MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム 第一回「ようこそハイスクール」 感想!

あんたは悔しくないわけ……?

 
 
 
第一印象
京アニだから見る!ってだけの、ただの考えなし京アニファンです、はい。

というわけで2015年の京アニです!
だいぶいつも通りだったw

『甘城ブリリアントパーク』の時はアニメ始まる前に原作読んだんだけど、今作は読んでいません。なぜかというと、特に理由はありません(オイ)
強いて言うなら時間がなかったというだけ……? いや、あっても読まなかったかもしれん。

というわけで、京アニが作るってだけの事前情報しか入れずに見始めました。
一応メインスタッフは押さえてましたけどね。クリスがキャラデザをするのは2006年の『ハルヒ』以来よなぁ。

いやぁ。
面白いですこれ!!

事前情報を何も入れなかったということは、京アニ制作って以外は特に興味なかったってことなんですが(コラ)、うーんさすが京アニというところでした。原作付きなので、原作のよさもあるんでしょうけどね。
複雑に揺れる思春期の心情を丁寧に、そして大胆に描いておりました。見事な第1話! 素晴らしかったです!

いつも通り
映像見たら誰が作ったかってすぐ分かっちゃうくらいいつも通り。まぁ僕は映像見てスタッフ分かるほど目が肥えているつもりはないんですけど、京アニに関しては本当に分かりやすいですねぇ。とりあえずED映像が『けいおん!』の人だ、っていうのは多くの人が勘付きそうです。

『けいおん!』の人であるところの山田尚子は、第1話の絵コンテ・演出も担当。こちらも分かりやすすぎるくらいに足を強調w 山田尚子センセーは本当に足が大好きですねー。あと、撮影効果入れまくりの桜の演出とか、まさに山田尚子という感じでした。
OP映像も非常に分かりやすいですな! これは監督の石原立也ですが、初監督作『AIR』からこの登場人物紹介映像は続いていますねー。そしてラストの教室をぐるりと回る変態カメラワーク! 久美子の目の前でいったん止まって瞳に吸い込まれていく感じが最高にクールでした!

ボソッ(浪速アニメーションの堀内さんの名前は確認できませんでしたね……

そして今作、山田尚子は「シリーズ演出」という役職についています。
他アニメ全部のクレジットを確認したわけじゃないからなんともいえないけど、この役職名、あと使ってるのは『ハルヒ』のヤマカンと『アイマス』の高雄統子くらいですよね。やはり山田尚子はヤマカンの弟子なんだなー。まぁだからどうってわけじゃないんだけど。山田尚子が演出にガッツリ入ってくるなら期待大です!

楽器作監は高橋博行。『けいおん!』と同じですね。
という感じで、かなりいつも通りでした。お話的にも、なんかキャラクター配置がたまこたまこしていますね……w
でも「いつもの京アニ」を見られる感じで嬉しいです! 新しい京アニも見てみたいけど、安定の京アニもいいですよね。つまり京アニならなんでもいいんだな。

ストーリー
さてさて、お話の方はどうなのよっと。

これは吹奏楽部のお話ですね。僕はほとんど触れたことのない世界だけど、妹が小学生の時吹奏楽部でした。確かホルン。うーんこれはどうでもいい情報w
吹奏楽についてどれだけ知っているのかというと、何故か楽器の名前は全部知ってたんだけど、公式サイトのコントラバスの「唯一の弦楽器」っていう説明を見て「吹奏楽とオーケストラって何が違うの……?」って思っちゃう程度の素人です。

だからまぁ、この世界に興味があるわけでもないんだけど、第1話はすごく面白かったです!
なんだろう。「あまり上手くない」というのが斬新でw
『けいおん!』もそうだったけど、あれは唯がさらに素人でしたからねー。

暴れん坊将軍のテーマがいきなり流れたのは笑いましたが、吹奏楽の何も知らない僕が聞いても最初の1音からバラバラだというのが分かるクオリティでした。
部室でのチューニング?は酷かったのう。半音ずれてるとかいうレベルじゃなかったですね。

