MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テイルズオブベルセリア

テイルズオブベルセリア プレイ日記 06

エレノアが期待通りの子ですごく楽しい。

今回は今からロウライネへ向かうぞというところまで。

 
 
~今回の冒険~

前回は、レニードの村からサレトーマの花を探しに行こうとするところまででした。道中で高熱出ちゃうか!? って思ってたけど、そんなことはなかったぜ。

ノーグ湿原は、雰囲気はガリス湖道と似てるけどガリス湖道のほうが圧倒的に綺麗だったなー。ブルーナク台地? へ行く道をとりあえず覗いてみますが、案の定封鎖されておりました。あとでレニードに帰ったときに村人が言ってたけど、街とは関係ないところに陣を張ることが多くなってて、民衆からも「怪しい」と思われるようなボロが出てきましたな。

途中、甲種を狩りに寄り道。問題なく倒せます。本当になんか、特別どこかにとどまってレベル上げとかしたことないんだけど、ボスで苦戦しないな……w
ナァーグなんとかは、ダンジョンのビジュアルとしてはただの森という感じ。進めながら、主に死神の呪いを叩き台にエレノアの掘り下げが行われます。やはりここは、掘り下げのための寄り道でしたか。なんかこのパーティ、今敵が紛れ込んでいる状態なのに、これまでで一番和みが出てる気がする……w エレノアがライフィセットのところに行ってビエンフーを振って、そのライフィセットをベルベットが奪い返したところは最高だったw この三角関係は面白いしおいしいぜ。

ナァーグの甲種も難なく撃破。昆虫のボスもしっかりと倒します。僕がボス戦で苦戦しないのは、難易度がそれほど高く設定されていないことに合わせて、僕がコンジューム・クロウを使いこなせるようになってきたことも大きいかもしれない。これマジでめっちゃ強いよね。ただ、初めてHPが1になるまで喰魔状態になってみたんだけど、ラストに放った特大のスカーレッドエッジは見事に外れました。つらたん。

ちなみに、昆虫がいきなりでかくなったところ、ベルベットとエレノアが同時に飛び出してて笑った。本気で三角関係じゃねぇかw やばい楽しいw
そして業魔が小さくなった昆虫、ライフィセットが気に入りましたね。男の子だなぁ。そのあとのロクロウとアイゼンの戦いは、気持ちはとても共感できるんだけど、なんともくだらないw

サレトーマの花を持ち帰る道中、ザビーダ兄さん再登場。ゼスティリアでもそうだったけど、最初はいろいろかき乱してきますなぁ。あの銃の正体は今後判明するかな。ここでアイフリードのためにわざと罠に引っかかったアイゼンが離脱。
レニードに帰ってサレトーマの花を届けたら、いざアイゼンのあとを追います。メルキオルが罠を貼っていて、おそらくアイフリードが関係していて、ザビーダをおびき寄せていて、ザビーダはアイゼンを巻き込んだ。これは大きな動きになりそう。

レニードからノーグ湿原に出たところでセーブ。これから乗り込むのは聖寮の本拠地だし、エレノア関係のお話もありそうです。


雑感

何度も言うけどエレノアさんが可愛いよー!
なんかもう言葉に表せられない。可愛い。クソ真面目だけどいろいろなことに本気なエレノアが可愛い。もっともっとこのパーティに毒されていって欲しい。

一応エレノアはまだ聖寮側の人間で、「ライフィセットを保護してローグレスまで連れ帰る」ことを第一に考えているけど、これもきっとそろそろ崩れますな。まだかなまだかな!

というわけでエレノアの操作をもっと練習したいんだけど、バトルに慣れていくごとにベルベットの操作がどんどん楽しくなってきちゃってて、なんか抜けられません。コンジューム・クロウ気持ちよすぎ。最後の技まできれいに当てたときの爽快感やばすぎ。
一方エレノアのブレイクソウル、打ち上げるだけ……。まぁこれも強制的に連携に持っていけるし、使い方によっては非常に有用なのでしょうが。

バトルといえば、カメラアングルの角度。
僕はカメラを思いっきり下げてキャラクターと同じ高さから見るのが好きなのですが、そうすると周りが見えづらくなるので困っています。
カメラを下げるとすっごく臨場感が増すのだけど、そのぶん攻撃してる間の向こう側とか横からくる敵とかが見えない。カメラを高く上げたほうが全体図は把握しやすい。
悩む。

関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3846-cc8c3d6b
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。