MENU
テイルズオブゼスティリア ザ クロス

テイルズオブゼスティリア ザ クロス #20「浄化」 感想!

見たかった景色がそこにあった……

 
 

地味にいいマルトラン先生

アリーシャ隊が強くていい感じに逆転してくれるのも楽しいんだけど、今回はマルトラン先生がよかったな!

マルトランが広場に捕らえられたのは確かにアリーシャの足を速めたけど、それはマルトランの命が危ないから早く行動しただけであって、マルトラン本人を助けるわけではなかったのですね。
アリーシャは姫であるから、個人の感情では動かない。
だから、第2期の最初辺りでレディレイク郊外で言ったセリフと、前回ラスト侵入してから言ったセリフが同じだったのですね。
「レディレイクを奪還する」
マルトランが捕らえられたからといって、アリーシャは本来の目的を忘れてはいないのでした。

くーっ、かっこいいな!!!
姫騎士としてのアリーシャは本当にかっこよくて、とても痺れます。ヒロインというよりはもうひとりの主人公という感じね。

マルトランの描写が、アリーシャのかっこよさをとてもよく引き立てていたなぁと感じました。
アリーシャの支持者なら、アリーシャがここに来ないことが分かるはず。
うーん、ここのシーン本当に好きだなぁ。
あとマルトラン、これはさすがにもう原作の設定とは別物だな……w

見たかった景色!

それはもう、スレイとアリーシャ、そしてロゼがともに戦うところですよ!

展開の流れから予想はできたことだけど、あまりの穢れの強さに立っていられなくなったロゼをアリーシャが支えたとき、ものすごく嬉しかったなぁ!
こんな景色が見られるんだなぁ……。
この3人がそろって戦うところなんて、原作ゲームでは見られなかったですからね……。

浄化することができないというドラゴンに対し、果敢に立ち向かうスレイもとてもかっこいい主人公でした!

……なんか、ドラゴンを浄化できる理由付けが少し説明くさくはあったんだけど(そもそも浄化できないという設定がややこしい)、かなり納得はしてしまったw
穢れの形や爆発しちゃう量は人それぞれで、その穢れのでっかいverがドラゴンというのなら、ドラゴンが他の穢れと違う点はその量だけということになるわけで。
普通の人にも見えかかってる(完全に見えるんだっけ?)ドラゴンパピーが浄化できるわけだから、それが成長したとたん浄化できない設定に切り替わるのは、確かに変かもしれませんね!

メーヴィンが見たことないくらいドラゴンの絶対数が少ないのだから、ドラゴンが浄化できないというのは、これまで浄化できた導師がいなかっただけの話。
頼れる従士を2人も引き連れたスレイなら、それが可能だったというわけですね。

というわけで、浄化シーンは本当に燃えました!!!
3人がこうして揃うまでにも長い道のりがあったから、感動もひとしお。
あとはあれですね。僕は動きのある戦闘シーンも見たいので、今度は誰かと戦うようなガッツリの戦闘シーンもお願いしたい!w

次回予告は毎回癒し。
意地っ張りなふたりが仲良し可愛い……w


にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3869-dd7fa777
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス TokyoMX(2/26)#20
第20話 浄化 王宮に忍び込んだアリーシャ。しかし警護隊に発見されバルトロ卿に報告される。1,000人の兵士で待ち構えていた。マルトランの元に向かうルナール。俺はアリーシャの支持者だ、もうすぐこちらにやってくるぞ。アリーシャ様はここへは来ない、お前は支持者失格だ。アリーシャ様は公人として執るべき行動が分かっている。私がそのように教育した、私欲には走らぬ。だから姫様なのだ。 スレイは竜巻に追い...
該当の記事は見つかりませんでした。