そんなダメ吹奏楽部に入部する、経験者3人と素人1人の物語。
さふぁいあちゃんはどのレベルか分からないけど、久美子は大会で金賞を取ったことがあるということはそれなりに上手いんでしょう。大会といっても……えー、府大会ですかね? 地区大会には進めませんでした、というのが冒頭でした。

メインは3人だけど、僕は麗奈が気になりました。
中学3年生の時は、彼女1人だけ全国を目指していたんですねー……。久美子含め、周りが金賞(ただし代表ではない)に喜んでいる中、1人だけ悔しくて泣いている様子が印象的でした。
本気でトップを狙っていると、一番辛いのは2位ですよね。僕も何度か2位を取ったことあるけど、まぁ喜べませんでしたわ。でもまぁ家族とかは喜んでくれるわけで、妙な温度差が逆に申し訳なかったりもして。1位を取ったことは……おや……?

閑話休題。
そんな、吹奏楽部に対して本気の麗奈の動向がすごく気に入ります。ダメ金でもまぁ立派な金じゃん、くらいの久美子でさえ一度は入部しないことにしたレベルの吹奏楽部に入ったらその……あれじゃん? すごくあれじゃん? ね?

というわけで麗奈に注目していきたいですね!
もちろん、主人公の久美子もいい感じでした。本人もどうしていいか分からない、微妙な心の揺れ具合が絶妙ッ!

吹奏楽は好きだけど、ダメ金でも金は金じゃんという感じ。本気で全国目指すというよりはみんなで楽しく演奏できたらいい派。
でも、入学した高校の吹部のレベルは言葉を濁しちゃう程度に低い。
全国を本気で目指したわけじゃない。でも、全国の一歩手前、そのさらに一歩手前くらいにまで迫ったことのある久美子としては物足りなさを感じてしまった。

でも久美子は、本気で全国を目指していた麗奈の涙を見てしまっているわけで。
本気度で麗奈に全然及んでいなかった自分が物足りなさを感じるなんてどこかおこがましい……という感じに、すごくモヤモヤしてしまったのがよく分かりました。

だけど、葉月と緑が誘ってくれたから。
引っ張ってくれる友達のおかげで、どうにか入部に踏み切ることができましたね。まだモヤモヤは完全には消えていないはずだけど、「とりあえず動き出してみた」ところまでを描いた第1話は、すごくまとまっていました。

あと、さふぁいあちゃん。
とんでもないキラキラネームww 宝石だけにキラキラww ってな感じに笑ってたんだけど、よく見たら「緑輝」でさふぁいあっておかしくないです? 緑ってエメラルドじゃないんです?

繊細な演出に拍手
拍手!

いやぁ、いつも通りの京アニって書いたんだけど、新しい演出もありました。
新しい演出というか、新しい使い方というか。

桜なんですけどね。
入学のシーンで桜を印象的に描いていたのはオードソックスな見せ方なんだけど、吹部の見学を終わって帰る途中、信号待ちをしているシーン。
ここでも桜が常にいい感じに演出されていましたな。
でも、会話内容は何気ないもの。
このギャップがなんか、僕の心にすごく響きました。周りはこんなに美しい春なのに、私の心はモヤモヤ……的な久美子の心情が大胆に表れていた気がします。

あとは、チューニングのシーンですね。
久美子と葉月、そして緑、3人それぞれのチューニングに対する感想が一発で分かるシーンでした。
久美子は「やっぱり下手だ」って眉が下がって、初めて間近で見る葉月は目を輝かせて、緑は期待外れの音に一瞬考えが追いつかずに久美子の方を見てしまう。

うーん。
こういう演出力は鉄板ですなぁ。

その演出を盛り上げる作画についても、最初は「今回のキャラデザちょっとモサいなぁ」って思ってたんだけど、表情を描くことに関しては本当に抜群ですね京アニ!
ワンシーンワンシーンにいちいち感動してしまいます。作画のいいアニメってもう珍しくなくなったけど、表情を描く力は京アニがまだまだトップですわ。

