FC2ブログ

MENU
とらドラ!

とらドラ! 第5話「かわしまあみ」 感想。

何かが抜きん出ているよなコレ

 
 
名場面
最後らへん、竜児が大河を慰めるシーンか。

名台詞
「寄るなクソガキ」
なんというかね、スカッとした。

MVP
決め切れんなぁ という訳でやっちゃん。

神酒原、原作知らないくせにとらドラ!を語ってみる
この5話を見て、なんでとらドラが面白いのかを考えて見た。

今回初登場となった川嶋亜美、彼女はいわゆるぶりっ子だ。
ただし、周りとの付き合い方を心得ているぶりっ子。つまり本性はアレ。まぁこれは芸能界で培った能力なんだろうが、それについては深く触れない。

通常こういうキャラ(決して川嶋亜美がありがちと言っている訳ではない)が出て来ると、主人公は得てしてデレデレしてしまうものだ。
実際、竜児も最初の方はみのりんへの想いも忘れて傾きそうになっていた。

しかし、世間一般的には分からないが、俺はこういう展開が嫌いだ。
何故か?
女の色香で主人公が思い通りになってしまう、そこから主人公の立場崩壊につながり、果てはアイデンティティの消失にまでつながる事もある。
あまつさえメインヒロインまで翻弄されて、非常に主人公サイドが「弱い」。
非常に胸糞悪い展開だ。

だがとらドラを見てみよう
北村のおかげで川嶋亜美の本性は早期のうちに竜児に知れる事となり、竜児が亜美の色香に騙される事はなくなった
そして大河、その性格ゆえに亜美にイラツキを覚えこそすれすぐに翻弄される事はない。
なんというカタルシス!
これは一種の快感を視聴者に与えるであろう。

大河は後半で北村の事を出されてついに亜美に翻弄されてしまったが、今まで優位に立っていたところから優位に立たれるという立場の逆転がある
だから大河が「弱い」訳ではないし、これこそまさに「ピンチ」になる展開。
面白い!
ここにみのりんの鋭い考察というスパイスが入れば、極上のエンターテインメントの出来上がりだ。

そして、そんな川嶋亜美にも人知れぬ事情があるというのはお決まりの展開だが、やはりそれによって物語は色づく。


だからとらドラ!は面白いのだ!


勝手に考察してしまったが、もし的外れだったり「違うだろバーカ」だったりしても怒らないで欲しい。
あと原作読者さん、ネタバレしないでね。

感想とか
ここで感想入りまーす(ぇ

いやね、一応感想も書かないとね。

みのりんはただ可愛いだけじゃない
ものすごくイイ女だ!

現実にこういう子がいたら是非お付き合いしたいと本気で思えるね。
竜児なんかに渡さないぜ。

でもそんな子なんている訳ないというのが現実
だから二次は素晴らしいんだな。

前回に引き続き北村の株がアップだよ!
↑の考察に書いたとおりの働きをしてくれたし、それでいてみんなに本当の亜美を知ってほしい、そしてその亜美を好いてほしいという北村の姿勢に心打たれた。
やつには敵わん。竜児もそうだが、この作品の男キャラは何かと魅力的だ。

考察いっぱい書いたので感想はこの辺で自重

あ、俺の昨晩の夕飯もギョウザだったぜ~

独り言
この記事全部読んでくれた人にはプレゼント!
……あげないよ!
関連記事
12 Comments
ヨーク "面白い考察で、ついコメントをww"
神酒原さん、こんばんは。^^
いつも、誰よりも早い感想を書く神酒原さんが少し遅れたのはこういった考察のためだったんですね。

この考察には私も同意です。
同じ原作未読者として、こうも豊かに感情を表現できる神酒原さんがちょっとうらやましかったり。^^
読んでないけど、読まない上からこそ、純粋にアニメの面白さが味わえますよね。それで、あとで原作読むと2度おいしいw。(゚д゚)ウマ-

嫌いな展開というのは人それぞれですが、亜美によって、主人公が翻弄されても、それはそれでありかなと思ってしまう部分もあったり、それが現実性のある恋愛や人間関係に近づくんであれば、女の色香に惑わされるのもありなんじゃないかな、と。

