FC2ブログ

MENU
ライトノベルなど

「ミミズクと夜の王」/紅玉いづき 紹介。

ラノベ記事増量計画 読んでない人も安心仕様。

 
 
こんな人にオススメ
・とりあえずすごい話が読みたい人
・革新的なキャラが見たい人
・ガチガチのファンタジーが読みたい人

ネタバレなし紹介
さて、電撃の大賞受賞作品は金賞や銀賞に比べて面白くない事で有名で、実際俺もそう感じているのですが、この大賞作品は違う。

ちなみに紅玉先生は有川浩先生に次いで電撃で優遇されてるっぽい作家ですね。
こんなにも単発ばかり出せる作家はそうそういない。

ミミズクの可愛さが異常です
この可愛さは他にはない。
この作品は「語らないファンタジー」というところが評価されていますが、俺はミミズクの可愛さを押そう。

世界観の説明は全くないという、異世界ファンタジーとしては異形ですが、それでもだいたいつかめてしまうのだからすごい。
なんというか説明がないものだから、この紹介記事でも何を書けばいいのかこれ以上思いつかなかったり。

ペンネームの由来はルビー(誕生石)かららしいですね
みんなリンゴだと思ってリンゴグッズばっかもらったらしいですがw
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/865-b4bbeafd
該当の記事は見つかりませんでした。