MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生

魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編VII」 感想!

「面白ぇぇぇぇぇ!!」と「はぁ……?」が混在する回でした。

 
 
 
なぜ達也が出るのか……
今回は、九校戦編の中ではもしかしたら一番面白かったかもしれないシーンがありながらも、納得できないシーンもありました。
なんとも複雑な気分……。
まぁ両方について書くわけですけど、最初に楽しくない話からしましょうか。

達也出場の件なんですけどね。
達也の反論が正論すぎて十文字がアホにしか見えない……。

なぜこんなシーンを作ったんだろう、って、マジで疑問です。

事故が起こって一高のモノリス・コードの選手がみんな重傷を負ったので、特例としてエンジニアからの補充も可能とする。
……まぁ、ここまでは分かります。
一種目にしかエントリーしていない選手の中にもモノリス・コードができる選手はいるでしょうが、エンジニアも最低限のプレーはできないと務まりませんからね、特例措置として「選べる人数を増やしてあげる」というのは妥当な話です。

まぁ、これにより、「なぜ競技を中止しないのか」という疑問もさらに膨らむわけですけどね。
でもこれは、軍の方があえて静観させているのかな。相手がしっかり尻尾を出してくるのを待っている、みたいな。

だとしても、常識的に考えて、達也が出るべきではないですよね、これ。
じゃないと、なんのために選手とエンジニアという分け方をしているの?という話になっちゃう。

十文字は「甘えるな」とか「選手とかエンジニアとか関係なく」とか言ってたけどさ、元々エンジニアは出場ができない決まりだったわけですよね。
達也の言う通り、のちに感情的なしこりを残してしまうのが目に見えてる。
特例措置により、理屈では達也が出てもよいことになっても、感情は理屈じゃない。どう考えても他の選手は楽しくないです。

しかも十文字さん、「二科生であることを逃げ道にするな」って言ってたけど、達也は「一科生のプライドはこの際考慮に入れないとしても」って言ってますよね?
逃げ道にしてないじゃん! セリフがちっともつながっていない!

チームとしての責任を果たせとか。
リーダーの命令には逆らうなとか。
分からなくもないけど、九校戦ってそれほどまでに大事なものなのか? という疑問が出てくるわけですよ。
だって競技じゃん、これ。
もちろん、ここでの結果が各々の将来に響いてくることは間違いないんだろうけど、それで「チームの駒になれ」っていうのはどうなん?

十文字たちはそれでよくても、チームメイトがついて来ないのでは意味がない。
なぜか納得しちゃって、達也はついて来たけど、僕がとにかく不思議でならないのは、なんで選手全員を集めないで達也にだけ話しているのかということ。
話し合いの末、最終的に達也が出ることになっても、みんなで話し合って出した結論であれば選手たちも納得するでしょう。
でもこれでは、本来メインであるべき選手たちが完全にないがしろにされている。

九校戦って、確かに学校ごとの対抗戦だけど、個々の選手が頑張って、その結果チームの成績となるんでしょ?
チームの成績のために選手を駒にする、っていうのはもはや軍隊。
しかも「うちはリーダーの言うことが絶対ですよ」ということを周知してすらいない。
軍隊であることすら知らない選手たちは、いったいどこに気持ちを置けばいいのか。

……とまぁ、達也が出場する流れが本当にイミフでした。
達也の反論が正論すぎるのがいけないんだと思う。
もっとストーリーの作り方にはいろいろなものがあったろうに、なんで「達也が出る」ってだけの話にこんな壮大なやり取りを描いたんだろうか。描けてないし。

雫の悔しさ
というわけで終盤の流れはちっとも納得できなかったんだけど、競技の方は過去最高に面白かった!

というか深雪さん強すぎ泣いた……。
なんだろう。
十分にありえた結果で、ある程度予想もできたことではあるんだけど、雫ちゃんを全力で応援していた僕としては深雪の鬼のような強さに泣くしかなかった……。

深雪は1年生でトップ成績。
雫は2位。
だからもしかして接戦か? という期待は見事に裏切られ、1位と2位の間には圧倒的な差が広がっているのでした。

自分の部屋にてほのかに打ち明けるのは、まったく歯が立たなかった悔しさ。
とてもオーソドックスなシーンでしたけど、雫ちゃんを慰めるほのかちゃんの図は、すごくほっこりしました。
お茶に誘うところも優しくていいですね。