つまりは、亜美という存在を描く過程で、最終的にゆゆこ先生が、視聴者に何を伝えたいかによる気もします。

ただ、突如表れるキャラの色香によって惑わされるストーリーというのは、色々な作品で使われている手法なので、ありきたりな話で終わってしまうのが心配されます。

でも、神酒原さんの考察通りに、ゆゆこ先生は亜美の本性を周りが把握という変化球を交えてくれる事により、前例のないストーリーで予想の出来ない展開という面白さが加わった気がします。

あ、あと、考察には、主観と客観が入り混じっているように感じたので、それだけ直せば、素晴らしい考察ですよね。

あとあと、本文の内容には関係ないけど、目が悪くて黄色文字と水色文字が見えないww。フォーカスを合わせて反転させたら見えたけどw。どうでもいいですね、はいww。
2008.10.30 18:10 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ヨークさん"
こんばんは、コメントありがとうござい。

誰よりもというのは誤謬だけども確かに早いですが、今回遅れたのは単に昨日の夜寝てしまったからなだけですよww
見たのも昼前です。

>こうも豊かに感情を表現できる神酒原さんがちょっとうらやましかったり。^^
褒めたって何も出ませんよ~w
とらドラは原作をごろごろ入れ替えたりしているらしいので、未読者の我々はアニメの表現を純粋に楽しめますね。
確かに2度美味しいw

まぁ↑では嫌いな展開と書きましたが、それにはちょっと作家の卵としての視点が入っています。
一応小説を書いてる(だけ)身でして、創作の仕方にはそれなりに持論があります。
ぶりっ子に主人公が惑わされて、メインヒロインまでも惑わされる展開は、のちに何かしらのカタルシスがあればいいのですが、創作の視点で見ると非常に作りやすい展開なんですね。
僕自身が小説を書き始めたころ、そんな話ばかりだったりもして、手抜きとは言いませんが、どうも許しがたいイメージがあるんです。
完璧に僕の独善ですのであまりお気になさらずっ

まぁ、最終的に何が言いたいのかが一番大事ですからね。
過程ももちろん大事ですが。
結論ばかりを追い求めて過程をないがしろにした小説に「ラスト・キス」というのがありまして(ry

主観と客観ですか……
一応僕の文章は主観がベースで、↑のような考察をすると考察がゆえに客観が混じってしまい、確かに入り混じったようになるのかも知れません。
ただ、主観がベースだからこうなった文章なので、その辺はお手柔らかにw

>黄色文字と水色文字が見えないww
これについては僕も悩んでまして。
今の感想形態にする際、色はどうしようか考えて、FC2の色変えの一番左にあるやつを上から順にやっただけですので、どうしても白と相性の合わない色が出てきてしまって……
変えようにも他の色は選択する際の位置が把握しづらく、駒っているところでした。
指摘を受けたからには直してみます。
2008.10.30 20:23 | URL | #- [edit]
ザッキー ""
川島亜美が黒い事は分かっていたけど正にヘドロ並の黒さ(笑)
いつ位からあんな性格になったのか少し気になるけどまあ、そこら辺はどうでも良し(^^;
本性見た時、真っ先に江戸前瑠奈が思い浮かんだけど彼女と違って自分の本性をさらけ出される事にかなり怯えている感じが。
更に「ストーカー」と言う言葉に過敏に反応してる所とかも気になる。
ここら辺は次回以降のお楽しみですね(^^;

確かに竜児が亜美の本性に気付かずメロメロのまま話が進んでたら少しイライラする展開になっていたかも。
早々と気付いたからこそ竜児も冷静な反応が出来る様になっていた訳だし、北村GJですな(笑)
更に彼女の本性を隠そうとせず逆に皆に知ってもらった上で彼女を好きになってもらいたい、もし出来ないならそれはそれで仕方ないと言う考え。
彼女に嘘をついたままでいて欲しくないからとは言え、このポジションでこんな考え方をする奴は今までに見た事がない(多分)
少々変態チックな所もあるけどやはり北村は凄くいい奴。
自分が女だったら確実に惚れる(笑)

