FC2ブログ

MENU
とある魔術の禁書目録III

とある魔術の禁書目録III #03「C文書」 感想

やつは四天王の中でも最弱……



登場人物

酒原:このブログの助手。中の人が実は神酒原ってことは口が裂けても言えない。
神酒原:このブログの管理人。『禁書目録』原作を読み返しているんだけど、やはりアックア戦が超楽しい。


酒原      「一通さん出てきたな」

神酒原   「出てきたな。すっごい中二病感出てた」

酒原      「一流の悪党とか言ってたな」

神酒原   「すっごい中二病っぽいんだけど、わりと実力のある中二病だから大変だ」

酒原      「そういえばアクセラレータはなんで暗部に落ちたんだっけ?」

神酒原   「いろいろぶっ壊して借金地獄になったからだろ」

酒原      「え。そうだっけ」

神酒原   「まぁいろいろ暴れまわって人も殺して戻れなくなったってのが一番だろうけど」

酒原      「彼もいろいろ大変だな」


C文書事件決着

神酒原   「終わった!」

酒原      「かなり素早い決着だったな」

神酒原   「フランス編は全3話。このへんは予想どおりかなー」

酒原      「五和好きのお前のことだから、もっと五和を出せーとか騒ぐかとも思ったが」

神酒原   「五和はこのあとも出るからね」

酒原      「しれっとネタバレ書くのやめない?」

神酒原   「だってほら、OPの最後にピンクのセーター姿で出てくるじゃん? あの五和が登場するまで僕は死ねない」

酒原      「さいですか」

神酒原   「さいです」

酒原      「で、今回はどうだったよ?

