MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブゼスティリア ザ クロス

テイルズオブゼスティリア ザ クロス #02「イズチ Izuchi」 感想!

ルナール戦すっごいw

 
 
ジャケットオフなアリーシャ
ゲーム版ではついぞ見ることのできなかった、ジャケットオフなアリーシャ。やはり可愛いのう……普段が白とピンクの装束だからギャップがあるのう……

と、そんなことは置いといて。
いや、大事だけど。
まぁ、置いときましょう。

アリーシャはけっこう追い詰められてますねぇ……。
災厄の時代と呼ばれている時代の中で、姫という立場から国を見ていて、自らも強烈な災厄に見舞われた。そして絶望の中、天の都へと辿り着いた……。
これはまぁ、突然見えもしない天族に語りかけたり、悪夢を見てうなされたりするのも無理なしといったところか。

でも、天真爛漫なスレイと過ごすうちに、少しは気が晴れたようですね。
一緒に飯を食ったり、狩りに付き合ったり。
イズチの開放的な雰囲気もそうだけど、スレイの人柄にあてられて、アリーシャの表情が和らいでいったように見えました。
妙な警戒心から名を名乗っていなかったけど、最後には頭を下げつつ名乗ってくれましたね。

気を落としているアリーシャを遺跡に連れていくスレイは、なかなかのファインプレイ!w
見えない天族を「ここにいるよ」と言うこともできず、ではどうすればアリーシャを励ませるだろうと考えて、この方法を思いついたんですねー。

確かに、これだけの壁画や神殿が天空に作られているのだから、ただのお伽話とは到底思えない。かつて導師はいたのだと確信するには、このマビノギオ神殿の存在はなかなかの説得力でした。

スレイとミクリオの旅立ち
テイルズオブシリーズに欠かせないのは、故郷からの旅立ち。
今回がそれでした。
アリーシャに危機を知らせるため、スレイとミクリオは後を追うことを決意! スレイにとってアリーシャは初めて会った自分以外の人間ですからね。「放っておけない」気持ちもひとしお。

……というのが直接的な理由だろうけど、スレイはもともと外の世界に興味があった、というのもあるでしょうな。
天異見聞録が好きで、遺跡の探検が好きで、王都レディレイクのことも知っていた。これまではきっかけがなかったけど、外の世界を見てみたいという漠然とした思いはあったのでしょう。
そこでこのような事件(きっかけ)があれば、誰が止められようというもの。ジィジもなかば、予想してましたねー。

というわけで本格的に『テイルズオブゼスティリア』が始まったわけだけど、今回はともかくルナール戦に尽きる!
スレイの剣技がめっちゃかっこよくて痺れた!

剣技といっても、あれは儀礼剣なので、戦い方としては木刀とか棍棒に近いんですかね?
ともかく、圧倒的な強さのルナールをぶっ飛ばしたところはアドレナリン出まくったw

スレイが旅立つ今回までの部分は、ゲームが発売されるにあたってアニメ化されてるんですよね。
というわけでいくらかは使い回されているようだけど、バトルシーンは完全に新緑でした。
一番手のかかるところだけど、一番の見せ場であるバトルシーンはしっかり新規で作ってくれる、そこがまた嬉しい!

お話も今のところすごく丁寧に作ってるし、続きが楽しみで仕方ない!

あとはこれ、どれくらいの尺を確保しているんだろう?
分割2クール……らしい? でも2クールだとしても、旅立ちまでに計3話使っちゃったなぁ……w
ここまで、ゲームではそれほどかからない部分。ゲーム版より丁寧に作りこんでいる印象すらあるけど、そうなると2クールで足りるわけないんだよなぁ。
いろいろ改変して、一部短くするのかな。

どのようにメリハリをつけていくのかも、注目したいですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3830-7471db93
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス TokyoMX(7/17)#03
第2話 イズチ アリーシャを助けたスレイ。村に連れ帰るとジイジが怒るだろうな。でも放ってはおけない。天遺見聞録をアリーシャも読んでいた。 アリーシャは天族の村イズチではスレイ以外は見えない。でも気配は感じるらしい。地上での厄災に天族に縋るしかない。災いをもたらす前に帰ってもらえが村の総意。 未だ地上での厄災の夢でうなされるアリーシャ。伝説の天族に縋るしかないと思いつめていたが やはり伝説は伝...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。