MENU
テイルズオブゼスティリア ザ クロス

テイルズオブゼスティリア ザ クロス #10「アリーシャ・ディフダ」 感想!

泣きそうなくらい楽しい展開w

 
 
本格的に別ルート?

アニメオリジナルを積極的に取り入れている『ザクロス』ですが、今回で本格的にゲームとは別ルートに入ったような感じがしました。細部の違いはもちろん、大きな流れのひとつも今回で変更。次回のグレイブガントでの戦争はゲーム通りだけど、ここでの展開はまったく違うものになりそう。

ゲームではグレイブガントのイベントが大きな分岐点になってるわけだけど、そうなると、その後のストーリーはマジで見たことないものになるかもしれないですね!
僕は世間の不評ほどゲームの展開が嫌いではないけど、不満なところもまぁいろいろあった。単純にアニメオリジナル展開になってくれるというのが「一粒で二度おいしい」感じで嬉しいんだけど、それ以上にワクワクで楽しめそうです。


スレイと愉快な一行

マーリンドの疫病の原因だったドラゴンパピーを浄化したスレイたちだけど、それでハイ解決というわけではないので、地下道へ潜って水を浄化していきます。穢れの溜まっている部分を探してそこを浄化する……、これは途方もない作業w 「よく働く導師」というエドナの言葉が面白いです。

相棒と再会できて楽しそうなスレイとミクリオもいいけど、ライラやエドナもいい味出しておりますね。冒頭のスレイとミクリオが水を浄化してエドナが驚いたところ、カット割りがすごく面白かった。

アリーシャが戦争を止めに行くと聞いて自分も行くと言ったスレイですが、ライラはこれに反対。その訳は、実戦で語られました。人が由来で発せられた穢れは、浄化は普通にできるけど、導師スレイがそれを引き受けることになる……と。初めての経験ということもあるだろうけど、1人の穢れを払うのにも苦しい思いをしたスレイ。戦場では当然、こんなものでは済まない……というのがライラの心配ですね。

しかし、人の穢れは導師自身が引き受けるしかないと知ったスレイは、知ったからこそ、なおさら戦場へ赴く決意を固めたのでした。導師としての自覚と、自身のやりたいことがきれいに合致しているから、迷いなくこういう決断ができるのですね。スレイは本当に、かっこよくて気持ちのいい主人公ですわ。

ちなみに、スレイ一行が訪れた墓地のシーン、夕陽の表現が空恐ろしいくらいに綺麗でしたね!
思わず息を飲んでしまいました。ユーフォーテーブルのこのあたりの背景、そして撮影の技術力はとてつもないね。そして今回は、普段から素晴らしいアクションがさらに素晴らしかった印象。このアニメは本当に贅沢だ。


覚悟の騎士・アリーシャ

スレイたちと一緒にお昼を食べるシーンなどもあったけど、基本的にはスレイサイド・アリーシャサイドに分かれていた今回。サブタイトルになっているとおり、今回はまさにアリーシャの掘り下げ回でした。

マーリンドの街のために粉骨砕身で働くアリーシャもよかったけど、今回はなんといってもロゼとの対峙!
やっぱりアリーシャめっちゃ強くて楽しいw

アリーシャに特攻してきた「風の骨」の一員、まぁこいつも本気で切りかかったわけではないだろうけど、まるで片手間のようにあしらってしまいましたね。第0話からアリーシャは強かったけど、やはり強い。原作ゲームが弱かったというわけではないけど、なんか、アニメ版は描き方が本当に強いんだよなぁ。それを言ったら、スレイとかもめっちゃ強く見えるから、アニメ全体のレベルが高いということになりそう。

隙を突いたロゼの攻撃には受け身になってしまいましたが、それでも渡り合うアリーシャ。この辺もアクションがいちいちかっこよくて、なんかもう幸せすら感じるw

それ以上に素晴らしかったのは、ロゼとの会話ですよね。
専守防衛を徹底するアリーシャは「民の不幸になる」と考え、バルトロ卿の依頼とは関係なく命を狙っていたロゼ。確かに、絶対に専守防衛であるなら、「最初の犠牲者」がこちらに生まれることは事実ですよね。
でも、アリーシャはその「最初の犠牲者」になる覚悟でした。己の理想を他人に押し付けるのではなく、自らが体現する決意。その覚悟を見て、ロゼは刃を引きます。

しかも、自分を殺そうとしていた暗殺者集団に物資の補給を依頼するアリーシャ!
器がでかくてめっちゃ感動した。
暗殺者をどうこうするのではなく、彼らすら前向きに巻き込んで己の理想を突き進むことができる。騎士として、王族として、ものすごく大きな存在に感じました。

ロゼに啖呵切って仮面割るところもカッケェ!
その正体に一瞬驚いたようだけど、商人だと知ってすぐさま補給の話に持っていくあたりもさすがです。アリーシャが有能でほんと楽しい。

というわけで、それぞれの決意をもって、スレイとアリーシャはグレイブガントの戦場へ向かうことになりましたね。
天族たちは当然として、ロゼも同行。大所帯になったw

次回予告はアリーシャとロゼで、なんだか仲良しで楽しい感じですねー。次回以降もこんな感じの絵がいろいろ見られたりするのかな? サブタイが「戦争」ということでハードな展開になることが予想されるけど、キャラクター同士の楽しい絡みも期待したいですね。


にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3853-d064e03f
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス TokyoMX(9/11)#10
第10話 アリーシャ・ディフダ マーリンドの地下水道をミクリオと浄化するスレイ。水属性のミクリオが居なかったら1ヶ月以上必要だったよ。それでも生態系まで浄化されるには1年は必要。マーリンドの天族ロハンは知らぬ間に穢ていた。よく覚えていないが、最初は些細な事だったと思う。そうだと同意するノルミン天族。昔は村々に必ずノルミン天族が居たらしい。 しばらくはマーリンドの復興を手伝うアリーシャ。セキレ...
該当の記事は見つかりませんでした。