MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘城ブリリアントパーク

甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」 感想!

1回200万円w

 
 
 
感想
なんというか。
最初で言ってしまうと、ティラミーとマカロンの反応が真だと思った……。

いいお話だったんですけどね。
ただ「普通に」いいお話で、むしろ「普通」すぎて、非常にもったいないなぁという感じ。シリアスとコメディ、どちらかに振るべきだったんじゃないかなぁ。コメディを混ぜて面白おかしくしたわりには、最初と最後でステージの失敗と成功を見せるというオードソックスなまとめ方をしているし、ちっとも「上手さ」がなかったと感じました。

前回Cパートもね、家で練習してるけどダンスが上手くできないミュースちゃんを描いていたはずなんだけど、今回ふたを開けてみるとミュースちゃんは普通にダンスできたっていう。その辺の「つながらない」感じもあったなぁ。

最後の試練の「犠牲者を1人選べ」はすごくいいと思ったんだけど、それまでがコメディだったから頭の切り替えが上手くできなかったし、コントロールルームの方で先に仕組みのネタバレをしてしまったから「ああー……うん……なるほど……」ってなってしまった。
絶対このお話、もっと上手くできるんだよなぁ。今回は原作者が脚本だったけど、原作の悪いところ(とっ散らかって結局何を描きたいのかが見えない)が出てしまった印象です。

エレメンタリオの4人は可愛かったですけどね!
特にミュースちゃんとサーラマだなぁ。歌とタイピングでそれぞれカバーし合って友情を育んでいく様子は胸アツでした(百合的な意味で)
そういう意味では、「4人で合計300点」という甘い合格基準は上手かったですね。お互いの弱点をフォローし合えるのはよいチームです。

地味にショックだったのは、アホの子のフリして実は有能……ってのはキャラ立ってていいんだけど、シルフィーちゃんがタイピングまで普通にできたことです……。それアホの子じゃないやん……。
でもシルフィーちゃんは、どんよりとした空気がただよう甘ブリキャストを元気づけようと普段から底抜けの馬鹿を演じているだけの、とても優しくて聡明な子かもしれませんね。……たぶんw

ただでも、今回のお話の中で一番好きなシーンはドラゴンライダー・モッフルでしたw
わりとマジでかっけぇ。「空があるふも!」とか言い出した時点で「いや、大砲だから陸も空も関係なくね……?」って思ったけど、ビジュアル的にはバッチリ決まってたなぁ。

あと忘れちゃいけないのはまさかのナース服姫さまですよね!
よくある安直なミニスカナースじゃなくて、姫さまに似合うつつましやかなやつ! これなら傷も一発で完治だね!

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
-6 Comments
名無しる@ふわさん "タイトルなし"
今回とりあえず家の窓を全開にして一言叫びたいのは、

ラティファ様がかわいい!!

なんですかこのかわいい生き物は。私は今までラティファ様の可愛さをなめていた。ああいや、今までも十分かわいいとは思っていたんですがね。ですが今回のラティファ様の可愛さは異常でした。ナース服というビジュアル的な面もそうですが、なんといっても頬を膨らませたり顔をキラキラさせたり表情が良かった。
あとエレメンタリオの4人、特にシルフィーとサーラマがかわいい!
シルフィーがすき焼きをおいしそうに食べているシーンは眼福そのものでした。女の子が食べ物をおいしそうに食べる場面っていいですよね。シルフィーはあまり人に頼るってイメージがなくて、割となんでもできる天才肌なタイプだと思っていたので、実は四精霊で一番有能なのはシルフィーというのは、割と予想通りというか、すんなり受け入れることができました。この辺は作品を一番よく知っている原作者のなせる業かな。

今回の絵コンテ・演出は河浪栄作。
この圧倒的なキャラの可愛さ……もしや山田監督か……?とも思ったのですが、ふたを開けてみたらびっくり、河浪さんでした。
どうやら自分は、河浪栄作さんが作る映像が好きみたいです。この人はなんというか、シリアスからコメディーまでなんでもいけそうな気がします。特に河浪さんはかっこいい映像を作り出すのが上手い。ドラゴンライダー・モッフルはかっこよかった。あのシーン、中の人とビジュアル的な面が相まって、思わずfateのセイバーを思い出してしまいましたw

