MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイヤのA

ダイヤのA 第41話「いざ、準決勝」 感想!

腹抱えて笑ったww

 
 
 
感想
まぁ、増子なんですけどね。
原作でも笑ったシーンだけど、いやほんとお腹痛いわw 片岡監督すら笑いをこらえきれずに冗談まで飛び出すw

これにより、まぁもともと大した憂いもなかったけど、準決の緊張が一気にほぐれた感じもしますね。
今度の青道はすべてにおいてベストコンディションになれたような感じがします。
……くそ、駄目だ、真面目な話をしても笑いが込み上げてくるw

というわけでベスト4入りを果たし、次なる戦いへの準備をするという回でした。

印象的なシーンはいっぱいあったけど、まず挙げたいのは真木対策かな。
ベンチ入りメンバーがアイディアを出し、監督自らバッティング投手を務める。……いやぁ、ものすごく雰囲気のいい練習でした。
片岡監督って、どちらかというと雲の上の存在的な立ち位置だと思うんだけど、こうやって選手たちの中に入って練習に付き合うことができるんですね。いい監督だわー。140kmオーバーの200球超え、しかも慣れないはずの高いマウンドでの投球でも問題ないって、青道で一番強いピッチャーはこの人なのでは……w

あとは投手陣の反省会かな。
打たれて当たり前なのが野球、問題はそのあと。
打たれたあとにどうするのか、というのは、具体的な方法を自分に課すのがいいかもしれませんね。マウンドの周りを歩くとかでもいいし、なにかそういう「記号」になるような行動を取れば、パブロフの犬じゃないけど、体を騙して自分を落ち着かせることができるはず。

そしてまぁ、これは何度も言われていることではあるんだけど、今の沢村の最大の武器は遅れて出てくるフォームではなく、ハートの強さ。
ここだけは本当、川上にも丹波にも負けないところですよね。……いや、この点において川上は沢村の遥か下かw
このメンタルの強さは絶対に武器になる。いや、なってきた。
薬師戦では、相手が同じ一年ということもあったか、あるいは勝負を意識しすぎたか、心が折れてしまいましたが……。
そこを反省して次につなげることができたら、沢村はどんどん強くなりますね。

そしてそして!
若菜が超久しぶりに登場ですねー!

もう何話ぶりか分かんないよw
でもこの再登場は嬉しいぜ。しかも今度は試合を見に来てくれるんだって! 現地妻が殴り込みだぜぇ!
アニメ版は、マネージャーズが画面に映る回数が原作より割増。若菜についてもオナシャアッス!

神酒原のニュース雑感
日々更新されていくニュースからひとつをピックアップし、神酒原がコメントをするという、ためになるようなどうでもいいようなコーナー。
みなさんニュースは見ましょう。

2014/07/27
高1女子を殺害容疑、同級生の女子生徒を逮捕 長崎 - 朝日新聞デジタル

なんと……。
この手の事件はいろんな情報が出てきてもマスコミの変な印象操作があるからチェックには注意が必要なんだけど、とにかく悲しいことです。
どんな事情があったにせよ、殺人という結果になってしまったのは残念としか言いようがない。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-4 Comments
七森学園4番剛田 "タイトルなし"
ご感想拝見しました

今回は片岡監督のいつもと違った面が見られたと思います
マウンドのシーンは自分が原作でイメージしたものより声のトーンが好戦的で
明らかに監督じゃなく選手としてマジで勝負にいってるようでした

あとは増子の件で笑いを堪えていましたがw
これらは仙泉の監督の言う片岡監督の若さを示すエピソードかなと思いました
高校野球の監督としては若い方なんでしょうけど
普段ピンチにも動じずどっしり構えていて、視聴者としては若いって言われても
ピンとこないという感じですからここらで若さを印象付けたいのかなと思ったり

後は、沢村が雷市に打たれた経験をどう次に生かすのか、
それから青道に対抗心を燃やす仙泉の真木の投球も気になるところです

そして久々の若菜の登場、楽しみですねー
自身(中の人?)が歌う第3EDの間には遂に登場が間に合いませんでしたがw
アニメでどういうシーンが追加されるのか楽しみです
2014.07.29 00:23 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">七森学園4番剛田さん"
>明らかに監督じゃなく選手としてマジで勝負にいってるようでした
のちの「選手を信じすぎている」というところにも通ずるのでしょうけど、「選手たちを勝たせる」という監督の役割を負いつつも、「自分もチームの一員として勝ちに行く」という姿勢が見えますね。

>ここらで若さを印象付けたいのかなと思ったり
原作読んでる時も思ったけど、「あ、そういえば若い……のか?」という感じがありました。仰る通り、年齢的には若いんだけど、ちっともそんな感じがしませんでしたから。
仙泉戦ではこの「若さ」がどうなるのか、という感じですかね。にしても言いづらいな、せんせんせん。

>そして久々の若菜の登場、楽しみですねー
D応Pでしたっけ? あれ若菜入ってたんだw 
若菜登場しませんでしたねー。ED映像にはさりげなく混じってたけど。
追加シーンがあるのはほぼ間違いないと思っていいでしょうから、どんなシーンになるのか楽しみですね。願わくば、(以下ネタバレ→)原作ではVS仙泉後になにもなかったんで、そっちになにか追加して欲しいなぁ。
2014.07.31 20:56 | URL | #- [edit]
名前を入れてください "タイトルなし"
尺たりないかなーと思ってれば

2クール追加の全6クールになったと聞いて安心しました
2014.08.03 12:45 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名前を入れてくださいさん"
2クール追加しましたねー。
逆に「追加しすぎじゃね?」とも思ったけど、いいことだと思います。
2014.08.03 21:52 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3728-6f8f57da
【アニメ】 ダイヤのA 第41話 「いざ、準決勝」 感想
  ついに4強が出揃う!! ダイヤのA 第41話 「いざ、準決勝」 の感想です ダイヤのA Vol.4 (初回特典:別冊スペシャルブックレット、『ダイヤのA』コミックス表紙用カラー原画使用ミニクリアファイル) [DVD](2014/08/20)逢坂良太、島崎信長 他商品詳細を見る
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。