この悔しさをバネにして、雫ちゃんにはもっともっと腕を磨いて欲しいですね。
できれば、この敗北から得たものを披露するようなシーンが今後あると嬉しいんだけど、あるかな……w

この悔しさだったり、試合前の「深雪と戦いたい」という闘志だったり、雫ちゃんに関してはすごく大満足の出来でした。
……思えば、僕は雫ちゃん関連でしか競技内容を楽しんでいない気がするぞw

あ、でもほのかちゃんのバトルボード決勝は面白かったです。
これは戦略を上手く使いましたねぇ。
戦術を最大限に活かすための、戦略。これがハマると怖い。
今回の戦術は、ちゃんとした実力さえあれば簡単に打ち破れたもの。つまり、達也の作戦勝ちという面がありながらも、ほのかちゃんの実力あってのことだというのが分かる、いい試合シーンでした。

二科生の愉快な仲間たち、参戦
達也が競技へ参加する流れはとにかく「これは駄目だ」って感じだったんだけど、達也がレオと幹比古を指名してきたのは「おお!」と思いました。
ここでこいつらが出てくるんだな、と。
達也の反論が正論すぎなければ、さらにここで特例を重ねるというのは面白い内容なので、次回以降は達也参戦の経緯は忘れて素直に楽しんでいきたいですね。

レオと幹比古を選んだ最大の理由が「実力」で、ちょっと笑ったw
いや実際のところ、二科生って別に魔法が下手な集団ってわけではないですからね。一科生よりは成績が悪いってだけで、「魔法科高校に通っている時点で普通じゃない」(雫ちゃん談)

その上でレオは実戦経験済みで、幹比古は起動式?がおかしいだけでポテンシャルは随一。
なるほど彼らを指名するのは分かるわけですけど、これではあまりに他の一科生が可哀想すぎるなぁと……w

まぁでも、お膳立ては整ったので、レオと幹比古にも大いに暴れて欲しいものです。

……ところで、競技だから男子2人が出てきたけど、エリカは活躍するー?
いやするんだろうけどね。どう絡んでくるのか楽しみ! 今回はエリカが出てこなかったから寂しかったぜ!

新OP/ED
九校戦編の途中ですが、今回からOPとEDが新しいものに変更になりました。

エリカとレオが初めての共同作業してるー!
エリカとレオの同時攻撃かっけぇぇぇぇぇぇぇぇ!!

全体的には前期の方が好きかも?と思いつつ、サビからの流れはかなりのものがありました。
特に、やっぱりエリカとレオですね。
雫ちゃんとかまったく活躍してなくてむしろ笑えてくるくらいなんだけど、この2人がたくさん映ってくれると嬉しいぜ。

EDは前よりも遥かに好き!
チーム感が出ていて、映像的にも気持ちいいです。
本編であんな感じのチームになれているかどうかは、はっきり言ってノーですけどw

神酒原のニュース雑感
日々更新されていくニュースからひとつをピックアップし、神酒原がコメントをするという、ためになるようなどうでもいいようなコーナー。
みなさんニュースは見ましょう。

2014/07/06
白人警官が黒人女性激しく殴る映像…米で一斉報道、社会問題化も
 米カリフォルニア州で、高速道路上を歩いていた黒人女性を、白人とみられる男性警官が激しく殴りつける場面の映像を米メディアが一斉に報じ、同州の警察当局は4日、事実関係を「徹底的に調査する」と表明した。調査の結果次第で社会問題化する可能性がある。

未だなくなることはない、黒人差別……。
人種差別、民族差別というのは絶対になくならないんだけど、このレベルの差別はなくなって欲しいところですよね。
でも、事実関係がまだ分かっていない以上は、「差別だ!」って騒ぐのは早計。この件については続報を待ちたいところです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-16 Comments
hayami "タイトルなし"
ちなみに
雫のやった複数デバイスの同時操作は達也の「特異」技といっていいレベルで難度の高い技術で、深雪ですら自分はまだ無理って言って習得しなかった、できなかった技術です
達也が考えたとはいえ、それを習得した雫は凄いですよホント

で、十文字
まああれは原作読んだときも「ん?」とは思いましたがw

選手とかエンジニア関係なく:いや、すでに十分混乱与えてるからお前
リーダーに逆らう云々:誰が納得せずとも、どんな結果になろうとも、責任はこっちが全部負う
しこりとかお前は気にしなくていい
甘えるな:弱者の地位に甘えて「いや俺二科生だから嫌です、無理です」とか自分を卑下して逃げんな
たとえ弱者(二科生)という地位であってもそれを逃げ向上にして本気で臨まないのは甘えだ
補欠だろうとなんだろうと真剣になって本気で臨めよ

