MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソードアート・オンラインII

ソードアート・オンラインII 第2話「氷の狙撃手」 キャプ付き感想!

不定期更新、キャプ付き感想です。

 
 
 


今期は『Free!ES』でもキャプ付き感想やってるんですが、前々から「余裕があったらやりたいなー」と思っていたので、『SAOII』でもキャプ付き感想を敢行します!
まぁ、もちろん不定期更新になるわけですけどね。すでに第1話書いてないしw

通常感想はこちら。
以下、普通のキャプ付きブログと違って、「もす!」では神酒原が気になったカットを羅列する形になります。



01_20140713212931148.jpg

いきなり変な画像からスタートしましたが、気になったカットだけを集めてるので「もす!」のキャプ付き感想ではこういうことがよく起きるw

なんで気になったのかというと、このシーンの前ではシノンがモンスターと戦っていたわけですが、つまりこのマガジンの数は「それだけ手こずった相手ですよ」ということ。
シノンが冷静沈着で表情を動かさないので、こういうアイテムを使って表現しているのですね。
こういうアニメ的演出は見つけると嬉しくなります。



02_20140713212932284.jpg

最初見た時はドロップアイテムかと思ったんだけど、どうやらクエストの報酬らしい。
キリトさんのエリュシデータは確かドロップアイテムだよね?

ちなみになんでキャプ取ったかというと、なんか可愛かったから(オイコラ



03_20140713212934b13.jpg

ここからOP。

銃の世界が舞台であるということで、タイトルバックも銃の演出が。かっこいいっすなぁ。



04_2014071321293536a.jpg

第1期の最終回でも思ったけど、この4人が揃うとやたらカラフルw
後ろにはクラインがいましたね。
エギルは……うーん……。



05_20140713212937cdc.jpg

恐らく、キリトの無事を祈っているであろう図。やはり本編では1人で殴り込みかな。
ママが手を握るのを見てから時間差で手を握るユイちゃんが可愛い。



06_20140713212948a7e.jpg

サビの直前、エレベーターからフィールドへ移るシーン。
実際にそういう仕掛けがあるのかは分からないけど、「戦いの舞台へ赴く!」感があっていいですね。



07_20140713212950f44.jpg

08_20140713212951c8f.jpg

09_2014071321295313b.jpg

10_20140713212954f7f.jpg

11_20140713213006702.jpg

圧倒的ジェダイ感……!
(そういやエピソード3をまだ見てねぇや)

とりあえず5枚取ってみたけど、静止画じゃよく分からんなw
ここはカメラがグリグリ動いて、キリトの流れるような動きがかっこいいシーンでしたね。アニメーションで見ないとどうにもピンとこない感じ。

OPの絵コンテを切ったのは伊藤智彦監督ですが、伊藤智彦はこんな風に、キャラクターを画面の中にすっぽり収めてしまう絵作りが特徴的ですね。ドアップのカットはほとんど見られません。
最後はドアップですけど、たまにこうやって強調してきますね。
ただ↑のシーンは、伊藤智彦の絵作りの中でも特にカメラが引いている感じ。銃弾の軌道を演出するためでしょう。うーんかっこいい。



12_20140713213008345.jpg
13_20140713213009163.jpg

デスガンとの戦いもOPにありました。
デスガンの銃撃を避けつつ弾きつつ剣で応戦、ハンドガンも使ってますねー。キリトさんはSAOでの活躍が記憶に強く残っているし、かつては剣道やってたわけだから「剣」ってイメージがあるけど、それ以前にゲーマーなんですよね。郷に入っては郷に従うのです。まぁメインは剣だけどw



14_20140713213011be4.jpg

シノンだってOPで活躍してますよ、っと。
このあと、相手の接近に合わせてハンドガンによる応戦に変えてますね。
本編でも相手へ突っ込む度胸を見せてくれたし、スナイパーとしてだけではなく、プレイヤースキルが全体的に高そう。



15_20140713213012b7f.jpg

よくある構図だけど、それもしっかりかっこよく描けてますね!
いやぁいいOPだ。



16_20140713213025baf.jpg

ここから本編。

荒野フィールド、ということで、SAOやALOとはかなり違う趣になってますね。
しかもただの荒野というわけではなく、高度な文明があってそれが崩壊したあとの荒野、という感じになってるのが中二ゴコロをくすぐられます。テイルズとかによくありそうな感じね。

ちなみに、ここでは日付が12月7日になってるけど、アバンのシーンでは9月14日でした。
かなり時間が空いてるけど、このスパンはなんか意味があるんだろうか。



18_20140713213028d02.jpg

腕組んで座ってる姿がかっこいいと思った。
今回のヒロインはやたら漢気がありますねー。



19_2014071321302952f.jpg

野郎のケツなんていらねぇよ!

いえいえ、少しお待ちを。
このシーンはギンロウさんが下心丸出しでシノンをデートに誘ってるシーンなんだけど、下半身映すことで「下心丸出し」ってのを効果的に演出していて、なるほどいいカットだと思ったのです。
こんなところでいい演出を発揮されてもちょっと困るわけですがw



20_2014071321303188f.jpg
21_20140713213043d27.jpg

ええ、ええ、ギンロウさんでなくとも目が行きますとも。
硬派に見えてなかなか扇情的なコスチュームを着てやがる……。
まぁシノンさん的には、機動性とか防御力とかを考えて一番いい装備をしているに過ぎないんでしょうけどね。つまりシノンさんがこんな格好しているのは大人の事情ってやつだ。大人の事情最高!



