MENU
アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ 第1話「Who is in the pumpkin carriage?」 感想!

心が見える、素晴らしい第1話だった。

 
 
 
感想 -冴え渡る心理描写-
まぁね。
心理描写に定評のある高雄統子監督ですから、そこに注目してしまうのは仕方ないことだとは思うんですけどね。
それを差し引いてもお釣りの出る、圧倒的な心理描写に僕は心を打たれてしまいましたよ。

第1話ってね、たいていはその作品の自己紹介的な内容を盛り込みますから、大した心理描写はできないものです。
というか心理描写なんて、普通はあとの方でガッツリやるもの。もう少しパッと見の派手さとか、ストーリーの勢いで引き込むのがテレビアニメの第1話だと思うのです。

でもこの『シンデレラガールズ』は、丁寧な心理描写を下地にし、卯月と凛のアイドルとしてのスタート地点を丁寧に描いた。
もうね、感服です。降伏しました。もうこのアニメが今期1番や(ぇー

まぁそれは冗談として……

まずは主人公の島村卯月ですね。
ただの元気なやつというだけではなく、ちゃんと考え、感じているということが描かれていてすごく好印象でした。

Pが評した通り、卯月の一番いいところは笑顔なんでしょうね。
どんな時でも最高の笑顔を見せることができる、なるほどこれは主人公らしいポジティブさ。

でもそれだけではなく、卯月は「なんで自分が選ばれたんだろう?」とも考えるし、なかなか本格的な活動が始まらないことにもやきもきする。
Pが「1人交渉中」と言うと、何か自分にもできることはないかと思って、同行を申し出る。
ちゃんと考えていること、感じていることが分かって、この第1話だけで卯月というキャラクターがかなり見えた感じがしました。

Pも、あんな仏頂面だけど、せっかくこれからの活動を楽しみにしてくれている卯月を散々待たせるだけの状況に申し訳なさを感じるなど、しっかり「気持ち」が見えるからすごく好印象です。
凛に話を聞いてもらえるようになった経緯も、一見すると偶然だけど、彼の徳がもたらした結果に見えましたね。派手なシーンはなかったし、天丼も多かったけど、無駄なカットなどひとつもない、本当によくできた第1話でした。

もちろん、凛も!
彼女についてはまだまだこれから、という感じだけど、おおむねPが見抜いた通りで合っているのでしょう。
凛がアイドルへの道に踏み込もうと思うきっかけになった卯月との出会いも、素敵な巡り合わせですね。

Pは「笑顔」を理由に挙げていましたが、卯月の方は本当に笑顔に惹かれたんだろうけど、じゃあ凛は?
きっと、まだ見ぬ凛の笑顔に思いを馳せ、きっといい笑顔を見せてくれる、そう直感したから名刺を出したのでしょう。いつかそれが証明されるエピソードがあるかもしれませんね。

やりたいことが見つからず、"灰かぶり"になっていた少女は、不思議な縁に導かれてカボチャの馬車に乗る――。
主人公は卯月っぽいけど、『シンデレラガールズ』というタイトルによく合うのは凛なのかな、と、原作ちっとも知らないんだけど、第1話を見た限りではそう思いました。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

4 Comments
tara "タイトルなし"
惹き込まれる第1話でしたね。
自分も原作知識ほぼ皆無で、キャラが多いということのでオリエンテーション的な第1話をイメージしていたんですが、いい意味で裏切られました(^^)

アイドルになることなんて夢にも考えていなかったであろう凛が「シンデレラガールズ」のタイトルに一番似つかわしいというのは同感です。
もちろん卯月だって地道な頑張りが実を結んでのシンデレラストーリーでしょうし、3人目の子も…
次回以降も丁寧な描写に期待したいですね(^^)
2015.01.13 00:08 | URL | #0I.hwxmE [edit]
名無しる@ふわさん "タイトルなし"
思ったのは、この第1話、『アイドルマスター』の世界に初めて触れた人でもすんなりその世界に入っていけるよう、実に初見に優しい作りになっているなあと感じました。
「ああ、これがアイドルマスターシンデレラガールズの世界なんだな」と、初めてアイマスを見た私でもすぅーと入り込むことができました。
その作品の世界観に視聴者を引き込むのって、大事なことですがそれでいて難しいことなんですよね。ですがこの作品は、1話でそれを完璧にやってしまった。これはすごいことだと思います。
にしてもプロデューサーがいいキャラしてる!
どうしようもなく不器用なんだけど、自分はこの寡黙なプロデューサーになぜか惹かれます。一瞬でこの人のファンになってしまいました。
もちろん、卯月と凛のキャラクター描写も素晴らしかった!
これからどんどん仲間が増えて、賑やかになっていくんだろうなーと考えると、今からワクワクが止まりませんね!