でもポニーテールの方が好きでした。

余談
担任のちょっとキツめな先生。制服の乱れを注意するのはいいんだけど、その場で直させるのは15歳のオトコノコたちに酷すぎると思いました。
ようは生足の面積が減るってことなんだけど、スカートの丈を戻す仕草って思春期の野郎にとってはすごくヤバイやつだと思うんです。みんな頭の中が大変なことになってしまったと思うんです。その辺の配慮も必要だと思うんです。でも今夜のおかz

でもこの先生、1人ひとり頷きながら名前呼んでたけど、一発で全員の名前と顔を覚えてしまうんだろうなと思ったw
だとしたらいい先生だなぁ。僕は学校の先生を嫌いになることが少なかったんだけど、「私名前覚えるの苦手なんです」ネタは大嫌いでした。分かるわそんなの! 何十人も一気に名前覚えるの難しいの言われなくても分かるっての! それはあなたが苦手なんじゃなくてみんな難しいの! でもそこを頑張って覚えるのが先生の仕事なんじゃないの!?

さふぁいあちゃんの名前も「もう間違えない」って言ってたし、この先生、なんだか好きになりそうです。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
-6 Comments
tara "タイトルなし"
『たまこまーけっと』にハマったこともあり、本編とED映像の山田尚子さん演出は一目で判りました(^^)

堀内…堀口さんは関わってないのに、ポニテ状態の久美子ちゃんが憂ちゃんっぽく見えて仕方なかった不思議。京アニ補正みたいのってあるんでしょうか(^^;)
そんなわけで、「ポニーテールの方が好きでした」には激しく同意です。お姉ちゃんにからかわれてやめちゃったのが残念…

意外とあっさり入部を決めたなぁという印象ですが、「とりあえず」のその先がどんな風に描かれるのか楽しみです(^^)
2015.04.10 01:17 | URL | #0I.hwxmE [edit]
宇治の人 "タイトルなし"
京アニの新作祝いに久々にコメさせてもらいます。
いあー久々の我が地元の聖地アニメ(ムント様以来)で心踊ります。
京アニの力の入れ具合もひしひしと感じますな
1話は淡々とした静かな話しの流れだったような気がしますが、とても引き込まれて良かったと思います。

何故か氷菓1話を思いだすかのような…

原作は自分も読んでませんが、ネットで見かけた感想などを見てると結構ハードとゆうかガチな部活動や人間関係を書いてあるみたいですね。

スイ部って体育会系のような厳しい部活みたいですしね。
そこら辺の原作をどう描いて行くのかがとても楽しみです。

それと、ホントぽりさんはどこに行かれたのですかね~
また何時の日か山田&堀口作品をお目に出来る日がくればいいなぁ
2015.04.10 01:23 | URL | #- [edit]
名無しる@ふわさん "タイトルなし"
『響け!ユーフォニアム』、個人的春アニメ大本命です!

>あんたは悔しくないわけ……?
ここの麗奈の言い方良かったです。ドキッとしました。

しかしあれですね、舞台が京都なのに言語が標準語っていうのはちょっと違和感がありますねw
いやほら、方言で喋る女の子ってなんというか「萌える」じゃないですか。標準語の女の子より魅力が3割増しになるというかw

閑話休題。
いやーしかし京アニの作画はやっぱりすごい。今までも京アニには何度も驚かされてきましたが、今回の作画の綺麗さには度肝を抜かれました。画面に見惚れてていつの間にか24分過ぎてたといいますか。そういえば今回3D美術という役職が追加されてましたね。たぶん京アニでは初めてクレジットされた役職ではないでしょうか。

>『甘城ブリリアントパーク』の時はアニメ始まる前に原作読んだんだけど、今作は読んでいません。
僕も今回は原作読んでいません。その分これからの展開がどうなるのか純粋に気になりますね。

>クリスがキャラデザをするのは2006年の『ハルヒ』以来
9年ぶりでしかもこれが2回目なんですよね。これだけで相当なスペシャル感ありますよ!