あと、劇場版境界の彼方の情報が公開されましたね。まさかの過去編と未来編の2部作。総集編・完全新作、どちらなんだ……?と思っていましたが、両方とは。京アニの力の入れようが伝わってきます。
ええ、もちろん観に行きますとも。なんせたまこラブストーリーがあのすばらしい出来でしたからね。京アニの作る映画にはもう私は期待せざるをえないのです。またたまこラブストーリーのような深い感動を得られることを期待しております。
2014.11.29 16:03 | URL | #- [edit]
ぺが好き "タイトルなし"
僕は面白かったです。原作ではほぼ出番なしの4人が活躍したというのもありますが、それよりも4人が互いに補い合って試練をクリアした姿が感動したわけではないけどよかったかなと思います。(4つ目の試練はどうかなあとは思いましたが。)甘ブリは今回に限らず役割分担というか、協力というかチームワーク的な話が多い気がします。もしかしたら甘ブリのテーマはそこなのかもしれないなあなんて思いながら見てました。まあいろんな個性の人が集まって、互いに協力して何かを成し遂げるなんて当たり前ではあるんですけどね。
ああそういえば境界の彼方の劇場版の公開日が発表されましたね。まさかの2本立てで1本は総集編、もう1本は完全新作だそうです。自分はもちろん見に行こうとは思ってますが、たまこレベルにいい作品になってるといいなあ。たまこといえば第18回文化庁メディア芸術祭で山田監督が新人賞を受賞したそうです。自分の好きな作品が何かしら褒められるのはうれしいものですね。
2014.11.29 22:21 | URL | #- [edit]
KTY "タイトルなし"
上の方でも同じことを言っている方がいますが
ラティファ様の可愛さが素晴らしい。

「押すなよ、絶対押すなよ」的な振りから、絶対に西也が四人の団結を高めるため用意したスイッチかと思ったら全くそんなことなくて逆に驚きました。
しかし、ラティファ様を守るための防衛装置なのに
装置停止のために四人も必要っていうのはどうなんだろうか……。
2014.11.29 23:57 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しる@ふわさん"
>ラティファ様がかわいい!!
思わぬ不意打ちでしたねw
姫さまが登場する!エレメンタリオの親睦会やってるえらい!とか思ってたら、まさかすぎる天使っぷりだったという。今回はやられましたね。同じく、4人の試練を見て表情をコロコロ変える姿にやられておりました。前の方に出しゃばらず、みんなの後ろにいたというのも何気にポイント高いですぜ。

>シルフィーがすき焼きをおいしそうに食べているシーンは眼福そのものでした。
上司にお食事に呼ばれた時の一番の正解、でもありましたね。素直にすき焼きを楽しめるその性格、なんというか、この子はいろいろとスキがないw

>実は四精霊で一番有能なのはシルフィーというのは、割と予想通りというか、
なんとなくそう感じる、というよりは、以前稽古のシーンがあってそこでシルフィーだけ合格だったので、それが上手く効いているのでしょう。シリーズ構成的にもよく考えられておりますな。

>どうやら自分は、河浪栄作さんが作る映像が好きみたいです。
そのようですねw
かっこいい、ということなら、ダンスの試練の時の動きもなかなかカッコよく決まってました。こういう、要所要所でハッとする映像を作れるのが河浪栄作ですねー。石立太一もそうですが。

>あと、劇場版境界の彼方の情報が公開されましたね。
……石立太一!
京アニの劇場版クオリティでアクション、これは楽しみですねー。『たまこラブストーリー』とはまただいぶ違うでしょうけどw、石立太一と門脇未来主導で作るアクションがとにかく楽しみすぎます。
これは僕の感覚かもしれませんが、『境界の彼方』はアクションこそだという評価で、劇場版ということでアクションはいいに決まってるので、ストーリーはわりとどうでもいいと思ってたり思ってなかったり……w
2014.12.04 22:25 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ぺが好きさん"
>僕は面白かったです。
おお、そうでしたかー。

>感動したわけではないけどよかったかなと思います。(4つ目の試練はどうかなあとは思いましたが。)
……ん? 面白かったの……?

