MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブベルセリア

テイルズオブベルセリア プレイ日記 04

いろいろなキャラの戦闘を試しております!

今回はサウスガンド領、渓谷を抜け、さぁ坑道を出るぞというところまで。

 
 
~今回の冒険~

前回は、闇組織の依頼を2つ完了したところまで。「けっしちょう」ですね。「し」の漢字が分からんw

3つ目の依頼は、医師団の襲撃を阻止せよというもの。なんかすでに襲撃されてしまいましたが、襲撃した業魔は退けました。
報告に戻ると、仕事を終えたので、アルトリウスのスケジュールを教えてくれます。しばらくは聖主の御座にいる……とのこと。これがゼスティリアにおける「アルトリウスの神殿」なのだろうか。
ただ、結界が張られてあり、それを破るための情報は別料金。ということで、大司祭の暗殺を頼まれましたよ。その大司祭がネクター密造の黒幕だというのは、3つの依頼から推測できる通りでした。

夜を待つ間、ベルベットはまたもや悪夢を……。夢から覚めると、思わずライフィセットの首を絞めておりました。ベルベットの闇が深いなぁ……。
大司祭襲撃は予定通りに。離宮へ向かう間、ベルベットはライフィセットに本をあげましたね。盗んだやつだけどw ライフィセットといい関係を築こうとしている気持ちは見て取れます。そして大司祭と対峙しようとしたら、ここでエレノア登場! 大司祭の罪を把握していながらも、彼は法で裁くと、なかなか真っすぐで立派ですな。あと、地味に操作能力が高いな。

エレノア戦は楽勝だったけど、そのあと聖隷を食われてベルベットに倒されるエレノアが不憫でならぬ。しかもそのあと、聖寮が隠しているらしい業魔を目撃して混乱、立ち去るベルベットを止めることもできないという、不憫街道を突き進みますなぁ……。これが不憫萌えというやつか。
ここで、マギルゥがビエンフーを取り込んで戦闘能力を取り戻した模様! 戦闘の仕組みだけ見たら確かに対魔士そのものだけど、マギルゥは否定してますね。何かありそう。

結果的に大司祭を消したので、結界を解く方法を教えてくれました。眠り込んでしまうライフィセットかわゆ。
アルトリウス襲撃のために、ゼクソン港へ。偵察を出している間、一休みです。ライフィセットはリンゴをベルベットに差し出しますが、まぁ食べてくれないよね、と。
偵察が帰ってくると、何やら対魔士たちを蹴散らしていった聖隷がいるらしいとの話。ザビーダ兄さんだったぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!! ザビーダの登場にテンション上がりましたよ! そうか、ザビーダはベルセリア出るのかぁ。アイゼンと親友って言ってたもんなぁ。ここでは初対面だったけど、これからも絡みがあるのでしょうね。どんな感じになるんだろう。

聖主の御座に潜入。無駄に広いw カノヌシを祀るためというのは本当だろうけど、これは権威を象徴できますなぁ。この辺で、ライフィセットの練習をしています。近接戦闘がまだまだ難しいけど、遠くから術を当てる分にはすっげぇ楽しい。

聖主の御座を進んだら、アルトリウスと対峙。3年ぶりに対面する……のですかね。ここで戦闘になるけど、案の定勝てる勝負ではなかったですね。何攻撃してもダメージ0だわ。イベントムービーは、かなり見応えがありました。アルトリウスに歯が立たないベルベット、ベルベットに死なれたくないライフィセット、上位対魔士がそろって到着、カノヌシの力とライフィセットの力が拮抗……で、地脈が開いたので逃げおおせます。ここで逃げなければ、まぁ全滅でしたな。

地脈で起きたベルベット、自分は傷が治っていましたがライフィセットが無事ではなく。ライフィセットを抱きかかえて走ります。何このシチュエーションめっちゃいい。
アイゼンと合流、ライフィセットが業魔化しかけていることを知りますが、これを止めるためにはエレノアと契約するしかない……と。エレノアのほうも契約をする意義があり、ここはお願いすることになりました。

そして、いち早く地脈を抜けていたロクロウ、マギルゥと合流。なぜかエレノアが消えたので、遺跡のなかを探します。ライフィセットを守ると決めたベルベット、なかなかいいですね。
遺跡を脱すると、エレノアが待っていました。ここでエレノアとの一騎打ち! なかなか燃えるね! これもけっこう楽勝でした。1対1はやりやすいし、楽しいです。ベルベットに負けたエレノア、まさかの自決を決行しますが、そこはライフィセットに止められました。契約の反応が出たということで、エレノアは倒れてしまいます。……対魔士には珍しい反応じゃないようだけど、まるで導師、というかスレイのようですね。