>とりあえずED映像が『けいおん!』の人だ、っていうのは多くの人が勘付きそうです。
ところどころ『けいおん!』のEDを思わせるカットがありましたね。

>『けいおん!』の人であるところの山田尚子は、第1話の絵コンテ・演出も担当。
監督じゃない人が第1話の絵コンテ・演出を担当するのって非常に珍しいですよね。京アニ作品ではこれももしかして『ハルヒ』以来?
そして山田尚子ファンなら一発でわかると確信を持っていえるくらい、この第一回は山田節炸裂でございました。山田さんは本当に足の描写が好きですよねー。Free!監督の内海紘子さんは手の描写を得意としてますが、それと双璧をなすんじゃないでしょうか。
山田尚子の演出って、なんというか空気が独特なんですよね。最近だとFree!Eternal Summer12話も他の回と比べて雰囲気が違ってたような気がします。

>OP映像も非常に分かりやすいですな!
OP映像はまさに石原立也でしたねー。あの変態カメラワークは個人的に『けいおん!!』1クール目のOPのグルグルを思い出しました。
あと提供がまんま中二病2期のあれと同じで笑ったw

>やはり山田尚子はヤマカンの弟子なんだなー。
山田さんと髙雄さんはヤマカンの弟子だったということが、何年か前にヤマカン本人の口からも語られていました。
内海紘子さんはどうやら荒谷朋恵さんと師弟関係にあったみたいですが。

>楽器作監は高橋博行。『けいおん!』と同じですね。
楽器は複雑な構造をしていますから近年のアニメではほとんどCGで済ましてしまうみたいですが、石原監督のインタビューによると楽器は原則手描きでいくそうです。変態ですね(褒め言葉)。いったいどれほどの労力がかかっているのやら……


ストーリーの方はまだ序章といった感じで、これからの展開を期待させる静かなスタートを切ったように思います。
次に登場人物。葉月・サファイアちゃんは予想通りといった感じでしたが、久美子は思ってたより冷めてるというか、なんかさばさばした子だなーという印象です。てっきりたまこみたいな子なのかなーと勝手に思ってたんですが。でも久美子みたいな女の子は現実にもいそう。

>メインは3人だけど、僕は麗奈が気になりました。
麗奈はこの物語のキーパーソンですね。この物語が面白くなるかは麗奈にかかっているといっても過言ではないような気がします。
本編の麗奈はまだクールな表情が印象的なだけに、OPEDのあのニコッとした笑顔には一発でやられました。

あと印象的だったのは久美子のお姉さんですねー。高校から大学への変わり様に驚いた。大学デビューって奴ですかね。高校時代の方が良かったなー。

>最初は「今回のキャラデザちょっとモサいなぁ」って思ってたんだけど、表情を描くことに関しては本当に抜群ですね京アニ!
動くと本当に印象が変わりますよね。やっぱ可愛くキャラを動かすことに関しては京アニの右に出るものはいないですね。
2015.04.10 01:33 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">taraさん"
>『たまこまーけっと』にハマったこともあり
『たまこ』見てても分かりやすかったですね! 監督は石原立也だけど、山田尚子色の強い作品になりそうです。とかいいつつ石原立也は『けいおん!』でもメインスタッフだったからあまり変わらないのかもだけど。

>堀口さんは関わってないのに、ポニテ状態の久美子ちゃんが憂ちゃんっぽく見えて仕方なかった不思議。
京アニ補正、あるでしょうねー。今回キャラデザの池田晶子は『ハルヒ』ではかなりシャープなデザインをしてたけど、『けいおん!』以降京アニ全体的にこの路線っていうのもありそう。

>そんなわけで、「ポニーテールの方が好きでした」には激しく同意です。
性格的にもポニーテールの方が似合っているような気がしました。一見大人しいように見えて、思ったことがボロボロこぼれる破天荒さもありますから。あと単純に僕がポニーテール好きというのもありますw

>意外とあっさり入部を決めたなぁという印象ですが
入るか入らないか、うーんどうしよう……というラインでずっと揺れていて、友達2人に誘われたからとりあえず入る方に傾いた、という感じですかね。揺れている感じが超好きだったので、これからもどう揺れるのか楽しみでっすw
2015.04.11 00:12 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">宇治の人さん"
おー!
お久しぶりです!