二科生であることを逃げ道にってあれ、九校戦だけじゃなく、学校生活のことを指してるんですよ

そして自分はEDの達也のポーズで吹いてしまうという
2014.07.06 03:57 | URL | #- [edit]
mob "タイトルなし"
運営は魔法師協会の方で軍(富士演習場)は場所の提供と周辺の警備で会場内は運営側の対処範囲なんだよね。
2014.07.06 04:29 | URL | #J8TxtOA. [edit]
司一ファン "タイトルなし"
なんか動きがなめらかでこれまでと明らかに違ったような。アニメーションの出来はこれまでで一番じゃありません?

魔法科は体育会系多いですからねw
会頭としては、今一結果が出ていない一校のトップエリートに奮起を促したいのだと思います。
ただの巻き込まれた一エンジニアが言うなら正論なんですが、達也が言うと正論に聞こえないですw
2014.07.06 08:20 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">hayamiさん"
>雫のやった複数デバイスの同時操作は達也の「特異」技といっていいレベルで難度の高い技術で
確かそうだったはずと思いながら見てましたが、そうですよね。
CADの複数操作は困難とかいう話が確か入学編であったような。

>達也が考えたとはいえ、それを習得した雫は凄いですよホント
ほんと達也の言った通り、選手が頑張った結果なんですよね~。
教える人が上手いのは確かにチームにとって強みですが、達也が要求する難易度高い技術を使いこなす雫ちゃんたちの方がすごい。記事では書かなかったけど、まず達也の方を褒める七草会長はちょっと選手を無視しすぎな感じ……。
まぁ作り手は、「会長(たち)は選手をないがしろにしている」という作り方はしていないんでしょうけどね。

>いや、すでに十分混乱与えてるからお前
そういう意味であっても、その混乱をさらに広げていい免罪符にはなりませんね。なぜ混乱を最小限に抑える方向に行かないのか。

>誰が納得せずとも、どんな結果になろうとも、責任はこっちが全部負う
これは「そういうことを言ってるんだろうな」というのは分かりました。
でも、差別問題もこれまで放置せざるを得なかった程度の生徒会がいったいなにをできるというのか。優秀な生徒会だというのは分かるんですけど、ちょっと問題を楽観視しすぎかな。
「お前は気にしなくていい(試合に集中しろ)」ってのも、わざわざ心配してくれた達也の気持ちを踏みにじっている感じ。

>二科生であることを逃げ道にってあれ、九校戦だけじゃなく、学校生活のことを指してるんですよ
うーん、流れとしてまったくそうは見えないのが難点^^;
達也が明確に「二科生であること」を脇に置いたばかりだというのに、それをわざわざ戻してくれた感じに見えますよね、このシーン。
まぁ、学校生活のことを言っているんだとしても、達也は自分にできること・できないことをしっかり見極めた上でやること・やらないことを決めているだけで、よく二科生だからと言っているのは相手を納得させるための名目だと思うんですけどね……。

>そして自分はEDの達也のポーズで吹いてしまうという
これは確かに吹くw
2014.07.06 08:30 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">mobさん"
うん……?

えっと、夜間の侵入があった際に達也の上官さんが出てましたよね。
その上、達也は渡辺委員長の時の件を運営に報告していない。
妨害に関しては軍が対処しているのでは……?
2014.07.06 08:37 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">司一ファンさん"
今回は絵コンテの出来が非常にいいと感じましたね。
作画は確かによかったけど、いつも通りのよさ。
「キャラクターの演技をどう見せるか」というところと、メリハリのよさ、今回はこれがあったと思います。

>今一結果が出ていない一校のトップエリートに奮起を促したいのだと思います。
えっと、これは達也のこと?
結果が出ていない、というのも分かりませんが、結果を出して欲しいのだとしても、チームではなく個を優先する考え方ですよね。他の選手はどこへ行ったのか、ということになりませんか?