22_20140713213044268.jpg

プレイヤー画面。
パーティメンバーのパラメータに始まり、左下は天候が表示されていますね。風速1mとは絶好の狙撃日和! 気温の17℃ってのは、ゲーム的にはどう影響してくるんだろ。寒かったら手袋装備しないと上手くトリガー引けない、とかあるんだろうか。

右下は自分のパラメータ。
数字は装備している銃に入っている弾丸の数ですけど、ハンドガンって33発も入るんだ……。



23_20140713213045872.jpg

野郎のケツばかりじゃないよ!

しかし、これは非常にいいケツ……。僕らはギンロウさんを馬鹿にできない。



24_20140713213047f10.jpg

ターゲットの接近を待っている間に、気温が1℃上がって風速も3mに!
なんてこった。せっかく1mだったのにね。



25_20140713213049996.jpg
26_20140713213110a76.jpg

シノンが遮蔽物ないところを走り抜けてチームと合流するところだけど、この辺の描き方と作画が地味にすごくて好きです。
弾道が見えているとはいえ、そう余裕を以てよけられるわけでもない、というのがいい感じ。



27_20140713213112692.jpg

敵ながら、ミニガンは絵になるなぁ……。
今回は描き方がよかったからちゃんと迫力あったけど、スナイプって基本的に地味なんですよね。ミニガンみたいな、画面を賑わせてくれる武器が登場するとアニメ的には強い。



28_20140713213113740.jpg

片足を奪われても落下しながら迫ってくるこの気迫!
これはやられたら怖いわ……。
ペインなんちゃらってシステムが働いてるから痛覚はないはずですが、視覚的に怖いですよね。



29_20140713213115096.jpg
30_2014071321311646e.jpg

うーん、この迫力!
第1期とはけっこう違う描き方になってるけど、動きがダイナミックで楽しいですねー。



31_20140713213127094.jpg

32_2014071321312953b.jpg

33_20140713213130d3d.jpg

よくある「決めのシーンを角度を変えて3回見せる」という演出だけど、アングルがめちゃめちゃ凝ってて素晴らしかった!
塔から落下しながらのヘッドショット、っていう現実ではありえないアクションもかっこよさを際立てますね。



34_20140713213132161.jpg

着地シークエンスもしっかり!
バトルシーンにおいて、こういう予備動作をしっかり描いてくれると僕が喜びます。
『Angel Beats!』に似たようなシーンがあったなぁ、と思い出してみたり。



35.jpg

リアルでのシノン。

……まぁ、GGOでのアバターは作られたものですし、リアルになるとある程度地味になるのは当たり前なんですけど、「地味になり具合」が絶妙だなぁと思いました。

この洒落っ気の欠片もない部屋着も、シノンの空虚な感じを演出していて、デザインの妙を感じます。
あと可愛い。眼鏡つけてると見事な地味子だなぁと思ってたけど眼鏡ないと普通に可愛い。



36.jpg

37.jpg

通常感想でも書いたけど、シリカのこの攻撃は第1期のキリトとそっくりで笑うw



38.jpg

男性視聴者諸君の夢が詰まっていますね……。



39.jpg

目に優しいカラフル。



40.jpg

この時はGGOについて考えていたわけですけど、キリトさんはお昼寝が好きだなぁ。
第1期の時のお昼寝エピソードがけっこう好き。
でもこのシーン、3人が戦ってるそばでこの夫婦は高みの休憩をしていたということで……w

ところで第1期最終回でも不思議だったんだけど、なんでアスナさんはアバターの髪を水色に変えたん?
服装を白赤から変えたのは、まぁ分かるんだけどさ。でもあの白赤のコスチューム好きだったなぁ。



41.jpg

EDは完全にシノンさん仕様でした。
ファントム・バレット編が終わってからこのEDを見ると、いろんなことが見えてきそうですね。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
名前を入れてください ""
>ところで第1期最終回でも不思議だったんだけど、なんでアスナさんはアバターの髪を水色に変えたん?


種族が換わってるからです

ALOに囚われのお姫様だった時は須郷と同じ言ってしまえばGM専用種族だったのですが
SAOのデータをALOにコンバート出来るサービスが始まったおり種族をウンディーネでスタートしたため髪色が青系色になりました

なおウンディーネは回復魔法が得意なガチ支援系種族でアスナも支援係をやってみたくて選択したはずなのですが、すぐレイピア持って突撃するので『バーサークヒーラー』などと言う二つ名を襲名していますし(笑)
2014.07.14 00:17 | URL | #- [edit]
KTY "タイトルなし"
2話見ました



もう2期はキリトさんいなくてシノンさん主人公の話でいいんじゃないかな(銃バトルかっけーからもう全部これでいいよ的な意味で)
2014.07.14 01:11 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名前を入れてくださいさん"
ああそうか、種族によってだいたいの外見が決まるんでしたね。
これは失念していました。ありがとうございます。

>すぐレイピア持って突撃するので『バーサークヒーラー』などと言う二つ名を襲名していますし(笑)
旦那が旦那なら嫁も嫁ですねw
アスナが戦ってるところも、アニメで少しくらいは見たいなぁ。
2014.07.15 19:51 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
今回見た限りだとそうですけど今後きっと重要な絡みがあるんですってw
まぁ銃バトルはかっこよかったですけどね。でもやっぱり僕は剣がいいなぁ。
2014.07.15 19:53 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3709-bffa8137
ソードアート・オンラインII 第2話 『氷の狙撃手』 光線銃もあるのね。
GGOの楽しみ方は二つ。光線銃を使ってモンスターを狩る。実弾銃を使っての↑のPK。モンスターには光線銃が有効で、対人用には実弾銃が向いている様です。プログラムで動くモンスターを狩る連中はダサいというのがシノンが所属するパーティーの隊長の弁。このゲーム、モンスター狩り派とPK派が掲示板で骨肉の争いとかしてそう。  シノン達のやってる事がまるっきり山賊ですね、モヒカン男とか居...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。