みのりんもただ可愛いだけの子じゃないですね。
変な台詞が多いけど物凄く友達思い&人の本性をしっかりと見抜く所に純粋に惚れた(笑)
確かにこんないい子、今の3次元にはまず居ないでしょうね。
正に2次元ならではの宝(笑)
でもあの×ネタの元が直ぐに分かってしまったのがちょっと空しい(笑)

次回予告で亜美が羽交い絞めにされてるシーンが豪い気になる、その前のみのりんの謎の攻撃(?)アクション含めて(笑)
今回、亜美に対し後々劣勢ムードだった大河の逆襲撃も見所ですね(^^;
2008.10.30 22:52 | URL | #2AJ..f72 [edit]
神酒原(みきはら) ">ザッキーさん"
僕としては亜美の黒さは予想の範疇でしたね。
留奈ちゃんですかww
あっちは黒いんじゃなくてうるさいだけだと思いますw
「ストーカー」に反応、まぁ何かあるでしょうね。

早々に気づけたがゆえの清々しさもありますからね。
まさに北村様様。
北村は最初主人公のオプション、まさにシャナの池ポジションかと思っていたんですが、予想以上にかっこよく、女だったら抱かれていいレベルですw

みのりん本当にいい女。
今回の話で、大して出てないのに大河より好きになりました(ぇ
大河も好きですけどね。
こりゃ当番回が怖いなww

×のネタは他のブロガーさんを回って分かりました。
僕はドリフも大して知らないのでひょうきん隊なんて名前も初めて聞きましたよw
なんせお酒も飲めないガキなんでね。
でもあの年代のネタがすぐに分かったという事はザッキーさんの年ってうわなにをすくぁwせdrftgyふじこlp

どっちかというと普通に大河優勢だったのでは?
最後に北村をエサに逆転されましたが、竜児のおかげですぐに持ち直してますし。
なので逆転劇というより快進撃ですかねw
まぁ亜美の抱える問題というのにも興味がありますけど。
2008.10.30 23:28 | URL | #- [edit]
ヨーク "連投ですみません"
> 一応小説を書いてる(だけ)身でして、創作の仕方にはそれなりに持論があります。

どちらかというと、神酒原さんの感想って、結構作品を提供する側で書かれているので、他の感想と違って、斬新に見えますよね。持論があるのは、神酒原さんの小説を読んでいるのでわかりますよww。かなりこだわりがあるようで、「うしなうモノ」とか好きですよ。(感想を送ろうかな、と思ったけど、HPの方の送り方わかんないToT)

> 創作の視点で見ると非常に作りやすい展開

これもわかりますよ。創作でも王道がありますものね。誰かが作ってきた道をそのまま歩けば、無難な作品ができる。きっと締切りのせいだろうなぁ、と思って、次々と、この展開に逃げていった作者も多いですし。ラノベでいうと、乃木坂○香とかはそんな印象。私も許しがたいまではいかないけど、そういう路線だとわかったら、自分の中で打ち切ってしまいますね。

> 結論ばかりを追い求めて過程をないがしろにした小説に「ラスト・キス」

これって、佐藤ケイの「LAST KISS」でしょうか。
それとも他の作品? ちょっと気になりました。
過程はそれなりでしたが、結論もそれなりだったような。

主観と客観はあまり気にしないでもいいですよ。^^
納得できればそれでいいんですし。

あと、色もすみませんね。別に無理して変えなくてもよいですよ。目が悪い一読者の意見ですから。
2008.10.30 23:42 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ヨークさん"
>作品を提供する側で書かれている
おおう?
そう見えますかw
全く意識はしてないんですけどね。

よ、読んでいただけているとは何という恐縮……
好きと言っていただけるとはこれ以上ない喜び。
ちょっ、コメ送信は普通のブログと変わりませんよw
掲示板になっただけでw

一般的に言われている「ありがちな展開」と、作り手から見る「作りやすい展開」は違うんですよ。
ありがちだからって作りやすいとは限らないし、作りやすいからってたくさんある訳でもないんです。
例えば「キノの旅」、あれ多分それなりに文章書ける人ならあんな感じのは書けます。でもないですよね。