>達也が言うと正論に聞こえないですw
いえ、正論は正論です。だれが言っても同じですよ。
「正論を使う」ことに関しては、場合によっては嫌味などに変わったりもしますが、今回の場合を見ても、達也は自分の能力が高いことを分かっているからこそ反論をしたわけで、むしろ達也本人にあそこまで言われたら普通は引き下がるんじゃないかと。
2014.07.06 08:43 | URL | #- [edit]
国家魔法師の卵 ""
達也君の話はぐうの根も出ない正論でしたね
まぁそういった問題点を差し置いてでも勝ちたかったのかな?高校生熱いなーw
お兄様ばかり注目されていますが、妹さんも十分以上に規格外ですねw
雫ちゃんも内心悟ってたのがまたね…

これで一条くんと直接対決できる舞台は整いました!
是非とも一条君にはあの魔王ルル…じゃなかった達也さんを完膚無きまでにやっつけて欲しいと素直に応援しています!


2014.07.06 11:24 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">国家魔法師の卵さん"
>まぁそういった問題点を差し置いてでも勝ちたかったのかな?
そういう風にも見えませんでしたけど……w
なにがなんでも勝ちたいなら勝ちたいで、もっと前段階からできることがあったように思いますけどねん。

>雫ちゃんも内心悟ってたのがまたね…
授業とかでは一緒だから、ポテンシャルの差は感じていたんでしょうね。
だからたぶん、「深雪と戦いたい」と言ったのは、深雪相手に自分がどれだけやれるのか、というところを見たかったのだと思います。「なにがなんでも勝ぁつ!」っていう熱い子ではないですから。
でも、さすがにもう少しくらいは健闘できるつもりでいたから、完膚なきまでにやられてズゥーン……みたいな。

一条くん応援してるんですかw
じゃあ僕はレオたちも出るし達也側につきますw
2014.07.06 16:42 | URL | #- [edit]
mob "タイトルなし"
運営には確たる証拠が無いので下手すると逆にこちら側がなにかしたのではないかと疑われると監視とかがつけられては動きにくくなるので報告をしてないんだよね。

軍の方は上官の所属は茨城の基地で表の理由は幹部達(何人かは留守番)の休暇消化のついでに九校戦の見物にきてるって体裁で裏では達也に対する監視(国家機密級の能力持ちなので機密に関する力を使わないように監視するため)でさらに裏の裏で内調4課と組んでの不穏分子の調査なので九校戦が行われてる東富士演習場の部隊には内緒の行動(秘密を知る者が増えるとどこから情報が漏れるか分からないので少人数で行動してます)なので不審者を見つけて捕らえて引き渡したけど何処の何かまでは報告はしてないんだよね。
2014.07.07 17:05 | URL | #J8TxtOA. [edit]
神酒原(みきはら) ">mobさん"
すっごくどうでもいいことですけど、読点使いません?

情報ありがとうございます……と言いたいところなんだけど、あまりにも詳しすぎる原作情報はあまりありがたくないです。だってそれはアニメで描かれていないことですから。
原作ではこうなってるから頭の中で補完してくれ、というのは僕はあまり好みません。だってそれだとアニメ化した意味がないじゃないですか。原作を読めばいいわけで。

その上で。

>逆にこちら側がなにかしたのではないかと疑われると監視とかがつけられては動きにくくなるので
僕は別に、この点に関しては特に不満ではないというか、普通にスルーしていいレベルなのですが、一応……

そもそも僕が言っているのは、その運営がなぜ中止にしないのか、ということ。
雫ちゃんレベルでも気づくくらいだから、運営だって故意の妨害があったことくらい分かるでしょう。四高(でしたっけ?)が容疑を否認しているなら、外部の妨害の可能性が考えられるわけで。なぜ調査しないのか。
まぁ、現時点では「運営もグルだった」って可能性があるので、そこはいいんです。

そして達也に関しても、別に疑われようが監視されようがいいじゃないですか。問題を報告せずに静観し、チームメイトたちを危険にさらすくらいなら容疑をかけられた方が遥かにマシなのでは?
現に、「渡辺委員長は外部から妨害を受けた」って分かってたのにスルーしたから、森崎くんらが重傷を負ったわけでしょ。場合によっては死んでいたかもしれない。
だけど、まだ競技は続行。どう考えても次の犠牲者を待つだけだというのに、だれも大会の中止のために動こうとしない。
こういう作劇がとても違和感あるわけです。
2014.07.07 22:18 | URL | #- [edit]
枕式 "タイトルなし"
>運営がなぜ中止にしないのか
これはこの作品の世界観(戦争が休戦中なだけで全国至る所でテロなんか日常茶飯事、小競り合いも度々起きてる)から考えて、国の軍事力を他国にアピールする役割もある九校戦をちょっとやそっとの妨害や死傷者で中止になんてできないってことではないですかね。その程度でオタついてしまっては他国に示しが付かないって事で。派手に宣伝して放送してるみたいですし。
2014.07.11 19:03 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">枕式さん"
なぜみんな僕がさして気にしていないところばかり突っ込んでくるんだ……