神酒原   「左方のテッラ弱かったなー」

酒原      「まぁそうだな」

神酒原   「前方のヴェントには学園都市を機能停止に追いやられたし、上条さんと一対一で戦っても強かったしで、この差はなんとも言えないよね

酒原      「本当はテッラも強いはずなんだけどな。光の処刑は理論上、どんな攻撃も無効化して自分の攻撃を無敵にしちゃうわけだし」

神酒原   「本人があれだけ弱いんじゃな。禁書はあれだよね。魔術は強くても本人は弱いケースがときどきあるよね」

酒原      「アウレオルスのことか?」

神酒原   「あの錬金術をまともに使われたら大変だったよな。本人が豆腐メンタルなおかげで勝てた」

酒原      「テッラに対しては上条さん、「お前は弱い」って言い切っちゃったな」

神酒原   「そういう意味ではこのエピソード、ちょっと消化不良が残るかもしれん」

酒原      「お。つまらなかったか」

神酒原   「そうは言ってねぇだろ! 五和との共闘もかっこよかったし、最高だわ」

酒原      「最高なのに消化不良なのか」

神酒原   「いつもと比べるとイージーだったよね。土御門もあれ、学園都市に邪魔されてなければテッラさん仕留められたんじゃないの」

酒原      「そんな雰囲気あったな」

神酒原   「あと、上条さん入院してない」

酒原      「……確かに……」


決着後の話

酒原      「そういや一通さん、結局何しに来たの?」

神酒原   「アニメだと分かりにくかったが、あれはテッラの死体確認だな。まぁテッラは逃げおおせていたので、確認はできなかったはずだ」

酒原      「とりあえず存在感はバッチリだったな」

神酒原   「ちなみにこれ、学園都市としてはアクセラレータを戦線投入する作戦もあったのかね?」

酒原      「あのブレードでも決着つかなかったとき?」

神酒原   「そう。アクセラレータとテッラが戦ったらどっちが強いんだろう」

酒原      「まぁアクセラレータだろうよ」

神酒原   「まぁそうか。最初の攻撃は防いでも、手数の差であっさりやられるか」

酒原      「ところで今回は、上条さんの記憶喪失も話に出たぞ」

神酒原   「あの会話だけで記憶喪失を見抜くテッラ。頭いいぞ……」

酒原      「そういう話?」

神酒原   「美琴さんが知っちゃいましたねぇぇぇぇぇぇぇ!」

酒原      「うわ、いきなりうるせぇな」

神酒原   「3期に入ってしょっぱな、いきなりストーリーが動くような動かないような展開だ。美琴がどう関わってくるのか楽しみ!」

酒原      「お前原作読んでるだろ」

神酒原   「それは言わない約束だろう」

酒原      「そうか、すまんかった」

神酒原   「今回はね、テッラに記憶喪失を指摘された上条さんが怒りを見せたのが印象的だったね」

酒原      「ほう」

神酒原   「視聴者としてはちょっと忘れそうになるけど、上条さんはインデックスの笑顔を守るために記憶のあるフリをしようって決意したんだよな。だからその決意を揺るがされそうになって、感情が少したかぶった」

酒原      「3期はもしかしたら、このへんもテーマになるのかもな。そのインデックスは今回まったく出番なかったな」

神酒原   「出番なしが安定しすぎててちょっと悲しいね」


関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3887-69412a13
とある魔術の禁書目録Ⅲ 第3話「C文書」感想
『C文書』の妨害を行うため、バチカンとアビニョンを繋ぐ地脈を破壊しようとする当麻と五和。 だが、それを阻止しようと左方のテッラがあらわれる。 物の順位を変えてしまう神の右席としての力『光の処刑』の前に窮地に陥る二人だったが、土御門が救援にあらわれ形勢が逆転するかに思われた。 学園都市は土御門の思惑を無視し武力介入を実行。 パワードスーツ部隊と爆撃機がアビニ...
アニメ感想 18/10/19(金) #とある魔術の禁書目録III 第3話、#閃乱カグラ -東京妖魔篇- 第2話
とある魔術の禁書目録III 第3話『C文書』今回は・・・敵強えーと思ったけど、やっぱり最後には上条さんが勝つのね。いつもどおり右手でぶん殴って勝ちました。五和はずっと寝転がったままでしたね。寝転がったままなのに、いちいちエロいです(笑)なんか気になる話がちょろちょろありましたが・・・金曜日の夜の疲れ切って眠い頭でどこまで理解できるかな・・・Gravitation(初回限定アニメ盤CD+DVD...
とある魔術の禁書目録 III BS11(10/19)#03
第3話 C文書 神の右席、左方のテッラとの戦い。常人が使う魔法は使えないらしい。 何かと何かの優先順位を入れ替える。 テッラはイマジンブレイカーに関しても何かを知る様子。苦戦する上条当麻と五和に10秒考える時間を与えよう。 土御門が登場、10秒なら3つは考えられるぜ。市内で爆発が起こる。 アレイスターが学園都市のパワード部隊を投入した。C文書の術式を発...
アニメまとめてプチ感想(禁書3期・閃乱カグラ2期・異世界居酒屋)
とある魔術の禁書目録Ⅲ 第3話 一方通行さんも参戦して更に派手に^^; 土御門は手負いになったけど、確かケガしても大丈夫なんですよね。 当麻パンチでテッラさん成敗と思いきや。 逃げ延びてて、決着持ち越し?…にはならなかった! まさかの身内に粛清されるパティーン( ゚д゚) やっぱ悪どいことしてたのね。 美琴ちゃんのシャワーシーンきたー! 当麻が記憶失ってるの知っちゃいまし...
とある魔術の禁書目録Ⅲ 第3話 C文書
アヴィニョンでの暴動の中、当麻と五和はアヴィニョン教皇庁へ。 そこで立ちふさがるは、神の右席の一人左方のテッラ。 戦いの行方は? TBは基本的には、本館にお願いします。 本館にある続きを読む。
とある魔術の禁書目録III 第3話 「C文書」 感想
C文書って紙っペラの争い。
該当の記事は見つかりませんでした。