>京アニの力の入れ具合もひしひしと感じますな
聖地は……どこでしたっけ……京都? 『MUNTO』もそうなんですねー。

>1話は淡々とした静かな話しの流れだったような気がしますが、
他にはない感じだと思いました。
静かな幕開けだけど丁寧で、これからどんどんお話が加速していくんだろうな、というのが分かる感じ。
『氷菓』も静かでしたねー。でも『氷菓』は基本的にずっと静かだったので、今作は違う感じになりそうです。楽器使うからずっと静かだと困るw

>結構ハードとゆうかガチな部活動や人間関係を
高校の吹部が下手で主人公ズの2人がすでに「あー……えっと……」みたいな反応をしている時点で分かりますねw ギスギスしすぎるのはどうかと思うけど、ガチ青春活劇を楽しみにしたいです。

>スイ部って体育会系のような厳しい部活みたいですしね。
へぇ?
まぁ楽器吹くのも体力いるから、文化系部活動の中では体育寄りなんでしょうけどね。でも学校にもよる気がします。

>それと、ホントぽりさんはどこに行かれたのですかね~
ちゃんと情報集めていないのだけど、やはりまだ名前確認されてない?
「京アニじゃなきゃやだ!」って言うつもりはまったくないけど、どこかで名前見たいですなー。
2015.04.11 07:57 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しる@ふわさん"
いろんなアニメを楽しみたいけど、やっぱこれですよねー!

>ここの麗奈の言い方良かったです。ドキッとしました。
雰囲気を変える一言でしたね。広いホールにいるはずなのに、全体的に暗くて閉塞的な演出がされていたのもよかったと思います。

>舞台が京都なのに言語が標準語っていうのはちょっと違和感がありますねw
方言が可愛いってのは激しく同意だけど、みんながみんな方言しゃべろうとなると、きちんとした再現は無理だしなぁ……w
あまり京都推しではないようなので、これでいいかなとも思っています。

>今回の作画の綺麗さには度肝を抜かれました。
作画もそうだけど、撮影がさらに進化している感じがしました。遠近感がより鮮明に演出されるようになったというか。山田尚子の手腕もありそうですけど。
3D美術ってあったのか! ってことは、OPの最後みたいな変態カメラワークを本編でもガンガン取り入れるってことですかね?

>9年ぶりでしかもこれが2回目なんですよね。
ほんとスペシャルですよね! スタッフ発表見た時驚きました。
逆に、その頃山田尚子は演出デビューすらしていなかったことを考えると、この短期間でよくここまでの売れっ子監督になったものだと驚きます。

>ところどころ『けいおん!』のEDを思わせるカットが
ほとんど同じカメラアングルなのにちょっとだけずらしてカットを切り替える、という演出は他の演出家もやってるし、京アニのお家芸の1つになっている気がします。

>監督じゃない人が第1話の絵コンテ・演出を担当するのって非常に珍しいですよね。
他アニメだと、いうほど珍しくないと思います。監督が絵コンテ・演出に一度も登場しないこともありますし。
京アニでも、なんかあった気が……と思ったけど、『ハルヒ』だけですかねー。

>山田さんは本当に足の描写が好きですよねー。
よくよく考えると、足で表情を出そうとするなんて相当な冒険ですよね。そしてそれをいつもやる。もう山田尚子としては特別感ないんでしょうな、たぶん。

