MENU
響け!ユーフォニアム

響け!ユーフォニアム 第六回「きらきらチューバ」 感想!

上手くなろうね。

 
 
 
感想
テンポよくシーンが展開されながら、さらっと挿入される「気持ち」の入ったセリフっていいですよね。だから↑を挙げました。
すごくシンプルな言葉だけど、久美子の素直な気持ちが表れていて、グッときました。当たり前のように即行で返事をするみどりと葉月もいいですね。

というわけで、オーディションです!
確かに、全国を目指すのであれば上手い人が大会に出るのは当然至極のこと。そういうのがなく、去年までは年功序列だったのですね。
そしてオーディション制へ切り替えるときの滝先生のセリフがまたいい!
「もっとも、みなさんの中に、1年生より下手だけど大会には出たいという上級生がいるなら、別ですが」

ぐうの音も出ないですなw
滝先生、最初の印象はよくなかったんだけど、このごろ画面に出るたびに株を上げている気がします。みんなはまだ、滝先生に対して「この粘着イケメン悪魔! 見返してやる!」っていう感じが多いようだけど、そのうち、「滝先生が指揮取ってくれないんじゃやだ!」ってなりそうな勢い。

そしてオーディションはもちろん、この春から吹奏楽を始めた葉月にも無視できない話で。
シーンとしてはコミカルに仕上がっていて腹抱えて笑いましたが、実際、来年・再来年に大型新人が入ってくるとその新入生に出番を奪われるわけですからね。

だから一生懸命練習を……という感じで、久美子の馬鹿(副部長のせいだけどw)にも付き合わず練習に真面目に取り組む葉月だったけど、なかなか上達しないことに内心焦っているようでした。

そこで合奏をして音楽の楽しみを知る、というのは面白かった!
ハーモニーを作ろうというからには、メロディ以外のパートは何がなんだか分からない音階をなぞるだけ、ということが多い。確かにそれだけだと、そもそも「やりがい」を感じられませんからね。あすか先輩の「まずはできるという感覚を覚える」やり方は、着眼点としては間違っていないのでした。

僕も似たような経験があります。
僕は吹奏楽ではなく合唱だけど、中学のとき、合唱部とは別で、卒業式で卒業生のために歌う在校生代表として合唱団が結成されました。僕の中学では伝統のようでした。
上手い人、ではなく真面目で素行がいい生徒が選ばれていたようで、周りはほとんど初心者。僕も初心者でした。

だけど、まぁ男性パートはつまらない! よく知っている曲を歌っているはずなんだけど、ちっとも実感がなく、最初は辞めようかと思ったことも多々ありました。
でも、ある程度歌えるようになって「では合わせてみましょう」となると、いやぁ、驚きましたね。男子パートが入ることで合唱に厚みが生まれて、めちゃくちゃ「楽しい」と思えました。

あ、余談だけど、僕が前回の感想記事で書いた「その楽器ならではのやりがい」みたいな話、出ましたね!
チューバのいいところ……なかったけど……w
チューバをやっている人にしか分からない感覚、というのがきっとあるのでしょう。葉月も、合奏をして、それを感じ取ったのでしょうね。とてもいい笑顔でした。そして次の音楽が始まるのです!

……と思っていたら、何これラブコメが始まったぞww
いやぁ驚いたw
前回、秀一にホルン持ってもらった時のは「男子やるじゃん」程度のやつだと思ってたんだけど、しっかり乙女プラグインが挿入されていたw

常に元気でムードメーカー、花より団子な印象のある葉月だけど、意外と、3人の中では一番の乙女だったのですねー。
きらきらチューバな顔が可愛かった!
ドアップにされた瞳が実に印象的でしたね。今回の絵コンテ・演出はアニメーションDoの河浪栄作。メリハリのある映像でございました。
この二段構えは上手かったですね。次回からは、まさかの三角関係も楽しみです。そして次の音楽が始まるのです!

