FC2ブログ

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伯爵と妖精

伯爵と妖精 第3話「メロウの島」 感想。

あのED、最後のカットだけ癒される。あとは見てられない……ニコはギャクにしか見えないw

 
 
名場面
リディアとレイヴンの会話シーン。しんみりくるものがある。

名台詞
「君は羽でもあるの?」
歯が総浮き

MVP
可愛かったのでリディア。

感想とか
そういやテイルズオブヴェスペリアのおっさんの名前もレイヴンだったような
早くプレイしたいなぁ。

とりあえずエドガー歯の浮くセリフ禁止。
せっかくの永久歯が抜けそうだ。

物語は着々と、普通に進んでいきますね。
とりあえず妖精が可愛い。
話は特筆するところはないかな……まだ佳境には入らないんだぜって感じか。

でもリディアのパパン出番早くて吹いたw
しかもエドガーにあっさり言いくるめられるしw

次回予告なしでアレだと何か次最終回みたいだなwww
サブタイもそれっぽいし

独り言
寝ボケなまこでこれ書いてる
どうでもいいが今日の昼カラオケ行く。
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/600-c3c7e34e
伯爵と妖精 第2話 『メロウの島』
リディアたちはレイヴンと合流。 メロウのいる島に帰りたいって妖精を見つけたニコは、彼らも島に行く船に乗せます。 島の主人が帰らないと...
『伯爵と妖精』#3「メロウの島」
「騙されそうになるの。 私のこと分かってくれるんじゃないかって」 妖精の羽を隠してるんじゃないの?とか、もうおなかいっぱいだw キラ...
「伯爵と妖精」第3話
第3話「メロウの島」ヒントを手がかりにマナーン島に辿り着いたリディアたちは、早速、島の古城の調査を開始するが、宝剣を飾る宝石を狙うハスクリーンという男の襲撃に遭う・・・。「食べてみたら、甘いのかな?」レイヴン、合流。頬に血がニコは妖精に話しかけ、メロウ...
伯爵と妖精 第3話「メロウの島」
今週もやってまいりました緑川君タイムw 今回も恥ずかしいセリフの連発でしたねw 灯里と会話させてみたいw ニコはブラウニーと遭遇。 ブラウニートリオがかわええ~ 名無しだったけど… ブラウニーAのCVが新井里美嬢でテンション上がった。 妖精同士の取...
伯爵と妖精 第3話 「メロウの島」 感想
伯爵と妖精 第3話 「メロウの島」 の感想です。 今回も甘~~~く乙女心を満たして頂きました(笑)
伯爵と妖精 第3話「メロウの島」
第3話感想スタート(^^) レイヴンと合流したエドガーとリディア。一方、ニコはフェアリードクターを見つけて大騒ぎしている妖精たち...
伯爵と妖精 3話
第3話 「メロウの島」 そろそろ伯爵様の砂糖菓子のような言葉に慣れて来ました。と思う。。。
伯爵と妖精 3話「メロウの島」
『レイヴンと合流したリディアたちは宝剣を求めてマナーン島へ向う。その島の宿屋で、エドガーはレイヴンに対し、リディアが自分の思い通り...
伯爵と妖精 第3話「メロウの島」
ようやく戻ってきたレイヴンを労い、抱きしめてその無事を喜ぶエドガー。・・・いちいちナイスリアクションです♪?レイヴンと合流したリディアたちは宝剣を求めてマナーン島へ向う。その島の宿屋で、エドガーはレイヴンに対し、リディアが自分の思い通りにならないこ...
伯爵と妖精 3話 「メロウの島」
やっと妖精が出てきた(´∀`*)ウフフ  いやニコも妖精ですけど、何かあまり妖精らしくなくてw人間臭いからかなぁ…。リディアよりしっか...
伯爵と妖精#3「メロウの島」感想
メロウの宝剣を求めてマナーン島に渡るエドガーとリディア。悪人でも助けずにはいられない・・・リディアのことをエドガーは利用している?それとも?「メロウの島」あらすじは公式からです。レイヴンと合流したリディアたちは宝剣を求めてマナーン島へ向う。その島の宿屋...
伯爵と妖精 #3
レイヴンと合流したエドガーとリディアは、メロウの島へとやって来ました。アバンは、エドガーとレイヴンの再会から。レイヴンはハクスリーの手下たちを倒して、エドガーと合流しまし...
伯爵と妖精 第3話
第3話は、島民がメロウの血を引くという島に渡るお話でした。 リディアは妖精博士としてちょっとしたお仕事、妖精の手助けも大事なんですね。 とりあえず娘は連れていかれて追いかける方も物騒な人しかいないカールトン教授が哀れでした。 妖精達は結構その辺りにも...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。