MENU
テイルズオブゼスティリア

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 04

けっこう進んで、今からランドン将軍?に会いに行くところまで。
いい意味で、ストーリーから爽快感がなくなってきました。

 
 
 
~前回のあらすじ~
ちょっと遠回りもしたけどミクリオも無事陪神に。4人の楽しい旅が始まります?

~今回の冒険~
ガラハド遺跡で聖水をゲットしたので、祀ってくれそうなブルーノ司祭を探しに。そこで見たものは……、TOAの預言信仰?もそうだったけど、天族信仰はなかなか歪んでしまっているようで。でもブルーノ司祭は誠実でよさそうな人でした。
フォルクエン丘陵?の方へ行ってみると、なんとそこには特大の憑魔が! 倒すとそこから天族・ウーノさんが出てきました。ウーノさんに地の主になってもらうようお願いし、レディレイクは無事加護を取り戻すことに。目に見える穢れがなくなったレディレイクは、なるほど美しい街だったんだなと思えます。
しかしスレイは大臣に呼び出され。アリーシャは警戒しまくりだけど、スレイはとりあえず会ってみる気満々ですね。「王女」にいかに実際の権力がないのだとしても、さすがにアリーシャに対する扱い酷すぎないかとも思いながら会食へ。案の定、大臣を始め国のトップ勢はクズの集まりでしたとさ。スレイをして「話して分かる人たちじゃなかった」と言わしめるほどというか、こいつらスレイとアリーシャがただの利害関係で動いてると決めつけてアリーシャを排除する計画をベラベラ喋るとか馬鹿じゃねぇの? とか思ってたら暗殺集団までやって来て場はてんやわんやに。「返礼」と言って逃げ道を教えてくれましたが……?

いったん宿で休憩してから再び橋へ。なぜ復旧作業が進んでないんだ!? まぁ、これだけの濁流なら無理な話でした。マーリンドの代表と話すとどうやら急ぎたい事情があるようで……、どうにかしたいスレイ一行はレイフォルク霊峰へ地の天族を探しに。よっしゃエドナさんキタァァァァァァァァァァァァ!
と思ったら先にザビーダさんキチャッタァァァァァァァァ! のらりくらりとかわされて、結局何がしたかったのか分からないまま別れましたが、さて今後どうなるやら。
霊峰の中腹にて、まさかのドラゴンと遭遇(ちなみに、ドラゴンに会う前にドラゴン=憑魔の最終形態、って情報がバラされたのはちょっと笑った)。絶体絶命のピンチ、というところにエドナ登場! ライラのボケが楽しいw
さっさと逃げろ、ということでバトルは逃走しましたが、R1ボタンでステータス見たらレベル89だったよ。強い勝てない。
逃げた先でエドナ勧誘作戦開始。スレイさんあっさり落としちゃったよー! 冷たいようで意外と協力的なエドナさん可愛い! あと脳内漫才には笑ったw
橋へ向かう途中、暗殺集団の頭領さんが襲ってきます。2回くらい瞬殺されて「これ勝てるの!?」って焦りましたが、3回目で神衣でどうにかこうにか渡り合ってたらミクリオが「逃げよう!」って。なんだ逃げるのか。ここでデゼル登場、まだまだこいつらのことはよく分かりません。
これにて橋の復旧の土台を作れるように。女の子からやらせてって言わせたいw すぐにでも取り掛かりたいスレイさんですが、みんなに止められました。これ強行してたらどうなってたんだ……? この辺は2周目でいろいろ試そう。
そして深夜を待ったというのに、結局マーリンドの代表に見られるというw まぁこの人は素直に尊敬の念を抱いてくれますが、そのあとがちょっと怖いですねー。

というわけで橋の向こうへ渡ってマーリンドへ。エドナをパートナーにしてバトルの練習してたけど、うっかりでかいエネミーシンボルにぶつかってしまって戦闘へ、逃走間に合わず瞬殺orz でもエドナの「この役立たず……!」にちょっと興奮しました(マテ
マーリンドは、もうさっさと出たくなるレベルの穢れっぷり。教会が阿鼻叫喚の地獄絵図すぎて……。そこから街の穢れを祓っていきますが、途中、なんちゃら美術館へ入ることに。敵いきなり強くなってね!? と思ったけど、先にピクシーを潰せば特に問題ありませんでした。奥まで行って憑魔を倒しますが、そこから出てきたのはノルミン天族のアタック! くそっ可愛いはずなんだけどウザいw テイルズって素直に可愛いマスコットってなかなかいないよねw
犯罪に手を染めてしまったおばさんを逮捕してから、いざドラゴンパピー退治。エドナさんがいちいち可愛くて困る。
そしてドラゴンパピー戦、ミクリオ神衣で遠距離から押し切るつもりだったのに水・炎・地に耐性あるとか嘘だろ!? まぁそれでも神衣メインで戦いましたけどね。倒すとそこから天族さんが(名前忘れたw)。ボス憑魔倒して地の主をやってもらう、というパターンになるのかな。

