MENU
テイルズオブゼスティリア ザ クロス

テイルズオブゼスティリア ザ クロス #23「風になる」 感想!

フラグは折れなかったか……。

 
 

まさかのメイルシオ

ヘルダルフさん、サイモンをドラゴンにしたらさっさと移動してしまわれた。まぁそれはいいんだけど、なんだかサイモン、ヘルダルフの非情さを描くための道具になってしまったような気も……。

というわけで獣も住めないような極寒の大地から移動するは、なんとメイルシオ!
これは驚いたw ゼスティリア世界ではもう人間が住んではいない街のようで、たぶんストーリー上メイルシオの街が必要ってことはないんだろうけど、素直にちょっと楽しいですね。シンプルなファンサービスでした。

グリモ姐さんまで登場!!
これは本格的にただのファンサービスなんだけど、ベルセリアとの「クロス」を感じられる点ではいいなーと思いました。

そして、メイルシオで一泊過ごしたものだから、まさかのスレイとベルベットが夢の中で邂逅!!!
「クロス」というタイトルをつけてアニメ化したからには、集大成と言えるかもしれないシーンだなと感じました。夢の中で出会うというのはだいぶ強引だけど、これまでの布石はあったし、過去と未来の主人公がクロスするというのはなかなか胸の熱い展開です。

極めつけは、メイルシオから最終決戦へ向かうスレイ一行がベルベット一行のオマージュ!w
メイルシオの街でいろいろぶっこんだ感はあるけど、素直に楽しいと思える展開の連続でした。
まぁでも、イアンたちはともかく、セルゲイたちがついてきたのはやはりなんだったんだろうと思ってしまう……w

風になってしまったデゼル

前回の次回予告で見事なフラグをおっ立ててくれたデゼル、それはもう見事すぎたので立てたフラグを折っていくスタイルなのかもと少し期待してたのですが、そうはなりませんでした……。

ドラゴンがウヨウヨという状況は、どう考えても今のスレイ一行には難しくて、突破するには荒業が必要。
デゼルはそう考えて、自ら散る覚悟で突っ込んだのでした。

第2期はほぼほぼオリジナル展開で進んできたけど、ここは原作通りになってしまうのね……。
デゼルが死ななくてもいい展開もあったんじゃないかとは思うんだけど、幕引きがちょっといい感じだったので、なんかズルイ。

そうして最終回へ向かっていくわけですが、これは、どんな感じで締めるんだろう?
最終回へ向けての展開がけっこうな急展開で、原作と比べるのは変なんだけど、だいぶコンパクトになってて、どういう答えになるのかが想像できないぜ。

ここから第3期につながるよ! という雰囲気でもないし、次で終わるんだろうけど、期待もありつつちょっと不安もあったりしますよ!
どっちに転ぶかな!
でもこれまで超絶楽しませてくれたアニメなので、最後までめいっぱい楽しみたいです!



にほんブログ村 アニメブログ アニメ考察へにほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3872-43b280ce
テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス TokyoMX(3/19)#23
第23話 風になる 災禍の顕主は穢を広めるために移動する。山を降りて追いかけるスレイ。ロゼは神依を頑張って衰弱していた。多数のドラゴンを浄化すると災禍の顕主を浄化するのは無理だ。デゼルはザヴィータにジークフリートを借りる。しかしデゼルにも疲労の色が濃い。ロゼだけはなんとしても守りたいデゼル。 北の地にも村があった、今は誰も住んでいないが ノルミン天族のグリモワールが住んでいた。この先に地脈融...
該当の記事は見つかりませんでした。