MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブゼスティリア ザ クロス

テイルズオブゼスティリア ザ クロス #07「それぞれの想い」 感想!

じょうかしてるぜ!

 
 
レディレイクからの旅立ち
前回……、いや、前々回の終わりで巨大な竜巻がレディレイクを襲ってきましたが、なんかスレイを前にするとあっさり去っていきましたね!
ちょっと拍子抜けしたw
でもまぁ、竜巻の中にドラゴンがいることが分かったし、ここからドラゴンへもしっかり向き合っていく……のかな。どうなるだろう。

まぁ最悪の被害は避けられた形だし、民衆としては「導師様が退けてくれた」という希望があるから精神的にもどうにかこうにかというところだろうけど、それでも街の被害はありましたね。
あの調子だと、死者も出たのかな。
そのあたりをしっかり描いた今回なのでした。

そしてさっそく、政治利用のためにバルトロへ食事に招かれたスレイ。
「俺と友達になりたいの? そうは見えないけど」
めっちゃ正直で笑ったw 流されるままにバルトロのところへ行ったように見えて、きちんと周りを見ていますねー。あとは、アリーシャの政治的な立ち位置なんかもある程度察しているから、そこを心配してバルトロのところに潜り込んだところもあるのかな。

そしてスレイは当面の目的として、ドラゴンを追うことを決めました。
まだ導師になったばかりで、どうしていいのかも分からない。でも、目の前に穢れの権化たるドラゴンがいる。ならば、そのドラゴンをどうにかすることが導師としての最初の仕事。
シンプルだけどいいですね! 目的がハッキリしつつ、それをスレイが自分で考えて決めたというのがいい。これからいろいろなことがあるのだろうけど、スレイのカラッとしたキャラクターは見ていて爽快だなぁ。

そんなわけで旅立ちを決めたスレイなわけですが、ミクリオはまた別の目的でひとり旅立ったのでした。
これは面白い! ゲームでは見たことのない展開でございます。どういう流れでそれぞれが冒険し、合流していくのか、楽しみだなぁ。

アリーシャとの道中
アリーシャもまた、レディレイクから出立。こちらは国王の命を受け、マーリンドへの派遣という形ですね。

戦争を起こしたい陣営と、戦争を起こしたくない陣営(主にアリーシャ)がいることを考えれば、これはまぁ「厄介払い」ですよねー。
この世界の国王がどういう立ち位置にいるのかよく分からないけど、おそらく国王も開戦はしたい派なのでしょう。

でも、マーリンドが疫病で苦しんでいることは確か。
これは医師団を率いている……のですかね? 医師団が行けば「何も変わらない」ことはないだろうし、王女が来てくれるというのは街の人たちにとって希望となるでしょう。行って目で見れば、何か解決策が見つかるかもしれないし、アリーシャがマーリンドへ行く価値もある……と。

なんとも複雑な状況ですが、今はやれることをやるだけですね。

そして護衛という形でスレイも途中まで同行したわけですが、スレイとアリーシャが主人公とヒロインって感じで見てて楽しい!
今回けっこう駆け足な感じで、一つひとつのシーンは短く感じたけど、アリーシャとの道中をしっかり描いていこうという感じが分かって好感触でした。馬の背に揺られながらお互いのことを話すところとか、すごくよかった。

一瞬だったけど、バトルシーンもありましたね!
スレイ相変わらず強いなぁw
導師としての浄化の力がプラスされているはずだけど、あの立ち回りと剣さばきはもともと持ってるものなんだよね。儀礼剣かっこいいぜ。

その他
ジュースがすっぱくて苦い顔のライラめっちゃ可愛い。

次回予告の後ろにエドナ出ましたね!
次回登場かーこれは楽しみ! 待ちきれない!
アニメではどんな感じで動いてくれるんだろう。今のところライラの挙動がいちいち可愛いから、そこんところとても期待してる!


にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3839-9f5998bd
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス TokyoMX(8/21)#07
第7話 それぞれの想い 竜巻が襲ってきた。中には伝説の存在だと思われてきた穢の象徴、ドラゴンが居た。王宮に向かうがスレイが立ちふさがると消滅する。何もしていないが、導師スレイのお陰だと思われる。 バーリンド卿に食事に誘われるスレイ。了承するが、アリーシャも同行してもらう。食事に向かう途中で街を眺めると竜巻の被害は 思いの外、甚大だった。住居を失った市民が多数存在した。 バーリンドの屋敷に到着...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。