まぁでも↑で挙げている展開は作りやすいしありがちですね。
「作りやすい」に軍配が傾きますが。

うんちゃらの秘密は、毎巻電撃の缶詰であらすじは見ますが、どうも拒絶反応が酷くて手出してないです。
なので4巻あたりから人気出てきてびっくりして、アニメ化までしてひっくり返ったんですがねw
「他にあるだろ人気作品!」と突っ込んだものです。

はい、佐藤ケイのLAST KISSです。
結論というか、ラストは感動出来る小説でしたが、その過程が個人的に残念でならない。
5分の4くらいまでは「何か足りない……」と思いながら読んでました。
創作の視点で言うと、関西弁の一人称が駄目だったんじゃなかと思います。

色については僕も思ってたので、次の記事から変えてみますよw
読者の声をないがしろにして物書きになんてなれませんから。
2008.10.31 00:53 | URL | #- [edit]
ザッキー ""
裏がこういう性格のキャラを余り見た事が無かったもので結構驚きでした。
表からこんな感じのキャラなら結構見ましたが(笑)
瑠奈は「黒い」じゃなくて「うるさい」タイプですか、本性がわがままお嬢様な所がよく似てるから同類に見えた・・(^^;

北村はホント内面がカッコ良過ぎる、人間一番大事なのは心だと言う事をよく分からせてくれますね(^^;
大河も北村のそういう所に知らぬ内に惚れていたのかも?
竜児も内面は凄くいい奴だしやっぱいい人には自然と惹かれると言う事か?

自分の年齢はまぁ20代ではありますね(何と適当な答え(笑)
ひょうきん族も後ら辺だけど本放送で見た事あるし。
なので×ネタにはリアルで反応してしまいました(汗)
別作品であった「う~ん不味い! もう一杯!」にも(^^;

確かに最後盛り返したけど亜美の方は気付いてなかったし逆襲する前に終わってしまったので、どうしても「大河真っ白!」の印象が強くて・・(汗)
なので次回の逆襲の快進撃が楽しみです。
2008.10.31 01:30 | URL | #2AJ..f72 [edit]
神酒原(みきはら) ">ザッキーさん"
裏がこんな感じの、探せばそれなりにいると思いますよ。
じゃあ誰だっていざ聞かれるとなかなか出てこないものがありますがw
留奈ちゃんはうるさいだけなので、猫かぶってる時も本性表している時も白いんだと思いますよ(ぇ
訳分かんないですね。もう可愛いのでどうでもいいやw

この作品の男性キャラ
竜児
外見:眼つき最悪 内面:家事の出来る面倒見のいい男
北村
外見:地味ここに極まれり 内面:人の感情とかに気づき気配りの出来る男

すげぇww

20代と言っても20歳から29歳までよりどりみどりですね(ぇ
一歩間違ったらおっさん予備軍うわまてくぁwせdfrtgyふじこlp

「う~ん不味い!もう一杯!」は僕も知ってますよ、子どものころよくマネしてました。

真っ白に燃え尽きた大河は確かに印象強くつきますねw
2008.10.31 02:23 | URL | #- [edit]
ヨーク ""
コメ送信について教えてくれてありがとう。^^
色々とやって見たんですが、やっぱりLivedoorのコメント欄と同様、文字数制限があるんですね。最初は戸惑ってしまったw。本家の方の感想欄に4分割にして入れてありますので、時間があるときにでも読んで見てください。それにしても、長々とスレ汚しですみませんです。

「作りやすい」と「ありがち」についての説明はわかりやすいですね。納得です。キノの旅は作りやすいのか。意外。

うんちゃらの秘密には激しく同意ww。
ファンには悪いですが、アニメ化はちょっとした謎です。
この部分では合いますね。

「LAST KISS」はちょっと印象が違うかな。
私は最初の1/2くらいが少し無駄だったように思えたけど、途中からは良くなって、いきなり結果に飛んでしまった感じです。ああ、となると、やっぱり過程がないのか。でも、逆にこの作品は最後は良かったので、過程については忘れてしまった良い例かな。まあ、関西弁の一人称は確かに私もダメでした。それさえなければ、と思うけど、後の作品が悪かったので、あまり気にならなかったなぁ。

