fc2ブログ

MENU

紅 第四話「才物」 感想。

もう眠いのでとらぶるのは朝に書きます。
※ネタバレ注意




尾行に尾行。むしろ弥生さんはこっそり紫を連れ戻すべきでは?

真九郎は穏便に済ませるためにあえて低い腰で。しかし事実のみを淡々と話し、相手のペースをうばいます。
見事な話術というかそんなのでどうにか権利書を返してもらえる運びになりますが、ここで紫が乱入してしまいます。
一応弱みを握っているのはこっち。権利書はもらいます。
「こいつは嘘をついているぞ!」
紫は嘘が見抜けるんですよねw二巻ですごいシーンがあったりするんですがまぁネタバレはすまい。

エレベーターで待ち伏せていた一人が真九郎を殴り飛ばす。
紫まで殴られ、やつらは真九郎の逆鱗に触れてしまいました。
崩月の角きたー!!
これにより男たちを一掃。

弥生さんは真九郎にご乱心のようで。確かに真九郎はまだ力不足。
朝起きた紫は、昨日は自分が悪かったと。
対する真九郎は「紫は悪くない」
朝ごはんを作ってくれるそうですw
顔を見る限りあまりいいものは出来なかったよう。後藤ちゃんて誰だよww

他の新聞部員を追い出したらしい銀子に報告。
まだ完全に手を引いたかどうかは分からない。
崩月の角を使ってしまった事は夕乃さんには隠せなかったようです。
原作でもまだ見たことはないけど、たぶん夕乃さんって戦ったら相当強いよね……

布団は廊下に干すもんじゃない!でもここが日当たりいいのか。
闇絵さんが面白いww
紫は部屋の掃除をしたそうですが、もう一つ汚いものがあると。
で、銭湯へ!
シャンプーはもうちょっとでしたねww
「二十数えたら出ような」
「1234567……」
速いわwww

真九郎の過去。
空港を爆破し、生き残った子どもを誘拐するという大胆かつ悪質な犯罪。
そこで助けにきたのが紅香さん。それで真九郎は紅香さんにあこがれた訳ですね。

紅香さんが紫を連れ出したのは紫の母・蒼樹の願いによるもの。
この辺のオチがまた面白いんだよねw




さて四話に突入しても相変わらず神な紅。
基本的にアニメ化すると原作より早足になる(ラノベ原作だと特に顕著)のが普通だが、紅はむしろその逆、非常にゆっくり描いています。丁寧に、丁寧に。
恐らく今のペースだと一巻だけで1クール埋まるのかな?ギロチンも見たいなぁ……

電波的(ry
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/69-f93b4316
紅 -kurenai- 第4話 「才物」
誰かを守りたい気持ちは、人を強くする――。 真九郎は、自分たちが通った幼稚園を救うため地上げ屋に交渉に向かう。 しかし後をつけてきた...
(アニメ感想) 紅 -kurenai- 第4話 「才物」
紅 1 かつて自分と銀子が通っていた幼稚園を救うため、土地の権利書を奪ったグループと交渉を行う真九郎。しかし、その交渉の最中に、真九郎の後をつけてきた紫が相手側に捕まる。それでも、真九郎がめげずに粘り強く交渉すると、相手グループのボスがすんなりと権利書...
該当の記事は見つかりませんでした。