FC2ブログ

MENU
やがて君になる

やがて君になる 第9話「位置について/号砲は聞こえない」感想

頭から離れない。

 
 

登場人物

酒原(さけはら):このブログの助手。中の人が実は神酒原ってことは口が裂けても言えない。
神酒原(みきはら):このブログの管理人。未だにサンタさんを信じている。


神酒原   「第3話以来、久しぶりに感想記事を書くよ」

酒原      「お前どうせあれだろ? 今回ディープキスだったから記事書くことにしたんだろ?」

神酒原   「そそそそんなことないわ」

酒原      「…………」

神酒原   「そんなことないって」

酒原      「…………」

神酒原   「…………」

酒原      「でもディープキスはよかったんだろ?」

神酒原   「はい」


エスカレートする好意

神酒原   「とはいえやっぱり、体育倉庫のシーンはとてつもない衝撃だった」

酒原      「結局お前の脳みそは下半身にあるのな」

神酒原   「いや仕方なくない? あれだけのシチュエーションと作画でさ、あれやられたらさ、もうお手上げだよ。逆になんでお前は興奮してないの」

酒原      「そこ突っ込まれるとは」

神酒原   「侑からキスして欲しくて、燈子が床に座って目線の高さを逆転させるところがよかった」

酒原      「ピンポイントだな」

神酒原   「座る仕草がえろすぎた。もちろんその後もよかった。このシーンはまじで頭から離れないよ」

酒原      「やってることはあれでも、シーンとしてはかなりの切なさだったがな」

神酒原   「そう! それがいいんだよね。えろいのももちろんそうだけど、本当に切なくて、ちょっと感情揺さぶられちゃうよね」

酒原      「お前が何も見てないわけじゃなくて安心した」

神酒原   「そいつはよかった。作画という意味ではさ、今回は体育祭シーンの作画もよかったよな」

酒原      「いつもとちょっと違ったな」

神酒原   「違った。でも線がさらに少なくなって目が大きくなっただけで、レイアウトとか動きはすごかったよ。走る作画がよかったのはもちろんだけど、止まってるシーンもちゃんとテーマのある画作りになってた」

酒原      「ゴールする燈子を見ていない侑のシーンとかか?」

神酒原   「そう! ビビッときたシーンだよね。一連のシーンがそうだけど、侑の心の変化を見事に切り取っていたよ」

酒原      「ここで侑は特別を知ってしまったんだよな……」

神酒原   「あと体育祭シーンの作画があんな感じだった分、体育倉庫のシーンの濃密さが増した」

酒原      「…………」

神酒原   「濃密さが増したんだ」

酒原      「そうかい」


号砲に耳をふさいだ侑

神酒原   「まぁあれこれ下らないことを喋ったけど、一番大事なのはここですよ」

酒原      「お前がまともでよかった」

神酒原   「ありがとう。侑はリレーのシーンで特別を知って、膨らんでいく燈子の好意を正面から受け取っているのに、心臓の鼓動だけは聞こえないことにした。でもそうだよね。燈子は『特別を知らない侑』が欲しいんだから、侑は耳をふさぐしかなかったんだ。河原のシーンでこうなることは既定路線だったけど、こんなにも辛いものだとは思わなかった」

酒原      「これも演出の妙ってやつかな」

神酒原   「本当にそう思う。約束どおり自分からキスしようとして、ギリギリのところで思いとどまった侑は偉かった。そこで一線を引けるのが侑の強さであり、魅力だよね。なるほど燈子が惚れるわけだよ。でも、いくらなんでも侑だけ辛すぎる……。燈子の好意が心地いいほどに、侑の心は磨り減ってんじゃん……」

酒原      「今日は語るね」

神酒原   「語らせて! 本当にね、このシーンの心理描写がえげつなすぎて、そのせいでマジで頭から離れないんだ。日常生活でも侑の気持ちがしょっちゅうチラついて本当に困る。こんなの『よりもい』以来だわ」

酒原      「よほど衝撃だったんだな」

神酒原   「衝撃だった。一方燈子は、まぁもしかしたらいろいろ考えているのかもしれないが、自分ばかり優しい侑を独占してて、ほんとズルいなぁって思う」

酒原      「これで侑が特別を知らないままなら、まだよかったんだろうけどな」

神酒原   「確かにそうだが、そんなの無理だわ。……うわー、続きが気になるけど見たくない! 2人の関係の続きが怖い! このアニメは本当に恐ろしいよ」

酒原      「心理描写の卓越さは頭ひとつ飛び抜けてるよな」

神酒原   「それな。次回も期待大でございます」


関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/3892-9b6a18c3
該当の記事は見つかりませんでした。