしてしまうところなんだけど(藤宮ママンの頭の中ではもう孫の顔とか出来てそうw)、2期待ちしていていいのかなw
原作は、読みたいけどたぶんいつもの通り読まない。時間ないから。

もうひとつのカッポーの方はというと……
見事仲直り!
……ってのはわりと既定路線で、別に驚きもなにもなかったんだけど、素直に「よかったね」と思えました。
沙希ちゃん、性に合わずいろいろ考えてたんだね。考えすぎてなんだかよく分からなくなってたわけだ。
こちらの行く末も気になるぜ!

あと、屋上から逃げてった沙希ちゃんをちょっと面倒くさそうに追いかける将吾をまじまじと見つめる女子ズがちょっと面白かったw
あとで「あの2人どうなの?」「やっぱそうなの?」って会話してそうw
そして冬休み明けの教室、将吾に遊んでもらってる沙希ちゃんっていう構図が可愛すぎて死んだ。正直長谷くんと藤宮さんがどうでもよくなったくらい(オイ

総評
パパッとまとめてしまいましょう。

……正直なところを言うと、第1話が一番よかったw

と、誤解はなきように。
全編すごく面白かったのです。
1クール通して本当に面白くて、春の中でも1、2を争うほどの満足度でした。
個人的に言わせてもらえば、『ノーゲーム・ノーライフ』と二大巨塔だったかなぁ。

だけどその中でも、第1話がとにかくヤバかったという話。
やはりね。
月曜日が来て、藤宮さんの反応を見て「本当に記憶がないんだ」ということを思い知って、そしてその直後、何度でも友達になることを決意した長谷くんの覚悟と「友達になってください」のセリフ?
これがあまりにも素晴らしすぎたね。

「一週間で友達の記憶が消える」というシビアな設定にも関わらず、第1話にていきなり、希望の見える、ものすごくハートフルな方向へ持って行ったこの威力!
何度でも言う。素晴らしかった。

この第1話を超えるお話作りをするには、たぶん、大きな事件を起こす必要がありました。
でも、この作品はそうはしませんでしたね。
そして、それでいいと思います。長谷くんと藤宮さんが歩いて行くのは普通の日常、普通の友達生活なのだから。

今後、どういう展開になっていくかは分からないけど。
第1話が至高で、そのハートフルを最後まで貫いたアニメ版、本当に面白かったです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
tara "タイトルなし"
藤宮さんからも「友達になってください」!
グッと来ましたね~(^^)
「一週間フレンド」じゃなくて「一週間フレンズ」だったということに改めて気づかされた思いです。長谷くん視点でストーリーを追うことが多かったですけど、より成長したのは藤宮さんの方ですよねv

第1話が一番良かったというのは同感です。
右肩下がりでは断じてありませんが、初見ゆえのインパクトと1話で綺麗に物語が完結している完成度の高さはやっぱり第1話がピカイチでした♪

自分は原作も追い掛ける予定です。
沙希ちゃんと将吾の関係も大変気になりますし…(^^)
2014.07.05 19:23 | URL | #0I.hwxmE [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>「一週間フレンド」じゃなくて「一週間フレンズ」だったということに
おお、そうか。
単純に2人いるから「フレンズ」なんだと思っていたけど、長谷くんばかりでなく藤宮さんの方だって友達になるためのアプローチをする、という解釈もできるんですねー。
2人同時に「友達になってください」、本当にグッときました。単純にとても綺麗に終わってますし、藤宮さんの成長も感じられましたしね。

>初見ゆえのインパクトと1話で綺麗に物語が完結している完成度の高さはやっぱり第1話がピカイチでした♪
完成度の高さ!
まさにそうですねー。
なんか、第1話だけでも短編作品として完成してる感じがします。質のいい短編ってこんな感じ。
右肩下がりではないのに、第1話がピカイチ。
とんでもないな……w

>自分は原作も追い掛ける予定です。
うお!
taraさんがそう言うと僕も読みたくなってきたぞ……
コミックスだし時間もどうにかなるか……?
2014.07.05 22:17 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3686-32932e8a
アニメ感想 『一週間フレンズ。』#12「友達になってください。」
アニメ『一週間フレンズ。』も、とうとう最終話。 第1話での一目惚れ以来、最後まで楽しませてもらいました♪ 総括めいた振り返りも交えつつ、思いつくままに感想を…(^^)
よーし来い、チャンピオン!/キャプテン・アース12話他2014/6/23感想
<記事内アンカー> ぷちます!! -プチプチ・アイドルマスター- 第66話「言えない言葉」 キャプテン・アース 第12話「闘う少年たち」 一週間フレンズ。 第12話(最終回)「友達になってください。」  艦これ、来月は妙高か高雄の改二が来るそうで。どちらもレベル60あるので羽黒と同条件(レベル65)なら今度は苦労せずに済みそうだな。
該当の記事は見つかりませんでした。