アニメ版『甘ブリ』は特にチームワークを感じますねー。原作がどうこうってわけではなくて、でかいビジネスであるテーマパーク経営がテーマなわけだから、どうしたってチームワークが大切。西也が来たことによってやっと再起の流れにはありますが、決して西也のワンマンではない、というのはいい雰囲気だと思います。

>自分はもちろん見に行こうとは思ってますが、たまこレベルにいい作品になってるといいなあ。
名無しる@ふわさんもそうですけど、『たまこ』と比較するのはちょっと違うような気もする……w
だって、どう考えても作品の方向性が違うじゃないですかー。楽しみ方も絶対違うと思うのです。まぁ、期待のし方は人それぞれですけどね。

>たまこといえば第18回文化庁メディア芸術祭で山田監督が新人賞を受賞したそうです。
あら!
これは嬉しいことですねー。というかよく考えたら、2本ものシリーズを劇場版まで持ってったんですよね……。これは次回作に期待がかかりますな。
2014.12.04 22:31 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">KTYさん"
>ラティファ様の可愛さが素晴らしい。
コメントはシンプルだけど、KTYさんが一番喜んでいる気がするw(いつものコメントを見てて)

>「押すなよ、絶対押すなよ」的な振りから、絶対に西也が四人の団結を高めるため用意したスイッチかと思ったら
本当にただの押してはいけないスイッチでしたねw
でも、そんなスイッチをフラグっぽくしてしまう姫さまの天然っぷりもまた乙なものです。

>装置停止のために四人も必要っていうのはどうなんだろうか……。
それを言ったらカラオケとかダンスとか、まぁ今回のお話の根本がギャグなので……w
2014.12.04 22:34 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3768-5133306e
甘城ブリリアントパーク TBS(11/27)#09
第9話 チームワークが生まれない! エレメンタリオの新しいショーはバラバラ。実は仲が悪いのではないのか?ラティファが4人を食事に招待する。西也の提案ですき焼きを御馳走するラティファ。 ユニット自体を組んだのは半年弱。割り下が足りないのでと席を離れるラティファ。あのスイッチは絶対に押さないで下さいね。お約束どおり押してしまう。 自動迎撃モードが起動して、侵入者を排除する。24時間後に停止される...
やはりこうなったふもね/甘城ブリリアントパーク9話他2014/11/28感想
<記事内アンカー> 甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」 白銀の意思 アルジェヴォルン 第21話「動乱」  みなもと太郎、まどマギどころか艦これネタまで突っ込んでくるとかなんという柔軟性……! 今月の乱の風雲児たち、すごいなぁ。以前のまどマギネタに飽き足らず、今度は艦これネタをぶち込んできやがった。みなもと太郎、恐るべき 6 7 歳。まあ、俺艦これ...
甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」
【Amazon.co.jp限定】甘城ブリリアントパーク 第1巻 限定版 (描き下ろし全巻収納BOX・ジャケットカード付) [Blu-ray]『そうだ、私はみんなと同じ場所に立ちたくて』 原作:賀東招二 原作イラスト:なかじまゆか 監督:武本康弘 シリーズ構成:志茂文彦 アニメーション制作:京都アニメーション 可児江西也:内山昂輝   千斗いすず:加隈亜衣   ...
甘城ブリリアントパーク 第9話 「チームワークが生まれない!」 感想
和衷共済―
甘城ブリリアントパーク 第9話 「チームワークが生まれない!」 感想
おまたせしました! 今回はエレメンタリオの4人のお話ですね。 みんなで温泉とか入るシーンを期待してました。 んで、コボリーあたりがミュースのお乳を後ろからもんで「ひゃん」って言って(ry ドカッ! バキッ! トラちゃん「(#゚Д゚)黙れ!」 甘城ブリリアントパーク 第6巻 限定版 [Blu-ray](2015/05/29)内山昂輝、加隈亜衣 他商品詳細を見る
甘城ブリリアントパーク 第9話「チームワークが生まれない!」
チームワークがしっくりこないミュースちゃんたち。 このままではステージもままならず。 何とかしようということで、フロント陣すき焼きパーティーを企画。 姫様のお部屋でパーティーとは豪華。 ちょっとミスマッチな感じもしますが^^; 4人でじっくり話し合ってもらおうという意図もあったかな。 ”お城の大事な装置のボタンには触らないで” と、念を押してうまいこと席を外した姫様。 ど...
甘城ブリリアントパーク第9話「チームワークが生まれない! 」感想
この四人っていつも一緒に居る仲の良い友人じゃなくて、仕事柄一緒にいただけのただの同僚だったんですね・・・。>えー 舞台の稽古をするミュースたちエレメンタリオの四人組。 しかし、配属されてから日の浅い四人は上手く息をあわせる事が出来ずに四苦八苦。 悪意なしであれだけの前フリだったのか姫様・・・。 そんな四人の事を心配するラティファの提案ですき焼きパーティ...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。