>国の軍事力を他国にアピールする役割もある九校戦
この世界観の情勢が今の日本より不安定なのは分かりますが、この役割は果たせているんですかね?
達也が「モノリス・コードは実戦ではありません。魔法競技です」って言ってる以上、九校戦がどう軍事力のアピールになるのかは疑問ですし、世界観として「そういう設定」なんだとしてもアニメを見てればただの競技にしか見えないのでは。

むしろ九校戦は、外国へ向けてのハードパワーというよりは、国内向けのソフトパワーに見えます。
魔法を学んでいる学生がルールに則ってしっかり「競技」を行っているところを見れば、魔法の軍事利用反対派の人とかの説得材料になりえますし。
2014.07.11 22:09 | URL | #- [edit]
ハシッテホシーノ ""
>達也のこと?
遅くなりましたが、トップエリートとは1科の生徒のことです。
2014.07.12 09:43 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ハシッテホシーノさん"
司一ファンって、ハシッテホシーノさんだったのかw
ハンネついてるといちいちホストチェックしないので分かんないですよ。

一科生のことだとしても、その一科生を押し退けて達也を出場させるのですから、奮起しようにも奮起する場所がないのでは。
あとやっぱり、事前の話し合いもなくいきなり達也が出場することになったら、奮起どころか萎えると思います。
2014.07.13 02:29 | URL | #- [edit]
ハシッテホシーノ "タイトルなし"
入学編アニメでは4番目くらいに好きなキャラです

達也が自分達を差し置いて出場するのは、1科生にとって屈辱だと思うんです。
体育会系だと、結果が出てないとよくこういうことされるんですよね~
会頭が言っていたテコ入れという言葉は、このことにつながってるんだと思います。

個人的には、達也に苦労させられた会長の腹黒な考えだったら面白いんですけどw
2014.07.13 08:39 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ハシッテホシーノさん"
4番目……なんて微妙な位置……

>達也が自分達を差し置いて出場するのは、1科生にとって屈辱だと思うんです。
あれ、なんか議論がねじれてきてる……?
一科生にとって屈辱の采配であれば、トップエリートに奮起して欲しい、というのはてんで的外れな考えになるのでは。
体育会系、か……。この言葉使ったらすっぽり収まりそうな状況だけど、うーん、今度は「俺たちがどうにかするからお前はそういうの気にするな」のくだりが意味分からないことに……。
なんにせよ根本的に、「なにがなんでも勝ちたい」という姿勢を見せるだけのドラマが描かれていないんで、ついて行けないんですけどね。