近くに強い憑魔がいて領域が完成しねぇ! というわけでロゼさん再登場!!! でも情報持って来てくれただけでした。楽しい子ですね。早く合流しないかなー。
「木立の傭兵団」に話をつけに行くと、団長のルーカスはなかなか気持ちのいい男でした。死んで欲しくないけどどっかで死にそう。木立の傭兵団にマーリンドの警護を任せてボールス遺跡へ。遺跡というか迷路というか。そこでボス憑魔を倒すと、スレイの体の異変が明らかに! 目が見えなくなってきてたのか……。のちにパーティを離脱するアリーシャ、その時に言ったことも事実だろうけど、自分が従者になることでスレイに負担があったことに勘付いたんでしょうなぁ。
マーリンドに戻ると、すっかり穢れが晴れていました! これはなかなか気持ちいいね。単純だけどビジュアルの力ってすごい。
って安心してたら、まさかのローランドが攻め込んできたという情報が! 国の一大事に怪我を押して走ろうとする兵士とのやり取りが地味に熱くてジーン。導師が戦争に介入するのはよくないということで、木立の傭兵団とマーリンド住民に避難をうながします。とか思っていたら逃げた先でランドン将軍が登場、アリーシャを人質にとってスレイを戦争に参加させようと……。やり方が汚すぎて胸糞。アリーシャの命には代えられない、ということで戦争介入を決意します。ルーカスさんの漢気に惚れる。
ここでまたロゼとお話できますが、まだ合流はしないのですね。アリーシャいないからパーティメンバーも2人になって不安だなぁと思いつつ、橋のふもとでセーブ。



シリアス展開が増えてきました。
その中でも、単純な爽快感だけではなくなってきた、ストーリーのいい意味での「狭苦しさ」がいい感じです。

導師になって、使命を負った。
その分できることも広がった。
困っている人を放っておけないスレイにとって、困っている人を助けられる力があるのは嬉しいことなのですが……、力があるからこそ、人はそれを過度に敬ったり、邪魔に思ったりする。やりたいようにやろうとすれば、泥沼にはまってしまう。
なるほど、導師の宿命……。この窮屈さがストーリーにいい感じに緊張感を与えています。

暗殺者集団は、なんだか『アカメが斬る!』のナイトレイドっぽく見えてきました。ただまぁ、メンバーに憑魔がいることを忘れてはいけない。

そしてついにエドナが仲間になったんだけど、何これめっちゃ可愛い……!
ツンツンしているかと思いきや意外に素直。
すぐ人をからかう。
ノリがいい。
合法ロリ。
おまけに福圓美里の演技が素敵。

うーん、なんかTOZのヒロイン勢いいなw
どのキャラクターも魅力的で楽しいです。ロゼのパーティ合流も待たれるぜ。
あと、エドナのカラバリ衣装も手に入りました。白黒カラーがエロくて一発で気に入っちゃったぜ。

でもなんだ、ジャケットオフの概念は今回ないのかな?
まぁTOX2だけだったしなー。

バトルにはけっこう慣れてきました。あれだね、神衣もあって難易度かなり低いんじゃね?と思ってたけど、意外と敵さんも強くなるんだね。というよりは、神衣やら何やらを上手く駆使しないとすぐやられるというか。
神衣はリーチのあるミクリオがやはり使いやすいけど、エドナ神衣が想像以上にパワフルで楽しいです。そろそろ秘奥義も出てくる頃かしら? さすがにまだ先かな?
関連記事
2 Comments
国家魔法師の卵 ""
自分としてはエドナは姉、ライラはお母さんって感じでプレイしてます。
エドナお姉ちゃん怖い……(可愛いけど)
2015.02.01 20:33 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">国家魔法師の卵さん"
家族……なるほど。それ言うと、スレイとミクリオは親友ってよりは兄弟っぽい感じもありますね。
そうなると僕はライラがお姉ちゃんって感じがします。だったらエドナは……となると、どうもよく分かりませんw
2015.02.02 08:25 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3790-97a437d9
該当の記事は見つかりませんでした。