P.S.
他アニメの話になりますが、『幸福グラフィティ』第1話すごく良かったです。想像を遥かに超えた出来でした。
キャラに和み、作中に出てくる料理に胃を刺激され、そして何より、癒される!!
「シャフトやってくれた!」と、思わずガッツポーズしそうになりました。
特にすごいと感じたのが、料理や食材の描写です。スタッフの役職に「メカデザイン」ならぬ「メシデザイン」を設けていることからも、この作品の肝である「食」に対して並々ならぬ力を注いでいることがわかります。
個人的に、今期一番癒されるアニメになりそうですw
2015.01.13 02:20 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>いい意味で裏切られました(^^)
そうそう!
とりあえずは全員集合するのかな、なんて考えていたので、2人しか出てこないというのがすごく斬新でした。その分すごく丁寧で、次回以降にもこのクオリティを期待しちゃいますね。

>もちろん卯月だって地道な頑張りが実を結んでのシンデレラストーリーでしょうし、3人目の子も…
「シンデレラストーリー」というキーワード、第1話の時点ですげぇピッタリはまった印象なので、予想以上にこのキーワードには大きな意味が込められていそうです。
2015.01.18 12:44 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しる@ふわさん"
高雄統子がシリーズ演出だった『アイドルマスター』とはまた独立していますからね!
世界観を共有しているのかどうかは、僕にも分かりませんけど……w
またそれ以上に、この第1話は作品への導入が抜群に上手かったですね。僕も『シンデレラガールズ』に関してはほぼ無知だけど、一発で好きになれました。

>自分はこの寡黙なプロデューサーになぜか惹かれます。
このプロデュース業に対する真剣な気持ちが伝わってきましたね!
不器用なんだけど、不器用なだけじゃない、直感に従って行動できる人物だと思いました。こういう人が将来のトップアイドルを見つけ、育てていけるんだろうなーと。
このプロデューサーがアイドル選びのテーマとしているのは「笑顔」ですかね?w
なんにせよ、どんどん増えていく仲間たちとの交流も楽しみです。

>『幸福グラフィティ』第1話すごく良かったです。
自分で言ったことだけど、さっそく勧めてキター!

そしてマジすか! 絶対面白いだろうなーって思っていた作品のひとつだけあってすげぇ悔しいw
「メシデザイン」か……くそう見たいな……でも視聴本数かなり絞ってるはずの今期、すでに遅れ気味だからな……
2015.01.18 12:53 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3784-eb987e3a
Step Brand‐new Stage !【アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ #1】
ラジオ アイドルマスター シンデレラガールズ『デレラジ』DVD Vol.6(2015/01/28)大橋彩香、福原綾香 他商品詳細を見る アニメ アイドルマスター シンデレラガールズ 第1話 Who is in the pumpkin carriage? 心浮き立つ はじまりの予感―
アイドルマスター シンデレラガールズ 第1話「Who is in the pumpkin carriage?」
満を持してアニメ化という感じのシンデレラガールズ。 卯月ちゃん素直でよい子だ~(^^) こういう純粋で真っ直ぐな子は好感をもって受け入れられるなと。 シンデレラへの扉を開いてくれたPはリコランやみつどもえだったら即タイーホされそう^^; Pのキャラは意表を突かれたけど中の人も話題になってるのね。 ゲーム未プレイなので全てが初見。 346プロって大丈夫なんかいな?と公式行ったら...
該当の記事は見つかりませんでした。