FC2ブログ

MENU
スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄腕バーディー02 DECODE

鉄腕バーティー02 DECODE 第6話「A PRISONER OF THE PAST」 感想。

クラナドやアビスのせいで涙腺ゆるんでるらしく何故か予告でうるった

 
 
名場面
最後らへんのダスクのシーンかな。

名台詞
「ただ、それは運命などではない。自分で見つけられるものなんだ」
俺も自分で見つけたいもんだ

MVP
子どもバーディー。

感想とか
さてバーディーの過去話が始まりました。

主人公がヒロインの過去に入り込むという展開はそれなりにあるものだけど、それがバーディーの精神を助けるためというのはね。

えーさて
子どものバーディーてらかわゆす
もう何て言ったらいいんだろうね、ほんとかわいいよ。
ナタルも可愛い。

アルタ人が差別をされている世界ですが……人種差別をする世界が地球より進んでるとは思えなかったりね。
文明が進んでも人間が進んでなければ意味がないよねぇ

つー訳で本番は来週のようだ。
今まで何度となく言われていたアルタ人のテロ?が起こるみたいで……
予告が怖いぜ……どう考えても悲劇しか待ってないよな

独り言
コナンの映画って卑怯だよな、隣でやってるだけで感想書くのに身が入らない
関連記事
Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks
trackbackURL:http://mikihara.blog70.fc2.com/tb.php/964-acb3a6ef
「鉄腕バーディーDECODE:02」第6話
#6「APRISONEROFTHEPAST」ガトールから受けた攻撃のダメージにより、バーディーとつとむは精神融合を起こしかけていた。このままでは、バーディーの精神が消失してしまうという。それを食い止めるべく、つとむはバーディーの意識深層へのマインドダイブを決行する。そこ...
大人が子供を虐めちゃダメだ!「鉄腕バーディー」
こんな色っぽい幼女のドラマを見せてくれるのは日本だけ。 そもそも幼女の売春や虐待が日常茶飯事の国では、微妙繊細且つ香り立つ色香を...
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。