あと、色については早速対応して頂き、ありがとうございます。見やすくなりました。^^
2008.10.31 23:09 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ヨークさん"
ケータイ向けのレンタルサイトですから、さすがに文字数制限ないと荒らされた瞬間サーバ落ちますw
コメの方はこれ書いたら見てみます。
スレ汚しだなんて!
荒らしや煽りでない限りコメント一つ一つは管理人にとって宝ですよ。

まぁキノの旅を作りやすいとは書きましたが、あんな感じのを作れるというだけで時雨沢の文章力には到底敵いませんがねw
ようはその人の力量次第という事です。

うんちゃらの秘密はねぇ
読んでないので批判はしないのですが、読んでみたら意外と面白かったりして。

LAST KISSは「終わりよければ全て良し」という言葉を体で表現した作品ですw
バッドエンドですが。
いえ、読後感はすごく良かったのですよ。ラストに関してはとても高い評価を出せます。
でも過程が良くなかった、と思ってしまいますね。

話はそれますが、佐藤ケイは「天使に~」って感じのタイトルのやつが気になります。
どうなんでしょう。
私立うんたら学院てやつは拒絶反応出るけどw

僕も色変えて見やすくなったので、むしろ指摘の方ありがとうございます!
2008.11.01 00:06 | URL | #- [edit]
ヨーク ""
ああ、そうだよね。ケータイ用だもんね。
ケータイが苦手でどうもわからなくて。(SEなのに、ケータイ嫌いとは何事ww)
スレ汚しと言うか、なんか4つ自分の名前でコメントが続くと内容問わずに恥ずかしいですねww。

キノの旅は始めて読んだラノベだから、印象深くて、個人的な感情が入ってしまいそうで、あまり客観的に見れないかも。でも、結局は力量ですよね。

LAST KISSは「終わり良ければ・・・」ですね。

秘密の方は、私もさわりだけしか読んでいないので、みきはらさんのおっしゃる通り、途中から人気出てきたから不思議。ある筋によると、京アニがアニメ化するという噂も流れたくらいだし、期待していたんだけどなぁ。

佐藤ケイで「天使に~」って作品ありましたっけ。
「天国に涙はいらない」なら聞いた事あるけど、今執筆中の奴かな? 私も知りませんが、面白いという情報だったら、いつでも教えて。私立の方はやめたほうがいいです。作者がジャンルを変えるだけで、これほどまでに劣化してしまうものなのかという作品です。とにかく萌えを極めようとして、ストーリーがおざなりになっている印象です。

色も気に入って頂けたようで、私もいっていみた甲斐がありました。^^
2008.11.01 01:22 | URL | #- [edit]
神酒原(みきはら) ">ヨークさん"
確かに自分のコメが連続してあると妙な恥ずかしさがw

僕が初めて読んだラノベはダブルブリッドだったりしますが、僕がダブリを読んでる隣で友達が読んでいたのがキノだったりします。
キノは素晴らしい作品です。「むかしの話」と「こんなところにある国」がお気に入りです(ぇ

京アニ!?
……というか、アニメ化はスタジオバルセロナで正解でしょう。
露骨な美少女系はバルセロナの専売特許です。いえ、悪口ではなく。
僕は「こどものじかん」を高く評価しています。