山田回は光とか撮影処理とかの使い方が独特な感じがします。今回の桜の特徴的な見せ方然り。

>『けいおん!!』1クール目のOPのグルグルを思い出しました。
同じくw
石原立也の変態カメラワークは、『けいおん!』1期のOPの仰視でりっちゃんへ迫っていくカットが一番好きなんですけど、今回のもツボにはまりました。瞳に吸い込まれるのめっちゃイイ。
提供は笑いましたw 『中二病』2期の時は「提供バックで数字出せないから丸にした」って言ってたから、音符で表現できる今作で「ここしかない!」ってなったのではと思っていますw

>内海紘子さんはどうやら荒谷朋恵さんと師弟関係にあったみたいですが。
ほう?
演出的には……、荒谷朋恵が過去の人すぎて分からない……w

>石原監督のインタビューによると楽器は原則手描きでいくそうです。
そうでなくちゃな!
人が持つものはやはり手描きの方がいいですね。ロボットになると、僕はCGでも好きなんですけどね。

>久美子は思ってたより冷めてるというか、なんかさばさばした子だなーという印象です。
キービジュアル見たら、ふわふわしている印象ですよねー。
僕はけっこう気に入りました。ベンチで野郎と喋ってるところとか、不覚にもいいと思ってしまったw

>麗奈はこの物語のキーパーソンですね。
どう引っ掻き回してくれるのか、楽しみですね! 長期的には、久美子に与える影響が楽しみですが、とりあえずは今の吹部とどう衝突するのか……いえ、衝突すると決まったわけじゃないですが……ともかく楽しみw

>OPEDのあのニコッとした笑顔には一発でやられました。
同じく! 『Free!』の凛も似たような感じだった気がしますw

>あと印象的だったのは久美子のお姉さんですねー。
優しそうなお姉さんだったのにね……w 久美子の一番最初の師はお姉さんだったよう?ですから、今後なんらかの形で関わってきそうな。

>動くと本当に印象が変わりますよね。
たいていどのアニメも、第1話が一番作画いいんですけど、京アニの場合は逆の傾向があると思っています。話数を重ねるごとにどんどん進化してく。これからもガンガン動いて欲しいところです!
2015.04.11 08:29 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3810-b7f69a00
響け!ユーフォニアム 第1話 『ようこそハイスクール』 用語かと思ったら楽器だった。
チューバの様でチューバじゃない。それがユーフォニアム。最初フォルテシモみたいな音楽用語「もっと強く!」とか思ってた。部活ものそれも架空の部活じゃない。吹奏楽部ならクラシックとか聞けそう。そんな理由で視聴決定です。  ダメ金って何だ?吹奏楽用語で「金賞だけど全国行けない」事を指すそうです。みんな一等賞というゆとり教育の産物かと思ったけど、一定のレベル以上なら金賞という絶対評価かもしれ...
響け!ユーフォニアム 第1話「ようこそハイスクール」
音楽もの+京アニということで、今期の中でも期待してた作品。 吹奏楽がメインになるアニメって小生は初めて見ました。 新入生歓迎の演奏が…"あんまりうまくないですね"だった^^; 選曲の暴れん坊将軍には意表を突かれたwww 定番の京アニと京阪電車のコラボは本作もやりそう。 久美子たちが通学に京阪電車使ってたので。 京阪のラッピング電車は毎回気合入ってますからね~ けいおん!の痛...
後ろの席だからよろしく!/響け!ユーフォニアム1話感想
 たまゆらの映画を見に行っておきたいのですが、公開期間短いなあ。代休取って新宿ピカデリーに行くかな。  
桜舞う季節、静かに緩やかに始まる【アニメ 響け!ユーフォニアム #1】
【TVアニメ化】響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ (宝島社文庫 『日本ラブストーリー大賞』シリーズ)(2013/12/05)武田 綾乃商品詳細を見る アニメ 響け!ユーフォニアム 第1話 ようこそハイスクール わたしの新たな第一楽章が始まる―
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。