>達也に苦労させられた会長の腹黒な考えだったら面白いんですけどw
いや、そんな馬鹿な……w
2014.07.13 09:12 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3694-c95f03aa
魔法科高校の劣等生 14話 九校戦編VII 感想
魔法科高校の劣等生 九校戦編VII 待ちに待った達也さんと愉快仲間たちが参戦決定! 面白くなってきたw
魔法科高校の劣等生 #14 「九校戦編 VII」
他校男子にもモテモテのタッちゃん、 「魔法科高校の劣等生」の第14話。 新オープニング「grilletto(AA)」。もうあまりキャラは増えなさそう。 一高新人女子を支えるエンジニアとして三高のエリート一年生コンビの 「一条 将輝(いちじょうまさき)」と「吉祥寺 真紅郎(きちじょうじしんくろう)」に 注目されてしまう達也。 二人は直接顔を見に来たがこの場は互いに名前を名...
ルール無用!【アニメ 魔法科高校の劣等生 #14】
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/07/23)不明商品詳細を見る アニメ 魔法科高校の劣等生 第14話 九校戦編Ⅶ ルールは穴をついてこそ―
魔法科高校の劣等生 第14話 「九校戦編Ⅶ」 感想
多事多難―
魔法科高校の劣等生 第13話「九校戦編VII」
魔法科高校の劣等生の第14話を見ました。 第13話 九校戦編VII 大会六日目を前に深雪と達也の前に第三高校三高の一条将輝と吉祥寺真紅郎が現れる。 「第三高校一年、一条将輝だ」 「同じく第三高校一年、吉祥寺真紅郎です」 「第一高校一年、司波達也。それで?クリムゾン・プリンスとカーディナル・ジョージが試合前に何の用?」 「ほぉ、俺のことだけでなくジョージのことまで知...
『魔法科高校の劣等生』#14「九校戦編VII」
「次の機会を楽しみにしている」 達也と深雪の前に現れたクリムゾン・プリンスとカーディナル・ジョージ。 (って、すごい異名だな、オイw) どうやら二人して達也に会いにきたのらしい。 とはいっても、先に会場に向かう深雪に一条が未練タラタラなんだが(苦笑)
魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編Ⅶ」 感想
吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、そっけない態度で一蹴されてしまう。そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。新人戦ピラーズ・ブレイク決勝戦は、深雪対雫という一高生同士の戦いとなる。試合開始直後、深雪の放った“氷炎地獄”の熱波が雫のエリアを支配する。それでも雫は冷静に、達也から授けられた作戦を開始する。 ...
魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編 VII」キャプ付感想
新OP&EDに変更! 本編では、深雪ちゃんがTUEEEを発揮します(^^; 雫ちゃんの方に感情移入しちゃいますね、これから頑張って欲しい!   吉祥寺と一条が、達也に宣戦布告をしてきた。 彼らは新人戦のモノリス・コードに出場すると宣言して達也を挑発するが、 そっけない態度で一蹴されてしまう。 そんな幕間劇を挟みながら競技は進み、一高は首位を独走。 新人戦ピラーズ・ブレ...
魔法科高校の劣等生感想九校戦編Ⅶ
達也わ天才じゃないよお サーフィンレース ゴーグル 2期にいい気になるなよ 深雪和装 これわ深雪勝った??? 優勝とか わけわかめなうちに決まったあ
魔法科高校の劣等生14話の感想「光井ほのかちゃんマジ天使(゚∀゚)」
魔法科高校の劣等生14話「九校戦編VII」の感想です。 一条将輝君&吉祥寺真紅郎と司波兄妹が、ついに出会います! 達也君に天才と言わしめるジョージ君も、かなりの逸材のようですが、 「二人が同じ学校なんて反則級」と一人でチート級の達也君に言われてもw
魔法科高校の劣等生 第14話 九校戦編VII
魔法科高校の劣等生 第14話。 九校戦新人の部でまたしてもアクシデントが・・・。 以下感想
魔法科高校の劣等生 第14話 感想
 魔法科高校の劣等生  第14話 『九校戦編Ⅶ』 感想  達也「…いつかこうなるんじゃないかと思ってた」  次のページへ
魔法科高校の劣等生 第13話・第14話
先週、録画に失敗したと思っていたら、放送されていなかったようですね。 なので、今回は2話まとめて。 達也(CV:中村悠一)が調整を担当した1年生女子選手たちのスピードシューティングが上位を独占します。 雫(CV:巽悠衣子)が使用した魔法が新種魔法と認められて、魔法の百科事典・インデックスへの記録が打診されます。 真由美(CV:花澤香菜)から伝えられた達也は、即座にその...
魔法科高校の劣等生第13話&14話感想~お兄様の前では負けられません!~
タイトル「九校戦編Ⅵ」&「九校戦編Ⅶ」
魔法科高校の劣等生 #14
【九校戦編VII】 【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 入学編 3(完全生産限定版)(オリジナルステッカーver.3付き) [Blu-ray]出演:中村悠一アニプレックス(2014-09-24)販売元:Amazon.co.jp 新 ...
魔法科高校の劣等生 第14話「九校戦編 7」
OPとEDが今話から変更されてましたけど、九校戦編もまだ終わってへんちうのにバックの画はすっかり横浜騒乱編のネタばらしですね(苦笑)。そんなに横浜騒乱編やりたいんかな?(違う)ちなみに、OP曲はGARNiDELiA「grilletto」、ED曲は安田レイ「Mirror」。 で、肝心の本編は前回以上に中身スッカラカンでしたね(怒)。脚本は13話と同じ中本宗応という人でしたけど、原作何回読んだら...
魔法科高校の劣等生 ◆ Episode 14 「九校戦編VII」
【Amazon.co.jp限定】魔法科高校の劣等生 九校戦編 1(完全生産限定版)(オリジナルステッカー付き) [Blu-ray](2014/10/22)中村悠一、早見沙織 他商品詳細を見る 光井ほのかとの対戦でサングラスを着用する 他高校の選手たち。前回のフラッシュ作戦の対策でしょうが そこは、司波達也というか光井ほのかの思うつぼですね。 北...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。