そうそう、「天国に涙はいらない」
勘違いでしたwすみませんw
私立の方はやはりやめた方がいいですか。
まぁ第一印象は「すごい絵」だったりするんですが(ぉ

>私もいっていみた甲斐がありました。^^
今後も何か気付いたら是非言って下さいね!
2008.11.01 01:45 | URL | #- [edit]
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/624-96783261
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
今回は「ばかちー」こと、川嶋亜美が登場する話です。
「とらドラ!」第5話
第5話「かわしまあみ」竜児と大河は、実乃梨が働くファミレスで、北村と彼の幼馴染みでモデルの川嶋亜美と出会う。みんなで食事をするうちに、竜児は優しい性格の亜美に好感をもつ。ところが、亜美と大河が2人きりになった途端、亜美の様子が一変する・・・。性悪女。大...
【川嶋亜美】とらドラ!第5話【かわしまあみ】【感想】
川嶋亜美(喜多村英梨)登場です。 天使と悪魔の顔を持つ彼女に刮目せよ!
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
とらドラ!の第5話を見ました。第5話 かわしまあみ「暇過ぎて死にそうよ。ったく駄犬が役に立たないから」「北村に会えなかったのは俺のせいじゃないだろ。連休中は部活と生徒会で忙しいって言ってたじゃないか」「そこをなんとかするのが犬の役目でしょ」「会えたってど...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
第5話「かわしまあみ」 自称、天然・・・そんな魔性の美少女、亜美登場
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 感想
亜美「え、原作厨?何それ、亜美ちゃん分かんな~い」
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
二つの顔。
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
スタイル・ルックス抜群の転校生川嶋亜美。 しかし本性は、お嬢様タイプの性悪で、早くも大河と衝突する。
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」
北川の幼馴染の川嶋亜美・・・ ウゼェーーーーーー!! でも、なんか可愛いから憎めない(*´▽`*) ようするにウザ可愛いというキャラですね...
[アニメ]とらドラ!:第5話「かわしまあみ」
 亜美の二重人格、パねぇッスね。  川嶋亜美、良く見たら、生徒会長と違いますね。特に目つきが。髪の色で判別していた自分が恥ずかしいですね。小さいディスプレイに、両目0.1の視力で、やっぱ目悪いからなぁ。せめて判別できるために濃さだけでも変えて欲しかったか
[アニメ]とらドラ!:第5話「かわしまあみ」
 亜美の二重人格、パねぇッスね。  川嶋亜美、良く見たら、生徒会長と違いますね。特に目つきが。髪の色で判別していた自分が恥ずかしいですね。小さいディスプレイに、両目0.1の視力で、やっぱ目悪いからなぁ。せめて判別できるために濃さだけでも変えて欲しかったか
とらドラ! 5話
「かわしまあみ」吐くぞ。ナニヲww大河相変わらず犬に対しては強い♪暇なことすら、竜児のせいとは・・。お母さんは相変わらず、せっせとご飯を作ってあげてマース。あ!泰子さん・・かなり好きです。布団の上での動きとか。 とんかつなのに、ソースがないとはこれいか...
「かわしまあみ」 とらドラ! 第5話
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」 亜美キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! というわけで、第五話感想。 今回は“ばかちー”こと...
とらドラ! 第5話
川嶋亜美ちゃん。黒いなぁ~腹黒いなぁ~!天然ドジっ娘な亜美ちゃん萌。素のお嬢様キャラの亜美ちゃん恐。本当にスタイル良い。さすがモデ...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
第5話あらすじ 実乃梨に会うべく大河と一緒にファミレスを訪れた竜児だが、その日彼女は休みでがっかりする。そんな矢先にふたりはそのファ...
とらドラ! 第5 話
JUGEMテーマ:漫画/アニメ 「かわしまあみ」
とらドラ!第5話『かわしまあみ』
川島亜美さんの、ターン♪
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 感想
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 の感想です。 5人組み最後の一人がついに登場しましたね。 私、少し前まで最後の一人は生徒会長さんだと思...
