MENU
テイルズオブゼスティリア

テイルズオブゼスティリア プレイ日記 16

アウ……アウトリ……なんとか神殿へ挑むところまで(ぇー
ついにラスボスへ挑みますよー!

 
 
 
~前回のあらすじ~
サブイベントを消化しつつ、メインストーリーではサイモンの幻術を撃破(1回目)。

~今回の冒険~
さっさとラスボス戦に進もうか、サブイベントに挑もうか迷っていましたが、サブイベやることにしました。
とりあえず、ちまちましか使っていなかった薬草を全部使いました。これで気休め程度にはなるでしょう。少しくらいはレベル上げしたいなぁ、ということでノルミンセットでレベル10上げてグレイブガント盆地を歩き回ります。ライラ神衣すればまぁ普通に倒せますからね。デンジャラスエンカウントするとちょっとヤバいですが。ついでに、グレイブガントにある遺跡にも挑戦することにしました。レベル高いやついる!やったぜ!と思ったけどガチの雑魚もうろうろしていました。変異憑魔を倒して異形の宝珠をゲットできたのはいいけど、やはりストーリーらしいストーリーはないわね。
そして、グレイブガントにいる変異憑魔、竜魔人にも挑戦。前回諦めたやつですが、ある程度こちらが強くなってもやっぱり強いw 2回くらい負けましたが、そこで攻撃のパターンが分かったのでかわしながら勝てました。

これに気をよくした僕は「どんどんサブイベ消化するぜ!」って意気込んだんだけど、これもまた強くてスルーしていたマーリンドの美術館のやつ、ロマーノの護衛していた憑魔もっと強くて笑ったw 基本的に攻撃力高くて鋼体も強いという強敵なのに、HPが少なくなると使ってくる詠唱なしの矢がシビアすぎる! たぶんガードすればいいんだろうけど気づかないんだよなぁ。ただ、好きだからライラ神衣使ってたのですが、大人しく弱点属性のデゼル神衣使ったら勝てました。
事件の大元を成敗したので子どもたちに報告に行きますが、なんと再び憑魔化しておりました。しかも命を助けることができず、生き残ったもう1人とも話せないという実にスッキリしない結果に……。

お次はレイフォルク霊峰へ行くぜ!
雑魚敵も強くなっていました。ここに不死者タイプがいたけど、グレイブガントにいるやつと同型のクセに天響術使う頻度多くてクッソやばいです。ここでは、アイゼンを元に戻す方法を見つけられなかったスレイが「殺す」という決断を下すことに。ザビーダの願いには合致しますが、エドナとの約束は守れない……。いざ兄が死ぬとなると涙を隠し切れないエドナが辛いです。ドラゴン戦は、グレイブガントのドラゴンと同じく「強い」というよりは「硬い」という感じ。倒すと、少しだけHPが戻ってエドナが「最後は神衣で」と言ってきました。ギリギリのタイミングでエドナ神衣になって初動攻撃で倒せた……ような気がしましたが、これで何か特別なことってあるんですかね……? ここでの会話は、特にエドナが素直な気持ちを連発したところがよかったけど、結局「ドラゴンは殺すしかない」という結論にしかなれなかったのはあんまり面白くないですね。グレイブガントのドラゴンは状況的に「仕方ない」と言えるけど、スレイにはエドナとの約束を守って欲しかったな。ドラゴンのことについて調べる的なイベントなかったし。このサブイベントも片手落ち感あるなぁ……。
でもエドナの第2秘奥義「シューティングスター」をゲットだぜ。

お次はダークかめにん!
やっぱり強いw 馬鹿みたいに強いw こっちの攻撃通るからまだ戦えるけど、1回HP300くらいまで減らしたのに負けたよ。テイルズオブシリーズで1回も使ったことなかったんだけど、オールディバイドを使いました。それでも秘奥義食らったら戦闘不能になるんですけどね。でもダークかめにんの秘奥義面白いです。どうにかこうにか勝てると、なんか里の金をキャバクラに使ったというアホみたいな話にw かめにんイベントこれで終わりですかね……w 面白かったので満足です。かめにんは可愛いなぁ。あとダークかめにんに負けたときの「これが世界のお断りっす!」が地味に好きっす。

ここで、ロゼとの会話ではメインストーリーと「穢れの坩堝」しかなくなりました。ロゼとの会話になくてもサブイベントが起きることってあったよね……? 他にもありそうな気もしますが、探すのはさすがに面倒です。あと、坩堝は他にどこにあるんだろう……。チャットでは「判明しているものは全部鎮めた、でも他にもあるかも」って言われてましたが。世界中歩き回ったはずなんですけどね。ちなみに私、デゼルなりザビーダなりが1人で入る坩堝に出会っていません。
あとはアロダイトの森に変異憑魔が残っています。「全属性耐性だよなぁ……」と思いながら挑むと、HPは少ないですね。ミクリオ神衣で遠距離から短期決戦を仕掛けると勝てました。ほほ。