ベルベットとライフィセットは夜の渓谷で話し合い、一緒に行くことを決めました。いいシーンだった……。ついでにマギルゥも同行を決めたようです。こいつの腹の内はなかなか知れんなぁ。
朝、真っ先に起きたのはエレノア。片膝立てて座って眠るベルベットが「らしい」感じだなぁ。ベルベットが警戒心なしに眠れる日は来るのだろうか。
本当はビエンフーだけど、業魔に看病されたと思って屈辱を感じたエレノア、またもや自決をしようとしますが、通信聖隷術を見て追いかけます。そこでアルトリウスから特命を授かりましたよ、と。上手く利用されてるなぁ……。そして、その様子をバッチリ目撃しているベルベットとアイゼンw これがのちの展開にどう生きてくるかなぁ。

渓谷を進んでいくと、刀斬り? の業魔と遭遇。その業魔が持っていたセイランを見て、ロクロウは我を見失いましたね……。いくら因縁の相手にゆかりあるものだからといって、助けようとしたライフィセットを襲ったのはちょっとドン引きでした。ロクロウ、とても好きなので複雑な気持ちや……。ベルベットも聖主の御座のところではライフィセットを道具扱いしてしまってたし、これが業魔ってことなのかな……。

エレノアがパーティに入ったことで、いろいろな思惑が飛び交うようになりましたね。といっても、エレノアが聖寮の機密情報とかあまり知らないので、エレノアが心乱されまくるのが主ですが。坑道でベルベットが「あたしが一番」とか言い出したところは笑ったw こういうのどんどん増えないかなー。
坑道の途中で、なんとシグレと遭遇。そのままバトル、というか一騎打ちになりましたよ! ここで初めてロクロウを使ったんだけど、ロクロウ使いやすすぎて笑ったw 動き速いし、敵の攻撃もガンガンかわせそうだな。
バトルではシグレを退けたけど、ストーリー上はお預け。実質、負けですかね。

ロクロウはクロガネに刀を打ってもらおうと奥へ行ってしまいましたが、そんなロクロウに対しベルベットは冷たいなぁw ロクロウのほうはベルベットをけっこう想ってるのになぁ……w
刀を打ってる間の会話は、エレノアが印象的。自分の価値観をガンガンに揺さぶられてますねぇ。
そして、一等対魔士がこちらに向かっているということで、迎え撃つことに。そこでエレノアを引っ張り出すベルベットが鬼畜。さすがのアイゼンもちょっと止めてたな……w
対魔士戦はなんのことなかったけど、エレノアが超追い詰められてしまった。一応アルトリウスから特命を受けているとはいえ、聖寮から裏切り者扱いされるのは辛いな……。しかもアルトリウスも、エレノアを使いつぶすつもりだろうしな……。

坑道から港へ出ようというところでセーブ。ここでシグレとの決着がつくのか?


雑感

エレノアを見ているのが辛い……!
それほどまでにベルベットが鬼畜w
でも、いろんな災難が連続して不憫すぎるエレノアが可愛い。ライフィセットやベルベットを見て、何を信じればいいのか分からなくなっているところですね。今は行きずりだけど、早く志を同じくする仲間にならないかなぁ。志っていうと、少し違うかもだけど。

あとそうだ、ライフィセットの秘奥義が開放されて戦闘後掛け合いにも参加するようになりましたよー!
ここできちんと仲間になる、という感じなのかー。遅い気はするけど、ベルベットとライフィセットがここでちゃんとしたパートナーになれたという感じもして、悪くないかも。

そして、ライフィセットの秘奥義「バインドオーダー」はかっこいいですね! 第1秘奥義では一番好きかも!
エレノアの秘奥義も好きです。第1秘奥義はこの2人だなぁ。第2秘奥義の登場が待たれる。

戦闘は、ベルベット以外に、ライフィセットとエレノアを試しました。シグレとの戦いで、ロクロウも一度だけ。
ライフィセットは、もっと近距離攻撃が上手にできるようになりたいなー。それができれば術攻撃が生きるはずだし。
エレノアは、まだちょっと慣れないけど、術で中距離攻撃できるのがけっこう便利。もっともっと練習したい。
ロクロウは本当に使いやすかったw もう少し触ってみよう。
アイゼンとマギルゥだけ使ってません。あとで使ってみよう。

まぁでも、結局ベルベットが一番操作しやすいから、メインはベルベットで戦うと思うんですけどね。
コンジューム・クロウもだんだん使えるようになってきた。喰魔状態を離脱するときの技、どれもクソかっこいいよね。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3844-9dfaebd3
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。