とらドラ! 第05話 「かわしまあみ」
とらドラ! 第5話キャプ感想です。 思い出しただけで腹が減るわ――――――!!
とらドラ! 5話「かわしまあみ」感想
とらドラ 9 (9) (電撃文庫 た 20-12)とらドラ! Scene1(初回限定版) 遅れてやってきた性悪タイフーン・川嶋亜美遂に上陸に激闘の予感!! なんという、性格の悪さと、大河の反撃で脆くも崩れる弱さ・・・、それでも意地でも『崩そうとしない』虚勢。これはわたしが予想...
『とらドラ!』#5「かわしまあみ」
「自分で自分のことを天然だという人間をどう思う?」 竜児の問いに櫛枝が、櫛枝が!!(爆) 櫛枝に会いに行ったファミレスで、大河と竜児...
とらドラ! 第05話 かわしまあみ
あーみん*。(*冠?)。*
とらドラ!第5話
\"かわしまあみ\" 私はこの作品では圧倒的にみのりんが好きなのですが、唯一対抗してきそうなのが今回ようやく初登場の川島亜美。腹黒は...
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 感想
みのりん出番多くなかったのに、あの顔芸で全て持っていきました。間のとりかたが絶妙ですね。とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 の感想で...
とらドラ!第5話『かわしまあみ』の感想レビュー
『言えば亜美は本性を見せなかっただろ?それじゃ、駄目なんだよ。・・・実を言うと、俺は亜美の本性が嫌いじゃない。だからみんなにも本当のあいつを知ってもらって、その亜美を好いてもらいたいんだ。・・・それでも嫌われるなら、亜美も納得出来るだろう。これ以上アイ...
とらドラ! #5「かわしまあみ」
川嶋亜美かんさつにっき(笑) また濃いヒロインが出たものだw そういえば↓のジャケットが1番場所を取ってるところが^^; ではとらドラ...
とらドラ!第05話「かわしまあみ」感想
かわしまあみ・・・まさかサブタイまでいただいちゃうとは。それだけ登場することが多いキャラなのかな・・・?とらドラ!早速感想。これは・・・ウザイ・・・というかめんどくさいキャラだ。リアルでもいるよね、初対面からしばらくの間やたらと愛想のいい人。まぁさすが...
とらドラ! #05 かわしまあみ
「かわしまあみです。よろしくっ!」  満面の笑顔に潜む魔性。
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 感想
いやー、このネタは(笑) 今回は「川嶋亜美ちゃん」という二重人格を持っている女の子の登場回でしたよ~。 一応メインは亜美ちゃんというわけ...
【とらドラ! 第5話-かわしまあみ】
気になるあの子の隠された秘密とは?な5話・・・あれ?インコちゃん??
とらドラ! #05
#05「かわしまあみ」せっかくの5月の大型連休だが、駄犬のせいで北村君とは遊べず、......
とらドラ! 第05話 「かわしまあみ」
ばかちー登場!! これでメインキャラは出揃いました。いよいよ面白くなってきそうな第5話。
(アニメ感想) とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」
とらドラ!オープニングテーマ プレパレード 実乃梨に会うべく大河と一緒にファミレスを訪れた竜児だが、その日彼女は休みでがっかりする。そんな矢先にふたりはそのファミレスで偶然、北村と彼の幼なじみで現役高校生モデルの川嶋亜美に出会う。北村から亜美を紹介され...
とらドラ! 第05話
[関連リンク]http://www.starchild.co.jp/special/toradora/第05話 かわしまあみさてまさにタイトル通りあみ回ですが果たして今回で本性は拝めるのでしょうかドジ。休みの日に朝食を竜児の家で食べ...
とらドラ! 第05話 「かわしまあみ」
ついに登場の川嶋亜美。 どういうキャラか知ってるだけに登場した瞬間からニヤニヤが止まらなかったw もっと表裏があるかなーと思って...
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」 感想
★★★★★★★★☆☆(8) 第三のヒロイン、川嶋亜美登場回。 容姿端麗、スタイル抜群、雑誌モデルにして北村の幼馴染み。 しかしその性...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
思い出すだけで腹が減るわ――!(笑) 大河に初対面でそう言わしめた『川嶋亜美』登場。 雑誌のモデルをするほどのルックスの亜美は、北村...
とらドラ!第5話「かわしまあみ」
 季節は5月に入りゴールデンウィーク最終日。ニュースでテーマパークの混雑の報道を観ながら「暇すぎる。駄犬が役に立たないから。」祐作が忙しく会えない事を愚痴る大河。「会えたって どうせろくに会話も出来ないくせに。」まともに会話出来ない事を皮肉った竜児。そ...