というわけでメインストーリーに進みます。
マビノギオ神殿の深部を進んでいると、再びサイモンの幻術砂漠へ。あ、ミラースレイとミラーロゼ戦あと1回あったのねw 今度はミクリオ神衣、ザビーダ神衣でしたが、最初、ミクリオ神衣で対抗してやるぜ!って馬鹿なことをやってみました。もちろん、向こうは耐性があるので勝てるわけなくw サイモンの揺さぶりにはちっとも応じません。
直後は、強い穢れの中で上手く活動することのできないサイモンとの戦い。サイモンにとっては強烈な皮肉ですな、尊敬する主の目指す穢れの世界で自分は活動できないというのは……。サイモン戦は、最後の方のサイモン大集合だけちょいヤバでしたがそれほど苦戦しませんでした。幻術が完全に切れてスレイたちが先を急ごうとするところ、スレイを止めようとしてすぐ弾き飛ばされるサイモンがすげぇ見てられない……。敵ながら、サイモンの境遇にはすごく感じるところがありました。この子これからどうなるんだろう。

そしてカムランの村に入ります。小さい村だけど、穢れのせいもあってなんか壮大な感じがしました。振り返ってみるとマビノギオ神殿への扉クッソでかくて上が見えないし。
村の右と左に変異憑魔がいました。特にオーディンさんめちゃくちゃ強そうに見えたけど、それほど強くなかったな。ダークかめにんとかロマーノの護衛の方が圧倒的に強かったぜ。というかダークかめにんいるw 初期のレディレイクの地下水道遺跡のときからそうだったけど、TOZのダークかめにんって危険な場所にわざわざ来てアイテム売ってくれるから超助かりますよねw
カムランから先へ進もうとすると、なんか黒い太陽あっておどろおどろしすぎワロタ。進んだ先のなんとか神殿は、ラスダンの雰囲気抜群ですね! ワクワクするぅ! 入口付近でセーブ。



DLCでもらえるチャットを全部見てみました。
なるほど、キャラクターをみんな出しちゃうからDLCなんですね。デゼルとザビーダが同時にいるし、アリーシャも普通にいました。デゼルとザビーダが同じ帽子かぶってるのはなんかのギャグかと思ったぜ。
というか、2つほどクリア後のチャットがあって焦ったw そんなものまであるのかよw クリアしてから見ますぜ。

というわけで、ラスボス直前まで来ています。ラスボス・ヘルダルフの右腕だったサイモンも撃破して、かなりワクワクしています! いろいろと不満の残る作品ですけど、面白いところは圧倒的に面白いんだよなぁ。
ラスダンの雰囲気は本当に最高ですね。遺跡のデザインが基本的に使い回しなのでそこは残念なのですが、このラスダンとかプリズナーバック湿原とかはすげぇ大好きです。各試練神殿もなかなかの雰囲気でした。

サブイベントとか変異憑魔とかに関しては、とりあえず目につくところは全部クリアしたつもりでいるのですが、たぶん他にもありますよねぇ。この程度のボリュームだとは思えないし。……とか思ってたら、そういえば遺跡をいくつかスルーしていたのでしたw ウェストロンホルドとかアイフリードの狩り場とかにある遺跡をスルーしてるので、ラスダン挑む前に戻って入ってみようかしら。

サブイベントといえば、第2秘奥義、全員分集まっていません。
現在手に入れているのは、スレイ、ザビーダ、エドナの3人。なぜかロゼのがありません。敗残兵狩りの子どもたちのイベントで手に入ると思ったんだけどなぁ……。墓参りとか行くと手に入ったりして。でもロゼとの会話に出てこないしなぁ……。

3人の第2秘奥義は全部出してみました。スレイのは前回で出してましたが。
……むちゃくちゃカッコイイー!

いや感動しましたね!
第1秘奥義もそれなりにかっこいいけど、いかんせんテンポがすげぇ速いんだよね。だから少し不満があったんだけど、いやぁ第2秘奥義は素晴らしいです。今のところ全部かっこいい。条件は少しシビアですが、他のシリーズと比べれば軽い方でしょうね。

特にエドナの「シューティングスター」がいい!
傘を箒にして飛ぶというアイディアもいいけど、何より最後にエドナが照準を定めるところが凛々しすぎて惚れました。TOZの中では今のところ一番好きだな。シリーズの中でもかなりの上位に入りますよ。エドナは第1秘奥義「ヴェネレイト・マイン」も神衣秘奥義「アーステッパー」もかっこいいし、最高ですな。特にヴェネレイト・マインは思わず跪きたくなります。
こうなると、全部の秘奥義を自分で出してみたいなぁ……。BG5以上っていうのはそれほど難しくないし。というかエドナさん今最大BG6だしw 今までのシリーズの秘奥義、僕自分で全部出せたことないんですよね。トロフィーは91%まで頑張ったTOVも第2秘奥義はひとつも出してないんです。

というわけで秘奥義まとめ動画を見に行く前に自分で頑張りたいんだけど、あと3人分どこー!
あれ、第2秘奥義ってアリーシャのもあるのかしら……?
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3802-275cddf6
該当の記事は見つかりませんでした。