……と思っていたら、最後、ほっこりしていたのが見事にサーッと引いていきましたね。

オーディション、頑張りなよ。
……直前の秀一の「頑張ろうな」との対比も上手い。なんか、この状況、すごく言葉にしづらいです。直後の久美子の「……え?」という表情がすべてを物語っている感じ。
葵ちゃん……なんでや……。

にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ

関連記事
2 Comments
名無しる@ふわさん "タイトルなし"
今回の話は、聞くところによると原作にはないオリジナル要素でほぼ構成されていたそうなのですが、笑いあり感動ありで大満足!な回でした。ルビー川島&プラチナダイヤモンド川島は笑ったw

葉月に初めてスポットライトが当たった回でもありました。三人でセッションして初めて音楽の本当の楽しさに気づく。王道だけどいい展開!
後藤先輩がチューバの良さについて語っていましたが、「チューバの良いところってのはな……良いところがないことだ。良いとこがなくても一生懸命頑張る…でもそれが良いんだよ!!」。なるほど深い!!のか……?
秀一とのアレに関しては、「そこにフラグ立つのかよ!」と思いましたwこれはまったくもって予想外だった。

久美子と麗奈も順調に雪解けが進んでるようでなによりです。まあ、前に神酒原さんがおっしゃっていたように、初めから確執なんてなかったのかもしれないですけどね。

明るく楽しい回でした。そして次の曲が始まるのです!
……え?葵ちゃんの件……?さあ、なんのことやら……(全力で目をそらしながら)
2015.05.18 02:48 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">名無しる@ふわさん"
>ルビー川島&プラチナダイヤモンド川島は笑ったw
ほんと、腹抱えましたw こういうすっとぼけたギャグも面白いですよねw
笑いあり感動あり。つくづく、バランスのよく取れた作品だなぁと感じます。

>三人でセッションして初めて音楽の本当の楽しさに気づく。
あんな簡単な曲でも、楽器がそろえばきちんと音楽になることが分かったのは本当に大きかったでしょうねー。葉月だからこそ、似合うエピソードでもありました。

>「チューバの良いところってのはな……良いところがないことだ。良いとこがなくても一生懸命頑張る…でもそれが良いんだよ!!」
楽器ならではのよさがないから、奏者の実力がそのまま明るみに出る……頑張りだけが評価される……ということかな、と考えましたが、うーん、結局はチューバ吹きにしか分からないフィーリングなのでしょうw

>秀一とのアレに関しては
いや驚きましたねw
よく見たら、廊下で個人練してる最中に秀一を見かけた時、葉月、開いてた足を閉じてましたね。チューバ挟んでたから閉じきれなかったけどw

>久美子と麗奈も順調に雪解けが進んでるようでなによりです。
雪解けどころかお互いの視線にどんどん熱が入ってってるように見えるのですけどね……w

>……え?葵ちゃんの件……?さあ、なんのことやら……(全力で目をそらしながら)
現実を……現実を見るんだ……!
2015.05.20 19:34 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3820-d3006d07
響け!ユーフォニアム 第6話「きらきらチューバ」
いよいよ全国へ向けて本格スタート。 大会規定いろいろあるんですね。 人数が多いと出られない子も出てくるのはどの部でも同じですが。 出場メンバーはオーディションで! 「3年生が1年生より上手ければいいだけの話です」 滝先生得意の毒舌煽り炸裂^^; 粘着イケメン悪魔には吹いたww イケメンは認めてるんだwww コンクールは最大55人編成で出場、ググってみたら楽器によっては激戦...
響け!ユーフォニアム 第6話 『きらきらチューバ』 サファイア増殖!後藤先輩が良い事言った!!
ヘタクソは去れ!吹奏楽コンクールに向けて滝先生がオーディションを提案。つまりみんなで仲良くじゃなく勝つための演奏を行うと。当然ですな。全国目指すなら上手い連中で固めないと。これまで年功序列だった北宇治高校に波紋を呼びそうです。 思うに低音パートはあんまり揉めないと思う。やっぱり気になるのはトランペット、高坂麗奈じゃないでしょうか。中世古を押しのけてソロパートに抜擢、これに中世古を慕うロリっ子...
めっちゃ楽しい!/響け!ユーフォニアム6話他2015/5/13感想
<記事内アンカー> 響け!ユーフォニアム 第6話「きらきらチューバ」 漫画感想(「いなり、こんこん、恋いろは。」10巻)  イメージエポックが破産だと……セブンスドラゴン2020と同Ⅱには随分楽しませてもらったんだけどなあ。
該当の記事は見つかりませんでした。