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」
二人仲良くオムライス~~~~ やっちゃん、一人ハブられてると思い泣き出す・・・本当に竜児も母親か? そんな竜児、みのりんのバイト先に行きたいが一人で行けず大河に付き合ってもらうように頼む (何かこの時の竜児キモいな!) しかし、勤労少女も休みはある!み...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
男を破滅に導く運命の女。 とらドラ 9 (9) (電撃文庫 た 20-12)(2008/10/10)竹宮 ゆゆこ商品詳細を見る
とらドラ!  第5話 『かわしまあみ』 (感想)
超腹黒娘!!! 川嶋亜美キタ━━━(゚∀゚)━━━!! 人気現役高校生モデルで抜
とらドラ! 第5話 『かわしまあみ』 感想
■とらドラ! 『思い出すだけで腹が減るわ!』 斬新過ぎる(´゚ω゚):;*.\':;オウフ 今回は北村の幼なじみでモデルの川嶋亜美の登場ですの...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」感想
新キャラ・川嶋亜美の登場です。 てか、タイトルに名前が使われるのってすごい。
マリナ様がみてる 第7回 「とらドラ!の5話を見たのよ・・・」
~トレミーに落ち着いたマリナ姫はとらドラ!を見てました~ 「すごい裏表のある子ね・・・」 「ここまでいくと二重人格?」...
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」
女優の娘の川嶋亜美。北村祐作と川嶋亜美は、幼馴染と知ってほっとする逢坂大河。しかし亜美、性格悪し。
とらドラ! 第5話『かわしまあみ』
いや~タダモノじゃないだろ~とは思ってたけど ここまで凄いとも思わなかった!!! 何と言うダブルフェイスの持ち主なんだ、亜美!
とらドラ! 第05話 感想
 とらドラ!  第05話 『かわしまあみ』 感想  うーん、普通はあんな痛い子近づけないよw    -キャスト-  高須 竜児:間島...
とらドラ! 第五話
 女優の娘でファッション雑誌のモデル、そして祐作の幼なじみで天然キャラを装ってい
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
博士「腹黒、でもそこが良いwww」 助手「本音かそれはwww」
とらドラ! 第5話 かわしまあみ
息ぴったりですね!
とらドラ!
 第5話 『かわしまあみ』  まるとんとんは、笑いのツボを突かれた! まるとんとんの「幸せのポイントが10ポイントアップされました」 ...
とらドラ! 第5話
第5話『かわしまあみ』とらドラ! Scene1(初回限定版)今回は、新キャラの亜美が登場。
とらドラ! 第05話「かわしまあみ」の感想。
とらドラ! 第05話 「かわしまあみ」 評価: ── なーに見てんのよ 脚本 樋口達人 絵コンテ 井出安軌 ...
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
天使が舞い降りたー! 新キャラの川嶋亜美ちゃん、腹黒キャラなんですね! モデルで、北村の幼なじみなのか~ 退屈で死にそうな大型連休...
とらドラ! #05
とらドラ!1(2006/03/25)竹宮 ゆゆこ商品詳細を見る とらドラ! 第5話 <公式ページ>
とらドラ!第5話の感想的な何か。
これぞDQNクオリティ
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
とらドラ!オープニングテーマ バニラソルト(2008/10/22)櫛枝実乃梨(堀江由衣),川嶋亜美(喜多村英梨) 逢坂大河(釘宮理恵)逢坂大河(釘宮理恵)商品詳細...
とらドラ! 第05話 「かわしまあみ」
とらドラ! 第5話キャプ感想です。 思い出しただけで腹が減るわ――――――!!
とらドラ! 第5話「かわしまあみ」
新キャラ登場でいい子だなって思ったらなってこたあない、ものすごい猫被り。 実乃梨曰く、自分を天然だって言う子にいい奴はいないらしい。...
とらドラ! 第5話 「かわしまあみ」
お仕置きだべぇ~ww
【とらドラ!】大河illustと5話『かわしまあみ』感想
ちゃんと青春ラブコメっていてドキドキ&萌え満載、其の癖、作画も何気に良い作品。『とらドラ!』5話『かわしまあみ』。新キャラ、亜美ちゃん登場。『自分で自分を「天然って云われるぅ」とか云う人間に、まともな奴なんていないのよ!』 うん、私もそう思うよ。本当に...
川嶋亜美×ジキルとハイド型少女×逆襲の大河 狂乱家族共演のピエールとムジャッキーの対決が見ものです! とらドラ!第5話『かわしまあみ』
 5月の連休中なのに、大河は北村と約束を取付ける事ができず、竜児と一緒に過ごしていた。  しかも愚痴る大河が食卓を思い切り叩いてしま...
川嶋亜美(かわしまあみ) とらドラ!の壁紙
川嶋亜美(かわしまあみ) とらドラ! 1280 x 1024
該当の記事は見つかりませんでした。